妻の浮気 再構築。 再構築を装った間男と浮気妻への復讐

妻の裏切りから再構築するまでの軌跡。浮気されてから復縁の道!

妻の浮気 再構築

妻に浮気された後、再構築を選ぶ人は少なくありませんが、再構築が成功する可能性は低いです。 ギクシャクして元の関係に戻れなくなってしまったり、裏切られた傷みがフラッシュバックしたりなど、数年以上は苦しむことになるからです。 あまりのストレスに途中で心が折れることや、信頼関係が回復していないのに新たな問題が出てきて離別が決定的になることもあります。 しかし、そんな中でもちゃんと再構築を成功させた人が少ないながらもいるのは確か。 成功の可能性が低い分、成功体験談を読みあさったり、おすすめの方法など情報をあつめたりして精力的に行動してカバーしましょう! 選んだからには、やりきる。 どんな未来が待っていたとしても、その努力があなたを支えてくれるはずです。 子どもがいなかった私たち夫婦。 半年くらい妊活とやらもやってみましたが、なんか夫婦の営みが義務みたいになってしまい、終始無言で事にあたり、ムードも何もない冷めた状態になりました。 子ども関連のNGワードも増え、なんだか家も重苦しい雰囲気になってしまって、私から妊活の中断を提案しました。 妻も同じ気持ちだったのでしょう、ずっと家で家事だけするのは辛いのでパートに出たいと言いました。 そして、それから間をおかずにパート先の人と妻が不倫をしてしまうのですが、妻は完全に流されただけで本気でないのはあきらかでしたし、すごく反省していたので再構築を決めました。 しばらくは妻が信じられなかったり、私がへんに怒りやすくなってしまったりと大変でした。 しかし物は試しに病院を変えて妊活を再開し、4ヶ月たった頃に妻が無事妊娠。 妻の妊娠中も夫婦関係はまだ不安定でしたが、再構築開始から1年と少し、妻が安定期に入った頃から、子どもの存在が大きくなり、落ち着いてきました。 子どもが生まれた後は、妻の過ちなど存在しなかったかのようです。 彼女の過ちを許し、なおかつ子どもを可愛がる私に妻は信頼を向けているようですし、私も母親としてしっかり家のことをやってくれる妻を信頼できるようになりました。 それから5年経ちましたが、今も関係は良好です。 「彼女のこういうところは信頼できる」という点を見つけられるか、が肝になったように思います。 離婚をするかしないか、かなり真剣に悩みました。 妻のことは愛しているけど、それゆえに裏切られたことが辛すぎて、そう簡単に許せそうにありません。 妻は何度も謝罪してきて離婚したくないといっていましたが、僕のように愛情があるわけでなく、金づるが欲しいだけじゃないのか、バツイチになりたくないだけじゃないのかと思いました。 少し前までそんな疑いをもったことなどなかったので、自分の変わりようにも絶望しました。 相談していた友人から、離婚しなかったとして幸せになるとは思えないとキッパリ断言され、離婚することにしました。 離婚をするとき、彼女はショックで泣き叫び、あまりの悲壮さに胸が痛みました。 けれど流されては彼女のためにもならないと、僕も泣きそうになりながら、離婚届けを記入させました。 離婚してからは低いテンションながらも、友人の声かけで女性とデートもして、いつかは傷も癒えるような実感が持てました。 しかし、仲良くなった1人の女性と初めてデートをしたとき、フラッシュバックが起こりました。 このまま結婚したとして、彼女は元妻と同じことをするかもしれない。 さらに驚くことに、彼女は信じられないけれど、元妻ならもう一度信じられそうな気がすると思ったのです。 一度僕を裏切った相手にも関わらず、僕は1年以上たっても、他の女性とデートをするまでになっても、元妻に未練たらたらだったんです。 所要で元妻と会ったとき、努めて慎ましくしようとする彼女の姿にその思いは高まり、離婚後にプチ再構築のような関係が始まったのです。 友人も両親もその流れを良く思っていませんでしたが、彼女はまた裏切るかもしれない、けどまた今回みたいに元サヤに戻れる。 裏切られても許せるくらい愛せる女性はそうそう多くないと考えた私は、反対を振り切って元妻と再婚しました。 再婚後は、何でもなかったように結婚生活を再開しましたが、たまにフラッシュバックが起こり大喧嘩する日もありました。 再婚直後は2週間に1回くらいの高頻度で大喧嘩をしました。 しかしそれが三ヶ月に1回、半年に1回と減っていき、ケンカの内容もどんどんくだらない内容になっていきました。 いつのまにか浮気や不倫の過去はなりを潜め、そういったテーマの番組を見ていても何も思わなくなっていきまいた。 二人の仲も、心の傷もすっかり癒えたように思います。 そうなるのにトータルで発覚から7年くらいかかった感じですかね。 正直、妻を信じられるかでいうとそれほど信頼はしていません。 それどころか、また浮気をするだろうと決めつけている節があるくらいです。 けれど一度や二度の過ちで簡単に離れられるほど二人の絆はもろくないと思っています。 なんか身の蓋もない言い方になりますが、夫婦に大切なのは、嘘をつかないとか裏切らないとかの信頼関係ではなく、人生を共に歩める相手と認め合っているかどうかだと感じました。 それらを一緒くたに扱う人もいるけど、妻の浮気からの離婚、離婚からの元妻との再婚を経て僕は考え方を変えました。 正直、きつかったです。 子どもが2人もいる母親のくせに、夫以外の男と体の関係をもつなんて、理解の範疇を超えています。 私の母はそんなふしだらな人とは真逆だったから、余計に理解できませんでした。 子どもの目線にたったらこんな母親は嫌だろうと思って離婚するつもりで準備をしました。 妻の不倫が発覚してからは、私が彼女を毎晩のように怒鳴って責めていて、最初は離婚したくないの一点張りだった彼女も疲れたように何も言わなくなりました。 でも、いざ離婚となると子どもたちが大反対。 いつも冗談しか言わない2人がすごく真面目な顔で、私と妻だけで解決しようとしないで家族で頑張ろう、って言うんです。 あまりのいじらしさに流されて、再構築を決めました。 この時点では、全然妻を許せそうになかったんですけど、離婚しても幸せにはなれない、後悔するって直感しました。 子どもたちが、中学生と高校生で大きかったのも幸いしました。 テレビで見たドラマやらで不倫やらにも詳しくて、私たちの喧嘩を盗み聞きして、事態をちゃんと把握していました。 私たち夫婦はそれぞれのどこが悪いか、どこがすれ違っているのか、子どもたちなりに真剣な意見を述べてくれました。 子どもとはいえ、第三者だし、私たちの関係の変化を細かに知っているので、けっこう的を射てましたね。 時には父側vs母側に分かれて喧嘩もして、私も妻も互いに心強い理解者ができたので余裕が生まれました。 妻も一方的に私になじられるだけだったのですが、何を考え、何をしたかったのか主張を家族にしてくれて、ようやく私も妻の過ちを理解できるようになりました。 それからは、なんだか気分がすっきりして、妻を責めることがなくなりした。 子どもたちが、私の悪いところも教えてくれたので、お互い様だなと思ったのも一因かもしれません。 再構築開始から10年以上たって、子どもも結婚して独立しました。 幸い、子どもたちが家からいなくなっても、人並みくらいに仲の良い夫婦だと思います。 年を経るにつれて、また既婚者になってから、女性は女性として求められる機会が激減します。 それに加えて、夫からも女性として扱われることがなくなると、いっきに気持ちが老け込んでしまいます。 今の時代、テレビやネット、いたるところで男性陣にもてはやされる女性を見かけることになりますから、比較対象が多くて息苦しいことでしょう。 そこへ自身を女性として求めてくれる男性が現れると、まんざらでもないというか、つい嬉しくなってしまうのは仕方がないことでしょう。 もちろん既婚者なので、求められたところで答えるわけにはいけないのですから、真面目で良識がある方ほど、ちゃんと誘惑に抗うでしょう。 しかし必死になって誘惑をふりきったのに、自宅へ帰るとやはり女性としてみてくれない冷めた夫の態度が待っているわけです。 なんのために頑張っているのか、本当に今の自分は幸せなのか、混乱してしまうことだってあるでしょう。 その頃になると、女としてみられるかどうかという問題よりさらに深層、自分の選んだ夫は妻のむなしい気持ちや寂しさに気づき埋めてくれる人ではなかったという絶望に囚われます。 浮気相手を本気で愛するかどうかはケースバイケースですが、このような気持ちの変化がある場合、妻の裏切りの土台にあるのは自分をみてくれない夫への愛憎なのです。 性別は関係なく、男女どちらにも一定の割合で快楽に極端に弱い人がいます。 口や気持ちで抗う振りはしても、快楽への誘惑に簡単に負けてしまい、本人は抵抗しているつもりでもはたから見たら全く抵抗していないどころか、合意のように誤解されるほど異性をすぐに受け入れてしまいます。 ノリノリだったのに「合意じゃなかった」「抵抗したのに無理矢理」といった言い訳を述べる類の人は、この類であることが多いでしょう。 そういう雰囲気になったとき、冷静に物事を考えることなく空気にのまれてしまうので、リスクを一切考慮しない常識から外れた愚かな行為もやってしまう傾向があります。 さらに、他人の心を思いやるとか、他人を傷つけないようにという道徳心が、人より少ないことも。 上記に述べたような性質なのでそうなってしまったのか、そんなだからそういう性質になったのかは分かりませんが、とにかく自分の快楽や損得を優先しており、それが幸せにつながっています。 こんなふうにあけすけに書いてしまうと、ものすごく嫌な人のようの思えるかもしれませんが、人間誰しもこのような醜い部分は抱えています。 それが人より少し多いだけ。 まあ、あまり褒められたものではないかもしれませんが、村八分にされるほど悪人というわけでもありません。 普段はそんなことないのに、ナイーヴな時期にはそうなりやすいというムラがある人もいますので、冷静に観察をしてみるといいでしょう。 たとえば肩書きや年収などのスペックを重視して結婚しており、夫の見た目はどうでもいいと考えているタイプによくあることです。 男性として求めていたわけではないので、意識してしまうような好みの男性からアプローチをかけられたときに流されやすい傾向にあります。 この場合、妻に夫への愛情があるかどうかはまちまち。 金づるとしか思っていないような人もいれば、容姿ではなく人柄をみて愛情をもっている人もいます。 夫からするとダブルでショックなケースとなりますが、妻を女性として扱わない男性が大勢いるように、夫を男性として扱わない女性が大勢いるだけのこと。 わりと夫が尽くしている(妻を女性として求めている)にも関わらず、他の異性に惹かれる場合はこのタイプの可能性が高いといえます。 「妻が浮気をした」事実を受け止め、前向きにやり直しをはかる気持ちになれた後にぜひお試しいただきたいのがこちら。 相手の目線に立ち、その気持ちを理解することは歩み寄りの一歩。 生まれや育ち、浮気前と後の夫婦の会話、交流関係などを把握し、浮気のシチュエーション、妻の誇りや弱さと照らし合わせることで、なんとなく浮気にいたる心理を察することができます。 ポイントは推測で終わらせないこと。 自分が全く同じ立場に置かれたら、その誘惑に打ち勝てるのか。 自分は大丈夫だとしても、その他大勢はどうなのか。 なるべく妻になりきって浮気相手とのやり取りも想像します。 お察しのとおり、吐き気をもよおすほどの苦行となります。 人によっては本当に寝込んでしまう人もいるかもしれません。 しかしそれをすることで、2度目を防ぐのに役立つ他、他のトラブルが起きたとき別問題として冷静に対処できるため、不幸があっても夫婦で協力し合い乗り越えられる夫婦関係が築けます。 不倫のフラッシュバックは、数ヶ月から数年にわたり起こります。 きっかけがあるときもあれば、ないときもあり、その頻度もまちまちです。 それほどに傷ついたんだと、シタ嫁に思いっきり苛立ちをぶつけたいところですが、そうしてもお互いが傷つくのみなので、できるだけシタ嫁に頼ることなく乗り越える他ありません。 しかし、この手の悩みは一人で抱えていても悪化するばかり。 友人や専門家など相談できる人をつくりましょう。 また、何か新しい刺激を取り込むのも有効です。 いろいろな経験を新しく積み重ねていくことで、何もしないときより早く傷が塞がっていきます。 具体的には、旅行などのイベント、ダイビングやスキーのような自然とふれあうスポーツがおすすめです。 再構築中は、ケンカないしは、どちらかの心が乱れて相手を一方的になじる場面が何度も訪れます。 そんなとき、それぞれの頭には「離婚」がチラついてしまうはず。 一度離婚の危機が訪れた夫婦は、頑張ってもうまくいかないのではという不安がどこかにあるため、離婚を思いつきやすい状態になっているのです。 実際、感情に任せて「離婚」を切り出す人も一定数います。 しかし、離婚の危機を経験したからこそ、その言葉は重く、数日どころか数ヶ月経った後も言われた方の心に残ります。 脅しとしての威力も高いため、どんなときにも「離婚という切り札は出さない」という意識を徹底しましょう。 離婚や別れを想像する言葉が出ない夫婦ほど、それらから無縁になっていきますので、ぜひ実行してみてください!.

次の

妻の裏切りから再構築するまでの軌跡。浮気されてから復縁の道!

妻の浮気 再構築

浮気発覚後に再構築はできる?できない? 浮気発覚後でも再構築できる可能性はある。 「妻の浮気がわかったら即離婚する」と考えていた人でも、いざ自分の身に起きてしまうと、さまざまな理由があって 離婚できずにいる人も多いようです。 離婚せず 再構築を選んでも「本当に再構築できるのか... 」と不安を抱えており、離婚と再構築に答えが出せないでいる人もいます。 ですが実際は、 妻の浮気発覚後でも再構築できる可能性あります。 いくつもの辛いことを乗り越えなければいけませんが、それでも浮気をした妻との再構築は可能です。 再構築するためには耐える覚悟が必要です。 妻の浮気発覚後に再構築は可能とお伝えしました。 ですが、再構築を意味あるものにするには、あらゆることに 耐える覚悟が必要です。 とくに怒りや悲しみの感情に耐えることができなければ、妻との再構築はできません。 再構築中は何度も「浮気をしやがって」「浮気をした妻が憎い」といった感情が襲ってきます。 これらの感情に耐え、理性を働かせることができれば、より再構築を意味あるものに変えることができます。 愛しているからこそ離婚したくないと思っており、「どうにかして夫婦関係をやり直したい」と考えているからこそ、妻と離婚できずにいるそうです。 実際に「妻が浮気をしたら離婚すると思っていたけど、本当に浮気をされたとき離婚を選べなかった。 妻を愛しているからこそ離れたくなかった」という理由から再構築を選んだ男性も多いです。 「離婚をすれば子供が母親を失ってしまう」「自分が子供と離れてしまい、父親のいない子供になってしまうかもしれない」と、離婚して子供が片親になることを避けるために、 妻への気持ちは冷めていても再構築を選ぶ男性がいます。 親としての責任を果たそうという、責任感が強い人に見られます。 浮気は、夫婦関係だけではなく家族や友達との関係も壊してしまう裏切り行為です。 それだけ罪深い軽率な行為ということを理解させなければ、いくらあなたが再構築を選んだとしても、また 同じ過ちを繰り返されてしまいます。 しっかりと理解してもらうために、確実な浮気の証拠を使って慰謝料の請求など 重い社会的制裁を与えましょう。 浮気をする妻でも愛している人にとっては、心苦しいかもしれません。 しかし妻との再構築を上手くいかせるためには必要な決断になってきます。 浮気をした妻のことを許せないのは当然のこと。 しかし、そんな妻と再構築を選んだのであれば、許そうとする気持ちを持たなければ再構築もできなくなってしまいます。 恨みながら再構築しても、 自分が辛く苦しい思いをするだけです。 完全に許すことはできないかもしれませんが、時間をかけてでも妻を許そうとする気持ちを持って再構築に挑んでください。 浮気をする人は繰り返し浮気をしてしまう特徴があります。 そのため、別れたことを確認していないと、隠れて浮気をしてしまう恐れがあります。 また、確実に別れさせ二度と浮気をさせないためにも、 浮気相手には重い制裁を与えおくことをおすすめします。 慰謝料の請求・職場への通報など、与えられるだけの重い制裁を科すことで、浮気相手もあなたの妻から離れてくれます。 妻を信じる気持ちは大切ですが、念には念を入れておきましょう。 とくに「お前は浮気をするような女だから」「お前が浮気をしたからこんなことになった」など、妻への怒りの感情や気持ちを押し付けていては、いつまで経っても再構築が上手くいきません。 辛い気持ちもわかりますが、再構築を選んだのであれば過去のことばかり考えるのではなく、 これから先のことを見つめるようにしてみてください。 そうすることで、少しは反省している妻の気持ちを理解してあげることができますよ。

次の

浮気した妻が反省している・・・もう浮気を許しちゃっても大丈夫?

妻の浮気 再構築

私は44歳、妻30歳、子供は5歳で結婚して8年目になります。 妻とは妊娠、出産してからずっとセックスレスです。 妻は私を家族になってしまったからセックスしたい気分になれないと言い、今までずっと拒否されてきました。 妻の育児のストレスで疲れていたので、月に2〜3日休日を与えその間私が子供の面倒をみたりして、少しでも解放してあげようと自分なりに頑張っていました。 妻はお酒飲むのが好きでよく女友達と飲みに行くと言って出かけていきました。 私はそれを快く承諾して送り出していました。 2年ぐらい前から飲み会と言いつつ、お昼頃から出かけて飲み会には早くない?と思いつつどこかで買い物したり、カラオケしたり色々してるのかなぁと思ってました。 妻の態度など色々気になる点が増えていき、怪しいと思ったのが去年の春ぐらいでした。 携帯を見せないようにしたり、指紋認証にしたり、隠れてピルを飲んだり、Tバックなど履かない下着を隠し持っていたりして浮気を疑うような行動が目につくようになりました。 妻が家のお金を管理しているので、探偵とか雇う事も出来ずずっとモヤモヤした気持ちでいました。 モヤモヤがだんだん増し意を決して探偵を雇った結果妻は黒でした。 妻と会ってた男と会い、二度と会わない事と慰謝料の請求をしました。 その後妻と話し合いをして、妻は全部白状しました。 妻はずっと私のだらしないとこが嫌いで子供が産まれたら変わってくれると思ったけど、変わらなくこの人とは無理と思ったみたいです。 家族になってしまったからセックスが出来ないのもあったけど、私のだらしないとこが嫌いになってセックスしたくないと思ったみたいです。 もともとセックスは好きで、夫とはしたくないし、嫌いになってしまったから出会い系でセフレを探して、この5年間何人もの人とセックスしてきたそうです。 私はそれに全然気づかなくて過ごしてきました。 探偵を雇ってみつけた人とは1年以上のセフレ歴で一緒に温泉旅行に行ったり、ハプニングバーやスワッピングのプレイもしてきたそうです。 自分の奥さんじゃ出来ない事を出会い系でみつけたうちの妻とそんな行為をしてきて、その男怒りしかありませんでした。 妻と話し合い子供が小さい為、またお互いの両親が離婚していた為子供にそんな思いをさせてはいけないと思い、離婚は回避し再構築を選びました。 最初の話し合いでは不貞腐れていたけど、今は再構築して1ヶ月ちょっと経ちましたが、何でも話し合いができる状態ではありますが、やはり自分とはセックスできないそうです。 理由は家族になったからそう言う気分になれないし、家でセックスはできないと言いました。 じゃあラブホならできるのかと思いましたが、無理みたいです。 今は家族として修復したいみたいで、夫婦としては信頼関係は底辺らしく、少しずつ信頼を回復するため、部屋の掃除や子供の面倒、たまに食事を作ったりしています。 コロナの関係で今は子供がずっと家にいますが、家族3人でまた新しい家庭が作れればと思います。 最初のうちは色々考えて眠れない日々が続きました。 今もぐっすり眠る事はできません。 妻との関係を取り戻すために夫婦カウンセリングをうけた方がいいのか悩んでます。 妻は今までセフレとセックスしてきたので、急に浮気がバレてセックスできなくなり今は我慢してると思います。 妻は自分でセックス依存症かもしれないと言っていたので、それも妻にカウンセリングを受けた方がいいのと、不特定多数とセックスしてきたので性感染症が怖いので病院行く事をすすめましたが、行くのが嫌なのか俺とはセックスしないから別に行かなくてもって思ってるのかわかりませんが病院に行く事を拒否してます。 毎日子供がいるので、そう言う話がなかなかできません。 こんな感じで今のままいれば再構築になるのか?妻との信頼を回復できるのか心配です。 ある程度期間を設けてダメなら離婚を視野に入れた方がいいのか悩んでます。 ちなみに家族として再出発を決めて、その時に妻にもう一度指輪をプレゼントしました。 妻は毎日指輪をつけて、家事と育児を頑張ってくれているので、私としても再構築していつか妻と愛のあるセックスをしたいと思います。

次の