頑丈 型破り。 序章 ある少年の絶望

かたやぶり(ポケモン)

頑丈 型破り

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

ツボツボ : 先発頑丈ツボツボ_緊張感型破りはヤメテ・・・追加効果もネ!|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

頑丈 型破り

、、、、、、、、、、、、、、、、、、は無視されない。 ・の威力を計算する場合でも、、、、、、、の効果によるすばやさの変化は無視されない。 は無視されない。 かたやぶりの技に対しても道具の効果は発動しない。 が効かない特性は、かたやぶりのポケモンが使用したときでも変えることができない。 説明文 ・・ とくせいに かんけいなく あいてに わざを だせる。 特性に 関係なく 相手に 技を だせる。 ・ あいての とくせいに じゃまされる ことなく あいてに わざを だすことが できる。 相手の 特性に ジャマされる ことなく 相手に 技を 出すことが できる。 所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい 特性1 特性2 - - - - - - あかすじのすがた あおすじのすがた こんなときに使おう 攻撃範囲が大幅に広がる極めて優秀な特性。 具体的な例としては、以下の通り。 持ちのポケモンに対し、が有効になる。 耐久型に多いを無視し、を撃てる。 に無効化タイプ(ノーマル・かくとう)を除く、全タイプの攻撃を与えられる。 を無視して相手の能力を下げられる。 特性の仕様• 」とメッセージが表示される。 のみ、すばやさに関わらず他のの中で発動順はより早いがそれ以外より遅い。 以降では多くの特性とはすばやさにより発動順が決まる も参照。 を使ったときに限らず、を使ったときも相手の特性を無視できる。 ・での攻撃には相手の特性を無視する効果はない。 ・・・・・・・・といった特定の・を無効化する特性を無視して状態異常・状態変化にできるが、直後に回復する。 ・・・ を無視して状態異常・状態変化にしても回復しない。 のポケモン自身は・状態になっても直後に回復するが、パステルベールの味方のポケモンはどく・もうどく状態になっても回復できない。 この特性を持つポケモンがで相手を強制交代させた場合、出てきたポケモンは本来特性で無効化できるが有効となる。 このとき以下のような現象が起こる。 が・・を受ける。 ・がどくびしで・状態になる。 めんえき・パステルベールの効果で即座に状態異常は治る。 パステルベールが味方にいるポケモンがどくびしでどく・もうどく状態になる。 パステルベールは発動せずに状態異常は治らない。 が状態においてもどくびしでどく・もうどく状態になる。 が味方にいるタイプのポケモンがどくびし・ねばねばネットの効果を受ける。 ・・・・がねばねばネットでが1段階下がる。 技に対して発動したが特性の影響を受ける場合、この影響も無効化する。 例えばのポケモンがを発動させた場合、通常は特性の影響を受けて・が4段階上昇するが、かたやぶりの攻撃に対して発動するとたんじゅんは無視されてこうげき・とくこうは2段階上昇に留まる。 のポケモンのじゃくてんほけんを発動させた場合、通常はこうげき・とくこうが2段階下降するところを2段階上昇することになる。 この他かたやぶりの技に対して発動した・・・・・・・・・・・・・・・・はたんじゅん・あまのじゃくの効果を受けない。 たんじゅん・あまのじゃくのポケモンが場にいるときに発動したシード系アイテムとルームサービスはかたやぶりで無視されるが、かたやぶりでやを発動させた後にたんじゅん・あまのじゃくのポケモンが場に出てきたことで発動させたときはかたやぶりの効果は無く、もちものの効果はたんじゅん・あまのじゃくの影響を受けて変化する。 技に対して発動した特性が他の特性の影響を受ける場合、この影響も無効化する。 かたやぶりの攻撃によって発動したはやなどの効果を無視してすばやさを下げる。 によって発動したは使用者の特性クリアボディを無視してすばやさを下げる はかたやぶりで無効化されないため下げられない。 のみ無視するのは相手の特性のみであり、味方のポケモンの特性は無視しない。 以降では、以下のように味方のポケモンの特性も無視する。 例えばかたやぶりのポケモンがを使うとき、味方は・などで無効化できない。 かたやぶりの効果があるは、味方のの効果を受けずダメージが上がらない。 かたやぶりの効果がある技で・・・などの効果を受けた場合、味方の・・で守られない。 ・・・は無効化対象ではないので、効果を受けることができる。 によりかたやぶりは無効化される。 通常かがくへんかガスで他の特性も効かなくなっているが、・はかがくへんかガスで無効化されないため、これらのポケモンが同時に場にいるときではかたやぶりだけ発動しなくなる形になる。 全く同一の効果を持つ・という特性が存在する。 が無視できる特性はかたやぶりで無視できる特性に準ずる。 が発動しているときでも、特性かたやぶりではなく技の効果でなら・を無視することはできる。 で敵ダイマックスポケモンが衝撃波で無効に特性はかたやぶりで無視できる特性に準ずる。 特性の効果を無視するだけなので、例え何かの特性と全く同じ効果を持っていたとしても、持ち物による効果は無視できない。 にを当てることはできるが、で浮いているポケモンに対しては当てることはできない。 を一撃で倒すことはできるが、を持っているポケモンを一撃で倒すことはできない。 はにも有効だが、を持っているポケモンに対しては無効。

次の

ポケモン剣盾 電気統一でマスターボール級に到達した:ひといき

頑丈 型破り

が効かない。 以降では、上記に加えHPが満タンのとき一撃でになるダメージを受けても、HPを1残して持ちこたえる。 説明文 いちげきひっさつが きかない いちげきひっさつが きかない。 ・ いちげきで たおされない。 一撃で 倒されない。 ・ あいての わざを うけても いちげきで たおされることが ない。 いちげきひっさつわざも きかない。 相手の 技を 受けても 一撃で 倒されることが ない。 一撃必殺技も 効かない。 所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい 特性1 特性2 - - - - - - - - - - こんなときに使おう 第四世代以前 一撃必殺技を無効化する特性。 あまり攻撃力に優れずに頼ることが多いを止める際には有効である。 タイプを組み込んだパーティーならば特に出番が回ってきやすい。 水タイプに耐性の有るポケモンがいないため、を止めるのは難しいのが残念なところ。 第五世代以降 一撃必殺技無効に加えと同じ効果が付き、大幅に強化された。 相手の攻撃を一発は耐える場面が増えるため、通常であれば倒される前に1回は技を使うチャンスがある。 鈍足アタッカーが苦手な相手に一矢報いたり、などの反射技で相手を返り討ちにすることができる。 きあいのタスキとの大きな違いは、「特性なので持ち物を自由に選べる」「が満タンまで回復すれば何度でも発動できる」という点にある。 持ち物を自由に選べる点を利用して、補助技を使ったあとにで先制を決めて自主退場したり、を発動させて返しの一手で相手に大ダメージを与えるなどのコンボがある。 一方、特性には無効化されるので注意したい。 Lv1がんじょう型 HPの小さいLv1で特性がんじょうのポケモンを用意し「HP1で耐えで相手のHPも1にする」「HP1になった後に満タンまで回復して再発動させ倒されない状況を作る」といった戦法がある。 後者のためのHP回復手段は以下のようなものがある。 がんじょう持ちの中でこの技を覚えるポケモンがいないため、事前準備が必要なコンボになるが、相手のHPを削りつつ半永久的にコンボを発動させ続けられる。 がんじょう持ちポケモンの最大HPが11である必要があるが、とりあえず1回は前準備無しに完全復活出来る。 最大HPが12以上の場合はが使われる。 これらの道具を用いる際は複数回回復するためにを用いることが多い が両立可能。 上記にあるオレンのみとは違い、うまくいけば、1体だけで相手パーティーを全滅させることも可能。 と、先制技とのコンボを利用すれば、この方法が使える。 例えばこちらの最大HPが11だった場合、相手の残りHPが21を切るまではいたみわけでこちらのHPが1から全回復する。 以上のような手段によって何度でも復活出来る状態を作り上げ、後はや等のダメージで相手が自滅するのを待つだけである。 特性かたやぶり、、がむしゃらの効かないタイプのポケモンなど、Lv1がんじょう型への対策は意外と豊富にあるのだが、対策が抜けた場合は完全に詰むこともあるので、対策を持ったポケモンを1匹はパーティ内に入れておきたい。 におけるがんじょう ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 強力な攻撃を受けても殻に引っ込むことでダメージを受けない。 初出 強力な攻撃を受けてもものとしない。 一撃必殺技を受けても動じない。 一撃必殺技を受けても動じない。 「固い」というイメージからか、・タイプがほとんど。 いわ・はがね以外で持つのは、等、ごく一部。 相手の特性・・で無効にされる。 特性がんじょうのポケモンが同時にを持っていた場合、がんじょうが先に発動してきあいのタスキは消費されない。 の自傷ダメージに対しても発動する。 などの自滅効果、などの反動ダメージ、・の瀕死効果に対してがんじょうは発動しない。

次の