ブルー マンデー 症候群。 ブルーマンデー症候群の対策9つ

ブルーマンデー症候群の3つの対策│症状と原因を知って月曜を越える

ブルー マンデー 症候群

ブルーマンデー症候群とは その名前のとおり 「月曜日になると憂鬱」 になることです。 サザエさん症候群と言われている理由は 日曜日夕方の18時半から始まる サザエさんを見るときに、 休みが終わり翌日の仕事だと考えてしまい、 憂鬱な気分になる人が多いことから サザエさん症候群という言葉が生まれました。 ブルマンデー症候群の症状 「明日から仕事に行きたくない・・」 「あの満員電車の乗ると思うだけに嫌になる」 「また、目覚ましにおこされるのか・・」 こんな風に月曜日が始まっていないのに 月曜日のことばかりを考えてしまう人のことをいうのですが、 日曜日のテレビ番組を見ている際に感じる人が多いです。 先ほど紹介をした サザエさんや 中には 大河ドラマを見ると ブルマンデー症候群になってしまう方もいます。 この原因としては 日曜日にいつもやっているテレビ番組が、 あなたの体の中にある 「月曜日が嫌だ」 というスイッチを入れることによります。 そのため人によってブルマンデー症候群を 引き起こす原因は様々です。 誰もが月曜日は嫌だし 「あわよくば会社を休みたい」 思いますが、 いろいろと調べてみると、 ただのさぼりたい気持ちではないようです。 そんな風に落ち込むことは 「うつ病」の可能性もあるということです。 ブルマンデー症候群の場合は症状の様々で 「月曜日は嫌だな」 という気持ちから 体へ症状が出る人ことにより 「体調不良や倦怠感」 を訴えるケースもあります。 具体的なブルマンデー症候群の 症状という定義はないのですが、 普段とは違う体への症状が出ている人は ブルーマンデー症候群の可能性もあります。 ブルーマンデー症候群の原因 ブルマンデー症候群になる人は 平日と土日の過ごし方が違う方が多いようです。 土日は仕事で体が疲れているからなのか、 一日中寝ていたりゴロゴロとしていることが多い。 そんな風にいつもと違う過ごし方をしているため、 生活リズムが狂うことにより ブルーマンデー症候群を引き起こす原因となります。 体をゆっくりと休ませることで 休日は気持ちのリフレッシュができているのですが、 そこから5日間働くことによるストレスの日々に 耐えられないという気持ちが強くなり月曜日を迎えることが 憂鬱になりますね。 原因の大きな理由は、 「会社が楽しくない」 のようです。 つまり、行くのが嫌だという気持ちが強いためですので 意図的に月曜日に楽しんでいける方法をとると 気持ちも変わってくるでしょう。 特に原因として大きいのは 生活習慣の乱れです。 平日は時間通りに起きて通勤をして仕事をするという 規則正しいリズムが作られているのですが、 土日は早く起きる必要もなくゆっくりを過ごしても ずっと寝ていても誰も文句も言いません。 そんな 土日と平日のギャップが一番の原因といえます。 一概にこれが原因とは言えませんが、 根本が仕事にいきたくない という気持ちから始まっています。 これがずっと続くと軽いうつ病のような状態になりますし 次のような症状を引き起こす場合もあります。 ・憂鬱、抑うつ ・意欲の減退 ・倦怠感や疲労感 ・頭痛 ・疲労感 ・腹痛、胃痛 ・下痢 ・思考力の停止 他にいろいろとありますがが日曜日の夕方から毎週のように 体調の変化を感じているならばブルーマンデー症候群の 可能性がありますね。 このような症状と合わせて ブルーマンデー症候群の症状がひどくなる場合や どうやっても解決できない場合には病院へいくという方法も 1つといえますので選択肢にいれておきましょう。 ブルーマンデー症候群にならない5つの対策 ブルーマンデー症候群の症状と原因について書いてきたので、 次はブルーマンデー症候群への対策について 書いていきましょう。 根本の解決策としては 「会社へいかない」 ということだとはわかっていますが、 会社を辞めるわけにも いきませんので他の方法をご紹介します。 月曜日の一日を見直す ブルーマンデー症候群を引き起こすのは 土日の休み明けの月曜日です。 そのため、無理をしないためにも 月曜日の予定をラクにしておきましょう。 例えば、月曜日の朝一から重要な 会議などを入れられると気持ち的も 余計に会社へ行くのが嫌になります。 「会議は月曜日は入れない。 」 「楽しい習い事などを月曜日の夜に入れる」 「月曜日はおしゃれな服を着ていく」 こんな風に月曜日が楽しいと思えるような 環境を作っていきましょう。 休みの日は運動をする ついつい休みになると家に引きこもって寝るだけ、 だらだらとテレビをみて終わってしまう。 そんな風な過ごし方をしていないでしょうか? これはあまりにも平日と土日の生活にギャップが 生まれてしまいますのであまりよくないですね。 できれば運動をするなど、 心身の リフレッシュ方法を見直しましょう。 運動をすることにより、 ストレスの発散にもつながりますし ダイエットの効果も同時に期待ができます。 平日は残業などで忙しくて、 運動はできないという方も多いでしょうから、 土日を有効活用するためにも運動をしましょう。 趣味の運動ならば テニス、フットサル、ゴルフなど、 なんでも構いません。 1人でできる運動でもかまいません。 ランニングならば誰でもできますし、 日ごろのストレスを発散することにも つながりますので、 1時間程度でもしっかりと汗を流して 気分をリフレッシュしましょう。 また、ジムへ行くという方法もおすすめです。 毎月会費を支払うことにより 強制的に運動をしなければならないという 状況になりますので 「いかないともったいない」 という気持ちになります。 運動などしんどいことはいや・・・ そんな方はウォーキングなど歩くだけでも良いです。 近所を30分ほど歩くだけでも、 新たな発見があったり 普段できないゆったりさがうまれます。 日ごろはできない体を動かすことにより 気持ちもリフレッシュできますので 休みの日は自分から体を動かすようにしましょう。 月曜日に早く出社とする 私はブルーマンデー症候群の時にあえて 早く出社をしていました。 もちろん会社へ行くことや嫌なのですが、 どうせ行かなければならないですし、 仕事も待ってはくれません。 そのため、普段の平日よりも1~2時間くらい 会社へ早くいって仕事をするようにしました。 朝に余裕ができると、 会社へ出勤をする前にカフェなどで 朝食をゆっくりと食べることもできます。 電車も空いていますので 座って会社へ行くことができますので いつもとは違う余裕が生まれます。 余裕が生まれると 「今週もがんばろう」 と気持ちも変わってきますので 憂鬱な気分も少しずつなくなっていきますね。 私も経験上の話になりますが、 「会社へ行きたくない」と思っていても、 会社へ到着すると気持ちも 「仕事モード」になります。 そのため、嫌だった気持ちも徐々に落ち着いて来るものです。 心の余裕と、会社へ意図的に早く着くことで 休日のだらだらとした気持ちを切り替える方法は 個人的におすすめです。 ご飯をしっかりと食べる。 バランスのよい食事を 土日や月曜日の朝に食べることにより、 気持ちも満足できますので、 ブルーマンデー症候群の症状を 抑えることができます。 また、月曜日の朝は少し早起きをして 自分が好きなものを食べましょう。 ブルーマンデー症候群は 日曜日の夕方から月曜日の朝に仕事へ行くまでに 発症をします。 そのため、少しでも月曜日の朝の 「会社へ行きたくない」 という気持ちを抑えるためにも、 朝ご飯を豪華にするなど 意図的にもっていきましょう。 ご飯をしっかりと食べることで お腹も満たされるため気持ちも落ち着きます。 一番簡単に気分を変えることができる 方法なのでおすすめです。 週末に楽しい予定を入れる 月曜日は憂鬱ですが、 週末に楽しい予定を入れることにより 月曜日から 一週間を乗り切れるようになります。 週末に温泉やハイキングへ行く スポーツ楽しむなど。 そんな風な外出の予定を作っても良いですし、 自宅でゲームをする、 ガーデニングを楽しむ バーベキューを家族でする 金曜日まで頑張ったら 「楽しいことがまっている」 という気持ちになれば ワクワクとした気持ちをもって 仕事を頑張れます。 なんでもよいので好きな予定を週末に 入れるようにしましょう。 ブルーマンデー症候群の対処法 ブルーマンデー症候群は ただ仕事に行きたくないという 気持ちではなく ストレスやだるさ、頭痛、腹痛など 体調不良が現れるとともに 精神的なストレスも感じます。 ひどくなると軽いうつ病のような症状を 発症することとなりますので、 先ほど紹介をした方法で症状を 和らげることができるようになります。 ブルーマンデー症候群について書いてきましたが、 正直月曜日から 「仕事が楽しみで仕方がない」 「週明けが楽しみだ」 なんて人はほとんどいないですよね。 誰もがブルーマンデー症候群の 予備軍もしくは発症をしていると思います。 対策の方法としては 土日と月曜日のギャップにより、 月曜日が憂鬱になりますので 休息をとりながらもバランスを取ること、 だらだらとしすぎないことが重要です。 自分なりに月曜日への対策を 見つけて乗り切っていきましょうね。

次の

【ブルーマンデー】月曜日の憂鬱を乗り切る方法

ブルー マンデー 症候群

毎週のことですが、サラリーマンにとって月曜日の仕事はとても憂鬱なものです。 このブルーマンデー症候群対策についてですが、月曜の朝に悩んでも遅いです。 大切なのは休日の使い方、特に日曜日をどう過ごすかが勝敗の分かれ目になってきます。 今回は、そんなブルーマンデー症候群対策についてまとめたいと思います。 単に仕事に行きたくないというのもそうですが、ストレスによって、ダルさや頭痛、腹痛などの体調不良が表れることもあります。 「休日はゴロゴロするだけ」なんて人は要注意。 休日に何もしないと、日々が「仕事とゴロゴロのループ」に陥り、言いようのない 虚無感が残ります。 この虚無感が慢性的なものになってくると、うつ病の原因にもなります。 そもそも、サザエさん症候群やブルーマンデー症候群は、「軽度のうつ病の一種」とも言われますから、悪化させないよう十分な注意が必要です。 また、休日に取り組むことがないと、仕事のことを思い出す機会も増えます。 無意味に先の心配をしてしまい、憂鬱を助長することになります。 日曜日に夜ふかししない 日曜日に夜ふかししないことも大切です。 休日はたっぷり昼寝をしてしまい、夜なかなか眠れないなんてことになりがちです。 生活のリズムを崩さないよう注意しましょう。 「もうすぐ月曜が来る…」という精神状態で遅くまで起きていても憂鬱が増すだけです。 日曜日は朝寝坊せず、日中を充実させ、夜は 不安が押し寄せる前に早めに寝るのがベストです。 月曜日に重い仕事を入れない ただでさえ月曜日は憂鬱ですから、できるだけ仕事の負担は減らしたいものです。 心身ともに不調な時に重い仕事に取り組んでも、いい結果は出ません。 前週のうちから極力、月曜日には 重要な案件を入れないよう心がけましょう。 ポジティブな情報に触れる 仕事が憂鬱な時は、ついつい暗いワードばかり検索してしまいがちです。 後ろ向きの情報ばかりみていると、ますます憂鬱になってしまいます。 モチベーションを上げるためにも、意識してポジティブな情報に触れるよう心がけましょう。 終わりに ブルーマンデー症候群は、仕事自体が楽しく感じられない限り、中々解消することは難しいものです。 とはいえ、うつを悪化させてしまうと、最悪、ある日突然会社に行けなくなる…なんてことも考えられます。 できる限りの対策はとるよう心がけて休日を過ごすようにしましょう。

次の

ブルーマンデー対策をしたら月曜日がつらくなくなった

ブルー マンデー 症候群

仕事や学校が始まる月曜日の朝に、とても憂鬱(ゆううつ)になってしまう。 このような経験はないでしょうか。 月曜日の朝に強い憂鬱さに襲われる現象は「ブルーマンデー(憂鬱な月曜日」」と呼ばれています。 中には前日(日曜日)の夜から憂鬱になってしまう事もあり、これは「サザエさん症候群」などと呼ばれる事もあります。 多くの人にとって休日は楽しいものですが、仕事はあまり楽しいものではありません。 そのため、休日から仕事の日に切り替わる月曜日を憂鬱に感じるのは正常な心理として十分に理解できる事です。 しかしいくら正常な心理であったとしても、憂鬱な気持ちが続けば心は疲弊し、うつ病などの心の病気を引き起こしやすくさせてしまいます。 月曜の朝の憂鬱さを可能な限り和らげる事は、こころに負担をかけず穏やかに毎日を過ごしていくために意味があります。 今日のコラムではブルーマンデーはなぜ生じるのか、そしてその対策としてはどのようなものがあるのかについて考えてみましょう。 1.ブルーマンデーはどうして生じるのか? ブルーマンデーはなぜ生じるのでしょうか。 「そんなの仕事がイヤだからに決まっているじゃないか」とあなたは答えるかもしれません。 確かに「仕事がイヤ」という気持ちはブルーマンデーを引き起こす一因ではあるでしょう。 しかし本当にそれだけでしょうか。 もし仕事がイヤだから憂鬱なのであれば、憂鬱が月曜日の朝に限定されるのはおかしいはずです。 月曜日も火曜日も水曜日も木曜日も金曜日も、仕事の日の朝は毎日に憂鬱であるはずです。 このように「仕事がイヤ」という理由だけで、ブルーマンデーを説明する事は出来ません。 ブルーマンデーは仕事がイヤだという気持ちだけでなく、「楽しい休日」と「辛い仕事の日」のギャップが引き起こしているのです。 同じ仕事の日でも、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日に「ブルーマンデー」に該当する状態にならないのは、これらの曜日は仕事がイヤだという気持ちはあるものの、「楽しい休日」から「辛い仕事の日」に切り替わるギャップはないからです。 つまり休日を楽しいと感じれば感じるほど、そして月曜日をイヤだと感じれば感じるほど、ブルーマンデーの憂鬱さは強まるというになります。 2.ブルーマンデーは正常な心理反応 ブルーマンデーは、• 仕事に対する「イヤだ」というネガティブな気持ち• 楽しい休日とイヤな仕事の日のギャップ によって生じるとお話ししました。 このようにブルーマンデーが生じる原因を明らかにしていくと、月曜の朝の憂鬱な感情というのは別に異常な心理状態ではない事が分かります。 仕事には責任が伴う以上、どうしても大変さや苦痛といった「ストレス」が伴います。 「仕事が楽しくて仕方がない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、それは少数派でしょう。 また休日は多くの人にとって仕事の日と比べれば、楽しみや安らぎを感じるものです。 ブルーマンデーが仕事に対するネガティブな感情、そして休日の楽しさと仕事日のつらさのギャップから生じているのであれば、それは当然の反応であり、この反応をゼロにする事は難しい事です。 憂鬱な気持ちは不快な症状ですので、つい私たちはそれを「悪いもの」として排除しようとしてしまいがちです。 しかしこれは不快ではあるものの異常な症状ではありません。 正常な過程で正常に生じている感情を排除する事は不可能です。 排除できないものを無理に排除しようとしても、かえって憂鬱さは悪化してしまうでしょう。 そのためブルーマンデーの憂鬱さに対する基本的な考えとして、この憂鬱さをゼロにしようとしない事です。 ある程度の憂鬱さが生じてしまうのは仕方がない事であり、これは正常な反応なのだという事をまずは受け入れる事から始めましょう。 3.ブルーマンデーはどうやって乗り切ればいいのか ブルーマンデーの憂鬱さは、ある程度は正常な心理反応です。 そのためこの感情をゼロにする事は困難です。 そもそもこの憂鬱さをゼロにする必要などありません。 憂鬱さが生活に大きな支障や苦しさを来たさない程度になれば、それで十分なはずです。 そしてブルーマンデーの憂鬱さをゼロにする事は困難ですが、「大きな支障がない程度に和らげる事」は工夫次第で十分可能です。 月曜の朝のつらい気持ちが少しでも和らげば、こころへのダメージも軽くなるでしょう。 それでは、ブルーマンデーを和らげる方法について考えてみましょう。 休日の楽しさと仕事の日のつらさのギャップが少なくなればなるほど、憂鬱さも軽減されます。 これには2つの方法が考えられます。 休日の楽しさを減らす• 仕事の日のつらさを減らす このどちらがいいかと言えば、後者になります。 前者、つまり休日の楽しさを減らすという方法は、確かに「ギャップを小さくする」という意味では有効です。 しかしこれは、そもそもの休日の意義を無くしてしまう行為になってしまいます。 では仕事の日のつらさを減らす工夫にはどのようなものがあるでしょうか。 「仕事の日のつらさ」を軽減させるといっても、毎日の仕事のつらさを全て減らす必要はありません。 特に休日とのギャップを感じやすい日である「月曜の朝」のつらさを軽減すればよいのです。 月曜日の午前には、なるべく自分にとって負荷の軽いような仕事を入れるようにしてみましょう。 毎日の仕事内容を自分の裁量権で決める事が出来ない職種の方もいらっしゃるかもしれませんが、自分でできる範囲で、月曜の午前中の仕事の負荷が軽減できないか考えてみましょう。 後回しに出来るような仕事は、火曜以降に回しても良いでしょう。 まずはあまり頭を使わない単純作業から初めても良いでしょう。 精神的に考えれば、月曜日の忙しさをもっとも軽くして、火曜、水曜と週末に近づくにつれて忙しさを少しずつ上げていくのが理想です。 こうすれば落差も穏やかになりますし、週末近くに忙しさが増えてきても「あと1日頑張れば休みだ!」と頑張るモチベーションを保ちやすいからです。 反対に月曜の朝に一番忙しくしてしまうと、日曜日の夜に「明日から大変な仕事だ・・・」とプレッシャーを感じやすくなるため、ブルーマンデーの憂鬱さは悪化しやすくなります。 とはいっても、せっかくの楽しい休日の楽しさを減らしすぎてしまうのは良い方法とは言えません。 休日は楽しむためにあるのであって、それを封じてしまっては、そもそもの休日の意味がなくなってしまいます。 そのため休日の楽しさを全て減らすのではなく、休日の最後は方はなるべく落ち着いて過ごし、翌日の仕事の日とのギャップを小さくするという方法を取るようにしましょう。 日曜の夜遅くまで友達と遊んでしまったり、ゲームなどの趣味に没頭し続けてしまうと、確かにその時は楽しいかもしれませんが、それが終わった時や月曜の朝の憂鬱さはより強くなってしまいます。 日曜の夜くらいからは大きな予定を入れずにゆっくりと過ごす事がおすすめです。 寝不足が続くと誰でもイライラしたりちょっとした事で落ち込んだりするようになるものです。 不眠症はうつ病などの精神疾患が発症しやすくなる事も知られており、精神状態を安定させるために睡眠はとても大切です。 そしてこれはブルーマンデーの憂鬱さにも当てはまります。 楽しい休日と辛い仕事の日の落差を埋める事がブルーマンデーを和らげる秘訣だとお話ししましたが、この落差は「和らげる」事は出来るものの「完全に埋める」事は出来ないという事は覚えておかないといけません。 休日が仕事の日よりも精神的に楽なのは事実です。 つまりある程度、月曜の朝に憂鬱さが出てしまうのは仕方がない面もあるのです。 出来る範囲で落差を埋めた後は、落差を埋める以外の精神を安定させる方法も取り入れる必要があります。 精神状態を安定させるためにもっとも基本的で重要な事が「しっかり眠る」事になります。 日曜の夜は、「今日寝て起きたら明日は仕事だ」という気持ちから、眠る事をもったいなく感じ、ついつい夜更かししてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。 これは翌朝のブルーマンデーをより悪化させてしまう事になります。 日曜の夜は早く眠り、月曜の朝の精神状態を少しでも安定させるようにしましょう。 そのため、憂鬱さをある程度を「受け入れる」という姿勢も有効です。 憂鬱な気持ちが生じると、憂鬱さは「不快な感情」ですので、私たちは無意識にこの感情を何とか解決しようとしてしまうのです。 しかし何とかしようともがく中で、仕事の事をより考えてしまうため、更に憂鬱になっていきます。 しかも仕事の事を考えても、「仕事が憂鬱」という事実は変えようがありません。 このような場合、憂鬱さに立ち向かうのではなく、「まぁ、仕事はある程度ストレスになる事だし、日曜の夜や月曜の朝に憂鬱になってしまうのは仕方ないよね」とその感情を受け入れるようにする事が大切です。 解決できないものは、無理矢理解決しようとするよりも受け入れてしまった方が心は楽になるものです。 バブルの時代の言葉ですので今の人にはなじみはないかもしれませんが、これは「華の金曜日」の略で、「仕事が終わって明日(土曜日)は休みだから思いっきり楽しめるぞ」、というのが「華金」です。 華金が楽しいかというと、ブルーマンデーと反対で、• 休日に対するポジティブな気持ち• イヤな仕事と楽しい休日のギャップ が生じているからです。 金曜日は「今日が終われば、明日から休みだ!」という気持ちから何とか仕事を頑張れるという方も多いのではないでしょうか。 そしてこの原理はブルーマンデー対策としても利用できます。 華金まで行かなくても、平日の間に何かちょっとした楽しみを入れると、それを楽しみに月曜日を乗り切る事が出来ます。 月曜の夜は仕事の初日を頑張ったご褒美にちょっとした贅沢をするようにしてもいいかもしれません。 せっかくの楽しい土曜日なのに「明後日はもう仕事なんだよな」と考えてしまったリ、日曜日になったら「あと24時間で仕事か」と考えてしまったり。 このようについ考えてしまう気持ちは分かるのですが、これって実はなんのメリットもありません。 仕事を強く意識してしまい、「行きたくない」という気持ちを強めてしまっているだけになります。 仕事の事は仕事が始まってから考えるようにして、休日は休日を楽しむ事を考える事も大切です。 この後悔がブルーマンデーと合わさると、憂鬱さは更に強くなってしまいます。 反対を休日にやりたい事が出来て、満足できている場合はブルーマンデーの憂鬱さを多少打ち消してくれます。 休日はやりたい事をある程度決めておき、予定を立てて過ごす事も、ブルーマンデーの憂鬱さを軽減するために有用です。 4.月曜に限らず朝に憂鬱な時は ブルーマンデーは、休日の楽しさと仕事の大変さのギャップからくる憂鬱な気持ちで、それ自体が病的というわけではありません。 しかし次のような場合は、うつ病なの疾患に至っている可能性があります。 月曜の朝に出勤できないなどの支障が生じている• 月曜に限らず憂鬱。 土日も憂鬱で楽しめない このように憂鬱さが一過性でない場合は、ブルーマンデーの憂鬱さによって生活に支障が出ている場合は、精神科や心療内科で相談するようにしましょう。 【メンタルヘルス向上のヒント】 【こころの病気】 - - - - -恐怖症 -- -- -- -- -- - - - - - - 【こころと身体の病気】 【お薬()】 - - -- -- -- - --超短時間型 --- --短時間型 --- --- --- --- --中時間型 --- --- --- --- --- --- --長時間型 --- --- -メラトニン受容体作動薬 -- -オレキシン受容体拮抗薬 -- -三環系抗うつ剤 -- -- -- -- -- -四環系抗うつ剤 -- -- - -- -- -- -- -- - -- -- -- - -- -- -その他 -- -- -- () - - - - - - - - - - - - - - 抗精神病薬 - -- -- -第2世代抗精神病薬 -- -- -- -- -- -- -- -- -- - - - - - ADHD治療薬 - 抗酒薬 - 漢方薬 - - - - 向精神薬の副作用 - - - 【精神科への受診】 【こころの検査】 【治療法】 【精神疾患と取り巻く制度】.

次の