パラノイア。 パラノイア : 作品情報

TRPGб╪е╤еще╬едевб┘е╖е╩еъек

パラノイア

20XX年 地球は核の炎に包まれた。 海は枯れ、地は裂け、全ての生物が死滅したかのように見えた。 だが、人類は死滅していなかった。 人類はアルファコンプレックスと呼ばれる巨大地下シェルター都市に 幸福に暮らしていた。 そこはコンピューターによって 完璧に統治されたまさに最後の理想郷。 この都市に不足した物資はありません。 この都市に不幸な市民なんていません。 なぜならコンピューターは 完璧だからです。 コンピューターが間違いなんて言うわけがありません。 この都市で不幸な人と言ったらせいぜい 反逆者くらいです。 そう、この完璧で幸福な都市にも反抗的な者がいるのです。 それは 都市を破壊しようと企む悪の秘密結社 コミュニズムに毒された共産主義者 遺伝的に異常を起こしたミュータントです。 そのような反逆者は 一人残らず見つけ出し、抹殺すべきです。 コミー 共産主義者 、ミュータント、テロリストは反逆者です。 反逆者を見逃す者も反逆者です。 反逆者は皆殺しです。 あなたは トラブルシューターです。 トラブルシューターとはこのような反逆者どもを見つけては千切って殺し、見つけては千切って殺すとてもやりがいのあるお仕事です。 ところで、ここだけの話、 実はあなたもミュータントであり、秘密結社の手先です。 今のところはだれにもバレていないようです。 よかったですね^^ しかし、あなたはあなたと同じようなトラブルシューターと一緒に仕事しています。 このままでは 槍玉に挙げられ、スケープゴートにされてしまうでしょう。 じゃあどうすればいいか。 先に誰かをスケープゴートにすればいいのです。 大丈夫。 ちょっとくらいは失敗してもいいでしょう。 あなたには6体くらいのクローンが用意されています。 もし、今のあなたが殺されれば記憶はそのままに次のクローンが役目を果たします。 要は実際の会話で物語を進めていくRPG。 簡単に説明すると、プレイヤー(2人〜8人くらい)と、ゲームマスター 略称:GM っていう司会進行役がいて、プレイヤーがGMの用意した物語をおしゃべりですすめたり、GMを言いくるめたりするゲーム。 ゲーム中には戦闘シーンがあったり、なんかイベントが起きたり起こしたりして、攻撃や行動の成功判定にはサイコロを使って決める。 プレイヤーのキャラのスキルや能力値みたいなんがあって、それらがなんやかんやあって成功値を決めて、サイコロの出目が成功値以下になったら成功。 とかそーいうやり方。 その場の状況によっても成功値に影響がある場合があるよ。 ざっくりとしたゲームの流れ SCなる階級制度がございます。 上の階級の人には絶対服従です。 上から偉い順 階級名 色 略称 備考 Ultraviolet 白 UV ゲームマスター。 神 Violet 紫 V Indigo 藍 I Blue 青 B Green 緑 G Yellow 黄 Y Orange 橙 O Red 赤 R プレイヤーはこの階級で始まる Infrared 黒 IR クズ 上記の通り、プレイヤーは赤から始まり、それ以下の黒は最下級。 IR相手なら何してもゆるされる。 なぜならこれはコンピュータの決めた序列だから。 コンピュータの決めたことに反抗する奴は反逆者。 ゲームマスターは最上級。 つまりプレイヤーに大して絶大な権限を持つ。 キャラクターデータについて ミッションには以下の2つがある• コンピュータからの指令• 秘密結社からの指令 コンピュータからの指令の際、装備品を受け取る。 この装備品はあくまでもコンピュータからの借り物なので壊したり無くしたりしないように。 ただし、達成不可能なことが多い。 理由は• SCの関係で情報を得られない• 情報を得るとSC違反で抹殺される• アルファコンプレックス自体が非効率な仕組みで任務遂行しにくい• 何かすると理由をこじつけられて射殺される• 何もされなくても上位クリアランスの気分で射殺される• 幸福そうに振舞わないと射殺される• そもそも指令の対象となる敵がいなかったりする しかしコンピュータは完璧な計算によって「達成できる」と踏んで指令を出している。 完璧で幸福なトラブルシューター達が任務を達成できないはずがない。 もし、任務に失敗したのならトラブルシューターの中に反逆者が紛れ込んでいて妨害工作でもしたんでしょう。 プレイヤーの行動指針は以下の2つ(らしい) 1. 奇跡的に成功すると信じ、全力でミッションに貢献する。 トラブルシューターのほかの誰かを裏切り者に仕立て上げ、スケープゴートにする。 一般的には2. が推奨される(らしい) ミッション内での役割.

次の

【医師監修】妄想性障害(パラノイア)とはどのような病気なのか

パラノイア

に近い病気で、特定の妄想をもっている以外はなんの異常もみられない状態をいいます。 つまり、妄想はもっていても、そのことに触れなければ人とのコミュニケーションは正常であり、行動面の問題もありません。 妄想には、迫害妄想、宗教妄想、血統妄想、恋愛妄想などがあります。 妄想に反対するものに対して立ち向かうという特徴があります。 自分の権利が侵害されたと信じ込み、執拗に相手をうったえるというのが一例です。 パラノイアはまれな病気と考えられていました。 しかし、諸事件を起こしたオウム真理教の麻原教祖が、宗教妄想や迫害妄想をもったパラノイアではないかといった論調がみられたりしました。 またストーカーが社会の注目を浴びていますが、そのような人のなかには、恋愛妄想をもったパラノイアが含まれているという見解もあります。 このように、パラノイアの概念が新たに注目されています。 パラノイアという用語は以上のような学問的意味をもっていますが、いまでは小説の題材や歌の題名によく使われたりしています。 そこでは、必ずしも病的、否定的な意味あいで使われているわけでもないようです。 このことばが今後どのように使用され、社会的に認知されていくのかが注目されます。 コラム バーンアウト症候群(燃えつき症候群) 医師、看護師、教師といった専門職を襲う症状で、1970年代にアメリカで注目され、1980年代から日本でも問題になってきました。 感情と身体の両面に症状があり、感情面では不安、いらいら、気分の落ち込みなどが出てきます。 自尊心が低下して、仕事への自信や職業的な誇りが失われる状態になります。 身体面では上気道感染、息切れ、胃腸障害、頭痛、腰痛、高血圧、睡眠障害などの症状があらわれます。 教師や看護師では、30~40%の高率で燃えつき状態にあるという調査もあります。 就職して間もないころになりやすく、経験を重ねるにしたがってよくなってきますが、経験30年以上の管理職クラスになるとふたたび症状が出やすくなるようです。 個人的要因として、繊細で献身的、理想を目指す性格、家庭での持続的ストレスがあげられます。 職場要因として、個人の能力を超えた仕事、要求の厳しいクライアント、相応な評価や達成感の欠如、不十分な新人研修などがあります。 また社会的要因として、専門職への期待が強いいっぽうで権威が低下していること、クライアントの権利意識の向上、社会的サポートの低下などがあるといわれています。 対策には、新人教育プログラムの充実、職場環境・人間関係の見直し、個人生活の充実などがあり、医療的な対応が求められることもあります。

次の

『パラノイア』紹介

パラノイア

20XX年 地球は核の炎に包まれた。 海は枯れ、地は裂け、全ての生物が死滅したかのように見えた。 だが、人類は死滅していなかった。 人類はアルファコンプレックスと呼ばれる巨大地下シェルター都市に 幸福に暮らしていた。 そこはコンピューターによって 完璧に統治されたまさに最後の理想郷。 この都市に不足した物資はありません。 この都市に不幸な市民なんていません。 なぜならコンピューターは 完璧だからです。 コンピューターが間違いなんて言うわけがありません。 この都市で不幸な人と言ったらせいぜい 反逆者くらいです。 そう、この完璧で幸福な都市にも反抗的な者がいるのです。 それは 都市を破壊しようと企む悪の秘密結社 コミュニズムに毒された共産主義者 遺伝的に異常を起こしたミュータントです。 そのような反逆者は 一人残らず見つけ出し、抹殺すべきです。 コミー 共産主義者 、ミュータント、テロリストは反逆者です。 反逆者を見逃す者も反逆者です。 反逆者は皆殺しです。 あなたは トラブルシューターです。 トラブルシューターとはこのような反逆者どもを見つけては千切って殺し、見つけては千切って殺すとてもやりがいのあるお仕事です。 ところで、ここだけの話、 実はあなたもミュータントであり、秘密結社の手先です。 今のところはだれにもバレていないようです。 よかったですね^^ しかし、あなたはあなたと同じようなトラブルシューターと一緒に仕事しています。 このままでは 槍玉に挙げられ、スケープゴートにされてしまうでしょう。 じゃあどうすればいいか。 先に誰かをスケープゴートにすればいいのです。 大丈夫。 ちょっとくらいは失敗してもいいでしょう。 あなたには6体くらいのクローンが用意されています。 もし、今のあなたが殺されれば記憶はそのままに次のクローンが役目を果たします。 要は実際の会話で物語を進めていくRPG。 簡単に説明すると、プレイヤー(2人〜8人くらい)と、ゲームマスター 略称:GM っていう司会進行役がいて、プレイヤーがGMの用意した物語をおしゃべりですすめたり、GMを言いくるめたりするゲーム。 ゲーム中には戦闘シーンがあったり、なんかイベントが起きたり起こしたりして、攻撃や行動の成功判定にはサイコロを使って決める。 プレイヤーのキャラのスキルや能力値みたいなんがあって、それらがなんやかんやあって成功値を決めて、サイコロの出目が成功値以下になったら成功。 とかそーいうやり方。 その場の状況によっても成功値に影響がある場合があるよ。 ざっくりとしたゲームの流れ SCなる階級制度がございます。 上の階級の人には絶対服従です。 上から偉い順 階級名 色 略称 備考 Ultraviolet 白 UV ゲームマスター。 神 Violet 紫 V Indigo 藍 I Blue 青 B Green 緑 G Yellow 黄 Y Orange 橙 O Red 赤 R プレイヤーはこの階級で始まる Infrared 黒 IR クズ 上記の通り、プレイヤーは赤から始まり、それ以下の黒は最下級。 IR相手なら何してもゆるされる。 なぜならこれはコンピュータの決めた序列だから。 コンピュータの決めたことに反抗する奴は反逆者。 ゲームマスターは最上級。 つまりプレイヤーに大して絶大な権限を持つ。 キャラクターデータについて ミッションには以下の2つがある• コンピュータからの指令• 秘密結社からの指令 コンピュータからの指令の際、装備品を受け取る。 この装備品はあくまでもコンピュータからの借り物なので壊したり無くしたりしないように。 ただし、達成不可能なことが多い。 理由は• SCの関係で情報を得られない• 情報を得るとSC違反で抹殺される• アルファコンプレックス自体が非効率な仕組みで任務遂行しにくい• 何かすると理由をこじつけられて射殺される• 何もされなくても上位クリアランスの気分で射殺される• 幸福そうに振舞わないと射殺される• そもそも指令の対象となる敵がいなかったりする しかしコンピュータは完璧な計算によって「達成できる」と踏んで指令を出している。 完璧で幸福なトラブルシューター達が任務を達成できないはずがない。 もし、任務に失敗したのならトラブルシューターの中に反逆者が紛れ込んでいて妨害工作でもしたんでしょう。 プレイヤーの行動指針は以下の2つ(らしい) 1. 奇跡的に成功すると信じ、全力でミッションに貢献する。 トラブルシューターのほかの誰かを裏切り者に仕立て上げ、スケープゴートにする。 一般的には2. が推奨される(らしい) ミッション内での役割.

次の