小さい赤い虫。 赤い小さい虫はダニ!コンクリートや室内に発生する原因と駆除方法

小さい赤い虫がコンクリートにうじゃうじゃ!何者?駆除方法は?

小さい赤い虫

その真意は定かではなく、まだまだたくさんの秘密が隠されています。 また、別名「赤ダニ」とも言われていて人体には無害なんですが、観葉植物などに大量発生することから ガーデニングが趣味の方からは害虫として嫌われています。 タカラダニ(赤ダニ)の生態 タカラダニのは、節足動物門鋏角亜門クモ綱ダニ目ケダニ亜目タカラダニ科アナタカラダニ属に分類されるダニの一種なのです。 タカラダニの種類は世界で約40種類以上確認されていて、日本で良く見る種類は「カベアナタカラダニ」という種類ですが、タカラダニの生態は実のところは、まだよくわかっていません。 ただ、同じダニでも、山に生息するヤマダニとは全く違うということは確か。 なんせ都市のコンクリートやブロック塀に大量発生するのですから・・・・。 生息場所はほぼ日本全国、北海道から沖縄までのコンクリートやブロック塀の表面や土の上など様々な場所に姿を現します。 コンクリートや土の上って・・・・つまりどこにでもいるということ。 寄生した昆虫の体液を吸ってお腹一杯になると、昆虫を離れて地上に落ちます。 地上に落ちたタカラダニの幼虫は、脱皮して若虫になり、素早く動き回る若虫と成虫はハダニやカイガラムシを餌として食べます。 タカラダニは食性は雑食性で、虫以外にも花の花粉なども食べることがわかっています。 タカラダニの大量発生の原因 しかし、彼らの餌である小さな昆虫が少ない都心部で、しかも何でコンクリートで覆われた都会のど真ん中に大量発生するのでしょう。 タカラダニはまだ詳しく生態がわかっていないので、実はタカラダニが何故発生するのか原因はよくわかっていません。 ですが、ひとつ考えられるのがタカラダニには天敵が少ないと言う点です。 その為、なかなか数が減ることがありません。 また、タカラダニは産卵数が多いのも大量発生の原因となります。 近年タカラダニが大量発生する事例が増えているのは、地球温暖化でタカラダニが生きやすい環境になってきたからかもしれませんね。 なぜコンクリートに発生するのか? 一説にはタカラダニは、コンクリートについている花粉を食べているのではないかと考えられています。 また、都会のコンクリートにはうっすらと苔が生えていている部分も多く、そこが彼らにとってちょうど住み心地の良い場所になってというのです。 ちなみにタカラダニの天敵はクモと言われていますが、そもそもタカラダニはコケやコンクリートがある場所で生活しているので狙われる確率は低いとされています。 3月に幼虫が目撃され、成虫の苦情が殺到するのが4月の下旬~6月頃。 7月頃になるとタカラダニの姿は見えなくなります。 苦情が殺到する時期は、ちょうど産卵の時期。 タカラダニは単為生殖で増えるので、うじゃうじゃといるのは全部メス。 コンクリートの一角が大量のメスが集って産卵する、いわば産院と化しているというわけです。 タカラダニ(赤ダニ)は人間にとって有害!? タカラダニは直接は人に悪さをしないので、気にならない方はそのまま放っておいても大丈夫。 でも・・・例えば洗濯ものに付着したり何かの拍子で皮膚に付いてしまった場合は、決して潰してはダメ!! 潰してしまうと、ダニの赤い体液が出てきてしまいます。 この赤い体液を素手で触ってしまうと人によっては痒みやかぶれを引き起こす成分が入っているようです。 また、衣服に色がついてしまいます。 特にアレルギー体質の方などは注意が必要です。 ただし、人間がタカラダニを潰して液体に触れない限り、タカラダニからは人間に噛んだり刺したり攻撃をしてこないので、大抵の場合においては無害であると言えます。 タカラダニ(赤ダニ)と間違えやすい虫 小さくて赤いアブラムシや蜘蛛の種類はよくタカラダニと間違えられます。 でも、よく観察してみるとその違いは明らか! 例えばアブラムシはタカラダニにはない長い触角を持っています。 小さいので虫眼鏡や顕微鏡で見なければわからないかもしれませんが、明らかに脚とは違う細く長く伸びたものが確認できれば、それはタカラダニではありません。 しかも、アブラムシはコンクリート上に密集することはないので、発生する場所からも推測することができます。 また、蜘蛛はシロスジショウジョウグモやアカイソウロウグモなど数種類の小さい赤い蜘蛛がいますが、どれも頭胸部と腹部の分かれ目がくびれています。 体にくびれを確認できたなら、それもタカラダニではありません!大きさもはるかに蜘蛛の方が大きい! タカラダニ(赤ダニ)が発生しやすいのは! タカラダニは一度の産卵で1個~20個の卵を産みますが、タカラダニにオスは存在しないので、すべての個体が単為生殖を行っているのでは無いかと考えられています。 タカラダニの平均寿命は2ヵ月~3ヵ月程度とされており、壁や床などの狭い隙間やコンクリートを好みます。 コンクリートの凸凹にはエサとなる有機物が付着しやすかったり、苔が付着していることも多いからです。 また、繁殖期+産卵ラッシュは4月~6月がピークだそうで、この時期になると屋外・屋内関係なく産卵を行い大量発生する時期でもあります。 一軒家でいえば、基礎と壁の隙間や玄関扉の隙間。 もちろん庭やブロック塀なども危険です。 マンションでいえば、ベランダのコンクリート。 布団や洗濯ものを干して取り込む時に、衣類や布団についたタカラダニを知らないうちに一緒に家の中に持ち込んでしまうこともあるかもしれません。 そんな時には押し入れやタンスの中も注意が必要です!! タカラダニ(赤ダニ)を予防するには 一度発生すると毎度同じ場所に発生する習性を持つタカラダニ。 潰すと赤い液体が出て掃除が大変になるし、どうしたものかといった感じですね。 タカラダニを予防するには、まずは卵の段階で発見し、駆除してしまうこと! タカラダニは一度に1~20程度の卵を産みます。 タカラダニが発生したことのある場所に、白くて1㎜以下の粒粒が固まっていたら、それはタカラダニの卵かもしれません。 その時は速やかに根こそぎとってしまいましょう。 高圧洗浄機などで洗い流してしまうのも手です。 一度、卵を見つけた場所はタカラダニが産卵しやすい場所ということですから、そこは要注意! 毎年同じように産卵する可能性があります。 まずはその場所の環境を変えてしまうことが大切。 隙間だったら、隙間を埋めてしまう。 苔が生えていたら、苔を取り除く。 その後、隙間ならば油剤などでしっかりと隙間を防ぎ、苔の生えやすい場所は苔が生える条件をなくしてしまいましょう。 油剤は残効性のあるものを使えば、長持ちするので安心です。 また、タカラダニは花粉を食べることがわかっていますので、コンクリートについている花粉を取り除くのもひとつの手ではないでしょうか。 タカラダニ(赤ダニ)の天敵 タカラダニを予防する方法として思いつくのが天敵の存在。 天敵のいる場所なら、タカラダニを寄せ付けずに済むのでは、と思いませんか? でも、タカラダニの天敵は蜘蛛! 蜘蛛は有機物や苔だけでは生きていくことができませんから、タカラダニがいるような場所で見かけることはめったにありません。 そう——-天敵がいたら、最初からここまで社会問題にまでならないですよね。 蜘蛛が苦手じゃない方は、実験的に蜘蛛を連れてきてベランダや庭に放しておくのも手かもしれません。 何か変化が起こるかも!? タカラダニ(赤ダニ)の駆除方法 タカラダニは見た目に強そうな赤色をしていますが、その割には結構軟弱、意外とタカラダニの駆除は簡単です。 まず水が嫌い!!庭などの屋外に発生してしまった場合は、ホースを持ってきて先端をつまみ、勢いよくタカラダニを流してしまいましょう。 高圧洗浄機などもオススメです。 また、一番効くのはピレスロイド系殺虫剤だそうです! 市販の殺虫剤などでも簡単に駆除することが出来るので、家にある他の昆虫の殺虫剤を使用するのも有効です。 水をかけられたタカラダニは小さく丸まってそのままお亡くなりになります。 同じような方法で、カーペットなどを掃除する「コロコロ」も便利。 小さい埃をとるように簡単にタカラダニを粘着させて処分できちゃいます。 つぶすと赤い体液が出てきてしまうので、カーテンや布団など布製のものがある場所や汚したくないものの上ではこの駆除方法は避けた方が良さそうです。 タカラダニの赤い液体は床などにしみになって取れにくい事があるらしいので、出来る限り傷つけないで駆除する方法をお勧めします。 それでも手に負えない時は駆除業者を頼みましょう。 しっかりお金をかければ、きれいさっぱりと駆除してよ! 実際に公共の施設などの大きな建物の数か所で発見されるような場合には、業者さんを頼るしか方法はなさそうです。 タカラダニのまとめ 以上、「タカラダニ(赤ダニ)」の発生原因と予防・駆除方法を中心についてまとめてみましたが、参考になりましたでしょうか? 毎年煩わしかったタカラダニとオサラバするにはまずは予防が肝要です。 天敵が少なく、産卵数が多い為大量発生の事案が増えていますが、予防をしっかりやっておけば今年の春夏は見たくない「タカラダニ」を見なくても済むかも知れません。 タカラダニを発生させないための予防策は、タカラダニの寄生するコンクリート部分やコケを日ごろから水で洗い流してきましょう。 また、殺虫剤などを予め吹いておくなど、予防を徹底していればまず発生する事は無いそうです。 人によっては大きな不快感を感じるタカラダニですので、苦手な人は発生させないように毎日の掃除を欠かさずするよう心掛けましょう。 今シーズンはぜひあなたもタカラダニマスターになって、快適な生活を手に入れてください!! (ライター まるお).

次の

ベランダによく出る赤い小さい虫の正体は? 駆除と予防の方法!

小さい赤い虫

赤ダニ(タカラダニ)とは 赤ダニは「タカラダニ」の通称です。 コンクリートの上に赤ダニが出てくるのは、コンクリートの上に落ちている花粉を食べているためだといわれています。 これまでは見たことなかったのに、 今年になっていきなり大量発生したというケースがあります。 色が鮮やかなため、見つけたときは驚いてしまいますよね。 人やペットを刺すことはありませんが、大量にいると気持ちが悪いものです。 赤ダニの活動がピークを迎えるのは、5月の大型連休期間(GW)頃。 空気がさわやかになる4~5月頃に多く見られ、7月になるとパタリと見かけなくなります。 屋外に発生するダニですので、屋内で見かけることはほとんどありません。 しかし、窓を開けたくなる季節に発生しますので、隙間や空いている掃き出しなどから侵入する場合があります。 また洗濯物を取り入れたときや、植木を出し入れしたときなどに屋内へ侵入してくる可能性もあります。 室内にものを入れる際は注意してください。 「潰す」は禁物 一番気をつけたいのは、 赤ダニを潰さないことです。 潰してしまうと、赤い体液が飛び散ってしまいます。 屋外の床の場合は洗い流すこともできますが、洗濯物やカーペットに付くとなかなか色が取れずに困ることになります。 また、赤ダニを潰してしまって皮膚に体液がついたまま放置すると湿疹などの症状が出ることも。 素手で潰すということは一番避けたいところです。 洗濯物に赤ダニを見つけたら、振り払って落とす、または掃除機で吸いとる、潰さないようにつまみ取るなどのやり方がおすすめです。 次に、駆除の仕方をご紹介します。 赤ダニの駆除方法 赤ダニはとても小さな虫です。 そのため水圧に弱く、水で流すことができます。 自宅のベランダなどコンクリート上で大量発生した場合は、ホースの水で洗い流してしまいましょう。 水だけではまた発生しないか心配... という方は、以下でご紹介する方法を試してみるとよいでしょう。 3-1. 殺虫剤で駆除する ダニ用のスプレーか、不快害虫用のスプレーを使いましょう。 赤ダニは小さいため、 近くでスプレーすると赤ダニ自体が風圧で飛び散ります。 少し離れたところからのスプレーがよいでしょう。 わざわざ、スプレーを買うほどでもないときは、ゴキブリ用のスプレーをサッとかけるだけでも効果はあります。 そのまま放置して踏んでしまうと赤くなりますので、殺虫剤をかけた後は、放置せず水で流すか、掃除機で吸い取ってすぐに紙パックごと廃棄しましょう。 3-2. 中性洗剤を薄めた液をスプレーする 殺虫剤がない・使いたくない場合は、台所用の中性洗剤を水で薄めてスプレーしても効果があります。 スプレー後、動かなくなりますので、速やかに水で流してしまいます。 赤ダニはブラシでこすると潰れて赤くなりますので、できるだけ水で排水口に追いやり、洗い流してください。 殺虫剤や洗剤をかけずに、水で流すだけでもその場からいなくなりますが、生きていれば次のところで繁殖します。 「人に害がないことはわかっているけど気持ちが悪い... 」という場合は、 駆除してから流すのがベストでしょう。 3-3. 屋内で見つけたら掃除機で吸う 本来、屋内にいるダニではありませんが、屋内に入ってくる可能性もあります。 部屋の中で潰してしまうと、赤い色が付く被害起こります。 布団や、洗濯物に殺虫剤をかけるのは抵抗があると思いますので、掃除機で吸い取ります。 粘着テープを使う場合は、力を入れすぎてつぶさないようにご注意ください。 まとめ 生態自体よくわかっていないことも多い赤ダニですが、繁殖力は強いといわれています。 一度見かけたら駆除した後も、こまめに確認しましょう。 ベランダやコンクリート部分を洗剤と水洗いで洗い流し、エサとなる花粉を残さないことも赤ダニを寄せつけない対策になります。 何よりも、踏まないこと・潰さないことに注意してくださいね。 「赤ダニだけでなく、ほかにも害虫が出てきて困っている」 そんなあなたには、予約サイト・の害虫駆除サービスがおすすめ。 くらしのマーケットなら、害虫駆除業者を料金や口コミで比較し、オンライン(スマホアプリ)で簡単に予約することができます。

次の

お墓についてる赤い虫って何なの?:その正体と対処法

小さい赤い虫

赤い小さい虫は実はダニだった!? 地面でよく目にする赤い小さい虫。 ただの虫かと思ってたら、実は ダニの仲間なんです! その名も通称「 タカラダニ」。 タカラダ二には20ほどの種類があるのですが、この赤い小さい虫と思っていたダニはその中の一種で、正式名称は ダニ目前気門亜目タカラダニ科アナタカラダニ属のカベアナタカラダニ というめちゃめちゃ長い名前のものです。 かなり難しい名前ですね・・だから「 カベアナタカラダニ」と覚えましょう! ちなみにウチでは通称「赤虫(あかむし)」のままいきそうですが(笑) タカラダニハ見ての通り体は全体 赤色で、よく見ると 毛に覆われています。 幼虫の時期は、他の虫(バッタやクモ)に住み着き(寄生)、体液を吸い生活しています。 成虫になると木の上やコンクリートなどで生活します。 なので玄関先などのコンクリートでよく見かける!という方が多いんですね。 そしてよく動く性質で、ダニのなかでは大型!ダニは見えないものも多いけどこのダニは探せばよく見えます。 生活圏にたくさんいるこのタカラダニ。 人に害があるかどうかも気になる部分ですね。 次はどう人に影響するかを見ていきましょう。 赤い小さい虫の正体「タカラダニ」は人に害はある? 一匹いると周辺に数匹いることが多いタカラダニ。 小さいのに、体全体が赤い色で意識するととても目立ちます。 気持ち悪いだけだったらいいけど、人に害があるのか心配ですよね。 タカラダニは 刺したり噛んだりといったことはしないので、人に害は基本的にはないと思って大丈夫。 ただし、虫ではなく ダニですから、 アレルギー体質の人は注意が必要です。 あと、コンクリートだけではなく 我が家の植物の周りにたくさんいるのですが、植物への害もないとのことです。 スポンサードサーチ <薬をまく>• 一時的にしかいなくならない• 家の中なら死骸の処理が必要。 使用するなら・・虫コロリアース(アース製薬)などの不快害虫エアゾール もしくはクモ用エアゾール、キンチョールなど。 <水をかけて流してしまう>• 一時的にしかいなくならない• 水なので安心。 どちらの方法も一時的にしかいなくならない方法にはなりますが、7月には自然と赤い小さい虫(ダニ)は見かけなくなります。 このダニは人に害はないので基本的に駆除は必要ないかな?と思いますが、見た目が不快という理由なら安心な 水での対処がオススメです! 駆除しようとタカラダニは潰すと場所を考えないと赤く染まってしまいますので、勢いだけで駆除してしまわないように十分に注意してくださいね。 タカラダニの発生場所は? タカラダニの生活 タカラダニ、一体どんな生活をしているんでしょう? ここまでの情報以外の事は、まだ謎にみちているのが実情ですが、調べてみてわかったことをまとめます。 えさは? タカラダニはコンクリート部分に大量に見つかります。 でもその近くに植物はありませんか?ついている花粉を食べているのではないかと考えられています。 もしくは地上でハダニやカイガラムシを食べているのではないか?という説もあります。 餌についてははっきりわかっていません!まだ謎がいっぱい。 繁殖方法は? どのようにして増えていくのか?これも実は謎に満ちているんです。 オスが見つかった事はなく、メスが単独で子供を作る事ができる「単為生殖」ではないか?とのことです。 この生殖方法の場合、子供を早く増やす事ができるそうです。 タカラダニが同じ時期に大量発生する理由なのかもしれません。 「小さい赤い虫」のことを、なんだこれ?と感じている人は多かったようですが、やはり不思議な生き物です。 いつ頃からタカラダニはいたのか? 衛生害虫相談などにタカラダニの報告が寄せられたのは1980年代後半ごろからだそうです。 じゃあ、それまではいなかったのか?それとも報告がなかっただけなのか?ここも謎なんですねー。 不思議です。 冬は越せるの? 春の終わり頃から夏にかけてみるタカラダニ。 冬前にみなくなるのですが、冬は越せるのかどうかも気になるところ。 でも、実はこれも現段階では不明という結果になってしまいました。 調べれば調べるほど未知の生物です・・! 編集後記 この小さい赤い虫、正体はダニだったんですね! 害がないとはいえ、虫嫌いの人は特に自分の家の周りに大量に発生してしまうと不快に感じる事もあるかと思います。 時期的なものだし、7月以降はあまり見かけなくなると思っておけば気が楽ですね。 生活についていろいろ調べてみても謎が多い生き物。 だからこそ子供達と一緒に見ているといろんな発見があってとても面白い生き物だなーって感じるようにもなりました! 夏の生き物といえばゴキブリ。 こちらも同じようによく見る生き物ではありますが、卵とかみたことあります?? ウチにもよく出現するゴキブリですが、卵はみたことない!そんな疑問を持ったのでこちらも調べてあります。 こんな卵なんですよ! 興味があれば読んでみてくださいね。

次の