御殿場 夜景。 イルミネーションなら御殿場高原時之栖【公式】 2017

乙女峠の夜景(御殿場市): TNC静岡ジモティーズ

御殿場 夜景

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 御殿場市の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 御殿場市の人気カテゴリ• 御殿場市で検索数の多いキーワード• 入場チケット• 観光スポット周辺• ホテル周辺•

次の

御殿場市の名所 ベスト10

御殿場 夜景

1.ホテルや温泉と共に夜景を堪能 リフレッシュリゾート「御殿場高原 時之栖」 御殿場にホテルや温泉と一緒に夜景やイルミネーションを楽しむできるリゾート施設があるのをご存知ですか? 御殿場高原 時之栖(ときのすみか)がその場所で、スポーツやアトラクションなど多くのことを楽しむことができる最高のリゾート施設です。 季節ごとに期間限定のイベントが企画されており、いつ来ても楽しい時間を過ごすことができます。 イルミネーションで彩られた空間も異世界に来たような雰囲気が得られ、圧倒される時間になるでしょう。 ホテルから見る夜景も素晴らしく、特に夕日が沈む時間の富士山は見ものです。 また、天然のプラネタリウムのような雰囲気も同時に楽しめます。 売店の営業が終わる頃には夕暮れ時で富士山がシルエットになり、麓の町の光が現れ始めます。 特徴的な夜景が見れるこの近辺は、最高のショットが見れる場所です。 昼間も正面に富士山が見えるので、ゆったりと時間を過ごしたいですね。 そんな場所で、夜景デートを楽しみませんか? 日没後の夜景は、ずっと見ていたくなるくらいなもので、一緒に手をつなぎながら愛を誓い合いたくなる雰囲気です。 ドライブの時間もちょっぴり長いため、車内から見える景観も絶妙です。 御殿場エリアにも高いところから見渡せる場所があります。 「箱根芦ノ湖展望公園」は、標高1,000mを超えるところから御殿場の周辺を見ることができる素敵なポイント。 車で行くことができる箱根スカイラインの途中にあり、東側には箱根の山々と芦ノ湖、西側には富士山を望むことができます。 とても人気の夜景スポットで、一日に多くの観光客が足を運びます。 いい雰囲気を楽しみながら、彼女との距離を一歩近づけませんか?.

次の

乙女峠の夜景(御殿場市): TNC静岡ジモティーズ

御殿場 夜景

御殿場で有名なキャンプ場「乙女森林公園キャンプ場」でキャンプをしてきました。 乙女森林公園キャンプ場には第1と第2がありますが、今回宿泊したのは第2。 天気の良い日には富士山がきれいに見える場所なのですが、残念ながらあいにくの天気で、富士山を拝むことは出来ませんでした。 さらに、テント泊で夜は警報が出るほどの雨が降りましたが、不自由なく快適なキャンプができました。 乙女森林公園キャンプ場は御殿場から箱根に抜ける道の途中にあります。 乙女森林公園キャンプ場の第1と第2は少し離れていて、徒歩で10分かからないくらいです。 今回はオートキャンプ場の予約で、まだ空き区画に余裕があったので、富士山側の3番の区画を選びました。 富士山側だと北側が斜面になっていて、景色が良いのですが、夏だと日陰がなくて暑いので、真夏なら箱根側の区画を選んだ方が日陰が多くて良いと思います。 今回は馬刺しを買わなかったですが、地元ではない方には馬刺しがおすすめです。 残りは近隣のスーパーで食材を調達しました。 焚き火をしたかったので、薪を買いにホームセンターに行きましたが、薪はキャンプ場でも売られていて、しかも、キャンプ場の方が安かったです。 チェックインは13時からで、チェックアウトは11時までです。 受付で最初にお金を支払います。 管理棟は天井が高くて広々としています。 ガス、薪などの美品も充実していて、その他に調理器具のレンタルもあるので、忘れ物をしてしまってもある程度はこちらでそろうと思いました。 管理棟の目の前の階段を上ってすぐのところにある3番のサイトです。 車は1台分駐車できるようになっていて、2台目はサイトから少し離れた駐車場に駐車できるようになっています。 サイトの番号が書かれているポールにはコンセントがあります。 サイトの奥にはベンチと水道がありました。 実際にテントを貼るとこんな感じになりました。 となりのサイトとは生け垣で区切られていました。 晴れると目の前に富士山が現れる、、、はずです。 夜は少しだけ御殿場の夜景が見えました。 山の中にあるキャンプ場なので、バッタなどの虫がいました。 とんぼも近づいてもなかなか逃げません。 蚊はいませんでしたが、ハチはいたので黒い服を着ている人は注意が必要です。 トイレが汚いと嫌がる人も多いと思いますが、乙女森林公園キャンプ場第2のトイレはとてもきれいで、快適でした。 トイレと同じ建物の反対側には炊事場があります。 炊事場もとてもきれい。 奥にはシャワーがあります。 さらにピザなども焼けそうな釜もあります。 冷蔵庫もあるので、クーラーボックスの氷がなくなっても大丈夫。 設備は想像以上に充実していました。 トイレと炊事場の建物の奥にはコテージがあります。 第2キャンプ場からは歩いて5分くらいで「富士八景の湯」に行くことができます。 第1キャンプ場はすぐ近くに「ごてんば市温泉会館」があり、どちらも受付で割引券がもらえました。 雨のときはタープとテントが連結していると濡れないので、とても快適でした。 夜に大雨が降ったのに、キャンプ場の排水がしっかりしていて、雨がテント内に流れ込むこともなく、午前中には日差しで地面が乾いていました。 今回は1泊だったのですが、周りを見ると連泊して設営したテントをそのままにしている人たちもいました。 1泊だとテントを張って、炭火で料理をして、寝て、起きてテントを片付けるだけで慌ただしくなってしまうので、連泊するのがかしこいのではないかと思いました。 関連記事 カテゴリー•

次の