モグラ 駆除。 モグラを完全に退治する簡単な方法とモグラの生態について

モグラ退治は習性と弱点をつけば一発解決!カンペキなモグラ退治策

モグラ 駆除

とがった鼻を持ち、眼は退化して小さく視力はほとんどない。 また、耳も外見からは見えない。 四肢は短く、前足の掌部は平たく大きくなり、鋭い爪がある。 これらは地下で穴を掘って暮らすための適応と考えられる。 また、前足は下ではなく横を向いているため、地上ではあまりうまく扱えない。 全身が細かい毛で覆われ、鼻先だけが露出している。 尾は短い棒状。 北海道を除く日本全域に生息していますが、東日本と西日本で生息しているモグラの種類が違います。 ただ、モグラは体が何かに触れていないと落ち着かない為、地上でパニックになりエサを探せず死ぬことがあるようです。 巣の中には、食料の 貯蔵庫や水飲み場、休憩室、避難所などがある。 トンネルの中には、頻繁に行き来する通路とそうでない通路がある。 落ち葉の中で生活し、あまり地中にトンネルを掘らない種類もあります。 異物が入った場合は地上に出す。 作物を傷つけだめにする。 主なモグラの種類 下記のモグラ以外にも、亜種や別種とされる種類が存在します。 種類 生息地域 特徴 アズマモグラ 本州(中部以北のほか、紀伊半島、広島県などに孤立小個体群)・四国(剣山・石鎚山)・小豆島・粟島(新潟県) 低地の草原や農耕地から山地の森林に生息 主に東日本に分布する日本固有種。 短い尾を持つ 生息する環境により大きさが異なる 絶滅危惧I類(大阪府) 絶滅危惧II類 愛知県 準絶滅危惧 京都府・鳥取県・広島県・香川県 コウベモグラ 本州(中部以南)・対馬・種子島・屋久島・隱岐など アジア大陸 平地から山地まで広く生息 西日本に棲息する大型種で、アジア大陸にも分布。 1つのトンネルを縄張りにして生活をする。 サドモグラ 本州(越後平野)・佐渡島 平野部の農耕地や水田付近、河畔の土壌が深い草原などに生息 日本固有種 準絶滅危惧(NT) 越後平野に生息する種はエチゴモグラとも呼ばれる(絶滅危惧IB類(EN)) センカクモグラ 尖閣諸島 日本固有種 絶滅危惧IA類(CR) 生息数は非常に少なく、存続が危ぶまれている。 ミズラモグラ 本州(青森県〜広島県) 低山帯から高山帯までの森林に生息 日本固有種 準絶滅危惧(NT) 本州からしか発見されておらず、棲息数は少ない。 ヒミズ 本州・四国・九州 低山帯の森林や草原の落ち葉の下に生息 日本固有種 モグラに比べ小型、長い尾を持つ。 落ち葉や腐食層に浅いトンネルを掘り、夜間には地表も歩き回る、半地下性の生活を営む。 ヒメヒミズ 本州・四国・九州・淡路島・小豆島・対馬・隱岐など 標高の高い山地に生息 日本固有種 頭胴長70〜84ミリ、非常に小型。 はっきりしたトンネルは掘らず、落ち葉の下などで単独で生活する。 モグラの巣 巣の構成 モグラの巣は、「エサを捕る場所」・「エサを蓄える場所」・「休憩する場所」・「水を飲む場所」・「侵入者から身を隠す場所」・「それらを行き来する為のトンネル」で構成されています。 トンネルの中には、縄張りとなる前述の場所を繋ぐトンネルやエサを捕るために掘ったトンネル等があります。 巣の各所を繋ぐトンネルは本道(本管)、エサを捕る場所でエサを捕る為に掘ったトンネルを支道(支管)等と呼ばれています。 本道は何度も行き来しますが、支道はめったに通らなかったり、一度きりしか通りません。 巣を作る場所 モグラの巣は、雨をしのぐため木の根や小高い丘の下を中心に巣を作ります。 そこから、田畑(エサのある場所)に向かって塀や木などの障害物に沿ってにトンネルを掘ります。 繁殖期にオスはメスを探すため行動範囲を広げます。 モグラ退治の方法 モグラ退治の前に、モグラは地面の中にいる為、巣(トンネル)を見つける必要があります。 モグラ塚は地表に土が盛られた形で現れるため、見つけやすいです。 主に塀などの障害物に沿った場所や、田畑の畦(あぜ)や畝(うね)に見られます。 本道と支道を見分けるには、トンネルを埋めて地面を平らにします。 モグラは本道が崩された場合、修復する習性があるので、再びトンネルが出来上がります。 本道は雨をしのげる塀や石の下、畑の境、支道は草木の根元、畑の中に多い傾向がある 1、臭いで追い払う もぐらの発達した嗅覚を利用し、臭いを発する忌避剤を巣や被害の出る場所に置くことでモグラを別の場所に移動させます。 忌避剤を地面に置くタイプ、直接巣穴に差し込むタイプ、直接巣穴に噴射するスプレータイプがあります。 地面に置く忌避剤は、水田の場合は畦に、畑の場合は畝に一定間隔(約2m間隔)で設置します。 (忌避剤により間隔は異なります。 ) 雨や水が掛かると効果が薄れる場合があります。 被害を防ぎたい場所の中心部から徐々に外側に設置すると追い払いやすくなります。 地面に埋めるタイプは、本道に設置すると効果的です。 2、音波で追い払う。 もぐらの発達した聴覚を利用し、モグラの苦手な音波を出し、別の場所に追い払います。 音波の発生装置を本道に差し込みます。 土質や土の中の障害物により、音が伝搬しにくい場合があります。 設置後、モグラが逃げ場を探すため、活発に動く場合があります。 被害を防ぎたい場所の中心部から徐々に外側に設置すると追い払いやすくなります。 3、捕獲する 捕獲器を本道に設置し、進入したモグラを捕獲します。 モグラは匂いに敏感で、いつもの土の匂いとは違う捕獲器の素材や人間の匂いに違和感を感じ、捕獲器を避けて穴を掘る場合があります。 設置の際は手袋をして、捕獲器を土にこすり付けて設置します。 捕獲器の中にミミズを入れると、警戒心が弱まり捕獲しやすくなります。 捕獲した場合は、離れた自然に帰しましょう。 ・モグラを手で掴んだ場合、咬んできますので十分注意して下さい。 ・モグラの捕獲は、農林業事業活動に伴い、やむを得ず捕獲等する場合に限り捕獲可能ですが、その他の場合は、原則として環境省又は自治体の許可が必要となります。 ・許可は日常的に被害を及ぼし、被害防除措置を講じても、なお被害が防ぎきれない場合や、学術研究の為に例外的に認められるものです。 詳細は各自治体にお問い合わせ下さい。

次の

モグラ退治にガムは有効?その効果はいかに!|もぐら退治.com

モグラ 駆除

つまり農業や林業などの事業活動をしている人がモグラを捕獲するのはオッケーってことですね。 ってことは家庭菜園レベルの人だとグレーかもしれません。 駆除・捕獲をする場合は各自治体に確認を取り、許可をもらってから行った方が確実です。 実はかわいい?モグラの生態と特徴 モグラって実は結構かわいいんです。 そんなモグラの生態や特徴を紹介します。 大きさ モグラの大きさは10~15cm程度です。 ネズミやハムスターより少し大きいくらいですね。 体の特徴 モグラの見た目ですが、ずんぐりした体にとがった鼻、長い尻尾が特徴的な動物です。 全身が黒か茶色い毛で覆われていて、鼻先と手足だけが露出されていてピンク色です。 モグラは前足が外側をむいており、大型で円形になっていて穴を掘ることに特化されています。 また、モグラを販売しているペットショップもありません。 現実的にはモグラを飼うことはかなり難しいでしょう。 モグラの種類は? モグラの種類 特徴 生息地域 アズマモグラ• 主に東日本に分布する日本固有種• 生息地によって大きさが異なる• 地域によって絶滅危惧種・準絶滅危惧種に指定されている 本州(中部以北のほか、紀伊半島、広島県などに孤立小個体群)・四国(剣山・石鎚山)・小豆島・粟島(新潟県) コウベモグラ• 主に西日本に棲息する大型種• 1つのトンネルを縄張りにして生活をする 本州(中部以南)・対馬・種子島・屋久島・隱岐など ヒミズ• 他の種より小型で尻尾が長い• 落ち葉や腐食層に浅いトンネルを掘り、夜間には地表も歩き回る• 夜は地上に出ることがあるが日が昇ると地中に潜って出てこなくなることから「日見ず」=ヒミズと名付けられた• 半地下性の生活を営む• ミミズや昆虫の他に植物の種子や果物も食べる 本州・四国・九州 ヒメミミズ• ヒミズよりもさらに小型(70~84mm)• ヒミズの進出し難い標高の高い岩礫地に生息する• はっきりしたトンネルは掘らず、落ち葉の下などで単独で生活する 本州・四国・九州・淡路島・小豆島・対馬・隱岐など サドモグラ• 名前の通り佐渡に生息する日本固有種• 準絶滅危惧に指定されている 本州(越後平野)・佐渡島 センカクモグラ• 名前の通り尖閣諸島に生息する日本固有種• 生息数が少なく、絶滅危惧種に指定されている 尖閣諸島 ミズラモグラ• アズマモグラの先住者と言われている• 生息数が少なく、準絶滅危惧に指定されている 本州(青森県~広島県) コウベモグラ以外は日本固有種です。

次の

モグラ撃退法(退治)にガムや正露丸や唐辛子が効果的?巣穴の構造と深さは?

モグラ 駆除

モグラの生態と特徴 モグラはモグラ目 食虫目 ・モグラ科の動物です。 大きな手と鋭い爪を持っています。 一生のほとんどの時間を地中で生活し、滅多に地上に出てくることはありません。 目は退化してほとんど見えませんが、聴覚や臭覚が発達しているので音・臭いには敏感です。 地中にトンネルを掘って巣を作ります。 巣を作るために出た土は、地上に出されます(モグラ塚) 大食漢で、胃の中に12時間以上食物がないと餓死してしまいます。 冬眠はしません。 一年中活動して餌を食べます。 主食はミミズや昆虫の幼虫・昆虫など動物性の食物です。 モグラは畑の野菜等は食べません。 野菜を食べられたという話を聞きますが、 実際に食べているのはモグラのトンネルに侵入した野ネズミと言われています。 モグラの植物への被害は? モグラは、エサとなるミミズを求めて庭や畑にやってくることがあります。 【主な被害】 ・庭や家庭菜園がモグラ塚で荒れる ・巣の中に入った植物の根を取ってしまう ・トンネルを掘る際に植物の根を傷つけてしまう ・土壌にとって益虫のミミズが食べられてしまう 結果として植物の生育が悪くなったり枯れてしまうなどの被害が出てしまいます。 モグラ退治の方法 モグラ退治が必要なのは モグラが掘ったトンネルから侵入するネズミの被害を防ぐということも理由としてあります。 退治するために最初に行うことはモグラの巣(トンネル)を見つけることです。 地面が盛り上がっているところやモグラ塚を探しましょう。 トンネルが見つかったら、頻繁に通る道(本道)か、あまり通らない道(支道)なのかを見分ける必要があります。 見分けるには、トンネルを埋めて地面を平らにします。 モグラは本道が崩された場合、修復する習性があります。 再びトンネルが出来上がったら、そこが本道です。 本道は、石や柵の下など雨を避けることが出来るところが多いです。 それを目印に探してみるといいでしょう。 モグラを退治する方法として ペットボトルで作る風車に効果が期待できるといわれます。 モグラは振動が嫌いなので風車の廻る振動で逃げて行くそうです。 モグラ用の超音波発生器も市販されています。 モグラ忌避剤を使用するという方法もあります。 忌避剤は、モグラの鋭い嗅覚を利用したものです。 人間の鼻にも強烈な刺激があるものが多いので使い方に十分注意しましょう。

次の