いつもあそぶ本体 解除 できない。 「いつもあそぶ本体」じゃないSwitchはオフラインでダウンロードソフトをプレイ出来ないの?│SWITCH速報

2台のNintendo Switch本体と1本のダウンロードソフトでオンライン対戦・協力プレイする方法

いつもあそぶ本体 解除 できない

目次 閉じる 開く• 2台目本体の購入後にやること まずは、家族で1台のSwitch本体を使っていたけれど、自分専用のSwitch本体を新たに購入した場合などに必要な設定や注意点などをご紹介。 ただし、複数の本体でダウンロードソフトを同時に遊ぶことはできないので、注意が必要だ。 続いて、ニンテンドーアカウントの連携の手順について。 もし、セーブデータを使用しない場合は、これで完了となる。 ここでは、ひとつの本体をAとBのふたりのユーザーで使用していて、Aが新しい本体を購入したという状況を例に解説していく。 もともと使用していた本体• Aが購入したダウンロードソフトをAとBの両方がいつでもプレイ可能• Bが購入したダウンロードソフトをAとBの両方がいつでもプレイ可能• 新しい本体• もともと使用していた本体• AはAが購入したダウンロードソフトを インターネット接続時のみプレイ可能• AはBが購入したダウンロードソフトをいつでもプレイ可能• BはBが購入したダウンロードソフトをいつでもプレイ可能• BはAが購入したダウンロードソフトをプレイできない(過去に購入していたものも含めて)• 新しい本体• (3)購入済みダウンロードソフトを再ダウンロードする ニンテンドーアカウントで購入したダウンロードソフトを、新しい本体のニンテンドーeショップで再ダウンロードする。 購入済みダウンロードソフトや追加コンテンツの再ダウンロード方法は。 基本的な作業はこれで終了。 もともと使用していた本体のセーブデータで遊ぶ場合は、セーブデータの引っ越しを行おう。 ただし、セーブデータがユーザーごとに保存されない(ソフト起動時にユーザーを選択しない)ソフトは、セーブデータを引っ越しすることができない(例:『』など)ので注意。 また、セーブデータの引っ越しを行うには、以下の条件を満たす必要があるので、忘れずに確認しておこう。 セーブデータを引っ越しさせたいユーザーに、同じニンテンドーアカウントが連携されていること• 本体のシステムバージョンが最新であること• なお、セーブデータはプレイした本体に保存されるため、複数の本体を使用してつねに最新のセーブデータで遊びたい場合は、前回プレイした本体から毎回セーブデータの引っ越しを行わなければならないことを忘れずに。 そのほか、スマートフォンアプリ『 Nintendo みまもり Switch』でみまもる本体を追加する場合は、。 新しい本体だけを使用する(ほかのユーザーがもとの本体を使用する)場合 続いて、新しい本体だけを使用する(ほかのユーザーがもとの本体を使用する)場合の手順をご紹介。 新しい本体だけを使用する場合は、もともと使用していた本体の自分のユーザーやセーブデータを新しい本体に引っ越し(移動)させた後、これまで使っていたニンテンドーアカウントで購入したダウンロードソフトを再ダウンロードすればオーケー。 (1)ユーザーとセーブデータを引っ越しする 引っ越し方法は、新しい本体(引っ越し先の本体)の初回設定が終わっているかどうかで異なり、 、 のページをチェック。 パッケージ版ソフトのみ遊ぶ人は、これで移行作業は完了。 (2)購入済みダウンロードソフトを再ダウンロードする ニンテンドーアカウントで購入したダウンロードソフトを、新しい本体のニンテンドーeショップで再ダウンロードする。 購入済みダウンロードソフトや追加コンテンツの再ダウンロード方法は。 なお、ソフトを購入したユーザーが引っ越しすると、HOMEメニューにソフトアイコンが残っていても、引っ越し前の本体では、そのソフトをほかのユーザーが遊ぶことはできない(追加コンテンツも同様)。 以下にAとBのふたりが使っていた本体から、Aが新しい本体に引っ越しを行った後のソフトがどうなるのかを記載しているので、参考にしてほしい。 もともと使用していた本体(Aが新しい本体に引っ越しをしたので、こちらにはBのアカウントだけが残っている)• BはBが購入したダウンロードソフトをいつでも遊べる• BはAが購入したダウンロードソフトは遊べない(過去に購入していたものも含めて)• 新しい本体(新しい本体にデータを引っ越したのはAのみなので、こちらにはAのアカウントだけが登録されている)• AはAが購入したダウンロードソフトをいつでも遊べる• AはBが購入したダウンロードソフトを遊べない(過去に購入していたものも含めて) 以上が2台目のSwitch本体を購入したときのデータやアカウントの移行の手順となっている。

次の

「いつもあそぶ本体」じゃないSwitchはオフラインでダウンロードソフトをプレイ出来ないの?│SWITCH速報

いつもあそぶ本体 解除 できない

携帯ゲーム専用ながら、オリジナルの「Nintendo Switch」(スイッチ)よりも10,000円ほど安い「Nintendo Switch Lite」(スイッチライト)。 すでにスイッチを持っているものの、自分の携帯用、もしくは自分以外の家族用に2台目として購入する、という人も多いでしょう。 しかし、自分や家族など複数のアカウントでスイッチライトを2台目として使う場合、「いつもあそぶ本体」という設定が必要になります。 この設定次第では、マイニンテンドーストアからダウンロード購入したゲームの使用に制限がかかってしまうことがあります。 スイッチライトを2台目として使う場合は「いつもあそぶ本体」の設定に注意が必要 ゲームをパッケージでしか買わないという人は「いつもあそぶ本体」の設定については特に気にしなくても問題ありません。 しかし、ダウンロード専売ソフトも増えており、最近では発売日当時にいち早く遊ぶためダウンロード購入しかしないという人も多いでしょう。 そういった人たちのために、本記事はスイッチライトを自分用や家族用の2台目として利用する際の注意点を解説します。 自分用の2台目としてスイッチライトを使用する場合 もともと持っているスイッチを自宅用に、スイッチライトを外出時の携帯用にし、ひとりで2台を運用する人もいるでしょう。 その場合は、ひとつのニンテンドーアカウントをスイッチとスイッチライトの両方に登録することになります。 この際に、スイッチを「いつもあそぶ本体」に設定すると、スイッチでは購入したダウンロードソフトをいつでも遊ぶことができますが、スイッチライトではインターネットに接続しているときしか購入したダウンロードソフトを遊べません。 つまり、スイッチライトを外に持ち出してダウンロードソフトを遊ぶ場合は、インターネット環境が必要になるわけです。 インターネットに接続されていない「いつもあそぶ本体」でダウンロードソフトを遊ぼうとすると、ゲームは起動しません そのため、この運用を考えている人は、携帯用のスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定することで、インターネット環境がある自宅ではスイッチで、外出先では「いつも遊ぶ本体」のスイッチライトでダウンロードソフトを制限なく遊ぶことができるようになります。 ただし、インターネットに接続していようとも、スイッチとスイッチライトで同時に、同じダウンロードソフトを起動することはできません。 「いつも遊ぶ本体」の設定を間違えると、スイッチライトではダウンロードソフトをインターネット環境のない場所で遊べなくなるので、注意してください。 スイッチライトを家族や子ども用の2台目として使用する場合 次は、自分がスイッチを、奥さんや子どもなど家族がスイッチライトを使う場合の注意点を解説します。 こういった人の場合は、おそらく家族全員が、もともと持っているスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定しているはずです。 少しややこしいので、お父さんと子どもを例にして説明します。 この場合、「いつもあそぶ設定」は以下の4パターンになります。 お父さんと子どもの両方がスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 2. お父さんと子どもの両方がスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 3. お父さんがスイッチを「いつもあそぶ本体」、子どもがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 4. お父さんがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に、子どもがスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 1および2の場合は、それぞれの本体で遊べるダウンロードソフトは以下のようになります。 お父さんと子どもの両方がスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 2. お父さんと子どもの両方がスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 この場合、子どもは「いつもあそぶ本体」に設定していない本体で、お父さんが購入したダウンロードソフトを遊べません。 もし、お父さんがすべてのダウンロードソフトを購入していると、子どもは「いつもあそぶ本体」に設定していない本体で遊べるソフトがひとつもない、なんてことも起こりえます。 おそらく、お父さんが子どものソフトも購入するケースが1番多いのではないでしょうか。 そのため、お父さんと子どもの両方が、子どもがメインで遊ぶ本体を「いつもあそぶ本体」に設定するのがベターです。 この設定であれば、子どもは誰のアカウントで購入したか関係なくダウンロードソフトを遊べます。 スイッチライトを子ども用にするならば、スイッチライトをお父さんと子どもの「いつもあそぶ本体」に設定しましょう。 3および4の場合は、それぞれの本体で遊べるダウンロードソフトは以下のようになります。 こちらは、さらに複雑になっています。 お父さんがスイッチを「いつもあそぶ本体」、子どもがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 4. お父さんがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に、子どもがスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 ここでも、1番多いと思われる、お父さんが子どものソフトもすべて購入するパターンで考えてみます。 3の場合だと、子どもは「いつもあそぶ本体」のスイッチライトでお父さんが購入したソフトを遊べません。 なので、3は回避するべきです。 4の場合だと、子どもはスイッチライトでお父さんが購入したダウンロードソフトは遊べます。 とはいえ、子どもが今後自分のアカウントでダウンロードソフトを購入しても、スイッチライトで購入したダウンロードソフトを遊ぶにはネット接続が必須となります。 つまり、外で使うことが多いスイッチライトなのに、外出先ではソフトを遊べないこともあるというわけです。 そもそも、子どもがスイッチライトを利用するのに、「いつもあそぶ本体」はスイッチに設定するというのは、何か気持ち悪い気がしてしまいます。 この4パターンから考えると、お父さんがスイッチを、子どもがスイッチライトをメインに使う場合、「2. お父さんと子どもの両方がスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定」が最も制限が少なく遊べるでしょう。 「いつもあそぶ本体」によるアカウント管理はかなり複雑です。 正直なところ、筆者も解説記事を書きながら混乱してしまいました。 せめて、家族間だけでも「いつもあそぶ本体」設定によるダウンロードソフトの使用制限をゆるくできないものかとも思います。

次の

SIMロック解除は必須なの?解除する方法やメリット・デメリットを紹介!|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

いつもあそぶ本体 解除 できない

コンテンツ• 購入済みダウンロードソフトを別のSwitch本体で遊ぶ方法 「ダウンロードできる本体」から「いつもあそぶ本体」へ変更 これまでの「ダウンロードできる本体」という設定項目は、バージョン6. 0への更新で「いつもあそぶ本体」に変更されました。 これはただ名称が変わっただけでなく、2台目以降のスイッチ本体でも一部条件付きで、購入済ダウンロードソフトを遊べるようになった、結構大きな仕様の変更。 「ダウンロードソフトや追加コンテンツの購入に利用したニンテンドーアカウント」を複数本体のユーザーと連携している場合、一定の条件の下で、「いつもあそぶ本体」以外の本体でも遊ぶことができます。 詳しい情報は任天堂サポートページにされています。 「いつもあそぶ本体」ではない別の本体で遊ぶまでの手順 仮に『 デラックス』を別の本体で遊ぶ場合の設定手順は次の通りです。 本体(A)のユーザーが、ニンテンドーアカウント(a)と連携し、さらにニンテンドーアカウント(a)で『マリオカート8 デラックス』を購入している場合。 【本体(B)側の操作】本体(B)のユーザーとも、本体(A)と同じニンテンドーアカウント(a)と連携します。 【本体(B)側の操作】手順1でニンテンドーアカウント(a)と連携したユーザーでニンテンドーeショップを起動し、「アカウント情報」から『マリオカート8 デラックス』を再ダウンロードします。 ここまでで遊ぶ準備は完了します。 購入済ダウンロードソフトを遊べる条件 遊ぶ本体が「いつもあそぶ本体」に登録されているかどうかによって、購入したダウンロードソフトや追加コンテンツが遊べるタイミング、ユーザーが異なります。 「いつもあそぶ本体」に設定してある本体 「いつもあそぶ本体」(A)に設定してあるスイッチ本体では、これまで通りいつでもソフトを開始することができます。 遊べるユーザーは、本体に登録されているすべてのユーザー。 ユーザーとニンテンドーアカウントの連携解除ができなくなった以外は何も変わりません。 「いつもあそぶ本体」ではない本体 「いつもあそぶ本体」に設定されていない別の本体(B)で、ダウンロードしたソフトを遊びたい場合は、一定の条件付きで遊ぶことができます。 本体(B)のユーザーがニンテンドーアカウント(a)と連携を行ってダウンロードしたソフトは「インターネットに接続している間のみ」遊ぶことができます。 またソフトを遊べるユーザーも、ニンテンドーアカウント(a)の連携を行ったユーザーのみとなります。 「いつもあそぶ本体」ではない本体で遊ぶ際の注意点 「いつもあそぶ本体」ではない本体で遊ぶときは、常時インターネット接続が必要 「いつもあそぶ本体」ではない本体で遊ぶとき、その本体がインターネットに接続されていないと、ダウンロードソフトを起動できません。 起動時だけインターネットに接続されていればいいんでしょうと、起動時のみインターネットに接続して、その後インターネット接続がない環境でプレイし続けていると、一定時間経過後にゲームソフトが中断されます(再度インターネットに接続してプレイを再開すると、中断したところから遊べます)。 同時に遊べるのは1台だけ Nintendo Switch はバージョン6. 0で、「いつもあそぶ本体」ではない本体でもダウンロードソフトを遊べるようになりました。 ただし、同時に遊べる台数が1台までというのはこれまで通り変わっておらず、1つのニンテンドーアカウントから購入したダウンロードソフトを複数本体で同時に遊ぶことはできません。 複数の本体で同時にソフトを起動するとどうなるのかというと、後から遊ぼうとした本体でのプレイが優先されます。 そして最優先されるのは「いつもあそぶ本体」に設定されているメインのスイッチ本体です。 ダウンロードソフトを起動できるのは、「ダウンロードソフトや追加コンテンツの購入に利用したニンテンドーアカウントが連携しているユーザー」のみ 「いつもあそぶ本体」に設定してある本体は、購入ソフトを本体に登録してあるすべてのユーザーで共有し遊ぶことができます。 これまで通りの仕様です。 「いつもあそぶ本体」でない本体の場合、ダウンロードソフトや追加コンテンツを利用できるユーザーは、その「ダウンロードソフトや追加コンテンツの購入に利用したニンテンドーアカウントが連携されているユーザー」のみとなります。 他のユーザーは遊ぶことはできません。 同一のニンテンドーアカウントで購入したデジタルコンテンツを複数のNintendo Switch本体にダウンロードできるようになったとはいえ、1つのニンテンドーアカウントを利用するのは原則1人(1ユーザー)という考え方は変わらず。 同時起動台数は1台に限られます。 まとめ Nintendo Switch「ダウンロードできる本体」が「いつもあそぶ本体」へと変更され、条件付きですけれど、ニンテンドーアカウントを連携しておけば別の本体でも購入済ダウンロードソフトを遊べるようになりました。 同時に利用できるのは1台までという点は変わりません。 別本体で、購入済みDLソフトを遊ぶ際の利用条件 ざっくり• もともと使用していた本体のユーザーに連携したニンテンドーアカウントを、新しい本体のユーザーに連携させる• そのアカウントで購入したダウンロードソフトや追加コンテンツを、複数の本体で遊ぶことができる。 同時に遊べるのは1台(最優先は「いつもあそぶ本体」に設定してある本体)• 「いつもあそぶ本体」でない本体で遊ぶときはインターネット接続が必要(ソフト起動時も起動後も)• 別の本体でソフトを起動できるのは、ニンテンドーアカウントを連携しているユーザーのみ.

次の