無水 エタノール で 消毒 液 を 作る。 無水エタノールを使った「アルコール除菌スプレー」の作り方!手指に使える消毒液!

無水エタノールで手指の消毒液(?)を作ろうと思ってるんですけど、水で...

無水 エタノール で 消毒 液 を 作る

こんにちは! 現役ママ薬剤師の安美です。 新型コロナウィルス感染症の流行拡大をうけて、マスクだけでなく、アルコールの手の消毒液も品薄になっているようです。 「いつも使っていた手ピカジェルが売っていないから、自分でつくろうかな」 勤務先の薬局の患者さんや友人から、こんな声がちらほら。 だけど、 「アルコール除菌スプレーってどうやって手作りすればいいの?」 疑問に思いませんか? 薬局やホームセンターにいくと、いろいろな種類のエタノールが売っていて何を買えばいいか迷いますよね。 手の消毒液は、エタノールの種類と濃度に注意するだけで簡単に作ることができます。 消毒用エタノールがない時に、手の消毒液をエタノールを使って手作りする方法について、詳しくお話ししていきますね! 目次• 手の消毒液の作り方、エタノールの種類と濃度に注意してつくろう 手の消毒や除菌に使えるアルコール濃度とは? インフルエンザウイルスなどの手の消毒には、主にアルコール(エタノール)が使われます。 注意してほしいのが、 アルコール濃度で、殺菌効果に違いが出るということです。 市販されているエタノールのうち、 無水エタノールはアルコール濃度は高いのですが、消毒効果はかえって低くなります。 最も消毒効果が高い濃度。 皮膚や物の殺菌や消毒に使います。 例えば、大手メーカー健栄製薬の消毒用エタノールは、エタノール76. 9~81. 酒税法の関係 飲用不可能となり免税されます で、値段が安くなります。 ただし、IP 独特のにおいがあります。 消毒効果は同じですが、直接体につくのは嫌なので、私は掃除用に使っています。 マスクをしたいけど家の在庫もなくなってしまった・・・という方は、 で詳しくマスクの作り方を解説しているので、家にあるハンカチとゴムで作ってみてくださいね! 消毒用エタノールがない時の手の消毒液、アルコール除菌スプレーの作り方 消毒用エタノールがあれば、そのまま使えばいいのですが、 ない場合には、エタノールと精製水を使ってつくることができます。 消毒用として使う場合は、エタノールの濃度が大事でしたよね。 市販の消毒用エタノールの濃度は約80%です。 (一般的に、エタノール濃度が60-90%がよいとされています。 ) これと同じエタノール濃度の消毒液をつくっていきます! 手の消毒液を手作りする材料 2020年3月現在、消毒用エタノールだけでなく、無水エタノールも品薄のようです。 ・無水エタノール.

次の

ハッカ油と消毒用エタノールで簡単♪虫除けスプレーの作り方

無水 エタノール で 消毒 液 を 作る

ハッカ油と消毒用エタノールを使った虫除けスプレーの作り方 肌に付けるタイプの虫よけスプレーの作り方です。 材料と容器• 消毒用エタノール10ml• ハッカ油15~20滴• 水90ml エタノールは無水エタノールでも作れますが、購入するなら「消毒用エタノール」がオススメ。 消毒用エタノールと無水エタノールの違いについてはこちらの記事に書きました 刺激があるかもしれないので最初は少し薄めに作って、様子をみながらハッカ油の量を調整しましょう。 次にスプレー容器。 ポリスチレン(PS)という素材は、アルコールで容器が変質してしまいます。 ポリプロピレン(PP)かポリエチレン(PE)またはガラス容器を使いましょう。 100均でもアルコールOKのスプレー容器を売っていました。 ハッカ油の防虫スプレー作り方 混ぜるだけで簡単です。 容器にエタノール(10ミリリットル)を入れる。 ハッカ油(15~20滴)を入れて、エタノールに溶かす• 水(90ミリリットル)を入れる 水は水道水で作っています。 足の裏にもスプレーしておくと、蚊が寄ってきにくくなりますよ。 肌につける以外にも• 網戸などの虫の侵入しやすいところに吹き付ける• ゴミ箱など臭いの気になる所に吹き付ける 消臭とコバエ除けの効果も期待できます。 市販の網戸の虫よけスプレーのニオイが気になるかたには、このハッカ油スプレーがおすすめ。 ただし、家に猫がいる場合は要注意です。 >> 作ったハッカ油スプレーは、徐々に劣化して効果が薄くなるので1週間程度で使い切りましょう。 効き目はそれほど強くないので、ちょっと外に出る際に使うのがいいかも。 草むらなど、がっつりヤブ蚊がいる場所へ行くときは、市販の虫よけがいいと思います。 ハッカ油はどこで買える? ドラッグストアなどで、千円前後で手に入ります。 Amazonなど、通販サイトにもありますよ。 ハッカ油でリードディフューザーを自作してみた ハッカ油とラタンスティックで、虫除けにもなるリードディフューザーも作ってみました。 消毒用エタノール50ml• ハッカ油20~30滴• グリセリン小さじ1 スプレーとほぼ同じ材料で作ることができます。 これでだいたい2週間くらいもちました。 ほんのりハッカが香っていい感じ。 グリセリンは揮発防止のために入れます。 なのでグリセリン無しで作ると、蒸発するのが早くなります。 ハッカ油のリードディフューザーの虫よけ効果は? これを置いたら台所でコバエに遭遇する率が減りました。 絶滅したわけではなく避けてるだけみたい。 (お風呂場など別の水場にいた).

次の

ハッカ油と消毒用エタノールで簡単♪虫除けスプレーの作り方

無水 エタノール で 消毒 液 を 作る

消毒用アルコールが品薄で手に入りにくくなって困っていませんか? 「消毒液を作る」と言ってしまうと専門知識がないとできないように思ってしまいますが、 実は消毒液は自分で作ることができるんです。 一般的に「消毒用アルコール」として販売されている消毒液の成分は 「エタノール」です。 つまり、 エタノールを消毒に適した濃度にうまく調整することで消毒液として使うことができるということになります。 ドラッグストアで手に入る濃度の高いエタノールに「無水エタノール」がありますが、 これはエタノール99. エタノール成分がほぼ100%のものが「無水エタノール」というわけです。 一方、消毒用アルコールのエタノール濃度は8割程度。 簡単に言うと、 エタノール濃度を8割程度に薄めることができれば手作り消毒液になるわけです。 もちろん手指にも使えます。 当ページでは、無水エタノールを使った手作り消毒液の作り方と注意点を紹介します。 非常に簡単ですね。 無水エタノールのエタノール濃度はほぼ100%なので、 消毒用エタノールの濃度80%に薄めるためには、 無水エタノール8:水道水2の割合がベストです。 「消毒用エタノール」として販売されているものはすでに濃度が調整されているため、薄めずに使えます。 間違って薄めてしまうと除菌効果が落ちるため、よく確認するようにしましょう。 精製水は不純物が含まれていないため希釈には確かに最適ですが、デメリットもあります。 最大のデメリットは使用期限の短さ。 不純物が含まれていないということは当然保存料も含まれていないため、使用できる期間が短くなってしまいます。 通常、精製水は未開封で適切に保存した場合、数年使えます。 が、これはあくまで未開封の場合。 精製水は不純物が含まれていないため、開封時に雑菌が入り込むことですぐに繁殖してしまうのです。 精製水の開封後の使用目安としては1週間といわれています。 それも1週間後にいきなり使えなくなるわけでもなく、徐々に劣化が進んでいくため、 気づかないうちに雑菌が繁殖した精製水で消毒液を作っていた・・・なんてことにもなりかねません。 想像するとぞっとしてしまいますね。 精製水は医療用でも必要とされており、ないと命に関わる人もいるため、買い占めは避けましょう。 精製水の代わりに蒸留水を使うという選択肢 水道水の塩素が不安という方は、一度煮沸して冷ましてから使うと良いでしょう。 それでもわずかな不純物が心配という場合、 蒸留水というものもあります。 蒸留水は、精製水と同じく不純物を含まない純粋な水のこと。 製法が少し違うだけなので、この使い方であれば十分代用できます。 さらに蒸留水の多くは飲用でき、未開封での保存期間も長いため、災害時の備蓄水としても最適です。 精製水同様、こちらも使用期間は短いので、すぐに使うようにする必要があります。 水道水から蒸留水を作ることのできる蒸留水器であれば、必要な分だけ作ることができるので無駄がありません。 日常の飲用水から断水時にも使えるため便利です。 消毒用アルコールの容器に最適な材質は?100均で買える? 消毒用アルコールを自作する場合、気になるのが容器です。 100均で手に入る容器を使うことができたら嬉しいですよね。 ですが、 100均の容器は基本的にはアルコール消毒液を入れて使うには不向きです。 100均で売られている容器は、PETのものがほとんどです。 PET(ポリエチレンテレフタレート)はプラスチックの一種ですが、 薬品耐性があまりないため、アルコールを入れると溶けてしまう可能性があります。 気づかないうちに容器に穴が開いて中身がこぼれてしまったり、 見た目には変化がなくてもエタノールの成分が変化を起こしてしまう危険もあるので使わないほうが良いでしょう。

次の