導きの地 レベル7 全部。 導きの地 欲しい素材見直し【MHWI】

【MHWアイスボーン 導きの地攻略】地帯レベル上げ最優先は珊瑚Lv.7、次点で黒ティガ狙いの瘴気6。

導きの地 レベル7 全部

西初期キャンプ 1 の場所と解放条件 「 導きの地」に到着した時に最初に解放されるキャンプです。 「森林地帯」や「荒地地帯」にすぐにアクセスできる場所に位置しています。 しばらくの間はこのキャンプから探索を進めることになるでしょう。 東キャンプ 3 の場所と解放条件 このキャンプは「陸珊瑚地帯」にすぐにアクセスできる場所に位置しています。 キャンプ場の場所 西初期キャンプ 1 から向かう場合、東キャンプ 3 へのルートは下図のようになります。 そのまま目の前にある崖から飛び降ります。 近くに生えている 薬草が目印です。 ツタを上った先にある下穴を潜って進むと、東キャンプ 3 に到着です! 解放条件 納品依頼:「導きの地キャンプ計画」をクリアする。 納品内容 必要数 調査ポイント 1500pts 龍脈の重龍骨 3個 繁栄の結晶 1個 「龍脈の重龍骨」は導きの地に出現するモンスターから落し物や剥ぎ取り、狩猟報酬で入手できます。 どのモンスターから入手できるかは、ハンターノートの 「導きの地」項目>モンスター一覧から確認することができます。 「繁栄の結晶」は森林地帯の鉱石レベルが 黄色以上で採掘ができます。 森林地帯に生成される鉱石ポイントを採掘し、鉱石レベルをあげましょう。 「 地質学Lv3」スキルがあると採掘回数が増えるのでオススメです。

次の

【アイスボーン】『導きの地』地帯レベル上限上昇の法則(イガグリ氏調査)

導きの地 レベル7 全部

モンスターを狩猟することも、レベル上げの有効な手段。 効率では罠戦法に劣るが、MR上げや素材集めを並行できる。 歴戦個体と古龍はポイントが多いので優先的に狩ろう。 それぞれレベル4、5から出現する。 不屈を発動して火力アップ! スキル「不屈」は力尽きると攻撃力が上がる効果。 導きの地は何度でも力尽きることができるので相性抜群。 ただし火力アップ効果は2回目以降は加算されないので注意。 【レベル6-】地帯レベルが低い部屋で狩る 自分より地帯レベルが低い部屋で狩ると、ポイントを多くもらえる。 ただし ホストが指定した地帯以外での狩りは迷惑行為なので、ホストの意思を尊重すること。 汎用素材集めにも便利 氷雪地帯には、 歴戦イヴェルカーナと歴戦ネルギガンテが出現する。 この2体の素材はマカ錬金で他のモンスター素材と交換できるため、非常に有用。 大霊脈玉も落とすので、汎用素材集めにも便利な地帯となっている。 導きの地でできること 初めて来たらまずキャンプ設営! 導きの地はできることが多いが、同時に移動も大変。 エリア3ではキャンプを設営可能で、 広大な導きの地の移動が楽になる。 初めて散策に出たらまずはキャンプ設営から始めよう。 導きの地でできることまとめ 氷雪地帯 - もちろんモンスターは他にもいるが、希少性や素材の使用頻度を考えるとこれらのモンスターが挙げられる。 ただしガルルガは素材の使い道が少ないので、金冠集め以外でお世話になることはあまり無い。 地帯レベルが上がるとモンスターも増える 導きの地に行くと、各地帯にレベルがあることを確認できる。 これは「地帯レベル」といい、 モンスターを倒したり痕跡を集めると上げられる。 地帯レベルが上がるとその地帯のモンスターが増え、歴戦個体にも遭遇できる。 【重要】上がる地帯はマップで確認! 導きの地でマップを開くと、左下に出現中のモンスターと地帯のアイコンが表示される。 モンスターを倒すと、 この時表示されている地帯のレベルが上がる。 複数の所属地帯を持つモンスターもいるので、必ず狩りの前に確認しよう。 レベルが上がると他のレベルが下がる 地帯レベルは 他の地帯レベルが上がると下がる。 そのため特定の地帯レベルを上げたい場合は、その地帯に所属しているモンスターを狩り続けよう。 下げたくない場合はレベルを固定 導きの地に出発する前に、地帯レベルを固定するか否かを設定できる。 固定すると地帯レベルが変動しなくなるため、 お気に入りの地帯レベルを守ることができる。 好きなレベルまで下げることもできる 地帯レベルは、自分の好きなように下げることも可能。 クエストボードで導きの地を選択すると、「環境の調節」で下降可能だ。 ただしレベルを固定していると実行できず、 同機能で上げることはできないため注意。 どのモンスターが出るかはランダム 導きの地で出現するモンスターは1度に3体までで、どのモンスターが出現するかはランダム。 モンスターを倒すか立ち去るのを待つか、退散玉をぶつけることで別のモンスターと入れ替わる。 特殊痕跡でモンスターを呼ぼう! モンスターのストックとして使える! 導きの地には特殊痕跡というものが存在しており、集めることで「解析済みの特殊痕跡」が得られる。 この「解析済みの特殊痕跡」を使うことで、 好きなモンスターをいつでも呼び出せるぞ! 受付嬢に話しかけて使用する キャンプにいる受付嬢から「モンスターをおびき出す」を選択して、呼び出したいモンスターの特殊痕跡を使おう。 出現エリアも選択できるので、地帯レベル上げや素材集めに活用すると良い。 特殊痕跡は狩猟で集めよう 特殊痕跡の集め方はいくつかあるが、楽なのは狩猟すること。 1個体につき1個しか出ないが、地帯レベル上げをしていれば自然と集まる。 集める際はマルチが効率的 第2弾アプデから、マルチで特殊痕跡を入手すると他のプレイヤーにも共有されるようになった。 人数が多いほど効率的なので、可能な限り4人の部屋で集めよう。 導きの地素材の種類と入手方法 導きの地素材の種類まとめ 素材 入手方法 モンスター素材 モンスターを狩猟し、剥ぎ取りや報酬で獲得 採取素材 各地帯の採掘ポイントや骨塚で入手 霊脈玉 通常素材の天鱗などにあたる。 モンスターから稀に入手 通常の素材とは完全に区別される 導きの地で入手できる素材は、通常素材とは全く別物。 説明文に「導きの地で〜」といった記載があるのが特徴で、 調査クエストなどでは手に入らない。 モンスター素材は狩猟で入手 導きの地のモンスター素材は、狩猟の中での剥ぎ取りや捕獲で入手できる。 通常個体と歴戦個体で素材が異なり、用途も変化する。 ぶっ飛ばしで集めよう モンスター素材は落とし物から入手できる。 ぶっ飛ばしでぶつければ落とし物を落とすので、素材を持っていないモンスターを見かけたら ぶっ飛ばしで素材だけ回収しよう。 採取素材は採掘などで獲得 導きの地には骨塚と鉱脈が点在しており、鉱石や骨系の素材を入手できる。 場所は固定だがマップに映らず、出現はランダムだ。 場所を覚えて、探索のたびにこまめに採取しよう。 霊脈玉はレアなモンスター素材.

次の

【MHW:IB】「導きの地」の全キャンプ場所と解放条件

導きの地 レベル7 全部

1:エンドコンテンツ 導きの地が問題になっている、どうもイツキです。 アイスボーンのエンドコンテンツである、導きの地について書いて行きたいと思います。 発売から1週間以上経過しているので、導きの地にの事は既に知っている人や実際にプレイしている人も多いと思います。 しかし、今この導きの地について問題が浮上しています。 2:導きの地とは 先ほどのタイトル通り、エンドコンテンツに相当しストーリークリア後に通い詰めるエリアになります。 4つのエリアからなる、 「複合エリア」でそれぞれに 「地帯レベル」が存在します。 地帯レベルは、各マップごとに設定されており 「レベル1~7」まであります。 このレベルを上げる事を目的として、ハンターはモンスターを討伐することになります。 モンスターは、 「登場した時点で4地帯のどれか」に設定されておりその該当する地帯モンスターを討伐することでその地帯レベルが上昇します。 導きの地では、 「モンスターから手に入る素材や採取出来る素材が特殊な物に変化」します。 このアイテムは、 「マスターランクの武器をカスタム強化する為に必須」となります。 上位の時に、あるのが当たり前だった 「回復能力付与」を手に入れる為には必ず導きの地でモンスターを倒す必要があります。 3:問題点 文章で見ると、一見良さそうに見えますが問題点が非常に多いです。 多すぎるので、箇条書きで書いて行きたいと思います。 ・地帯レベルが上がりにくい ・地帯レベルが下がる ・地帯レベルを上げ過ぎると手に入らない素材がある ・呼び出したモンスターが直ぐに帰ってしまう ・呼び出すために必要な痕跡?が貯まらない ・呼び出すための必要な痕跡がランダムを取得 ・上げたい地帯レベルの為に出現モンスターのリセマラが必要 ・トグモードを使用したリセマラが横行(修正済み) ・マルチで探索に行くと人によっては行動がバラバラになる事が多い ・マルチで指定検索をかけて探索に行ってもそのモンスターがいない ・マルチでは行く前の時点でエリア状況が全く把握出来ない ・切断行為による高効率(想定外)の地帯レベル上げ ・マスターランクによって地帯レベルに上限が掛かっている ・地質学による落とし物2回取得可能 ざっくりと書いてもこれだけあります。 問題点として挙げましたが、さほど重要では無い物から大問題まで様々あります。 多すぎるので、大まかにまとめて書いて行こうと思います。 ・地帯レベルについて 地帯レベルは、 「レベルが低いほど上がりやすい」というシステムになっているので上げれば上げる程 「上がりにくく」なります。 その状況から横行しているのが、 「切断による地帯レベル上げ」です。 ザックリ説明すると、 マルチで地帯レベルの低い人を探して探索に入りネットを切断しモンスターを討伐、地帯レベルが低い設定(他人の設定)で自分の地帯レベルを大きく引き上げるという流れです。 恐らく、 マルチに接続した時点ではホストの地帯レベルですが、ネットを切断した事で設定だけを自分のデータに反映させているという事だと思います。 正直理屈はどうでも良く、 運営の想定している以外の方法で不法(想定より遥かに楽)に上げているのが プレイヤーとの格差を広げたりコンテンツの寿命にもかかわる話だと思います。 また、 「地帯レベルは下がる」という事も問題だと思います。 せっかく上げたのに、 モンスターを倒したら地帯レベルが下がったという事が頻発します。 地帯には、相性のようなものが存在し倒したモンスターの対となる地域が下がるという仕組みだと思います。 (間違ってたらコメント下さい)このシステムによって、 上げたい地帯のモンスターが出ないのでリセマラや切断という行為に繋がっているのだと思います。 ・呼び出すモンスター 導きの地では、特定の地帯レベルを上げたい場合や倒したいモンスター場合に 「特殊痕跡を使ってモンスターを呼び出す」事が出来ます。 しかし、 この特殊痕跡は中々集まらず狙って特定の特殊痕跡を集めるのは難しい状態です。 更に、せっかく呼び出しても 「短期間で帰ってしまう」場合があり滞在する時間も問題になっています。 恐らく、 側ではこの特殊痕跡を使って欲しかったと思うのですが使い勝手が悪い部分も多いです。 恐らく、 特殊痕跡の入手のしにくさが大きな問題だと私は思います。 個人的には、 「フィールド上のにある特殊痕跡の出現頻度を増加」させて 「その地帯で入手した痕跡で地帯のモンスターを呼べる」ようにし、 「討伐で貯まる痕跡取得ポイント?をもっと貯まりやすく」するべきだと思っています。 モンスターを2体くらい倒せば、必ず何かの特殊痕跡が入手出来る位で丁度良いと思っています。 ・ 個人的に、 一番問題だと思っている部分です。 野良でマルチをすると、部屋がいくつも作られていますが 「どのモンスターと戦っているのか分からない」という 致命的な欠点があります。 部屋に入ってみたら、倒したいモンスターがいないから退出するというケースが後を絶ちません。 他にも、 この地帯レベルを上げたいから設定している部屋に入ったのに別のモンスターを関係無い狩り始めるというケースも非常に多いです。 私の実例を挙げると、 荒地レベルを上げる為に部屋を作りましたが私を含む 2人が荒地モンスターのロスを狩り、 残りの2人は瘴気地帯の歴戦を狩り始めました。 結果は、 荒地組1乙・ 瘴気組5乙で トータル6乙という無残なものでした。 通常のクトであれば、何度もクト失敗になっているレベルです。 結局のところ、 「 地帯レベルが下がるというシステム上どうやっても利害関係が一致しない場合は一緒に狩りをするメリットが無い」という事になります。 一緒にモンスターを狩るゲームなのに一緒に狩るとデメリットがあると言うのは大問題だと思います。 地帯レベルを下がらなくするか、下がる量か上がる量を調節してバランスをとる必要があります。 ・地質学 これは、最近で話題になっている無いようです。 地質学というスキルを、レベル1でも発動させると落とし物が2回拾えるというものです。 これは、 以前から存在したというコメントも見受けられましたが導きの地という新たなコンテンツによって注目を集めています。 拾えるアイテムは、通常のクトとは違い 「カスタム強化に使える」アイテムが拾えます。 そんな必須アイテムが、2倍の効率で入手出来る用になるという状態です。 これが、仕様なのかバグなのかは判断しかねますが何かしらの発表や対応が必要だと思います。 ・個人的まとめ プレイヤーが一番苦労している、地帯レベルの上昇値にテコ入れをし討伐時の上昇値を高く設定します。 特に、地帯レベルが低い時の減少幅は大きく減らすべきだと思います。 ここが、改善されればモンスターを倒してもデメリットが無くなります。 私は、荒地の地帯レベルを7まで上げましたが歴戦を倒しても10分の1も上昇していないと思いました。 もう少し、上がりやすくても良いと思います。 既存の特殊痕跡をもっと入手しやすくしクトを誰でも効率良く回せるようにすることで快適に狩りが出来ます。 この調整があれば、モンスターが居なくなったから抜けるという頻度が減るはずです。 マルチは、常に探索のモンスターを表示する事でマッチングの無駄を省きます。 簡単に、修正案を書いてみました。 書いたところで、どうなるわけでもありませんが何かしらの修正は必須と言えるでしょう。 (これはあくまでも、個人的にこうすれば良いのでは無いのかと言うものなのでこれ自体は修正案ではありません。 ) 4:ver10. 12の内容から見る 想像以上にアクセスがあり、私を含めたユーザー皆さんが関心が高いかが伺えました。 タイトルに修正確定という内容が盛り込まれているのに、根拠になるものが示されていないのは良くないと思い追記しています。 下の画像は、ver10. 12のアップデートで公開された調整内容の一部です。 これは、公式サイトでいつでも確認出来ます。 私が、 修正がで良くなると言っている根拠は下の色付けの文章です。 システム上、 切断するという行為自体は無くす事が出来ません。 ゲームシステム以前に、 切断による地帯レベル上げはプレイヤーが意図的に回線を切断(の設定による切断)しているため 「やろうと思えばいつでも切断出来る」はずです。 仮に、 やる必要が無くなっても切断する事は出来ます。 これに対して、 対策をするという事は「回線の切断をしなくても良い」と言うプレイ環境が必要です。 色付けの文章にも書いてありますが、この切断による地帯レベル上げを無くすためには既存の環境を変えるしかありません。 既に、 トグモードでの再抽選(リセマラ)の穴を塞いだ以上(恐らく他の抜け穴はまだある)それをやらなくても問題が無い環境にしてくれるはずです。 そういった意味で、修正確定という文をタイトルに入れさせていただきました。 公式サイトより抜粋した内容です。

次の