リボーン 債権 回収 sms。 リボーン債権回収株式会社と名乗るメールがしつこくきます。...

05031983490が番号のリボーン債権回収から見覚えのない請求をされた時の対処は? : 心当たりのない請求の対処法とは?

リボーン 債権 回収 sms

こんな場合は、架空請求や迷惑メールの可能性大!• 出会い系サイト、アダルトサイトの利用料金の請求• 「有料番組未納料金」,「電子消費者契約通信未納料金」などの請求• 目隠しシールのないハガキ• 連絡先として、いくつも電話番号が書いてある• 担当者の連絡先として、携帯電話の番号 090、070など が書いてある• 個人名の口座が振込先に指定されている こうした特徴に当てはまる場合は、架空請求や迷惑メールの可能性が高くなります。 架空請求や迷惑メールに困ったら、警察や消費者センターの窓口に相談してみましょう。 #9110 警察相談専用電話 警察庁• #188 消費者ホットライン 消費者庁• また、詐欺や架空請求の見分けかたや対処方法について、詳しい解説は次の記事をご覧ください。 リボーン債権回収株式会社の概要 この記事で扱う「リボーン債権回収」は、以下の企業となります。 2008年6月16日に設立され、同年12月に、債権回収会社として法務大臣の許認可を取得しています(法務大臣許可第115号)。 業務内容は、サービサー特措法にもとづく特定金銭債権の管理及び回収業です。 また、キャップブリッジ株式会社のグループ企業となっています。 リボーン債権回収の評判 リボーン債権回収は、優秀な債権回収会社と評価して良いでしょう。 一般の個人や一般企業では難しい、法的措置(裁判や差し押さえ)による回収も、高度な知見とノウハウを持ったリボーン債権回収なら、高い確度で実施できると評判です。 ただ、優秀な債権回収会社のため、同社の名前を勝手に使ったなりすましによる架空請求も生じています。 こうした被害に遭わないよう、細心の注意を払っていきましょう。 覚えがないのに、リボーン債権回収から督促が来る理由 まずは、なぜリボーン債権回収から督促が来るのか、理由を解説します。 「覚えのない会社だし、架空請求なのでは?」 と思う人も多いでしょう。 しかし、リボーン債権回収に覚えがなくても、なにか滞納や未払いには心当たりがないでしょうか? 「払っていないお金がある」 という人は、リボーン債権回収から督促が来る可能性があります。 リボーン債権回収は、 他社から滞納金回収の依頼を受けたり、延滞債権を買い取るなどして、督促を行う債権回収会社だからです。 「リボーン債権回収」という会社名に覚えがないからといって、必ずしも迷惑メールや架空請求だとは判断できません。 これまで確認されているケースとして、• ダイレクトワン スルガ銀行系列のカードローン• ミツクニ 中古車ローン販売• 奨学金 日本学生支援機構 といった返済の滞納で、リボーン債権回収から督促を受けた事例があります。 ほかにも、• クレジットカードの引き落とし不足• ローンやキャッシングなどの返済滞納• 携帯電話代の延滞• 電気、ガス、水道ほかの公共料金 …など、さまざまな滞納で、リボーン債権回収から督促を受ける可能性があります。 リボーン債権回収による督促の例 リボーン債権回収は、次のような形で督促を行っているようです。 ハガキや手紙など、郵便による督促 遅延損害金減額のご案内、提案書、法手続き予告通知、請求書、減額和解のご提案、通知書、 訴訟予告通知書、債権譲渡譲受通知、支払督促予告通知書…など。 電話による督促 携帯電話や家の固定電話に、リボーン債権回収から督促の電話が掛かってくることもあります。 そのほか、自宅訪問や緊急連絡先(勤務先、実家など)への確認連絡、保証人や連帯保証人への連絡なども行われる場合があるでしょう。 リボーン債権回収から連絡が来た場合の対応方法 続いて、リボーン債権回収から督促や連絡が来た場合の対応方法を解説します。 期日までに問題なく支払いができる場合は、すみやかに支払いを行いましょう。 また、リボーン債権回収会社は分割での返済の相談にも応じるものと思われます。 ですが、返済が難しい場合の解決策として債務整理もあること、また、返済義務を帳消しにする時効援用という方法があることも、ぜひ知っておきたい豆知識です。 時効援用とは、時効で返済を消滅させる手続きです。 債務整理とは、返済を減額・免除する手続きです。 こうした手続きを取ることで、 裁判や差し押さえを回避し、返済減額・免除や消滅によって解決できます。 債務整理と時効援用、どちらが適しているかは、人それぞれの状況により異なります。 選び方の目安は次の通りです。 最後の返済から5年以上たっていれば、「時効援用」 最後の返済から5年以上経っている場合、時効で返済をゼロ円にできる可能性があります。 「時効援用」について、専門家に相談を行いましょう。 まだ5年以上たっていないが、返済が難しい場合は「債務整理」 返済が難しい場合、「債務整理」という手続きで、返済を減額・免除できる可能性があります。 法テラスや弁護士・司法書士に、債務整理の相談をしてみましょう。 法テラス・サポートダイヤル 法テラスは、国が設置した法的トラブル解決のサポート機関です。 サポートダイヤルのオペレーターは個別の法律相談や法的判断を行うことはできませんが、相談内容に応じて、制度や手続きの紹介や法律相談窓口を案内してもらえます。 借金解決に強い弁護士・司法書士 借金問題の解決 債務整理・時効援用 に強い弁護士・司法書士も、無料の相談窓口を設置しています。 リボーン債権回収会社から督促が来た場合、それが悪質業者によるなりすましの架空請求なのか、本物の督促状なのか、一般の人が見分けることは難しいです。 なので、自分ひとりで判断せず、かならず詳しい法律専門家に相談し判断してもらいましょう。 本物の督促状だった場合でも、今すぐ返済したほうがいいのか、それとも債務整理や時効援用で解決したほうがいいのかなど、様々なアドバイスがもらえます。 弁護士・司法書士の窓口について、次の記事で詳しく扱っています。 返済の悩みをお持ちの方は、こちらもぜひご覧ください。 債務整理や時効援用について知っておくことは、いざという時の備えにもなります。 「まだ大丈夫」と思えるうちに、相談だけでも行っておくことが大切です。 わたしは元々、ある消費者金融でお客様相談の仕事をしていました。 返せない借金を抱えて、ほんとうに困っている…。 そんな人たちの声を聞いて、「このままではいけない」と思い、金融ライターになりました。 「借金が返せない」と悩んでいるのは、あなた一人ではありません。 そして、「返しきれない」と思えた借金を、債務整理でキレイに解消できた人たちも、大勢います。 みんな秘密がしっかり守られているので、知られていないだけなんです。 債務整理をはじめれば、秘密をまもって、借金やローンをキレイに解消できます。 どんなに小さな不安や悩みでも、遠慮せずに、借金解決の相談をしてみてくださいね。

次の

05053741540 リボーン債権回収 「昨年11月ご登録の有料サイト」

リボーン 債権 回収 sms

なぜ 個人情報 が流出したの? 残念ながら 一度 流出 してしまった 個人情報 は、もう 一生消える事はありません ので、今後も 色々な 悪質業者 ・ 詐欺業者 から 狙われる 事が 予想 出来ます。 また、今回たまたまご自身が狙われただけで、 被害 に 遭わなかった から『もう 大丈夫 』などとは 思わない方が良い でしょう。 何故なら、 悪質業者 ・ 詐欺業者 が 適当 に 入手 した 個人情報 の中に、たまたま 自分の個人情報 は入っていて、たまたま 自分に 今回 のような 悪質業者 ・ 詐欺業者 からの メール や電話 が来た訳ではないからです。 最近の 悪質業者 ・ 詐欺業者 は、 数打てば当たる などとそんな 効率 の 悪い事はしません。 ご自身 が 悪質業者 ・ 詐欺業者 から狙われたのにはちゃんと 理由 があるのです。 例えば、以前に何らかの『無料サイト』( アダルトサイト ・ 出会い系サイト ・ アプリなど)に、 登録 した事はないでしょうか? 悪質業者 ・ 詐欺業者 は、『 無料サイト 』たからと言って、 何の疑い もなく 簡単 に 個人情報 ( 名前 ・ 住所 ・ 電話番号 など)を 入力 ・ 登録 してしまう人を 狙っている のです。 また、 Google Playストア や iTunesストア だから 安心 だと 思っている人 も多い とは思いますが、 Google Playストア や iTunesストア にも、 沢山の悪質サイト ・ アプリ は 紛れ込んでいて、 個人情報 を 入手 する事だけが 目的 の『 極悪サイト 』が 多数 存在 しているのです。 このような場合は、 『 架空請求 』ですので、基本的には無視で問題ありませんが、『今後も 個人情報 が 拡散 されるのが 心配 だ』『 今後 も 詐欺業者 から 狙われる のが 心配だ』『今後 の 対応策 を知りたい』という方は、 一人で 悩まずに一度 専門の機関 に 相談 した方が良いでしょう。 必ず 良い解決策 があるはずです。 最近の 悪質サイト は、 表向き には 無料サイト と 見せかけて、分かり辛い 所に 利用規約 や 高額 な 料金表示 がされていて、それに気付かずに サイト へ アクセス してしまった人に、後々 高額 な 登録料金 や 遅延延滞金 などを 請求 してくるのです。 当然、インターネット上の登録には、『 電子消費者契約法 』で定められた『 消費者 の 意思確認 』が 必要 となり、その 意思確認 がなされなかったり、 消費者 の 操作ミス での 登録 は 無効 になります。 また、事業者は、申込みボタンを押した後に、消費者が入力した登録内容を一度確認させるための『確認画面』などを用意する必要があり、『登録ボタンを押す=購入(有料)』であるということを、ボタンを押す前にわかるように明示しなくてはいけません。 よって、そのうような手続きをふまずに、一方的に料金を請求された場合は、 『不当請求』ですので、法律上、料金を払う必要はありません。 しかし、それはサイト運営事業者がまともな事業者であればの話です。 当然、今回のような請求をしてくるようなサイト運営事業者が、まともな事業者であるはずがありません。 このような悪質サイト運営事業者には注意が必要です。 サイト運営業者はかなりしつこく請求してくる可能性が高いです。 今後、何らかの形で個人情報を入手し、自宅や勤務先などへ請求を繰り返しきたり、少しエスカレートしてくると、弁護士や債権回収業者を使い請求してくるケースもあります。 もし弁護士や債権回収業者が法的な対応を取ってきた場合は、無視をし続けると、最悪民事訴訟(裁判)を起こしてくるケースもありますので、その場合は無視をせず、弁護士や専門機関へ依頼し対応してもらった方が良いでしょう。 この場合は、適当にダイヤルしているか、電話番号のみの個人情報の名簿を入手してSMS(メール)や電話をしているだけの可能性が高いです。 しかし、悪質業者・詐欺業者からのSMS(メール)や電話に折り返してしまうと悪質業者・詐欺業者の思うつぼです。 身に覚えのないSMS(メール)や電話に折り返してしまうと、単純にこの人は騙しやすいと思われてしまいます。 今回、金銭的な被害に遭わずに済んだのは、悪質業者・詐欺業者がお金を騙し取るためにSMS(メール)や電話をしてきた訳ではなく、何の疑いも持たずに折り返し電話をしてしまうような騙しやすい人をまずは探しているだけで、今回は、まだ悪質業者・詐欺業者も本格的に騙そうとは思っていなかったので被害に遭わなかっただけなのです。 当然、この段階で高額な詐欺被害に遭ってしまう方も多いのですが、今回の悪質業者・詐欺業者からのSMS(メール)や電話は、今後、詐欺を働くために騙しやすい人を探すための手口の一つなんです。 一度でも悪質業者・詐欺業者に目を付けられてしまうと、言い方は悪いですが『カモ』扱いにされ、徹底的に狙ってくるのが詐欺師です。 これから本格的な手の込んだ手口で狙ってくる可能性が高く、場合によっては、ご家族を狙ってくるケースもありますので、今回被害に遭わなかったからもう大丈夫などとは思わず、細心の注意をした方が良いでしょう。 もし今後が心配だという方は、一人で悩まずに一度専門の機関に相談した方が良いでしょう。 必ず良い解決策があるはずです。 《架空請求と不当請求の違い》 『架空請求とは?』利用した覚えがなく、一度もアクセスした事がないサイトから、利用料金、登録料金、遅延延滞金を請求される事。 『不当請求とは?』電子消費者契約法に基ずいた契約をしていないサイトから、利用料金、登録料金、遅延延滞金などを請求される事。 または、料金表に記載されている以上の料金、もしくは、料金表に記載されていない料金を請求される事。 《対応を間違うと、思わぬトラブルになってしまうケースもあります》 ここで注意しなければならないのは、 『架空請求』と 『不当請求』では、全く意味合いが違うという事です。 『架空請求』の場合は、基本的に無視で問題ありませんが、もし業者へ連絡をしてしまったり、少額だからと請求に応じてしまった場合には注意が必要です。 このような場合は、詐欺業者は何度も手口を変えて狙ってきたり、今後、個人情報を悪用される可能性があります。 『不当請求』の場合は、『架空請求』とは違い、ただ無視をしていれば良いという訳ではありません。 当然、料金の請求に応じる必要はありませんが、サイト運営業者はかなりしつこく請求はある程度覚悟した方がよいでしょう。 今後、何らかの形で個人情報を入手し、自宅や勤務先などへ請求を繰り返された時に、『怖いから』『面倒臭いから』などの理由で請求に応じてしまう方もいますが、仮にお金を払っても何も解決はしませんので、絶対にお金を払ってはダメです。 しかし、請求が少しエスカレートしてくると、弁護士や債権回収業者を使い請求してくるケースもありますので、もし弁護士や債権回収業者が法的な対応を取ってきた場合は、無視をしてしまうと、最悪民事訴訟を起こしてくるケースもありますが、そのような場合は焦らず、弁護士や専門機関へ依頼し対応してもらった方が良いでしょう。 『架空請求』と 『不当請求』はまったく意味合いが違います。 また、請求に応じお金を払っても何も解決はしません。 対応を間違うと大変なトラブルになる可能性がありますので、 『架空請求』か 『不当請求』の判断が出来ずご不安な方は、一度専門機関へご相談した方が良いでしょう。 【メール事例】 情報サイト利用履歴があり未払債権が発生中。 本日ご連絡なき場合、身辺調査及び法的措置に移行します。 このような内容のSMSが届くと、何となく聞いた事がある動画サイト運営業者だし、もしかしたら間違って登録してしまったのかも?と勘違いをさせ、SMSに記載されている電話番号へ電話を掛けさせる手口です。 もしここでお金を払ってしまうと、数日後・・・。 「他のサイトにもアクセスした履歴があり、そのサイト運営者からも請求が来ています」 「訴訟の準備が進んでしまっており、取り下げるには一時的に和解費用が必要になりますが、和解が成立すればそのお金は全額戻ってきます(当然お金は戻ってきません)」 などと、更に金銭を要求してきます。 もしここでお金を払わず無視していると・・・。 小額訴訟制度や支払督促制度といった訴訟制度を悪用し、本当の小額訴訟や支払督促の通知が裁判所から(この場合は殆どが簡易裁判所からです)特別送達郵便という形で届いてしまった場合、無視をしてしまうとその裁判に敗訴してしまうケースもありますので注意が必要です。 サイト運営会社様のお話ですと、こちらのメールを受信された携帯電話から、有料サイトへのアクセスがあり、ご利用料金が未払いで、今現在も料金が発生し続けているとのことです。 この件に身に覚えがない場合、何かの間違いだと思われますので、お支払いただく必要はございませんが、その場合でも、その旨ご連絡いただき、登録抹消の手続きだけは必ず行わなければなりませんし、このままご連絡がなく放置されますと、携帯電話の名義人に対し、民法415条による損害賠償請求訴訟の裁判になってしまいます。 そうなりますと、現在の料金に裁判のための様々な費用、例えば給与差し押えのための勤務先の調査費用、財産差し押さえのための財産調査費用、ご自身でのお支払が困難な場合のご家族、ご親族のご連絡先、財産調査費用、弁護士費用等、その他様々な費用が加算され、多額の損害賠償請求訴訟の裁判になってしまいます。 尚、その裁判に身に覚えが無い等、理由を問わず欠席し、放置されますと、サイト運営会社様の言い分が全て認められ、執行官立ち会いのもと、給与、預貯金、不動産、その他あらゆる財産を強制執行で差し押さえる事が可能になってしまいます。 この通知が最後通告になりますので、この請求に身に覚えが無い場合であっても何ら返答がない場合、不本意ながら近日中にその強制執行のための裁判に移行になってしまいますので、その様な事になる前に、今現在はまだ訴訟の準備中の段階ですので、この件に身に覚えがない場合、何かの間違いだと思われますので、お支払いただく必要はございませんが、その場合でも、その旨ご連絡いただき、登録抹消の手続きだけは必ず行わなければなりませんので、本日中 土、日、祝日、メールでの対応はしておりません に私宛に必ずお電話ください。 土、日、祝日、営業時間外の対応はしておりません。 時間帯によって繋がりにくい場合がございますので、恐れ入りますがその際は再度お掛け直しくださいますようお願い致します。 パソコンからのメールはドメイン設定により送受信ができない場合がございますので、最終通告が確実に届くよう、今回こちらのアドレスから送信させていただきました。 などとという、脅迫とも取れる文言が並ぶ内容のメールが送られてきます。 もしここでお金を払ってしまうと、数日後・・・。 「他のサイトにもアクセスした履歴があり、そのサイト運営者からも請求が来ています」 「訴訟の準備が進んでしまっており、取り下げるには一時的に和解費用が必要になりますが、和解が成立すればそのお金は全額戻ってきます(当然お金は戻ってきません)」 などと、更に金銭を要求してきます。 もしここでお金を払わず無視していると・・・。 小額訴訟制度や支払督促制度といった訴訟制度を悪用し、本当の小額訴訟や支払督促の通知が裁判所から(この場合は殆どが簡易裁判所からです)特別送達郵便という形で届いてしまった場合、無視をしてしまうとその裁判に敗訴してしまうケースもありますので注意が必要です。 しかし、ここで問題なのは、電話をしたとか、していないとかではなく、なぜ架空請求詐欺業者が自分のメールアドレスや携帯番号を知っているのかという点です。 自分が気付いていないだけで、以前に必ず詐欺師に個人情報を入手され、狙われるようになってしまったキッカケがあった筈です。 《債権回収業者や 返金業務を謳っている調査会社(探偵業・興信所)には注意 》 他人の債権の譲渡を受けたり、委託を受けて回収業務として行うことは、弁護士資格がなけれが出来ません。 特例として一定の要件を満たした株式会社は、債権回収業を認められていますが、回収できる債権の種類には制限があり、有料サイトの利用料などは回収出来ません。 また、調査会社(探偵業・興信所)などは、探偵業の届出をしていたとしても、債権回収業務は法律上出来ませんので、返金業務を謳っている調査会社(探偵業・興信所)には注意が必要です。 メール問い合わせはこちら (24時間受付) 情報提供など他の方のコメントの確認はこちら.

次の

リボーン債権回収株式会社と名乗るメールがしつこくきます。...

リボーン 債権 回収 sms

050-3116-5334に折り返し連絡してはいけません!! 「最終通告」や「身辺調査」などの単語が入ったメッセージが届いたら要注意! 何をどう気をつければよいのかと言えば、たった一つだけ。 驚いたり不安になって架空請求業者に電話しない! 架空請求業者は、あなたに折り返し電話させるために、様々な手段で脅迫してきます。 もしも、パニックになってしまい電話をしてしまった際は、インターネットのレスキュー隊の無料相談までお気軽にお問い合わせください。 実在する会社名を詐称している場合もございます。 実在する同名の会社、業者、団体とは一切関係ありません。 ある日突然届くSMSやメッセージには注意が必要です! 「身に覚えがないけど、念のために事実確認しておこう」と折り返し連絡してしまうことが、あなたの個人情報を漏えいさせてしまうきっかけになってしまい、悪質な不当請求業者との接点を持ってしまうきっかけになってしまいます。 この業者の詳細や、連絡してしまった場合の対処方法をまとめてみました。 まずは 「慌てず、焦らず、落ち着いて!」 この記事が、あなたの冷静さを取り戻すきっかけになれば幸いです! この業者に電話して問い合わせしても大丈夫? この業者への連絡が危険な事に変わりありませんが、相手業者とどこまで話を進めたかによっても、危険度合いは変わってきます。 こちらでは、危険度を簡易診断できるセルフチェックシートをご用意いたしました。 最終的なトータル危険度診断と合わせて、ご自身の状況をチェックしてみましょう! 今のあなたの危険度をセルフチェックしてみましょう ご自身の状況を確認することで、冷静に対処するきっかけになることもあります。 現状を正確に把握できれば、あなたの心配事の根っこが見つかるかもしれません。 チェック方法は、何色のチェックがいくつ当てはまるかをかぞえるだけ。 とっても簡単ですので、ぜひ一度お試しください。 STEP1 何色のチェックがいくつ当てはまるかをカウントしましょう 「無料登録でダウンロードし放題!」などのサイトに登録したことがある。 携帯電話を紛失して数日間放置したことがある。 今までに、不審な出会い系サイトや、怪しい占いサイトに登録した事がある。 突然「コンテンツ利用料金の精算確認が取れません」とメッセージが届いた。 心当たりがないので、公衆電話や非通知設定した携帯電話から確認の電話を掛けた。 最近、不審なアダルトサイトや海賊版アニメサイトにアクセスした。 何かの間違いでは?と伝えようと、番号通知設定のまま携帯電話から電話をかけた。 「確認するのに必要」と言われ、名前や住んでいる都道府県、生年月日を正直に答えた。 今ならインターネットプロバイダー協会からの救済措置で返金される。 」と言われて、面倒事を避けようとして話を進めてしまった。 ロッピーやファミポートなどの情報端末を操作して、ネットショッピングの収納代行サービスの料金を、コンビニのレジで支払った。 自宅・勤務先・実家の隣の家など、周囲にも嫌がらせじみた請求の連絡が飛び火している。 STEP2 チェックした結果を点数表から集計してみましょう : 各1点 : 各2点 : 各3点 STEP3 点数ごとの診断結果を確認してみましょう 0点 ~ 2点 全く問題ありません。 インターネット上での個人情報の取り扱いに気をつけながら、引き続き快適なインターネットライフをお送りください。 3点 ~ 5点 トラブルの火種がくすぶりだしている可能性があります。 身近で便利なものほど、思いがけないトラップも多いものです。 引き続き、インターネット上やSNSでの個人情報の取り扱いに注意しながら利用しましょう。 6点 ~ 8点 トラブルの火種がいつ炎上してもおかしくない、ギリギリの状況だと言えます。 心配していることが実際に起きてしまった際に、事前の知識がない状況ですと、対処が後手に回る可能性が高いです。 万が一の事態にも慌ててしまう事がないよう、事前に専門家に相談しておくなどの手を打つべきでしょう。 いざという時の対処方法を知っているかどうかで、トラブルに見舞われてしまった時の心の余裕もかなり変わってくるはずです。 9点 ~ すでにトラブルの火種が炎上している状態であり、非常に危険な状況と言えるでしょう。 対処方法を間違えてしまうと、今後、取り返しのつかない事態に陥ってしまう可能性が非常に高いと言えます。 おひとりで不安な気持ちを抱え込んでいても、刻一刻と迫りくる悪質請求業者の魔の手は止まりません! 一刻も早く専門家に相談するなどして、トラブル回避のための正しい対処法を用意すべきと言えるでしょう。 総合的な危険度診断結果は? 絶対に折り返してはいけません!! 電話してしまうと不当請求や悪質な嫌がらせを受ける可能性が高いです!! 悪質業者について困った際の対処方法 突然届いてSMSやショートメッセージの本文内に 「長期滞納」 「有料コンテンツ」 「身辺調査」 「強制執行」 「本日中に連絡」 「和解処理」 「有料動画の未納料金」 「少額訴訟に移行」 「コンテンツ利用料」 「法的手続きに移行」 などのキーワードが入っていませんか? それらが 一つでも入っていれば、悪質な架空請求の可能性が非常に高いので、安易に確認の連絡を入れるべきではないでしょう。 インターネットのレスキュー隊では無料電話相談を承っております 電話受付 07:00~23:00 ご相談は完全無料です。 また、ご相談内容に関しましてもプライバシーポリシーのもと、個人情報保護法や関係法令を遵守し、秘密厳守で承っております。 気がかりな事や不安に感じることなど些細な事でも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。 まとめ パソコンやスマートフォンが普及して、気軽にインターネットを利用する時代になりました。 しかし、気軽にインターネットを利用出来るという事は、悪質請求SMSや迷惑メッセージを受け取らないように気をつけていても、電話番号やメールアドレスなどの個人情報が架空請求業者に流出するリスクが常に伴います。 架空請求ショートメール送信業者はSMSを送信するために、常に電話番号を収集しています。 電話番号を一桁づつ変更して機械処理で送信する手法も考えられますが、より効率的な方法で電話番号を収集していると推察されます。 《手法その1 SNSやネット上の公開情報収集型》 TwitterやFacebookなどのソーシャルネットワークサービス上で公開されている情報を集める方法です。 気軽に利用できるSNSは、利用方法を間違えなければ、とても便利で楽しいものです。 しかし、同時に利用者のインターネットリテラシー、特に「 ネット絡みのトラブルに巻き込まれないための自衛能力」が必須のツールでもあります。 安易に個人情報を掲載することで、自ら漏えいしているケースも見受けれらます。 もちろん、無料で良質なサービスを提供してくれているサイトも多数あります。 しかし、 悪意あるサイトが存在するのも事実です。 悪意のあるサイトの場合、利用規約などをよく読むと、広告や宣伝に利用することが利用条件になってたりすることが多いです。 サイト運営業者情報や個人情報保護方針などを確認して利用することが大切です。 こうして収集した個人情報をリスト化して売買することで利益を上げたり、リストに対してメッセージを一斉送信し、折り返し反応がある人に対して架空請求を行うことで金銭を詐取する流れになっていると考えられます。 あわてて折り返し電話してしまうと、架空請求業者の思うつぼです。 一切折り返し電話をかけなければ、あなたのことを認識すらしていない可能性が高いです。 身に覚えのないSMSやメッセージに対しては、絶対に折り返し連絡してはいけません! 万が一、連絡をしてしまい、個人情報を伝えてしまった場合は、すぐにインターネットのレスキュー隊までご相談ください。 インターネットのレスキュー隊では無料電話相談を承っております 電話受付 07:00~23:00 インターネットのレスキュー隊 概要 東京都公安委員会届出済正規業者 東京都公安委員会 第30170027号 インターネットのレスキュー隊 ビオラ探偵事務所 TEL 07:00~23:00 東京都杉並区梅里2-40-20 第2志村ビル2階 当サイトについて 当サイトはご相談者様からの情報提供を元に注意喚起を行っております。 もし誤った情報がございましたら、お手数ですがまでご連絡下さい。 コメント欄をご利用いただいての情報提供も随時受付中です。

次の