コスモ スクエア 釣り。 南港のコスモスクエアでタチウオ釣り!関西の人気ポイントでおすすめ!

コスモスクエア駅

コスモ スクエア 釣り

概要 [ ] コスモスクエアのローマ字表記は「 Cosmosquare」と1単語となっている( Cosmo-Squareではない)。 2005年6月30日までは OTS 運営のテクノポート線とニュートラムテクノポート線の駅だったが、翌7月1日付で鉄道事業(線路のみ大阪港トランスポートシステムが管理)は、(当時)がになり、OTSはになった。 その後、2018年4月1日に大阪市交通局が民営化されたため、それぞれと(ニュートラム)の駅として運営されている。 2004年に駅番号を導入した際に、大阪市交通局(当時)の路線以外で駅番号を採用する場合、大阪市交通局側の末端駅(導入時点ではと)を11番とし、そこから10, 09, と番号を減らす方式が採用され、当駅の駅番号は中央線がC10、ニュートラムがP09となった。 同様の例はと相互直通運転をしているにも見られる。 その後、先述のとおり当駅を含む区間の運営がOTSから大阪市交通局(当時)に移譲されたため、大阪市交通局の後継であるOsaka Metroの駅でありながら駅番号は両路線とも11番未満となっている(も同様の理由でP10である)。 歴史 [ ]• (9年):OTSテクノポート線・ニュートラムテクノポート線の開通と同時に、OTSの駅として開業。 (平成17年):に移管され、中央線・大阪市交通局南港ポートタウン線の駅となる。 (平成30年):大阪市交通局の民営化により、 Osaka Metro の駅となる。 駅構造 [ ] 両路線とも1面2線のである。 地下2階に中央線ホーム(1・2番線)、地下1階に南港ポートタウン線ホーム(3・4番線)がある。 かつては南港ポートタウン線ホームにのりかえ改札口が設置(一部の駅の運賃が2種類あったため必要だった)されていたが、大阪市交通局への統合に伴い撤去された。 当駅は、に所属し、を配置する。 また、当駅および、を管轄する。 のりば [ ] 番線 路線 行先 中央線ホーム 1 中央線 ・・方面 2 降車専用ホーム 南港ポートタウン線ホーム 3・4 南港ポートタウン線 方面 ではごとにホーム番号がつけられるのが通例だが、この駅は元々別会社の駅であったために例外となっている(この駅以外での例外事例としてはがあるが、これは別の理由による。 当該項目を参照)。 中央線の列車折り返しは方式となっている。 駅直前がカーブしているためである。 到着した上り列車は2番線に入線して乗客を降ろした後、その先にある2本の引き上げ線に入り、折り返して1番線に入線する。 そのため2番線ホームの駅名標には次駅が表示されず、「降車専用」とのみ書かれている。 の会場がであることから、当駅からまでの延伸が予定されている(当初は大阪市が誘致していた、のアクセス手段として使われる計画であった)。 工事自体は既に行われており、(道路・鉄道併用)は2009年8月1日に開通した。 の運用がある。 OTS時代の路線図(2005年7月、大阪市交通局移管後) 利用状況 [ ] 2019年11月12日の1日は 26,650人(乗車人員:13,565人、降車人員:13,085人)である。 住之江区内の鉄道駅では、に次いで第2位。 年度別利用状況(大阪府統計年鑑より) 年度 調査日 乗車人員 降車人員 乗降人員 1997年 - 8,899 - 1998年 - 10,555 - 1999年 - 12,255 - 2000年 - 11,982 - 2001年 - 13,366 - 2002年 - 12,400 - 2003年 - 12,505 - 2004年 - 11,877 - 2007年 11月13日 9,099 7,705 16,804 2008年 11月11日 9,946 8,933 18,879 2009年 11月10日 9,092 9,187 18,279 2010年 11月 09日 10,387 9,562 19,949 2011年 11月 08日 9,697 9,147 18,844 2012年 11月13日 10,277 10,354 20,631 2013年 11月19日 10,563 10,242 20,805 2014年 11月11日 11,188 10,516 21,704 2015年 11月17日 9,812 10,481 20,293 2016年 11月 08日 10,127 10,469 20,596 2017年 11月14日 11,749 10,827 22,576 2018年 11月13日 12,240 11,461 23,701 2019年 11月12日 13,565 13,085 26,650 駅周辺 [ ]• コスモスクエア海浜緑地(シーサイドコスモ)• 咲洲キャナル• (インテックス大阪)• 大阪府本部• シーサイドレジデンス コスモスクエア駅前• フーディーズ咲洲店• (行きのパンスターフェリー、サンスターラインと行きのと蘇州號の発着地)• (旧:WTC, コスモタワー) バス [ ] (2号出口)• 1番のりば• 発着なし• 2番のりば• 3系統「コスモドリームライン」 ロッジ舞洲前 行 サンスターライン ・2番のりば ・(行きのパンスターフェリーの発着地) ・4番のりば ・(行きのと蘇州號の発着地) (3号出口)・北港観光バス• 3番のりば• 1系統「サークルバス」 国際交流センター前 行• 4番のりば• コスモスクエア南・南港中央公園経由 前 行 その他 [ ]• 第1回に選定されている。 かつて中央線のホーム壁面にはガラス張りの水槽が設けられ、ミニ水族館が設置されていた(管理はの職員が出張して行っていた)が、維持費の理由などから撤去された。 中央線ホームの乗車位置案内には、大阪市交通局移管後も「 Technoport Line」の表記が残っていたが、後に撤去された。 この駅では、大阪市営地下鉄で標準的であったとは違った、波の音の効果音などが入った、独特の接近メロディを使用していたが、の中央線の放送更新で標準的な接近メロディーに替わった。 当駅の大阪市営地下鉄移管により、大阪市交通局管内の表記がすべてカタカナの駅は(南港ポートタウン線)に次いで2駅目となった。 南港北地区を表す「コスモスクエア」の名称は、市民からの公募により決定。 「テクノポート大阪」構想が計画された段階では、駅周辺の人工運河沿いに商業施設やオフィスが並ぶ予定だった。 現在は主にマンションや大学に変更され、一部が完成、他の施設も工事中である。 2000年に当駅 - 新桜島駅(仮称)間を結ぶが事業化されたものの、採算性の問題で2009年に事業が休止された。 後ににおいてIRの誘致・国際博覧会の開催が行われることになったため、当駅 - 間のみ事業再開されることになった。 南港・港区連絡線の計画段階では、当駅の仮称は「海浜緑地」で、隣のトレードセンター前駅の仮称が「コスモスクエア」だった。 隣の駅 [ ] 大阪市高速電気軌道 Osaka Metro 中央線 コスモスクエア駅 C10 - C11 南港ポートタウン線(ニュートラム) コスモスクエア駅 P09 - P10• 内は駅番号を示す。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

電車で行ける大阪湾タチウオ釣り「コスモスクエア駅」。時合情報も。

コスモ スクエア 釣り

大阪南港 シーサイドコスモの釣り場情報• シーサイドコスモの位置 釣り場の情報・風景 シーサイドコスモの入口 入口を入って右側回りに行くとすぐ釣り場です。 釣り場の近くには遊具もあります。 釣り開放区域で釣りをして下さい。 一部が釣り開放になっています。 釣り場の風景 少し歩けばトイレもあります。 駅から近く、電車で行くにも最適 最寄り駅のコスモ・スクエア駅 コスモスクエア駅からの行き方 駅を出て、右に行き階段を下ります 階段を下りて、回り込んで少し歩きます。 釣り場データ 駐車場 有り(有料の民間駐車場を利用 駐車料金上限は400円が多い) トイレ 有り 柵 有り 車の横付け 不可 足場の状況 安定している。 主に釣れる魚 アジ、イワシ、サバ、タチウオ、タコ 釣れる魚 チヌ、ハネ、アコウ オススメの釣り サビキ釣り、タコ釣り、タチウオ釣り 南港での釣りのオススメポイントです。 ファミリーフィッシングを初め、色々な釣りができます。 オススメは、家族でのサビキ釣り、タチウオ釣り、タコ釣りです。 タコは大型が上がった実績もあります。 アコウも狙えます。 子供と行って、お子さんが釣りが飽きても芝生で遊んだり、遊具でも遊べます。 電車(地下鉄・ニュートラム)でのアクセスが良いので、電車で行かれる方にもオススメです。 kanenori1970.

次の

大阪南港「コスモスクエア」でタチウオ釣り

コスモ スクエア 釣り

各地の釣具店スタッフが現場の生情報をお届けする「関西波止釣り場REPORT」。 スタッフさんが「今行くならココ」なポイントを紹介してくれますよ。 皆さんレッツゴー!! デイゲームで意外とイージーにシーバス 大阪南港のシーサイドコスモは、コスモスクエア海浜緑地の遊歩道にある「釣り解放区」です。 コスモスクエア駅からアクセスもよく、近くにトイレやコインパーキング(最大400円)もあり、人気のポイントです。 潮通しがよく、例年4月初旬からカタクチイワシが回遊し、それを捕食するシーバス(スズキ)は高活性になって、ルアーでも簡単に釣れるようになります。 カタクチイワシが回遊してきた南港周辺ではシーバスが絶好調です。 9~10フィートのシーバスロッドで、朝イチは鉄板バイブレーションやブレードなどを沖の潮目に投げて表層付近を狙います。 表層に反応がない時やベイトがいない時は、ルアーを沈ませてベイトにルアーが当たる所を探していきます。 時合が終わった後はルアーを着底させ、底付近にいるシーバスにアプローチします。 アタリがない場合は壁際にワームなどを投げて、際のえぐれている所やスリットなどを攻めます。 今年は例年よりカタクチイワシが多いので、デイゲームのシーバスは意外と簡単に釣れます。 また、ハマチやツバス、サゴシなどの青物の回遊も期待できますよ~。 (情報提供:伊勢吉).

次の