おとな なじみ。 おとななじみ 最新刊(次は4巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

おとななじみ・最新12話のネタバレと感想|ココハナ4月号|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

おとな なじみ

おとななじみ・第11話のネタバレ 伊織が手伝ってくれたレポートをエリアマネージャーに渡した楓は褒められた。 楓は知り合いに手伝ってもらったことを打ち明ける。 そしてこのデータ分析で「昼の売り上げが落ちてるのは、新しくできた店にお客が流れているかも」と話す。 うちの店もクーポンを配ることを提案し、エリアマネージャーも納得して帰って行く。 楓は褒められたことを伊織にメールし、今夜お礼をすることに。 一方職場でハルが落ち込んでいると、おばあさんがやって来てどうしたのか聞いてくる。 「朝、楓の部屋から出てきた伊織を見た」と話すハルに、おばあさんはアドバイスをする。 「気になる子が他のオオカミに食べられるのがイヤなら、自分もオオカミになれ」 それを聞いて 衝撃を受けるハルなのだった。 夜、蝶子の店で会っている楓と伊織。 今回のレポートで、 久しぶりに仕事をした達成感を得たと話す楓。 満面の笑顔で伊織にお礼を言っていると、美桜がやって来た。 店長とやり方が合わないから自由にしたい、と愚痴をこぼす美桜。 将来、自由に自分の店を開くための貯蓄をしているそうだ。 驚く楓に 「料理上手の楓なら自分のお弁当屋さんもできる」と提案してくる美桜。 楓も少し ワクワクする。 伊織も美桜も将来をしっかり考えてて偉い、と楓は感心するのだった。 別れた後、楓は自分の部屋に帰りながら 「ハルも前の会社では慕われていたしすごい」と思う。 それに比べて 自分がハル中心で考え、将来をきちんと考えていないことに危機感を募らせる楓。 すると、隣の部屋から出てきたハルが声をかけてきた。 「俺以外、お前の部屋に男を入れるな。 伊織は特にだめ」 突然そう言われた楓は「ハルに関係ない」と言う。 ハルは「楓の部屋に男がいると嫌だから関係ある」と返し、2人は喧嘩してしまう。 楓は、ハルが以前してくれたキスや曖昧な態度に怒っていた。 そして 「ハルに振り回されず、自分の将来をきちんと考えよう」と頑張って働くことを決めるのだった。 お昼時、お弁当のクーポンを配っている楓。 常連さんに話しかけられ笑顔で対応しているのを、電柱の陰でエリアマネージャーが観察していた。 店舗の昼の売り上げも少し伸び、喜ぶ楓にエリアマネージャーが声をかけてくる。 それは 「楓を推薦したから、本社で働かないか」というお誘いだった。 商品開発部などに行けば、給料やスキルアップもできるという。 帰宅して考えているとハルが隣に帰ってきた音が。 しかし楓は伊織に電話をかけて、本社勤務の誘いを受けたことを相談する。 伊織は 「楓が将来自分の店を持つなら役に立つことが多いし、資金も貯まるから賛成」と言ってくれる。 本社が九州であることを伝えると、伊織は少し沈黙するが 「楓が自分で決めることだ」と言ってくれるのだった。 楓は、 もし自分が遠く離れたらハルはどうするのだろう、と考えていた…。

次の

おとななじみ 2話~5話~8話 ネタバレ注意 画バレ注意

おとな なじみ

Cocohana ココハナ 8月号の おとななじみ 4話の感想です おとななじみ ep. 4 中原 アヤ 先生 著 ネタバレありの感想ですので、ご注意ください! 別窓で記事がでます ・ ・ ・ ネタバレ大丈夫ですか? 伊織に「おまえ楓のこと どう思ってる?」と聞かれても、まともに答えない ハル。 まさか本当に 楓の気持ちに気づいていないのか? と、伊織は 驚きます。 「…オレはおまえを誤解してたよ ずっと気付いてないフリをしてるんだと思ってた いや よく考えれば おまえにそんな器用なマネできるわけないよな」 そこで 伊織は、単刀直入に 聞くことにしたのです。 「楓は 女だ」「ちゃんと女として見てやれ」と。 「それが できないなら 俺が楓を もらう」 そう宣言して、立ち去っていった 伊織です。 ハルの部屋が汚い!! ので、いつものように お世話を焼いて、掃除する 楓。 そんな楓を 見つめながら、ハルは「楓は女だ」という 伊織の言葉を思い出します。 すると、お風呂の掃除をしていた 楓が、間違えて水をかぶってしまい ずぶ濡れ…! 楓のことを「女」として意識し始めている様子の ハルだけど、楓は ハルの変化に気づきません。 帰れ、こっち来んな、と言ってくるハルに 怒り、無視してズンズンと ハルに近づきました。 しかし 足を滑らせてしまい、ハルを押し倒す形で ベッドへダイブ!! その時、楓は 美桜に言われたアドバイス、「女は肉食の時代だよ楓 ハルを襲え」を 実行するのです。 キスをしようとする 楓。 でも、ハルに 押し返されてしまいます。 「私とキスするのは そんなにヤなの?」「ねえ 私は ハルのなに?」 「……お… お母ちゃん……」 まさかの回答に 大激怒して、自分の部屋に帰り ふて寝する楓でした……。 真っ直ぐで カッコよくて、人一倍 優しい、ハルらしい 義理堅さだと感じます。 でも、その時に言った「楓がお姫様で 俺たちが騎士!」という言葉が影響して、 ハルの中で 楓を「女」として見ることは、いけないことだと 思うようになってしまったのかなぁ…。 「……だって お姫様に 手ー出しちゃ だめだろ なー さぶチャン」 何を考えているのか 分かりにくいところがあるハルだけど、少しずつ その心中が明かされてきましたね。

次の

おとななじみ・第11話のネタバレと感想|ココハナ3月号|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

おとな なじみ

おとななじみ・第12話のネタバレ 楓と伊織が一夜を過ごしてラブラブな朝を迎える…そんな悪夢をみて飛び起きたハル。 ハルは夢だと気づくものの、現実にもあり得るのかもしれないと焦るのだった。 一方、楓は九州にあるという本社勤務のお誘いに頭を悩ませていた。 そして、 ハルから離れるのも1つの案だと思い至っていた。 ハルはというと、職場で常連のおばあさんに相談をしていた。 そこへ伊織がやって来て、 楓の本社勤務の話を告げる。 楓から何も聞かされていなかったハルは、固まってしまう。 伊織は、 楓の部屋から朝帰りした日の本当の理由を話してハルの誤解をとく。 しかしハルはまだ楓への気持ちが自覚できていない様子。 さらに 楓の将来の夢のことも話す伊織に、ハルはムッとしてしまう。 楓の人生の選択肢に口を出さないよう念押しして去って行く伊織。 職場からの帰り道、ハルは自分には何も言ってこなかった楓に対して苛立っていた。 その時、立花が飲みに誘ってきたので、ハルはヤケクソな気持ちで飲みに行くことに。 次々とお酒を勧められながら、立花から楓のことを聞かれるハル。 ハルの頭の中には、 これまでの楓との大切な思い出がよみがえってくる。 ハルが弱った時もどんな時でもハルのことを見て行動してくれる楓。 しかし同時に伊織とも仲の良い楓に嫉妬している自分もいた。 そしてこの間楓にキスをしてしまったこと、楓が九州に行ってしまうかもしれないこと…。 気づくとハルは涙をこぼしていたのだった。 ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!! おとななじみ・第12話の感想 やっと…!やっとハルが楓への気持ちに向き合いましたね! ようやく楓の恋が動き出すのでしょうか? でも、楓はちょうど ハルから離れようと思い至ったところですし、果たしてこのタイミングは…。 楓が自分の気持ちを見つめ直すために、このまま九州に行ってしまうという話もあり得る気がします。 今まではハル一色の人生だったけど、九州で自分のやりたいことにも向き合うのかなぁと…。 または、ハルともし上手くいったとしても遠距離恋愛になるのでしょうか? 付き合ってすぐにそれは切ない気もしますが…あとはもう楓次第ですね。

次の