匂い 玉。 臭い玉(膿栓)が出来やすい人と出来にくい人の特徴を徹底調査!

臭い玉(膿栓)の原因は喉の乾燥!できたらどうしたらいいの?

匂い 玉

臭い玉とは… 臭い玉は医学用語で言うと 膿栓と呼ばれます。 つまり膿(うみ)で出来た栓(固まり)ですね。 臭い玉は扁桃腺の表面の小さな穴に溜まるのが原因の一つです。 くしゃみや咳をしたときに 米粒大の白っぽい粒が出てきたことはありませんか?それが臭い玉です。 コロコロと若干弾力のある臭い玉をつい潰すと… やばい臭いがします。 臭い玉は誰でもできる 臭い玉ができる原因は主に扁桃腺の小さな穴に細菌や雑菌が溜まっていくことです。 ちいさな穴はそれぞれ、腺窩(せんか)と陰窩(いんか)と呼ばれており、免疫物質を出す穴です。 つまり、口の中の細菌を免疫物質で退治したからこそ、 膿栓が溜まっていきます。 免疫機能が働いていれば大人も子供も男女関係なく、できやすい人・できにくい人がいたとしても臭い玉はできるので誰しも臭い玉と共生してるという事に…。 臭い玉はあっても無くても人体に影響はない!? 臭い玉は あってもなくても人体に影響がないとされています。 そのため、臭い玉が気になって耳鼻科に行っても 相手にされなかった。 と言うケースが多く報告されています。 気になるから自分で取ってしまおう!と言って臭い玉を除去しても基本的に 副作用があるわけではないです。 あっても無くてもいいならできるなよ…って感じですが、 くしゃみや咳をしたとき、食事中などに勝手に取れるものなのです。 しいて言うなら、自分で無理に除去を行うと扁桃腺を傷つけてしまったり、腺窩や陰窩の穴が広がり余計臭い玉が溜まりやすくなる可能性もあるので自分でやるなら適切な除去方法を実施してください。 臭い玉ができやすい人の特徴 臭い玉は、扁桃腺を切除しない限り大人子供関係なく 誰でも出来るものです。 しかし、臭い玉は何故だかできやすい人とできにくい人が居ます。 臭い玉ができやすい人には どんな特徴があるのでしょうか?子供の頃のあれが原因…? 自分が当てはまったら要注意!直ぐに喉奥をチェックしましょう。 鼻呼吸だと、鼻毛さんが細菌とか埃をブロックしてくれるんですが、口呼吸をすると空気中の細菌や埃がダイレクトに喉くる事になります。 細菌が増えれば扁桃腺が免疫物質を分泌するので、 細菌の死骸や埃が固まり膿栓になってしまいます。 子供時代の習慣が影響してくるというのはちょっと怖いですね。 扁桃腺から免疫物質が出ていても細菌の繁殖が上回ってしまい どんどん死骸が固まっていくことで大きな膿栓になりやすくなります。 水をあまり飲まなかったり、緊張して喉がカラカラになりやすいと言った特徴がある方は臭い玉ができやすい人に当てはまってしまいます。 風邪をひきやすいという事は、 細菌が溜まりやすい・増殖しやすいそして 免疫力が低いの人です。 細菌が溜まればその分臭い玉はできるので、風邪をひきやすかったり、 扁桃腺が腫れやすい人できやすい人の特徴としてあげられます。 また、鼻風邪を引きやすい人は口呼吸をしてしまうので余計臭い玉ができやすくなりますね。 臭い玉は細菌の死骸なので必然的に臭い玉ができやすくなってしまいます。 ストレスや疲労を感じると風邪もひきやすくなりますし、できる限り背負い過ぎないように気を付けてみてください。 例えば頭痛薬や酔い止め等は副作用に 喉の渇きがあります。 喉が渇くと先ほど紹介したように 細菌の増殖が激しくなります。 気づかないうちに喉が渇くことになってしまうので、薬の常飲している人は水分を多くとる等対処してみましょう。 鼻呼吸ができている・風邪をひきにくい・口内の病気になりにくい。 とは言え、これらは子供の頃からの体質と言うか、どうにかしにくいですよね…。 口の中の細菌を胃に!?と思ってしまいますが、胃液で死ぬので問題なし。 喉を常に潤しておけば細菌も繁殖しにくく、免疫物質も 『おらぁの出番はない!』と分泌を抑えてくれます。 水を飲むことで得られるメリットは多数あるので、喉が渇く前に 水分補給を意識しましょう。 水分補給と似ていますが、目的は 喉を潤す・細菌を減らす事そして、ガラガラうがいすることで扁桃腺を刺激して 臭い玉を取り出すと言う利点があります。 気が付いたときに うがいをするように心がけるようにするだけでも臭い玉ができにくくなります。 子供の時は手洗いうがいが当たり前でも、大人になるとうがいする機会減りますもんね…あれ、筆者だけ?? お風呂に入るときにシャワーの水圧を喉にあてるのも効果があるらしいので試してみるのもいいですね。 毎食しっかり食べていれば唾液の分泌が増えると同時に臭い玉を取り除くことができますしね。 ストレスを溜めない・薬を常飲しない・風邪をひかない等すべて 規則正しい生活をしてれば治ります。 今回は大人も子供も誰にでもできる厄介な 臭い玉について、できやすい人とできにくい人の特徴をまとめてみました。 臭い玉ができる原因が分かれば、自分ができやすい人なのかできにくい人なのか知ることができるはずです。 簡単に言うと、 口内の細菌量によって臭い玉のできやすい人・できにくい人が決まるということ。 できにくい人になるために、 ・喉を潤す ・生活習慣を正す ・細菌を減らす ように心がけてください! 臭い玉も 普段の口臭も気になるという方は現役歯科医と共同開発した で爽やかな息を手に入れましょう! 含有成分にとことんこだわり、添加物不使用なので子供から大人まで、お菓子感覚で続けていただけます。 カバンに入れておけばいつでも舐められるので、急な打ち合わせやデートでも安心! 少しでも口臭に心配な方はぜひ試してみてくださいね!.

次の

喉の奥にある“臭い玉”の正体

匂い 玉

人によっては気分を悪くする場合もあるので苦手な方は読み飛ばしてください。 臭い玉は本来はこのぼこぼこに入っているので米粒ほどの大きさです。 綿棒の下に見えるのが臭い玉です。 世界最大の臭い玉の動画 これは海外のかなり大きい臭い玉の動画ですが、どうやったらここまでデカくなるのか・・・ 口臭もすごそうですね。 臭い玉のできやすい場所がココ 臭い玉って喉の奥からポロっと取れるんであまり場所ってイメージ付かないと思いますが扁桃腺にあります。 場所はここですね。 ここにボコボコがあり、そこに臭い玉はたまっていきます。 海外の動画を見てると場所がわかりますね。 写真は海外でも最大サイズと紹介されてた臭い玉です。 普通はここまで大きくなることってあまりないので安心してください。 まあさすがにここまでデカいと直接掻き出した方がカンタンかもしれません。 動画によっては絞り出すように出してるものもありますね。 耳鼻咽喉科では膿腺の除去をやってるところとやってないところがあるので行く前に確認が必要ですが、可能な場合は保険が効くので千円以下で可能だとのことです。 また扁桃腺を取ってしまうと臭い玉はなくなります。 扁桃腺は取り除いても人体に歯影響はないのですが、扁桃腺の除去手術の場合一週間ほど入院が必要となり費用も10万円程度かかるのであまり現実的ではないかもしれません。 ただ、耳鼻咽喉科の先生に聞いてみたのですが、取ってほしいと言ってくる人のほとんどは膿腺はないそうです。 来る人は「いや絶対あるはず!」と気にするそうですがほとんど見つからないんだとか。 膿腺がないのに口臭が気になるというのは膿汁という膿腺が出来る前の状態の方なんです。 小さい膿腺って粘膜に隠れて耳かきで出そうとしても取れてるのか奥に入ってるのかわからなくなる人も多いと思います。 で日本で最近売り出されてるのがスポイトで水のチカラで押し出す水鉄砲方式の膿腺除去器具です。 水圧で臭い玉を押し出そうってタイプですね。 生理食塩水などで水圧で粘膜についてる臭い玉を取り除きます。 こちらも動画があったのでどうぞ。 結構冬場に風邪を引いた時にくしゃみをしたり、せき込んでると臭い玉が出てきたりするときって多いと思いますがそういうことなんです。 なので冬場はマスクをしてなるべく外から帰った場合はうがいをするなどして臭い玉ができにくい状況を作る必要があります。 ただし、臭い玉がないのに口臭が気になる・・• 臭い玉が奥に入り込んで取れない• 生理食塩水で扁桃腺を洗っても臭い 臭い玉は取ればとるほど増える? 実は・・・ 臭い玉は取ればとるほどできやすくなります。 確かに臭い玉をとると一時的に口臭がなくなったような感じがしてスッキリしますが、 頻繁に臭い玉を取ると穴が広がり、臭い玉ができやすくなります。 鼻の角栓なども同じですね。 そして厄介なのが 「膿汁」と言われる臭い玉ができる前の液状のもの。 この膿汁は簡単には取れないので、臭い玉を取っても扁桃腺のニオイが取れないこともあります。 また、扁桃線付近ってものすごくデリケートなので、ちょっとでも炎症を起こすと「扁桃炎」になり、扁桃炎そのものが臭い玉の原因となります。 臭い玉は口臭の原因となりますが、臭い玉ができない口の中の環境を整えること(口内フローラの改善)が継続した口臭予防のコツです。 膿腺はだれでもできるものですが、 臭い玉をとるのではなく、「できない状態」をつくらないといけません。 唾液が不足するドライマウスになると膿腺ができやすいので唾液を改善することがから始めていくことが臭い玉予防のポイントとなります。 こちらも参考に まとめ 臭い玉は確かに気になると思いますが、臭い玉を取ることよりも臭い玉ができやすい状態を改善してしまう方が口臭をなくすための最善の方法です。 テレビなどでも口臭の原因は臭い玉であって、その臭い玉ができやすいのは唾液によるものといろいろな番組で言われています。 この唾液の改善が臭い玉をなくし、口臭をなくす解決策です。

次の

臭い玉(膿栓)が出来やすい人と出来にくい人の特徴を徹底調査!

匂い 玉

NHKためしてガッテン感想。 口からでる白い物体(膿栓・くさい玉)が腎臓などの病気の原因に!? 慢性扁桃腺炎に注意! > > NHKためしてガッテン感想。 口からでる白い物体(膿栓・くさい玉)が腎臓などの病気の原因に!? 慢性扁桃腺炎に注意! どうも 【NHKためしてガッテン感想。 口からでる白い物体(膿栓・くさい玉)が腎臓などの病気の原因に!? 2014年10月に放送されたNHKの番組、「ためしてガッテン」で、膿栓がとりあげられたみたいですね。 今さら、そのときの「ためしてガッテン」の動画を見ました。 「ためしてガッテン」の感想など、思うところを書いてみようと思います。 スポンサード リンク ためしてガッテン、今回のテーマは謎の白い物体(ニオイ玉) 【NHKためしてガッテン感想。 口からでる白い物体(膿栓・くさい玉)が腎臓などの病気の原因に!? これが、今回のメインテーマ。 その正体はニオイ玉(膿栓)。 (膿栓について詳しくは、記事「」を参照) 内山君も白い物体(ニオイ玉、膿栓)がでたことあるそうです。 口からでる白い物体(膿栓・くさい玉)が腎臓などの病気の原因に!? 最近は、僕、白い玉(ニオイ玉、膿栓)出なくなりました。 昔は、毎日出てたのに。 ただ、膿栓がよくできていたときでも、さすがに、食べ物が飲み込みにくいとか、むせるとか、そういう症状はなかったなあ 飲み込みにくいとか、むせるって、白い玉(ニオイ玉、膿栓)がめちゃくちゃたまってるんじゃない? 1、2個じゃ、そんな、ならないって 白い物体(ニオイ玉・膿栓)がある場所 【NHKためしてガッテン感想。 口からでる白い物体(膿栓・くさい玉)が腎臓などの病気の原因に!? てか、扁桃って言われても、ピンとこない人多いですよね。 それが、扁桃よ 扁桃のへこんだ部分に、ニオイ玉(膿栓)は潜んでいたり、ときには、顔をだしていたりします。 白い物体(ニオイ玉、膿栓)の正体 【NHKためしてガッテン感想。 口からでる白い物体(膿栓・くさい玉)が腎臓などの病気の原因に!? 大腸菌などと同じ種類の菌らしく、このタイプの菌はクサイにおいを発するそうです。 スポンサード リンク 病気の原因は、膿栓ではなく扁桃にあり! 【NHKためしてガッテン感想。 口からでる白い物体(膿栓・くさい玉)が腎臓などの病気の原因に!? 何だよ、ビビらせやがって… 病気の原因になってるのは、ニオイ玉(膿栓)ではなく、ニオイ玉(膿栓)が作られていた扁桃、ココに問題があるようです。 白い物体(ニオイ玉・膿栓)が頻繁にできる人は要注意 【NHKためしてガッテン感想。 口からでる白い物体(膿栓・くさい玉)が腎臓などの病気の原因に!? 本来は、免疫にとって大切な働きをしている、このT細胞君が、あるとき、暴走して、バイキンではなく、自分の臓器を攻撃することがあるそうなんです。 めったに暴走はしないそうですが、暴走してしまうと、病気になる。 それが、さきほどの、腎臓病や肌荒れ。 扁桃は、直接、口の中のバイキンとかにさらされているため、疲れ果てて暴走することが、まれにあるみたい。 膿栓ができつづける状態っていうのは、常に扁桃のT細胞君が戦っている状態。 そんな状態が続くと、扁桃のT細胞君が疲れ果てて暴走する可能性が大きくなってくる。 だから、 膿栓が頻繁にできる人は、要注意 ということなんですね。 扁桃のT細胞君が常に戦っている状態を、慢性扁桃炎というみたいです。 う〜ん。 僕も、前、この慢性扁桃炎だったはず。 Ads by 忍者 AdMax 鼻呼吸に変えたら、膿栓ができなくなったっぽいっす 【NHKためしてガッテン感想。 口からでる白い物体(膿栓・くさい玉)が腎臓などの病気の原因に!? ここ3,4ヶ月は、あの白い固まりがでてきません。 (白い汁はでてきますが…) 鼻呼吸に変えたことが大きな要因だと思っています。 以前は、口呼吸でした。 口呼吸だと、のどに直接、空気中のバイキンとかが入ってくるから、それが原因で、慢性扁桃炎ぎみになっていたんだと思います。 鼻で呼吸すれば、空気中のバイキンは、直接喉には入ってこないので、それで、改善されてきたのかなあと思ってます。 てか、IGA腎症とか、なりたくねーけど 扁桃腺除去手術をすれば、扁桃が原因の病気は、ならないみたい。 個人的には、扁桃腺除去したいです。 高熱が頻繁にでたりしないと、とってくんないって聞いたけど 扁桃腺なくても、問題ないのなら、マジでとろうかな 以上、ためしてガッテンでした.

次の