ど ぶろ っ く ネタ。 「ブログネタがない」と嘆く方必見! ネタの探し方を大公開!

朝礼ネタ・一言テンプレート

ど ぶろ っ く ネタ

意味を知っている人は少数派でした。 残念ながらアイスブレイクはまだまだ周知されているとは言えないようです。 では、アイスブレイクとは一体どんなものなのでしょうか。 その意味を解説していきます。 緊張感を氷に例えて、それを打ち破る、溶かすという意味でアイスブレイクと呼ばれます。 とくにビジネスの世界におけるアイスブレイクという言葉は、主に次の2つのパターンで使われています。 1つ目は会議、研修、ワークショップなどの集まりで活用されるアイスブレイクです。 たとえば会議の冒頭、「今日は初対面の人が多いので、少し変わったルールの自己紹介をやりましょう」といった形でアイスブレイクを試みます。 「変わったルールの自己紹介」に類したアイスブレイクネタは非常に多くの種類がありあります。 一緒にそのネタ(アクティビティ)に参加することで場の空気やテンションが変わり、発言しやすくなって、その後のプログラムの進行がスムーズになります。 2つ目は営業活動や販売活動、プレゼンなどの場面で使うアイスブレイクです。 名刺交換のときなど、会話の糸口を見つけるために雑談をすることがあるはずです。 その雑談で場の空気をほぐすこともアイスブレイクです。 こう考えると、アイスブレイクのテクニックは重要なビジネススキルのひとつとも言えます。 続いて、アイスブレイクを行うタイミングについて聞いてみた結果です。 アイスブレイクを行うシーンとしては、「社内の会議」と「自己紹介」の2つが多いようです。 アイスブレイクを失敗することはそれほど多くないようです。 とはいえ、人によっては何を話せばよいか悩んでしまいがちなアイスブレイク。 そんなアイスブレイクのテクニックをシーン別にご紹介していきましょう。 だんだん覚えるのが大変になるので、みんなでフォローし合いながらフィニッシュを目指しましょう。 ・「他己紹介」 2人でペアになってインタビューし合い、その後、みんなの前でその人のことを紹介します。 ・「実は、自己紹介」 必ず「実は」という言葉を入れて自己紹介をします。 「実は、趣味で盆栽をしています」「実は、5人の子どもの父(母)です」など、ちょっとだけプライベートなことも話しやすくなります。 ・「サイコロ自己紹介」 サイコロに書かれたテーマに沿って自己紹介します。 カードで行う方法もあります。 ポジティブな思考が促され、会議などの活性化につながると言われています。 話すときはバトン代わりに小さなボールを手に持つやり方も。 指で数字を示すのも可。 その後、みんなで考えて誕生日の早い順に並びます。 最後に端の人から声を出して順番に誕生日を言います。 成功体験を話す・引き出すことで場の空気が盛り上がります。 ・「部屋の四隅」 部屋の四隅に「はい」「いいえ」「ときどき」「わからない」と書いた紙を貼っておきます。 あとは参加者が質問に対して自分が思う場所に移動するだけ。 お互いの共通点に気づく効果があり、その日の議題につなげることもできます。 こちらは形式が決まっているわけではありませんが、次のような例があります。 特徴ある建物、駅前の様子、有名飲食店のことなどを話題にしてみましょう。 「駅前の再開発が進んでいてびっくりしました」などです。 相手がよく知っている話題だとなおさらアイスブレイク効果が期待できます。 「私は滑舌が良くないほうで、自分の名前も噛むことがあるほどなのです。 お聞き苦しくて申し訳ありません」などのように話を始めます。 ただし、長々と自分のことを話すのはNGです。 相手から「いやいや実は私も…」という話が出ればアイスブレイク大成功です。 相手自身のことではなく、「受付に貼ってあるポスター、いいですね」「新商品がSNSで話題になっていましたね」「駅から近いオフィスで羨ましいです」など会社のことを話題にするのがコツです。 さりげなく褒めることもアイスブレイクにつながります。 以上、シーン別に使えるアイスブレイクのテクニックをご紹介しました。 では、再び調査の結果から、テクニックについて聞いてみた結果を紹介します。 あなたのアイスブレイクテクニックは?(自由回答) 「自己紹介で名字が珍しいこと、珍しいペットを飼っていたことをよく話す」(20代・男性・会社員) 「その日のワイドショーネタなどを交えて会議の議題につなげるトークをする」(50代・男性・会社員) 「誰も悲しくならずプライベートに踏み込みすぎない自虐ネタを披露します」(20代・女性・会社員) 「食べ物の話はハズレがないと思っています」(20代・女性・会社員) 「社内会議で他己紹介、指体操」(40代・女性・会社員) 「しゃべらずに誕生日順に並ぶゲームなどをやる」(30代・女性・専門職) 自分流の自己紹介テクや、会議などで行っているというアイスブレイクネタが挙がりました。 名字の珍しさ、ペットの珍しさなど、テッパンネタ・個性を活用して場を和ませるのもテクニックといえるでしょう。 ただ、最も多かったのは「とくにテクニックは持っていない」との回答でした。 そこで、テクニックに加えて、知っておくと便利なアイスブレイクの豆知識をご紹介します。 司会進行役に求められるのは公平さです。 参加者の中にはコミュニケーション能力が高い人も、そうでない人もいます。 全員に気を配りましょう。 また、アイスブレイクネタの目的をきちんと把握して、しっかり場を仕切りつつ、出しゃばりすぎないことも重要です。 バランス感覚が優れた人に向いています。 おすすめの方法は別のアイスブレイクネタを試すこと。 似たことをやっても空気を変えることは難しいので、最初とテイストの異なるネタを試します。 「今のは失敗だったので、もう一度だけ私にチャンスをください!」とあえて伝えてしまうなどの工夫もポイントです。 失敗したときほど、ファシリテーターの力量が求められます。 商談などでアイスブレイクに失敗したときも考え方は同じです。 プランBとして別のネタも用意しておきましょう。 ただし、ビジネスシーンでのアイスブレイクはその場の空気がほぐれれば十分です。 軽い雑談ができたら、すぐに本題に入るほうがスムーズでしょう。 大人数ではゲーム性が強いネタのほうが一体感が生まれやすく盛り上がるでしょう。 大人数ではグループ分けをすることもよくあります。 その際は属性が近い人を集めるか、バラけさせるかの2つの選択肢があります。 前者は参加者がリラックスしやすく、後者は全体の交流が進みやすくなります。 一長一短があるので目的に応じて分け方を変えてください。 アイスブレイクはあくまで本編となるプログラムやビジネスがあり、そのプロローグとして行うものです。 あまり堅苦しく考えずにやってみることも大切です。 また、強制されてやるものでもありません。 「こんなものがあるんだ」というくらいの気持ちで、楽しんで、実践してみてください! 今回の記事には、下記の設計で実施したインテージの自主企画調査結果を用いました。 調査手法 インターネット調査 調査地域:全国 対象者条件:20-59 歳の有職男女 標本抽出方法:弊社「マイティモニター」より抽出しアンケート配信 ウェイトバック:性年代別の有職者の構成比にあわせてウェイトバック集計 標本サイズ:1,774 調査実施時期:2017年6月16日 金 ~2017年6月20日 火 転載・引用について 本記事の著作権は、株式会社インテージが保有します。 本記事の内容を転載・引用する場合には、「インテージ調べ」と明記してご利用ください。 【転載・引用に関する注意事項】 以下の行為は禁止いたします。

次の

逆転裁判シリーズ 色々ネタ

ど ぶろ っ く ネタ

朝礼で使えそうな、ビジネスにまつわる話をピックアップしてまとめています。 特に毎日更新している「今日のトピック」「今日は何の日」など、「朝礼のシメ」に使いやすいようにしています。 全国の約8~9割の校長先生が「学校講話大全」を参考に朝礼をしているように、このサイトがそのようなモノになれますよう努力いたします。 業種によって使いにくいかもしれませんが、アレンジしてみて下さい。 今日の朝礼ネタ・今日は何の日 ここは毎日更新しています。 前日の使えそうなトピックを朝礼で話せるようにまとめています。 さらに「今日は何の日」から朝礼で使えるように、文章を考えています。 アレンジしてお使い下されば幸いです。 キーワード別 偉人の言葉・ことわざ キーワードに沿って「四字熟語」「ことわざ」「偉人の言葉」をまとめています。 これからどんどんと追加していきます。 追加して欲しいものがありましたら、またメッセージなど頂けますと極力期待に応えていきたいと思っています。 朝礼で使えそうなスピーチテンプレート 「1分スピーチ」で使えそうな文章を更新していきたいと考えています。 本当ならばここを毎日更新したいくらいなのですが…。 このような青いラインのところと このような太い部分だけ、つまんでいけば1分くらいのスピーチになるかな?という感じで作成しています。 アレンジして使用してみて下さい。 朝礼の心得やポイント 「朝礼とはなんぞや」的な内容になっています。 ここはあまり更新出来ないと思いますが、今までの経験や感じたことを書いています。 参考にしてみて下さい。 覚えておきたいビジネスマナー こちらにはビジネスマナーに関する話を1分くらいで話せる長さでまとめています。 当たり前の事を大袈裟に書いてあるだけですが、困った時にでもお使い下さい。 スポンサードリンク.

次の

本日の1枚。一枚画像ネタ: ひろぶろ

ど ぶろ っ く ネタ

ヨス いいなぁ……。 ネタに困らない「人と違った生活」を送ってるんだろうな……。 ……と思いそうですが、違います!! まったく違います! わたしはたくさんの初心者ブロガーから「ネタに困っているんです」という相談を受けてきました。 で、実際にお会いして話を聞いていると「 ネタだらけじゃないですか! なんでそれを書かかないんですか! もったいない! 」と叫ぶことばかり。 つまり、 「それがネタになる」ということに気づいていないだけなんですね。 ということで、ネタの集め方というよりも、「 ネタだらけの日常に気づいてもらう」というのがこの記事の目的になるかもです。 では、1つ1つ紹介していきますね! 経験・体験をネタにする まずは自分の経験や体験、自分の持っている技術や知識をネタに記事にする方法を紹介しますね。 言い換えると すでに知っていることをブログのネタにするということですね。 1体験からネタを探す まずは、ある意味最も簡単に書けるブログのネタ「 体験から出てくるネタ」です。 ニュージーランドに行ったときの体験 世界中の人に、ブログのネタとして最も多く使われている手法の1つです。 体験とは言っても、 こういうのはアウトです!! ヨス 自分では当たり前に思っていることでも、 周りの人にとっては新鮮なんです! あなたが「 え? こんなこと知らない人いるの? 」っていうレベルのことも 実は一般的には知られていないということをマジで知っておきましょう。 マジマジ! 2自分の好きなものをネタに そして、 自分の好きなものについて書くことはブログの王道中の王道ですよね。 「沖縄大好きで毎年5回以上行ってるぜ! 」とか「うがー!!! 毎日ハンバーガーを食べたい! 」といった 熱い感情は良い記事を生みそうですね。 カナダで食べたハンバーガーの画像 「私がハンバーガーを大好きでたまらない100の理由」とかおもしろそうです。 まぁ、そんなに書けませんが(笑)。 好きな漫画、好きな音楽、好きな映画など、 好きなものっていくらでも書けますよね。 しかもマニアックに。 好きな音楽とか ぜひ 熱い想いをブログに書いて、同じような趣味の方や、まだその良さを知らない人に教えてあげましょう。 3自分の住んでいる地元のことをネタに 自分の住んでいる地元の情報について書く方法もあります。 わたしの場合は、香川県という片田舎に住んでいるので、 香川県のことは 県外の方よりも多くの情報を持っています。 その土地の神社とかは地元では有名でも外の人には新鮮 それは愛県心が強いとか関係なく、住んでいれば 自ずと地元情報が入ってくるので、簡単に書けるわけですよ。 たとえば、上の画像は香川県にある「あじさい神社」として有名なところ。 メディアからネタを得る そして、 メディアを通して得た新しい情報をネタとしてアウトプットする方法です。 ただし気をつけたいのは、 ただの 情報の横流しではダメだということ。 たとえば「Googleが性差別のない絵文字を提案しています」というニュースを聞いて、そのまま書くのは パクリ記事というやつ。 下記記事を見てほしいのですが、それに関して思ったことをガッツリ書くと価値ある記事に早変わりです。 参考: 自分の思想や経験、感情のフィルターを通して、 自分なりの意見や熱い想いなんかを、必ず引用文章の倍以上は入れるようにしましょう。 引用は少しなら問題ありませんが、 記事のほとんどが引用になると「盗用」と呼ばれる行為になりますのでご注意を! 1テレビ・新聞・雑誌でネタ探し まずはテレビ、新聞、雑誌などで観たものをネタにする方法です。 特にテレビは、未だに 最も日本に浸透している情報収集メディアですよね。 ニュースや、スポーツ、お笑い番組、ドラマについて、 好きな芸能人について書くのもアリです。 ヨス 一番いろんな人たちが見ている可能性が高く、 共通のネタということです。 なので、皆も興味を持ちやすい(=読まれる)と言うわけ! 大好きなドラマについて、崇拝しているミュージシャンについて 超熱く語ってみてください。 いい記事が書けるはず。 2書籍・映画をネタに そして、 書籍や映画をネタにする方法です。 もちろん 漫画も含みます。 うーん。 これらはメディアというよりも、 「1つの作品」と呼んだ方が適切ですかね? 』キャンペーン開催決定!HMV限定のオリジナルステッカーやポストカードサイズカレンダーをプレゼント!詳しくはこちら 宣伝M内。 — 映画『君の名は。 こちらはストーリーをそのまま書くと小学生の読書感想文になりますので、 「自分の思想」と照らし合わせて書きましょう。 3インターネット・SNSから鮮度の高いネタを 最後はお約束のからネタを仕入れる方法。 情報の スピードが最も速いメディアがインターネットなので、そこから鮮度の高いネタを仕入れるのは合理的です。 最新の流行っていることなどを発信するブログを運営したい場合は必須ですね。 ヨス Twitterや Facebookのような SNSから情報収集することも含みます。 ネットから仕入れたネタでブログを書く場合は、特に スピード勝負だと言えるでしょう。 手に入れた新鮮なネタを、 いかに速く執筆してGoogleの検索結果に載るかも重要になります。 検索結果であまり上位に表示されない「弱いブログ」でも、 誰よりも桁違いに速く情報をアウトプットすることができれば、優位に立てます。 ただし、 メディア・リテラシーと呼ばれるスキルが必要です。 メディア・リテラシー(英: media literacy)とは、情報メディアを主体的に読み解いて必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと。 より引用しました。 ほかの方の記事に対する賛同意見とか反対意見を熱く語るという方法もありますね。 他の人が書いた記事にすごく心を揺さぶられたときはやってみてもいいかも知れません。 自分が頭で考えたことをネタにする 自分がふと考えたことをネタにする方法です。 これが一番高度かもしれませんが、一番おもしろくなる可能性があります。 なぜなら 一番個性が出るところだから! 人は皆が違いますよね? 経験も違うし、生まれた環境も違う、選ぶものも違います。 なので、 同じ事象を見ても考えることが全然違うわけです。 1何か行動をして考えたこと 人は 1日の中でいろんな行動をします。 朝起きて、顔を洗って、トイレに行って、朝ごはんを食べて……朝やることだけでも書ききれません。 その中で、毎日やる「洗濯物干し」でも、「のではないか? 」と考えると、それがネタになります。 洗濯の効率の良い干し方を考えた記事とか 「 ライフハック」と呼ばれるジャンルですね。 ライフハックネタは求めている人がすごく多いので、オススメです。 新しいことを考えるのが得意な人はガンガン発信しましょう! 2ふと思い浮かんだもの 一発ネタとか、 なんか突然思い浮かんだぞ! ってものをネタにするのはどうでしょうか。 これはかなり個性的で オンリーワンのにおいがしますね。 ネタ系の記事 わたしはほとんど書きませんが「」のような記事がそうですね。 ネタ系の記事ってことです。 3自分の思想 そして、「 自分の思想」をネタにするという方法です。 たとえば、こちらのイラストは「『主人』という日本語はオカシイ」というわたしの思想の一部を図にしたものですが。 配偶者を「主人」って呼ぶのはオカシイと思う 何気ない日常を通して感じたこと、社会に対して思ったことなどは、オリジナリティーにあふれることが多いです。 ヨス 「え? みんな同じように考えているのかと思っていた! 」ということはよくあります。 会社に男性がお弁当を持って行ったときによく言われる 「それって愛妻弁当? 」という質問。 「それって愛妻弁当? と聞かれました」で終われば面白くない記事ですが、そのときに思ったことなどを発展させるとそれだけで記事が書けます。 参考: ただし、基本的に どんな思想でも、共感してくれる人と、反対意見の人がいます。 なのでSNSやコメントでネガティブなことを書かれる可能性があることも知っておきましょうね。 そして、ネガティブなコメントが来ても気にしないようにしましょう。 自分の作品をネタにする 最後に自分の作品をネタにするという方法です。 今さらですが、「 ブログ」っていうメディアが個人に与えたインパクトはすさまじいですよね。 もしインターネットが、ブログがなければ、どうやって不特定多数の人に自分を表現ができるのでしょうか? 皆目検討もつきません。 1自分の撮影した写真 自分の作品で最もポピュラーなものの1つが写真かなと。 携帯電話や、iPhoneを始めとするスマホにカメラが標準装備されていることもあって、SNSに写真投稿をしている人は多いはず。 水田の写真を撮るのが大好き その写真もSNSだけでなく、ブログのネタになります。 ヨス プロの写真だけでなく、 日常で適当に撮った写真だとしても立派な作品ですから。 ただし、 自分や撮られた人のプライバシーが不必要に漏れそうな写真は控えましょう。 顔や車のナンバーにモザイクやぼかしを入れるなどをして。 周りのお客さんの顔はボカシやモザイクでわからないように あと検索されることも考えると、写真だけでなく その写真についての想いや背景を文章でしっかりと書いたほうがいいです。 2自分の描いたイラスト・漫画 そして、発表するのは写真でなくてもかまいません。 イラストや漫画の描ける人はぜひともブログで公表してください。 わたしの描いた似顔絵イラストたち とくに漫画はSNSとも相性がいいので、漫画が得意な人は TwitterやInstagram、TikTokなどでも同じ作品を投稿するのがオススメですよ。 3自分の作った作品 そしてブログで表現できるものは、文章やグラフィックだけにとどまりません。 自分の 作ったものなら何でもブログのネタになります。 これは無限にネタがありますね。 ヨス 説明が難しいな……。 例えば、ボーっとテレビを見てても、ニュージーランドが好きなら 「原産はニュージーランドです」というひと言でも反応しますよね? よく、地方に住んでいる人が「 東京はネタだらけでいいよなー」のように言うんですよ。 この記事ですでに言っていますが、そんなことありません! あまりにも日常になりすぎた環境のため、 ネタをネタとして認識できていないだけです。 都会だからとか、地方だからとかは一切関係なく、誰の環境もネタに囲まれている事実をちゃんと理解しておきましょう。 いつでもメモを取れるようにしておく そして、 ネタが浮かんだらすぐにメモしましょうね! いいネタが浮かんでも、忘れてしまっては意味がありません。 スマホでも紙でも何でもいいので絶対に!! ネタを考えるのはパソコンの前ではない ブログ初心者で、もしかしたらパソコンの前で「ネタがない……」と唸っている人がいるかも知れません。

次の