牧場 物語 ふたご の 村 プラス 攻略。 レシピ 牧場物語ふたごの村

序盤簡易攻略

牧場 物語 ふたご の 村 プラス 攻略

愛情度と花の色 今作では、結婚候補のセリフ欄に現れる花の色と数で現在の愛情度が判るようになっている。 恋愛イベントが起きるのは、 紫(小花2つ)、 青(小花3つ)、 緑(小花4つ)、 橙(小花5つ)の時点でそれぞれ1回ずつ。 時間などの条件を満たした上で、相手を指定の場所にデートに誘うと起きる。 花の数や色の条件は「それ以上」であればいいので、紫でのイベントを起こす前に青や緑などになっていても問題ない。 イベントは順に発生していくので、前のイベントを発生させてからでないと、色が変化してもイベントは起こらない。 花の色と愛情度 白(小花1つ):0~10000 紫(小花2つ):10001~20000 青(小花3つ):20001~30000 緑(小花4つ):30001~40000 橙(小花5つ):40001~50000 桃(小花5つ+大蕾):50001~60000 赤(小花5つ+大花):60001~ デート 花が白色or1つの状態であっても、結婚候補の愛情度が5000以上あれば 特定の時間帯に話しかけると散歩に誘われるようになる。 さらに条件を満たした状態で特定の場所を選択すると恋愛イベントが発生する。 選択できる場所は3つ出現し、選択した場所によって喜んでくれたり、不機嫌になったり、普通に会話が終了したりする。 デートを1回断るとその日はデート出来なくなる。 対象の住んでいる村が行事の日は誘われない(花の日・感謝祭など通常行動をする日は例外)。 台風・大雪の日もデートは出来ない。 結婚後は、デートの場所に「自宅」が追加され、会話内容が通常のデート先とは異なるものになる。 妊娠中は特殊台詞になるせいか、自宅内で話しかけてもデートに誘ってもらえないが 外出中に話しかければ通常通りに誘ってもらえる。 また、自宅内でもプレゼントをした場合、続けてデートにさそわれる。 嫉妬すると挨拶のあと専用会話が発生し、謝ると普段通りに戻る。 逆に誤魔化すと通常の会話やプレゼント、デートをする事が出来なくなり、翌日以降も謝るまで専用会話が発生し続ける。 なお、結婚後も結婚していない候補から嫉妬される事がある。 このイベントでの好感度の増減は無いか好きな物一つで上回る程度。 嫉妬する条件は以下の通り• 対象の好感度が 緑 花4つ 以上• 対象の恋愛イベントを3つ目まで見ている• 対象以外のキャラと4回以上デートする• その間、対象とは一切デートしない ディルカとアリエラには対象に当る恋愛イベントが無い為、事実上条件が二つの可能性あり。 なお、結婚後は仲が良くない候補からも何故か嫉妬される報告あり。

次の

牧場物語ふたごの村 攻略GEMANI

牧場 物語 ふたご の 村 プラス 攻略

愛情度と花の色 今作では、結婚候補のセリフ欄に現れる花の色と数で現在の愛情度が判るようになっている。 恋愛イベントが起きるのは、 紫(小花2つ)、 青(小花3つ)、 緑(小花4つ)、 橙(小花5つ)の時点でそれぞれ1回ずつ。 時間などの条件を満たした上で、相手を指定の場所にデートに誘うと起きる。 花の数や色の条件は「それ以上」であればいいので、紫でのイベントを起こす前に青や緑などになっていても問題ない。 イベントは順に発生していくので、前のイベントを発生させてからでないと、色が変化してもイベントは起こらない。 花の色と愛情度 白(小花1つ):0~10000 紫(小花2つ):10001~20000 青(小花3つ):20001~30000 緑(小花4つ):30001~40000 橙(小花5つ):40001~50000 桃(小花5つ+大蕾):50001~60000 赤(小花5つ+大花):60001~ デート 花が白色or1つの状態であっても、結婚候補の愛情度が5000以上あれば 特定の時間帯に話しかけると散歩に誘われるようになる。 さらに条件を満たした状態で特定の場所を選択すると恋愛イベントが発生する。 選択できる場所は3つ出現し、選択した場所によって喜んでくれたり、不機嫌になったり、普通に会話が終了したりする。 デートを1回断るとその日はデート出来なくなる。 対象の住んでいる村が行事の日は誘われない(花の日・感謝祭など通常行動をする日は例外)。 台風・大雪の日もデートは出来ない。 結婚後は、デートの場所に「自宅」が追加され、会話内容が通常のデート先とは異なるものになる。 妊娠中は特殊台詞になるせいか、自宅内で話しかけてもデートに誘ってもらえないが 外出中に話しかければ通常通りに誘ってもらえる。 また、自宅内でもプレゼントをした場合、続けてデートにさそわれる。 嫉妬すると挨拶のあと専用会話が発生し、謝ると普段通りに戻る。 逆に誤魔化すと通常の会話やプレゼント、デートをする事が出来なくなり、翌日以降も謝るまで専用会話が発生し続ける。 なお、結婚後も結婚していない候補から嫉妬される事がある。 このイベントでの好感度の増減は無いか好きな物一つで上回る程度。 嫉妬する条件は以下の通り• 対象の好感度が 緑 花4つ 以上• 対象の恋愛イベントを3つ目まで見ている• 対象以外のキャラと4回以上デートする• その間、対象とは一切デートしない ディルカとアリエラには対象に当る恋愛イベントが無い為、事実上条件が二つの可能性あり。 なお、結婚後は仲が良くない候補からも何故か嫉妬される報告あり。

次の

牧場物語 ふたごの村 攻略wiki

牧場 物語 ふたご の 村 プラス 攻略

もくじ• 最初の選択 !住む村はブルーベルとこのはなのどちらがおすすめ? 最初から迷うところだけど、私はこのはな村をおすすめします! べ、別にキリクがいるからってだけじゃなく、理由も説明します。 金額に直すとブルーベル村の方が太っ腹なんだけど、金銭的時間的余裕のない最初から牛や鶏いても、正直大変なんです。 まだペットも飼えないからそれまでの放牧は自分でやらなきゃだし、ラジオが手に入るまでは午後から雨が降った時にいちいち牧場に帰って小屋に入れんきゃだから手間だし。 だから最初にブルーベル村を選ぶと春から結構忙しくなる 個人的に 後、後々ブルーベル村からこのはな村に引っ越す時に、絶対家畜の数で引っかかるからそこも大変です。 このはな村では鶏2羽、牛羊アルパカ含め4頭しか飼えないから、ブルーベル村でたくさん家畜を飼っても、全部は連れていけれないんですよね。 本当もう少し、増築で家畜の飼える数を増やせると良いんだけどな~。 1年目って作物を育てる事が多いし、そうなるとお世話になるゴンべの種屋のある、このはな村住人になってた方が、種や肥料を買って作物を育てるのにはおすすめかなと思います。。 家畜のおやつは別としても、ふたごの村では牧草のタネを買って育てる必要もないですし、冬も放牧できるから、家畜にかかる費用よりも、作物にかかる費用の方が多いと判断しました。 作物を作るのに便利な畝を教えてくれるのも、このはな村の方が早いので、やはり最初はこのはな村の方が有利ではないでしょうか? ふたごの村の本来の目的は、互いの村を仲良くさせるためにトンネル開通させることですが、トンネル開通(エンディング)がいつになろうとゲームの進行に問題はありません ちなみに料理大会の勝敗と村の仲良し度は 出場して優勝 +800 出場して負ける +400 観戦して優勝 +200 観戦して負ける +100 という関係になってます。 第一回目のトンネル工事は、村の仲良し度が3000を超えると発生しますので、極力料理大会は負けか観戦狙いの方が良いでしょう。 料理大会は負けか観戦の方がメリットが大きい! 料理大会で負けるか観戦の場合、村の仲良し度の上がり方が少ないので、トンネル工事を延長させることが可能です。 その他にも、参加賞としてその季節ごとの種を貰うメリットがあります。 春 1年目最初の料理大会ではたまねぎ、それ以外はキャベツの種かキュウリの種 夏 トマトの種かたまねぎの種 秋 さつまいもの種かほうれん草の種 冬 白菜の種 なにがメリットかというと、負けた時に貰える種は、 通常ゴンべの種屋で2年目以降に売り出される種です。 しかし、料理大会の参加賞で例えばトマトの種を貰えば 、1年目でもゴンべの種屋にトマトの種が並ぶので、早く種をGET出来るのです! ただ観戦するを選ぶと、料理大会終了後に• 料理大会はなぜ出なかったのかと村人にヤジられても平気なメンタルなら迷わず観戦• ヤジられ回避の場合は負け狙いで出て村の仲良し度をゆっくり上げていく。 増築最短を目指すには1年目の冬の月に鉱山石を7個死守! 鉱山石はアイリンのベットを作るおつかい 増築 に必須アイテムの石で、冬の月によく出現します。 ……ただ20日より前にナナのランダムおつかいが出ちゃって達成できないと限定おつかいが出ないから確実じゃないんだよな~。 ルールじゃなくガイドライン なわけです。 ただ、こんな風にふたごの村での牧場生活を送りたい場合は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。 序盤はこのはな村に住む• 料理大会は観戦か負け狙いでトンネル工事を最大限回避• 1年目の冬の月に鉱山石7個死守• ナナのおつかいは焦らない また、増築最短ルートについても、あくまで計算上のルートになります。 料理大会に出場して負け狙いならば、失敗作を出せばいいので、村の仲良し度の計算も立てやすいです。 でも、観戦状態の時は勝ち負けはグルメマンのみぞ知りますので、実際の勝敗ごとの仲良し度の上がり方を計算した方が良いかもしれません。 なお、この増築最短ルートが達成できた場合は、ぜひご一報ください 笑 ふたごの村+については「」でも書いていますので、よかったらどうぞ!.

次の