メニエール 病 と は。 【ドクターマップ】めまい、耳鳴り、難聴…メニエール病の症状と治療、似た病気まとめ|医学生モエに聞くいい病院の探し方

メニエール病は遺伝する?子供にうつる?

メニエール 病 と は

この記事の目次• メニエール病とは メニエール病とは耳の病気の1つですね。 出典: メニエール病は、耳の中でも奥の部分である「内耳」と呼ばれる部分に起こる病気です。 内耳の内リンパ水腫がメニエール病の正体です。 内耳にリンパ液が溜まってしまうことで、 内耳が水ぶくれができた状態になります。 そうすると、内耳の中の前庭と蝸牛と呼ばれる部分がきちんと働かなくなるために、メニエール病が起こってしまうのです。 メニエール病は女性に多い疾患で、30代後半から40代前半にかけてが好発年齢となっています。 発病率は10万人に対して、15~18人ですね。 厚生労働省の特定疾患(指定難病)に指定されている病気です。 メニエール病の症状 メニエール病は、次の4つの症状が主症状になります。 現在は松尾さんが療養に専念しているため、バンドとしての活動や休止しています。 メニエール病は完治が難しい… メニエール病は厚生労働省の特定疾患(指定難病)にもなっていることからわかるように、まだ治療法が完全に解明されているわけではありません。 そのため、完治が難しい病気なんです。 メニエール病は「治りにくい病気」と思われています。 確かに、めまいを繰り返して困っている方もいますが、治り方はさまざまで、数年苦しんだ後にうそのように治る方もいます。 引用: ただ、治らないと決まったわけではありません。 また、完治は難しくても、治療によってうまく付き合ってくことを目指せることもあります。 メニエール病の治療は、発作が起こっている時には、抗めまい薬や制吐薬などを内服・点滴したり、血液循環をよくして水ぶくれを改善させる薬を点滴します。 また、日常生活ではストレスを溜めないように運動をしたり、睡眠をとるようにするなど生活習慣を改善したり、ストレスを溜めない目的で抗不安薬を服用したりします。 どうしても治らない時は、手術を選択することもあります。 まとめ メニエール病の基礎知識や症状、原因、メニエール病にかかった芸能人、完治についてをまとめましたが、いかがでしたか? メニエール病は発作が起こると、日常生活を送れなくなるほどになります。 しかも完治が難しいので厄介な病気です。 でも、うまく付き合っていくことも可能ですので、しっかり主治医と相談しながら、治療方針を決めていきましょう。

次の

メニエール病

メニエール 病 と は

メニエール病の初期症状にはめまいがよく知られていますが、体調不良か疲れかと思い込んで見過ごしてしまうケースが多いものの、実は厚生労働省が特定疾患としている難病の一つです。 なので、メニエール病の初期症状のチェック項目や、遺伝などの原因、検査方法やメニエール病と診断されたら仕事には行けるのか、完治はできないのかといったことが知りたいのではないでしょうか。 また、メニエール病の時は病院で何科なのか、治療薬や入院手術などの治療方法、また、食事の注意点についても気になりますよね。 そこで今回は、メニエール病の初期症状とチェックの仕方や食事の注意点、また、何科かに行くべきかといったことなどについて詳しくお伝えしていきます。 メニエール病はどうして起こる?症状など つらいめまいや耳鳴りなどが特徴のメニエール病は、初期の段階で治療を行なえば完治する病気ですが、発見が遅れると進行してしまい治療が困難になることが多いので、注意が必要です。 そして、原因はストレスなどが考えられていますが、まだはっきりと解明はされておらず、今後の研究でメニエール病と遺伝子の関係が解明されるかもしれないという報告はあるようですが、まだこの病気が遺伝するかどうかははっきりしていないようです。 初期症状は?どのように進行する?チェック項目も! 主な初期症状には耳鳴りや耳の閉塞感、低音性の難聴が現れます。 その後、間歇期といって目立った症状が現れない時期を挟み、その上で慢性期を迎えるといったように3段階に分けて進行します。 そして、難聴や耳鳴りがはっきりと自覚されるようになり、他の疾患との違いが明確になるため、ここで初めてメニエール病と気づく例もあるそうです。 次に挙げるのは、メニエール病の代表的な症状です。 ・ 回転性めまい メニエール病の代表的な症状がめまいで、何もしていないのに突然ぐるぐる回る激しいめまいが起き、平衡感覚がおかしくなり、立っていても横になってもつらいという状態が続きます。 こうした発作はだいたい30分から数時間続きますが、冷や汗や吐き気、顔面蒼白になり、めまいと同時に、次に説明する耳鳴りや難聴が起きます。 ・ 耳鳴り 多くの人は、めまいの発作に続いてひどい耳鳴りを感じ、発作を何度も繰り返しているうちにいつでも耳鳴りがしている状態になってしまいます。 ・ 頭痛 頭が重く、押さえつけられたような圧迫感のような頭痛を感じますので、速やかに病院で診てもらった方が良く、1人で病院に行くのは困難な状態に陥るので、誰かにつきそってもらうか、誰もいないときは救急車を呼ぶようにしましょう。 ・ 難聴 めまいや頭痛の発作と同時に出て、発作が治まった後には治ってしまうような一時的な難聴や、何度も繰り返してだんだん聴力が落ちていく難聴もあり、どちらの場合でも低音が聞き取りづらくなるそうです。 ・ 吐き気 めまいを起こすと、乗物で酔った時と同じ状態になって吐き気がし、実際に吐いてしまう方もいて、めまいが起きていないのに吐き気だけ起こる場合もあるそうです。 ・ 傾斜感 めまいの発作を何度も繰り返していると、平衡感覚にダメージを受けてしまうので、発作が起きていなくても、フワフワと浮いているような浮遊感や体が傾いている感覚に陥ってしまうことがあり、この状態の時には転びやすくなっているので転んで怪我をしないようにしましょう。 もしかしてメニエール病かも?自分の症状で分かるメニエール病チェック つらい症状を引き起こすメニエール病は、早期発見と早期治療が最も大切です。 そのため、もしかしたら自分はメニエール病かも?と思っている方は、次のリストをチェックし、当てはまるものがあれば早めに病院を受診しましょう。 1、 目を閉じると体がゆらゆら揺れている感じがする 2、 横になっていてもめまいが起きる 3、 一度めまいが起こると20分以上続く 4、 めまいとともに吐き気や嘔吐もある 5、 めまいとともに耳鳴りや耳が詰まった感じなどの耳の異常が起こる 6、 低い音や声がなかなか聞き取れず、難聴のような気がする 7、 ぐるぐる回るようなめまいを何度も繰り返している 8、 めまいや耳鳴りなどの症状の頻度が増えている スポンサーリンク メニエール病の時は何科に行く?診断基準や仕事についても メニエール病かも?と思ったら、まずは耳鼻科を受診しましょう。 ですが、めまいそのものの原因を調べるには、専門医に診てもらうのが早期発見につながるので、日本耳鼻咽喉化学会所属医師がいる耳鼻咽喉科へ行くか、めまい外来を受診するようにしてください。 そして、病院での検査内容としては、次の3つがあります。 1、 平衡感覚検査 平衡感覚を調べる検査では、目を閉じてまっすぐに立ちますが、メニエール病にかかっている場合はふらついてしまいます。 そして、片足での直立検査、つま先とかかとをくっつけて立つMann検査、30秒足踏みをする足踏み検査もメニエール病にかかっている場合は、目を閉じて行なうとふらつくそうです。 特に足踏み検査では、原因のある耳側にふらつくそうです。 2、 聴力検査 聴力検査は普通の健康診断と同じで、高音や低音を聞いて音が聴こえた時にボタンを押すという検査です。 そして、目の前でペンなどを動かして目で追うという検査も行なって、目振の有無のチェックも行ないます。 3、 点滴による検査 点滴による検査では、利尿作用があるグリセロールという薬剤を使用し、リンパ水腫がある場合、点滴の前後で聴力が変化するそうです。 メニエール病と診断されたら?仕事はどうすれば良い? どのような職場環境かによって対応は異なりますが、メニエール病の発作が起こってしまったのであれば、症状の重度がどれくらいであっても仕事に影響は現れます。 ただ、発作が起こっていない状態であれば、何ら問題なく普通の生活を送ることができるので、患者本人にとっては辛い状態が続きます。 そのため、もしもメニエール病と診断されたらすぐに職場の上司に相談するようにしましょう。 そして、よほどのことがない限り退職勧告ということには至らず、別の部署を探すなど対応を考えてもらうことはできるので、職場で発作を起こして同僚に迷惑をかける前に、きちんと報告して対処方法を検討することが大切です。 スポンサーリンク メニエール病の治療方法は?食事の注意点なども メニエール病を治療する場合は、次の4つのような方法があります。 1、 薬物療法 メニエール病の薬物治療は主に、症状の緩和や予防が目的で、根本的な治療は難しいと言われています。 そして一般的には、めまいや吐き気の症状を引き起こしている要因を改善する成分を含んだ薬を使います。 それから、急性期と慢性期では異なる目的の治療を行ない、急性期では症状の軽減を目的とした薬を使用し、慢性期では原因となる内耳の異常の軽減を目的とした薬を使用することが多いようです。 2、 入院手術 薬物療法では症状が改善しない場合には、手術を行なうことも検討されますが、手術には大きく2つの方法があり、最も大きな違いは聴力を残すか残さないかという点にあるそうです。 そして、どちらも7~9割程度の人にめまいの改善が見られますが、聴力を残す場合でも、正常時より聞こえが悪くなる危険性のある手術で、その他にもいくつかの手術法がありますが、どれも何らかの後遺症が残るなどのリスクを伴う手術になるそうです。 そのため、医師と良く相談してから方法を決めるようにしましょう。 それから、この入院手術には平均で11日間の入院が必要になり、治療費の総額は3割負担で79,200円ほどかかるそうです。 3、 漢方薬 西洋医学とは異なり、東洋医学では体に余分な水分や古い血液が溜まってしまうことがメニエール病の原因とされています。 そして、西洋医学の補助薬として認められ、実際の治療に使われている漢方薬は次の通りとなります。 ・苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう) 水毒に効果があり、めまいなどの症状を緩和。 ・半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう) 水毒に効果があり、めまい、頭痛、吐き気、冷え性などに有効。 ・呉茱萸湯(ごしゅゆとう) 水毒に効果があり、吐き気や頭痛に有効。 ・五苓散(ごれいさん) 利尿効果があり、吐き気やめまい、頭痛に有効 ・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 悪血に効果があり、血流を良くし、頭痛や肩こりに有効こうした薬を基本に、個々の症状に合った漢方が処方されるので、問診で思い当たることは全て答えるようにして、体に合ったものを使用してください。 4、 栄養療法 メニエール病の症状として顕著に現れるめまいなどの発作を抑えるように必要な栄養素を摂取することで症状を軽くし、かつ予防することを目的にした治療法です。 そして、効果的とされる栄養素には色々なものがあり、食物繊維や様々なビタミン類などが挙げられますが、特に注目を浴びているのが酵素だそうです。 というのも、タンパク質からできている酵素は、ホルモンバランスを整えて自律神経の調子を整える効果や、血行を促進する働きを持つアミノ酸を豊富に含んでおり、これによってめまいの原因であるホルモンバランスの崩れや血行不良の改善を期待することができます。 また、食事は肉よりも魚中心にすると良く、魚の脂肪には血管を詰まらせてしまう血栓ができるのを防ぎ、動脈硬化の進行を抑える効果があるので、3食のうち1食は魚中心にした方が良いそうです。 もちろん、こうした栄養素をバランス良く摂取し量は控えめにして、種類を多く食べることが一番大切なので、こうした点を意識するようにしてください。 スポンサーリンク 予防法は? メニエール病の原因ははっきりしていないとお伝えしましたが、別の名前でストレス病と表現されることがあるほど、ストレスを感じやすい神経質な人、几帳面な人、真面目な人が発症しやすい病気とされています。 そのため、メニエール病にかからないように予防するには、精神的なストレスをためこまないようにすることが最も大切です。 そして、適度な運動を行ない、没頭できる趣味を持って仕事ばかりしないことなど、ストレスを解消できる方法を身につけておくと良いでしょう。 また、肉体的にかかってくる負荷もストレスとなってたまり、メニエール病の原因となると考えられているので、生活リズムを整えて、良質な睡眠をたっぷりとるようにしましょう。 このように、ぱっと見るとできそうな当たり前の生活習慣のようですが、実はこうしたポイントをしっかり押さえて、見直すことがメニエール病の予防にとって大切なのだそうです。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、メニエール病の初期症状とチェックの仕方や食事の注意点、また、何科に行くべきかといったことなどについて詳しくお伝えしました。 メニエール病の初期症状には耳鳴りや耳閉感があり、悪化すると難聴になったり聴力に支障が出ることもあるので、早期発見のため基本のチェック項目をお伝えしました。 こうしたメニエール病の原因はまだ解明されておらず、遺伝との関係性もはっきりしていませんが、耳鼻科で平衡感覚、聴力、点滴による検査を行なって診断してもらえるので、もしメニエール病と診断されたら職場に早く報告し対処してもらうとよいのでしたね。 そして、治療には薬物療法、漢方、入院手術、栄養量法などがあるので、医師と相談して症状や体質に合ったものを行なえば、早期の場合は完治も可能なのでした。

次の

【メニエール病になったら】

メニエール 病 と は

メニエール病の症状と原因 メニエール病は回転性めまいを繰り返すことが特徴で、付随する症状に耳鳴りや難聴、吐き気や嘔吐等があります。 通常、時間の経過とともにこれらの症状は治るものですが、何度も再発を繰り返すうちに耳鳴りや難聴が固定化することもあります。 メニエール病の原因は、内耳を満たす内リンパ液が過剰になる内リンパ水腫です。 内リンパ水腫が発生する原因は未だ明確にされていませんが、疲労やストレス、ムンプスウイルス等のウイルス感染等との関連性があるとされています。 メニエール病は完治する? メニエール病の症状には大きな個人差があります。 そのため、「症状が突然消えて、再発もなく完治した」というケースもあれば、再発を繰り返し、難治性のまま症状が進行するケースも考えられます。 不幸にも症状が悪化してしまった場合、回転性めまいや吐き気は治るものの、難聴や耳鳴りが悪化して後遺症が残ります。 治療においては、抗めまい薬や利尿剤、ビタミン剤や抗不安薬等を用いた薬物療法が行われるのが一般的です。 また、以前からメニエール病の発症とストレスとの関係が指摘されており、病気の根本的な改善や再発防止のためにも、まずはストレスの原因を取り除くことが推奨されます。 メニエール病のように、将来的に再発する可能性のある病気の場合、症状がなくなれば完治とは言わず「寛解(かんかい)」という表現をします。 症状が消えたからいって絶対に再発しないとは言い切れませんので、メニエール病の治療は実際には寛解を目指すことになります。 人によってはそのまま再発せず、結果的に完治したのと同じになることもあります。 メニエール病の寛解に向けた保存的療法 メニエール病の諸症状に対して対症療法を行い、めまい、耳鳴り、難聴の症状改善を行い、寛解の状態に持っていきます。 症状が気にならない程度になれば寛解と言えますが、再発の危険性があるため、長めの睡眠を取って疲労やストレスの軽減に努めます。 ジフェニドール塩酸塩(商品名:セファドール)で症状緩和に効果があれば、寛解や完治に向けて長期間にわたり服用を続けることになります。 他にステロイドや抗生物質、自律神経調整剤のグランダキシンやジアゼパムなどの抗不安剤、ビタミン剤により、メニエール病の諸症状を抑えることができます。 寛解までの治療期間 個人差がありますが、早期に治療を開始した場合、治療期間は1か月前後で寛解に至ります。 その後は経過観察になり、再発がなければ完治になります。 一般的には耳鼻科に通院しながら何度も検査を行い、メニエール病が判明した後に投薬治療を試すことになりますが、受診や発見が遅くなった場合には長期治療を行うことになる場合もあります。 軽度のめまいや耳鳴りなど、初期症状のうちは「疲れが溜まっているせいだろう」と、放置してしまいがちです。 しかし、初期症状のうちに適切な治療を行うことで完治につながる可能性は高まるため、早期に耳鼻咽喉科等を受診することが大切です。 まとめ 今回は、メニエール病の治療と再発について解説しました。 メニエール病の初期症状は、時間の経過とともに治るため放置してしまいがちです。 しかし、何度も再発を繰り返すうちに悪化し、治療期間が長引いたり、耳鳴りや難聴等の後遺症が残る可能性もあります。 そうした事態を避けるためにも、異常を感じた場合には早期に医師に相談するようにしましょう。

次の