コロナ 風俗嬢。 夜の街を襲う「コロナショック」。困惑する性風俗産業

風俗嬢のコロナ・ダメージ│続・おちぶれ続けるアラフォーでぶ女の赤字返済計画

コロナ 風俗嬢

世の中には「表」があれば「裏」もある。 「夜の街での伝播を止めることができれば、制御できる可能性がある」 と、厚労省の新型コロナ対策本部クラスター対策班のメンバーから「槍玉」にあげられた風俗業従事者たちも商売あがったりなのだ。 「ソープランド市場は、感染リスクへの警戒心から客足が遠のき、3月以降は前年比5割程度の落ち込みとなるでしょう」 こう試算するのは、『世界の[下半身]経済がわかる本』等の著書があるエコノミストの門倉貴史氏だ。 「デリヘル市場も前年比3割減が見込まれ、1月から3月までの間に約2万人のデリヘル嬢が離職したと見られます。 キャバクラ市場に至っては前年比7割減。 このような惨状は過去の歴史を振り返っても、初めてのことだと思います」 歌舞伎町一番街 それにはワケがあり、 「リーマンショックや東日本大震災の時は、実はギャンブルや風俗の業界は元気な状態を保っていた。 表の経済がガタガタになり、そのストレスのはけ口を『裏経済』に求める人が多かったためです。 しかし、濃厚接触を避けなければならない今回ばかりは、そうはいきません」(同) ホステスからのLINE とはいえ、夜の街の住人たちも食べていかなくてはならない。 例えば、店を辞めたキャバ嬢たちは、 「感染リスクを抑えるために、馴染(なじ)みの固定客と個別に会う『パパ活』に力を入れているようです」(同) 実際、目下休業中の銀座のクラブに通っていたある常連客曰く、 「お気に入りのホステスから、『この前一緒に行ったレストランにまた行こうよ。 来てくれたらいいことあるかも』といったLINEがバンバン送られてくる。 中には『実家に帰るからお金ちょーだい』と、露骨に要求してくる子もいます」 また、 「実際に会うことなく、チャットで男性の話相手を務めるチャットレディの人気が高まっていて、彼女たちの実入りは2、3倍に跳ね上がっていると聞いています」(門倉氏) 風俗嬢たちも、 「SNS上で脱いだりしてみせる、アダルトチャットで稼ぐ子が増えている」(風俗愛好家) すでに「中国発」の時点から変異を遂げているともいわれる。 我ら衆生の欲望処理法も変異を遂げているようだ。 「週刊新潮」2020年4月23日号 掲載 外部サイト.

次の

新型コロナにキャバ嬢感染 思わぬ“店名さらし”に風俗嬢悲鳴

コロナ 風俗嬢

ヘルスやソープ、デリヘルなどの風俗嬢と客は、どちらかが新型コロナウイルスに感染していた場合、相手に感染させる可能性は極めて高い。 徳島市で大阪のホストクラブで遊んだ風俗嬢の感染が発覚、クラスターが心配されている。 店舗型ヘルスは徳島市の歓楽街に18店舗ある 風俗での濃厚接触は常にクラスターの危険性 性的サービスをする風俗嬢が発症まで仕事をし接客すれば当然、周辺でクラスターになる可能性はある。 しかし 濃厚接触者である利用客は身元が分かりにくいし、なかなか名乗りを上げない。 だから性的な風俗産業からのコロナ感染は心配されていたが、業界自体、組織化されておらず、行政が全く事前に指導出来ていなかった。 県議会の質問で、風俗産業へのお寒いコロナ対策発覚 この問題をつい先日、徳島県議会で無所属の 扶川敦議員が取り上げ、性的風俗への県の対策、対応を迫ったばかりだった。 実際に 行政が何も対応できていない中で、心配したことが起こってしまったわけだ。 件の風俗嬢は、大阪のホストクラブで遊んだ後、徳島へ戻って数日後、咽頭の痛みや発熱の症状が出たが、PCR検査を受けるまで数日間、勤務。 30人と接客した。 彼女の客のうち8人は確認でき県が検査を進めているが、嫌がっているという。 女性の同居男性や風俗店関係者はいずれも検査の結果、陰性だった。 女性たちは関西などから出稼ぎ的に来ているケースが多く、1週間や10日働いたらまた県外へという具合。 行動そのものが把握し難いうえ、客と顔を合わすのは接客女性だけ。 何かあっても客との連絡も難しい。 実態さえつかめない水面下のクラスターが怖い 今回のように店舗型なら少しは客も判明したが、 デリヘルで感染者が出たら誰も手の施しようはない。 業界も組織化されておらず、行政は営業許可を出した後は何もできていないことが、扶川議員の質問で露呈してしまった。 性風俗店で感染者が出た場合、客を探し出すことは難しく、クラスターに繋がってもその実態さえ掴めない、 水面下のクラスターになる可能性は極めて高い。 もりもとなおき.

次の

【新型コロナウイルス】岐阜市では女性1人→24人感染か ウィズコロナの新風俗様式|日刊ゲンダイDIGITAL

コロナ 風俗嬢

ヘルスやソープ、デリヘルなどの風俗嬢と客は、どちらかが新型コロナウイルスに感染していた場合、相手に感染させる可能性は極めて高い。 徳島市で大阪のホストクラブで遊んだ風俗嬢の感染が発覚、クラスターが心配されている。 店舗型ヘルスは徳島市の歓楽街に18店舗ある 風俗での濃厚接触は常にクラスターの危険性 性的サービスをする風俗嬢が発症まで仕事をし接客すれば当然、周辺でクラスターになる可能性はある。 しかし 濃厚接触者である利用客は身元が分かりにくいし、なかなか名乗りを上げない。 だから性的な風俗産業からのコロナ感染は心配されていたが、業界自体、組織化されておらず、行政が全く事前に指導出来ていなかった。 県議会の質問で、風俗産業へのお寒いコロナ対策発覚 この問題をつい先日、徳島県議会で無所属の 扶川敦議員が取り上げ、性的風俗への県の対策、対応を迫ったばかりだった。 実際に 行政が何も対応できていない中で、心配したことが起こってしまったわけだ。 件の風俗嬢は、大阪のホストクラブで遊んだ後、徳島へ戻って数日後、咽頭の痛みや発熱の症状が出たが、PCR検査を受けるまで数日間、勤務。 30人と接客した。 彼女の客のうち8人は確認でき県が検査を進めているが、嫌がっているという。 女性の同居男性や風俗店関係者はいずれも検査の結果、陰性だった。 女性たちは関西などから出稼ぎ的に来ているケースが多く、1週間や10日働いたらまた県外へという具合。 行動そのものが把握し難いうえ、客と顔を合わすのは接客女性だけ。 何かあっても客との連絡も難しい。 実態さえつかめない水面下のクラスターが怖い 今回のように店舗型なら少しは客も判明したが、 デリヘルで感染者が出たら誰も手の施しようはない。 業界も組織化されておらず、行政は営業許可を出した後は何もできていないことが、扶川議員の質問で露呈してしまった。 性風俗店で感染者が出た場合、客を探し出すことは難しく、クラスターに繋がってもその実態さえ掴めない、 水面下のクラスターになる可能性は極めて高い。 もりもとなおき.

次の