地震予知グラグラ。 地震予知・予測ブログ更新情報(@predictive_blog)

地震予知サイトSOEとは?地震予知グラグラとは?当たるのか!?

地震予知グラグラ

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます グラグラの地震予知研究所 地震予知が可能な事を知っていますか?ここでは地震予知情報を発信しています。 防災意識を持ち災害を向かい打ちましょう。 そのお手伝いをさせてください。 はてなブックマーク - グラグラの地震予知研究所 地震予知が可能な事を知っていますか?ここでは地震予知情報を発信しています。 防災意識を持ち災害を向かい打ちましょう。 そのお手伝いをさせてください。 プレビュー グラグラの地震予知研究所 地震予知が可能な事を知っていますか?ここでは地震予知情報を発信しています。 防災意識を持ち災害を向かい打ちましょう。 そのお手伝いをさせてください。 はてなブックマーク - グラグラの地震予知研究所 地震予知が可能な事を知っていますか?ここでは地震予知情報を発信しています。 防災意識を持ち災害を向かい打ちましょう。 そのお手伝いをさせてください。

次の

最新の地震予知【ミシェル・グラグラ・すず・ミッヒーなど14人の予言まとめ】

地震予知グラグラ

この記事の目次• 2019年地震予知の前に絶対知っておくべきは気象庁の地震速報 誰もが見たことがあるかとは思いますが、 地震が起こった後に震度を確認したり、震源地を確認したり 周辺都道府県や地域への余震具合、被害状況を確認するために 必ず知っておくべき情報源として【気象庁の地震速報】が挙げられます。 >> 各地の地震情報が出ている上方の方に 『再読込』というボタンがあるのでコチラをクリックすれば いつでも最新情報をチェックすることが出来ます。 コレについては、 2019年だろうと東京オリンピックのある2020年だろうと変わらずチェックすべき最重要サイトの1つです。 地震を事前に察知するためにはやはり地震予知情報が必要? とは言え、 地震速報は文字とおり 地震が起こった後にいち早く情報を教えてくれる存在です。 つまり、 地震が起こる前にはあまり役に立ちません。 確かに、 津波などの二次災害を防ぐ意味では 非常に重要になりますが、マグニチュードの大きな地震が発生するのかどうか? 事前に察知する方法としては活用することができません。 緊急地震速報という国の取り組みもありますが、 これは1分以内のアラートなどであり、どこまで対応出来るか?という課題もあります。 ということで、 2019年現在の状況から言えば 個人法人問わず地震予知情報というのは 多少なりとも参考にすべき情報なのではないでしょうか? ということで、 2019年も注目されている地震予知/予言情報発信者の 情報発信源 ブログやTwitterなど をまとめてみたいと思います。 ミシェルさんの最新情報が得られるブログは グラグラさん 東日本大震災発生以後、何か出来ることはないか?と データ予測を基本とした地震予知情報をブログとTwitterで発信してくださっています。 地震科学探査機構JESEAの顧問を務めています。 JESEAのWebサイトは 村井俊治さんのTwitterは リシルさん 一時期地震体感情報発信をやめていたが再開。 東京都に在住の女性。 リシルさんのブログは 2062年未来人 2016年熊本地震で脚光を浴びた2062年未来人。 懐疑的な人も多いが公式サイトも立ち上がり2chなどでは引き続き注目されている。 さん 従姉が福島県で東日本大震災の被災に遭い、そこから体感情報を発信してくださっています。 さんのブログは SOE 多方面から寄せられた地震予報情報をまとめた掲示板 SOEの地震予報掲示板は 龍さん 掲示板にて情報発信してくださっている方。 硫酸の情報はから 麒麟地震研究所 NPO法人国際地震予知研究会 IAEP のメンバーの方が情報発信してくださっています。 麒麟地震研究所のウェブサイトは 松原照子さん 書籍なども複数出版しスピリチュアルな世界では有名な方。 地震予知や世界情勢についても予知しています。 松原照子さんの公式サイト『幸福への近道』は ということで、 2019年も世界が平和で幸せに包まれることを願うばかりですが 足元でもM4. 0レベルの地震が頻発している日本ですから、 いつ南海トラフ地震や関東大震災が起こっても不思議ではありません。 皆さんが一人ひとり 出来る限りの対策をして日々を過ごしましょう! やまたさんを除いて、予言者はいかがわしい人ばかりだとおもいます。 例えばイギリスのEU離脱について予言するなら、イギリスのニュースをみていたら分かりますし、当てずっぽうでも的中率は2分の1あります。 また抽象的な予言はなんとでも解釈できます。 私はほとんどの予言者はにせ者のようにかんじます。 松原さん、ミシェルさん、リシルさん、グレイクさんも調べれば全く完璧にノーマークなものを予言しているものはないとおもいます。 またその予言は抽象的です。 その中でやまたさんは新潟の地震を的中させています。 それも場所、地域にいたるまで、震度も、次におこる震度6の地震と限定してなど、またそのときは新潟には地震は起こっていなく、全くノーマークな地帯を正確に地震がおこる10日くらい前に事前予知していたから驚きです。 それも、ミクルで自分の力に悩んでいて、それを相談しているなかで嘘吐き予言者などのバッシングを受け、なら占ってやるよ、証明してやるよって売り言葉に買い言葉で予言にいたるという経緯をたどります。 からかった人は罰を当てないでとか、ごめんなさいって謝っていました。 ムーとか占いや予知に詳しい友人に聞くと、確実に事前に的中させた人は記憶にないということですが、このやまたという方はどうして有名にならないのでしょうか?私が知らないだけで有名なんでしょうか? また、やまたさんはそれが本当の名字で他に違う名前などで活動されているのでしょうか?プログなどがあれば教えてください。 事前にこのように告知して全く予見できないノーマークな出来事を見事に予言的中した方は、やまたさん以外にいますか? また、占い好きや予言好きな方で、いかがわしい予言者や占師などを、おかしいんじゃないって?抽象的ですよ。 ってツイッターなどで呟いて、世間に広めて、それを伝えてください。 また、やまたさんのような事前に予知してそれがどうして適中したのか理由がわからない人をツイッターなどで広めてください。 私はそういう力のある人に占ってもらったり、予言してもらいたいです。 私は抽象的な予言、占いをしている方は、信用できません。 どうおもいますか?.

次の

最新の地震予知【ミシェル・グラグラ・すず・ミッヒーなど14人の予言まとめ】

地震予知グラグラ

全くのデタラメなので,今後二度と見る必要はありませんよ.それは,先の回答にもあるMEGA地震予測も同じです.というか,今のネット上に信用に足る地震予測は無いと思っていいです.どれも,期間が長かったり,M6以下の小さな地震を対象にしていたり,そもそも論文が無かったりと,子供の遊びレベルです. グラグラですが,年がら年中,それこそ毎週,毎日のように『地震が来る』と呟いていて,下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるを実践してるだけの人ですね.でも,実際には大地震は数年に1度なので,グラグラがデタラメであることは自明です.そもそも論文が無いので科学的根拠がありませんが. そしてそれは,MEGA地震予測も同じです 査読論文により無関係な第三者の検証を受けていない,科学的根拠のない手法で有料サービスをやっている分,グラグラよりも悪質 .MEGA地震予測も,長期間に渡って日本の殆どの地域に予測を出しているので,これも下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるというだけです. 科学的根拠のない状態で予測を乱発しているだけなので,頻発する小さな地震はそこそこ当たりますが,あまり発生しない大きな地震は当たりません.実際に,熊本地震も大阪府北部の地震も予測できなかったんですよ. そもそもGPSの観測ノイズを除去していない疑惑を繰り返し指摘されていますが,何年経っても適切にやっていることを証明する論文を出さないので,批判が出るのはJESEAの自業自得です ちゃんと研究しているなら論文出せばいいだけの簡単な話ですから . 地震に対する対策としては,ネットに氾濫しているデタラメ地震予測からは距離をとって,昔から言われている対策をキッチリすることです.つまり,家の耐震性の確保,家具の固定,食料や非常用グッズの備蓄,避難所の確認といった,いつ地震が発生しても役に立つ備えです. 私は地震に関する研究者でも気象庁関係の人間でもありませんので、わつぃの知りうる知識の範囲で。 残念ながら、精度の高い「地震予知」というのは、まだ確立していません。 気象庁も「地震予知」という言葉を使うことは止めています。 今現在で一番注目されているのが、JESEA 地震科学探査機構 でしょうか。 東大名誉教授の村井俊治氏が創設した株式会社で、GPSによる測量技術を利用して、地盤の変動を検出、それを地震発生の可能性の判断に役立てているとか。 とはいえ、実際にどれだけ当たるのか、という点についてはまだまだ難しいようで地盤変動からいえば、日本中いろいろなところで地震発生の可能性が出てしまい、結局「どこでも可能性がある」みたいになりかねません。 JESEAの予測も、熊本大分地震は予測されていませんでした。 このことから 「結局何の役にも立たない」や「地震予測なんて言いながらインチキだ」 みたいな誹謗中傷まがいの意見も出ているようです。 とはいえ、村井氏の進めている研究&事業 株式会社なので は、地震の予測をさらに多角的に進めることで、より精度があがるように日夜研究を重ねているようですし、何より 「危険性があると予測できたら、地震が起こらなかったとしても、公開しよう」 という信念のもとに、研究を進めている、という点でしょうか。 要するに、これまでは、当然大きな地震が来る、となればそれだけで不安やパニックを引き起こす可能性があるので、そちらを避けるため、として公表を控えていた部分があったとか。 でも、逆に可能性が予測できていながら、可能性が見えないことから伝えない、という選択はいけない、という信念のもとに運営されているそうです。 興味がありましたら、 などをご覧になってみてもよいかと。 海外では地磁気の変化を研究して地震の予測につ泣けているとか、いろいろな例もあるようです。 天気予報などに比べたら、まだまだ発展途上ですが、地震の予測という部分で言えば、着実に研究は進んでいる、というところでしょうか。 参考までに。

次の