ハクビシン フン 処理。 ハクビシンよグッバイ(屋外用) 国分グリーンファーム

ハクビシン退治に効果的な対策と駆除方法まとめ

ハクビシン フン 処理

ハクビシンは元は東南アジアに生息する動物です。 ジャコウネコ科に属します。 明治以上に外国から毛皮用の動物として輸入されたものが野生化した、と言われています。 日本全国に住み着いており、都心でも被害例が増加しています。 アライグマと区別が難しい場合がありますが、 ハクビシンは「白鼻芯」という名前のとおり鼻筋が白いのが特長です。 体重は2キロから3キロ程度で、大きさは頭と胴をあわせた長さが60センチ程度、尾の長さが40センチ程度になります。 しっぽは黒い色をしています。 夜行性なので、昼間に人間がハクビシンを見かけるといったことはあまりまりません。 道で見かけることが無い代わりに、家の中に入ってくるとバタバタと大きな音で走り回るのですぐにわかります。 木登りが得意で電柱にも器用に登っていきます。 身体の割に、細い電線や木の枝を伝って人間の家に入ってきます。 ジャンプ力もあり、垂直に1メートル程度は軽く飛ぶことができます。 電柱から屋根まで1メートルしか無かったら、ハクビシンは平気で家の中に入ってくることができるのです。 何でも食べる雑食性のため生命力もあり、野菜や果物の他、昆虫、ネズミ、蛙、鳥なども食べます。 可愛い顔をしているので油断してしまいがちですが、ハクビシンは凶暴なのでペットが被害にあわないよう注意してください。 噛まれたり、ひっかかれたりすると感染症にあう危険性もあります。 天敵の尿のニオイでハクビシンを寄せ付けないようにするというもので、オオカミのオシッコで撃退します。 動物は天敵のニオイをかぐと、その場所は天敵のテリトリーだと考えて侵入することをストップします。 オオカミが天敵であるハクビシンの他に、野ネズミや野良犬、シカやクマなどにも有効的オオカミが天敵であるハクビシンの他に、野ネズミや野良犬、シカやクマなどにも有効的です。 <設置場所について> ハクビシンが家に入ってくるルートには、間隔を狭くして設置すると良いでしょう。 家のまわりをボトルで取り囲むようにすると、ハクビシンは家の中に入ってきません。 <効果と実例> アメリカでは20年以上前から実用化されていて、果樹園や畑、ゴルフ場などで使用されている実績があります。 動物が天敵のニオイを嗅ぎ分けることは、脳の神経回路によって行われているため、ハクビシンがニオイに慣れてしまうこともありません。 ウルフピーには「シート」と「液体(尿そのものです)」の2タイプがあります。 <シートタイプの使い方> シートタイプは吊るすだけで使用する事ができます。 効果は約2ヶ月持続します。 <液体タイプの使い方> 液体タイプはボトルに入れて家の周辺に吊るして使用します。 屋外での使用専用なので、家の中では使わないようにしましょう。 オオカミの尿を、穴のあいたボトルに入れて、高さ30センチから60センチ程度の場所に吊るしておきます。 ボトルとボトルの間は4メートルが理想的です。 ボトルの中のオオカミの尿が蒸発したら、また注ぎ足します。 散布してしまうと、すぐに蒸発してしまって効果がなくなってしまうので、100ミリリットル以下の小さめの容器に入れて、直径1センチ程度の穴を側面にあけるようにします。 雨が容器の中に入ってしまった場合には、中のものは捨てて、新しくオオカミの尿を入れ直しましょう。 小分けのボトルに入れて約一ヶ月間効果があります。 オオカミの尿は強い酸性なので、かかると色が変色する場合があるので気をつけましょう。 屋根裏や壁の中でバタバタとうるさいハクビシンを、ワナで捕まえてやりたいと思いますよね。 しかし、 残念ながらハクビシンを許可なく捕まえてはいけないのです。 ハクビシンは「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」といういわゆる鳥獣保護法の対象となっています。 農作物に被害を及ぼしているのであれば、市や県に申請して許可されれば捕まえることができます。 しかし、一般家庭に出たからといって、ワナを仕掛けて取ることはできないですし、殺すこともできません。 そのため、ハクビシンの駆除は最終的にはプロに頼むことになります。 業者によってハクビシンに詳しい業者と、ネズミの駆除には詳しいけれどもハクビシンはあまり知らないといった業者もいます。 基本的には、最初にハクビシンを家から追い出して可能であれば捕獲を行います。 ハクビシンは巣を何箇所かに分けているので、留守だった場合は追い出し作業と捕獲は行なえません。 追い出し作業は、場合によっては霧状になる薬品をたいたり、噴霧したりします。 それでも出てこない場合には爆竹で驚かして出すこともあります。 値段は家が広くなると料金もアップしていきます。 ・60平方メートルまで :18,000円〜30,000円 ・120平方メートルまで:25,000円〜50,000円 ・180平方メートルまで:30,000円〜100,000円 ・240平方メートルまで:30,000円〜130,000円 ・300平方メートルまで:40,000円〜160,000円 という具合です。 かなり業者によって値段の開きがありますので、あわてて最初に電話した業者に決めるのではなく、少なくとも3社からの見積もりをとったほうがコストダウンできます。 ハクビシンの巣は1カ所ではなく、近隣の数カ所にまたがっているため一回だけの処置では駆除しきれないのも現状です。 親身になって一緒に考えてくれる業者を選ぶことをオススメします。

次の

糞清掃・消毒 ハクビシン・アライグマ駆除 防除 対策 トゥルーテック 福島 宮城 山形 栃木

ハクビシン フン 処理

アライグマのふんとの違いを挙げるとすれば、ふんが比較的臭くない点と果物の種子が入ってる割合が多い点が挙げられます。 ハクビシンのフン対策や処理方法についてはこちらの記事で解説しているので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。 >> タヌキとアライグマのふんの違い (出典:狸のため糞物語) タヌキのふんの大きさは2cm〜3cmほどです。 形は丸い形をしており、色は黒の場合が多いです。 タヌキは溜めふんをする習性があります。 溜めふんは縄張りを他の動物に知らせる意味もありますが、周辺で取れる食べ物を他のたぬきに教える意味もあるとも言われています。 またふんに集まった虫を食べてる時もあり、食料補給の目的で溜めふんを行っているのではないかと言う見解もあります。 タヌキは家族と一緒にため糞をする時があり、それに伴いふんの量も増えるため臭いが強くなります。 タヌキのフン対策や処理方法についてはこちらの記事で解説しているので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。 hokusetsu-ikimono. com) イタチのふんは細長い形をしていますが、一つ一つ異なる大きさをしています。 またオスとメスでも大きさが異なります。 イタチは肉食ですので、ふんはとても臭いです。 そして 水分が多くなっているのも特徴です。 イタチは肛門線に物凄く臭い分泌液を溜めており、それを糞尿にかける習性があります。 イタチは鼻がよく、この習性により仲間と意思疎通をしていると言われています。 ふんと分泌液とのダブルパンチによってイタチのふんは物凄く臭くなっているのです。 アライグマのふんの中には病原菌や寄生虫がいます。 そのため何も対策しないで掃除をしてしまうと、感染症を引き起こしてしまうので危険です。 ここではアライグマのふんを適切に処理する方法を解説します。 アライグマの糞尿処理に必要な道具 アライグマの糞尿処理に必要な道具を紹介します。 自分自身が身につけるものとしては、マスク、使い捨ての服、使い捨てのゴム手袋、髪ゴムなどの髪を縛るものが必要です。 掃除をしていると糞尿が口に飛んでくる場合も考えられますので、マスクは必ずしましょう。 また髪が長い人は糞尿に髪が触れてしまい、間接的に肌に付着する可能性があるため髪は縛っておきましょう。 そして 掃除をする道具としては使い捨てのほうき、使い捨てのちりとり、ビニール袋、雑巾、アルコール(エタノールもOK)を揃えましょう。 完全防備にして清掃の準備をする アライグマの糞尿の掃除を普通の掃除と考えてはいけません。 アライグマの糞尿の中には病原菌や回虫が潜んでいるため、軽装では感染してしまう可能性があるからです。 例えば肌を出して掃除をしていた場合、肌に病原菌が付着する可能性があります。 掃除が終わった後で肌を触ってしまえば感染する可能性があるのです。 また直接触らなくても、埃を吸い込んだ時に感染する時もあります。 そのためマスクをして肌を出さない服装で掃除をしましょう。 集めたフンは、ゴミ袋を何重にもして破けない状態にしてから捨てましょう。 アルコールやエタノールで殺菌消毒する 糞尿を掃除しただけではまだ病原菌や回虫が残っている可能性が高いです。 必ずアルコールやエタノールを使って徹底的に消毒をしましょう。 アルコールの使い方としては雑巾に染み込ませて使うのもいいですが、新聞紙に染み込ませて使うのがおすすめです。 新聞紙なら使い捨てにできますし、一回一回捨てながら使用できるため清潔に使用できます。 清掃・消毒に使った道具をすべて処分する アライグマの糞尿を掃除するために使ったほうき、ちりとり、服などは全て捨てましょう。 一度使えばアライグマの病原菌や回虫が付着している可能性があるからです。 高価な道具を一度の使用で捨てるのは勿体ないので、使い捨ての物を使用しましょう。 アライグマのふん被害を再発させない対策方法 アライグマは一度追い出してもまた侵入してくる可能性があります。 再侵入されてしまうとまたふんでの被害が発生してしまいます。 ここではアライグマのふん被害を再発させない対策方法を紹介します。 アライグマ用の忌避剤を使って追い出す、近寄らせない 忌避剤を使えばアライグマを近寄らせないことができます。 忌避剤にはアライグマが嫌がる唐辛子や狼の尿の成分が使われているため、追い払うことができるのです。 アライグマの住処や侵入経路近くに設置すれば、アライグマにより効果的に作用します。 ホームセンターやAmazonなどのネットショップで手軽にアライグマ用の忌避剤が購入できます。 アライグマの捕獲や駆除は自治体の許可が必要 アライグマは「鳥獣保護法」で守られています。 そのため 勝手にアライグマを捕獲・駆除した場合法律で罰せられてしまいます。 罰則としては、懲役1年以下または100万円以下の罰金とかなり厳しい罰則なので気を付けましょう。 アライグマの捕獲・駆除の申請受付場所は地域によって違います。 またアライグマは弱った壁なども壊して侵入してくるほど力もあります。 弱った壁は早めに修復しておきましょう。 用水路など水場を清掃する アライグマは水辺を好むため、河川の近くや用水路を使って移動する場合が多いです。 特に汚れている用水路をアライグマは好み、そのままにしておけばアライグマの被害は増すばかりです。 しかし用水路を綺麗に掃除すれば、人間の気配を感じ取りアライグマは用水路を使いにくくなります。 掃除をしっかり行えば水が流れ安くなり氾濫もしにくくなるので、用水路の掃除は頻繁に行いましょう。 アライグマの餌になるものを片付ける アライグマは雑食ですので何でも食べます。 そのため、 ペットの餌を外に置いておけば食べられてしまいます。 また、家の敷地にミカンやカキが実っている場合もアライグマを引き寄せてしまうでしょう。 さらに家庭からでた生ゴミにも注意が必要です。 長時間外に生ゴミを放置したために、アライグマに袋を開けられてしまった事例が発生しています。 畑の作物に関しても長期間放置していると食べられてしまいます。 収穫の時期がきたら残さず収穫するのが肝心です。 どうしても収穫できない場合は、作物を防獣ネットで守ったり電気柵をつけたりしましょう。 自分でアライグマのふんを処理できない場合は、駆除業者に依頼しましょう アライグマのふんを自分で処理することも可能ですが、危険もあることを理解しておいてください。 アライグマのふんの中には病原菌や寄生虫が潜んでいます。 もし触れてしまえば感染症にかかってしまい、最悪のケースでは死亡することも考えられます。 そのため掃除をするのも手間がかかりります。 完全防備の服装をするだけでなく、一度使ったものは捨ててしまわないと病原菌を他の場所に移してしまいます。 さらに根本的な原因であるアライグマを侵入させないようにするのも難しいです。 アライグマが侵入可能な隙間は数多くあり、素人では全て見つけることは難しいからです。 以上のように掃除をするのが危険で手間がかかるだけでなく、アライグマの侵入を防ぐこと自体も難しいのが現実です。 もし不安や面倒くささを感じているようでしたらアライグマ駆除業者に依頼しましょう。 アライグマ駆除業者なら侵入経路の発見、駆除、清掃・消毒、再侵入対策など全てあなたの代わりにやってくれます。 現地調査・見積もりは無料のところが多いので気軽に相談してみてください。

次の

ハクビシンの撃退について我が家の庭には野良猫1匹(ほぼ毎日時間は不規...

ハクビシン フン 処理

殺菌・消毒 このページでは、ハクビシンの糞尿汚染による二次被害を避けるために行う「衛生害虫駆除」について解説しています。 ハクビシン駆除を検討中の方は、ぜひ参考としてチェックしてみてください。 二次被害を防ぐための衛生害虫駆除 野生のハクビシンは細菌を持っていることも多いため、駆除をしたあとは殺菌消毒処理を行う必要があります。 10年ほど前に流行したSARSも、その蔓延の原因として真っ先にハクビシンが疑われたほどでした。 ハクビシンが排泄した糞尿からも雑菌が発生・増殖する可能性が高いため、駆除後の殺菌消毒処理は必須です。 また、糞尿の臭いを残しておくと、他のハクビシンを引き寄せることにも繋がります。 業者によって使用する薬剤は違うようですが、空間に噴霧することで殺菌・消毒を行うことがほとんどです。 ハクビシンによる健康被害とは ハクビシンに寄生しているダニやノミといった衛生害虫に対しても、駆除作業が必要になります。 野生のハクビシンはそのほとんどが体にダニ・ノミをつけており、それが屋根裏で増殖し、室内で生活する人間にも被害を及ぼすケースが多くみられるのです。 ダニやノミには柔らかい肌を持った女性や子供がターゲットとして狙われやすく、刺されると、数日~一週間ほどと長くかゆみが続きます。 またダニの糞や死骸はアレルゲンとなることが多く、皮膚より吸収されるとアトピー性皮膚炎、さらに器官に入ってしまうとぜんそくなどを発症させる危険があるため厄介です。 これら衛生害虫駆除の殺菌消臭は、薬剤を微粒子化して飛散噴霧を行うのが一般的です。

次の