乳首痛 排卵日。 妊娠できた9周期目のまとめ(排卵検査薬・妊娠検査薬・妊娠超初期症状など)

排卵日は乳首が敏感になる?

乳首痛 排卵日

排卵間近のサインとして、乳首痛がある方いっらしゃいますか? いつもお世話になっております。 1歳男の子のママです。 妊娠&出産を機に、それまでほとんど感じなかった排卵痛を感じるようになりました。 症状は下腹部の膨張感やチクチクした痛み、乳首痛です。 下腹部の症状は高温相に入るくらいに治まるのですが、乳首痛は高温期2~3日目、長くて4日目くらいまで続きます。 2日以上続けば高温相に入ったものと安心し、その後仲良しをする事はないのですが、 乳首痛がなくなるまで気を抜かない方が良いのでしょうか? 出来れば年子もしくは2歳差で2人目を切望しているので、もうそろそろ本格的に子作りをと考えています。 排卵のサインとして乳首痛がある方は、どうですか? 個人差があるのは重々承知しているのですが、 何でも構わないのでアドバイスや経験談などお聞かせ頂ければと思います。 宜しくお願い致します。 投稿日時 - 2008-05-30 08:57:36 こんにちは。 私は昔から排卵期に乳首痛がありますよ。 ただそれは=「排卵のサイン」ということでなく、卵胞ホルモンに分泌が高まっている時期に乳腺・乳首が刺激されるから痛いのです。 生理周期の中で最も卵胞ホルモンの分泌が高まるのが、排卵前々日-前日です。 大きく成長した卵胞からたくさんの卵胞ホルモンが分泌されます。 卵胞ホルモンは子宮頚管の受容体にも働き頚管粘液の分泌も多くなります。 これも排卵前々日-前日ですね。 で、排卵日にはガクッと卵胞ホルモン分泌が低下して、場合によってはそれが原因で少量の出血を見ます(排卵出血・中間期出血)。 頚管粘液は排卵が終わると黄体ホルモンの影響下になりますので、白くてペタペタした伸びない性状のものに変化しますが、乳首痛(乳腺痛)は経験上では排卵後も数日続いたことがあります。 そしてまた排卵1週間後くらいから卵胞ホルモン分泌の第二ピークがあり、生理前の胸の張りとして自覚されることになります。 私はこの排卵1週間後-生理前にも乳首痛を感じます。 色々と教えて頂いて本当に勉強になります。 仰られるように推定排卵日2~3日前から乳首痛は感じます。 高温期に入って何日かして収まりますが、生理前の症状としてはある時とない時があります。 息子が授かった時妊娠のサインとして唯一あったのが乳首痛なので、生理前に乳首痛があるとドキッとします。 その症状が、妊娠を証明するものでない事は解っているのですが・・・。 ただ今周期、その乳首痛が2日前からまた始まりました。 6~36. ) また懲りずに淡い期待を抱いております。 明日生理予定日ですので、明日の基礎体温の結果を待ちたいと思います。 お礼が遅くなってしまって、スミマセンでした。 ご回答ありがとうございました。 投稿日時 - 2008-06-10 10:43:00 排卵の直前には卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が増えます。 このホルモンが増えると、胸が張ったり、乳首が痛んだりするので、そのせいかもしれないですね。 卵胞ホルモンを補う薬であるプレマリンにも、副作用として、乳房の張り・乳首痛と書いてあります。 私も乳首が痛む時期があります。 でもそれは毎回排卵の後でした。 病院で卵胞チェックを受けていたので、排卵前か後かは明確に分かります。 排卵が終わったかどうかの確認をしてもらうのですが、基礎体温の上昇に加えて、乳首が痛むことが多かったので、エコーを受ける前から「排卵した」ということは自分でも何となく分かっていました。 おりものの様子も変わりますからね。 排卵直前には、トイレの時にビヨ~ンと鼻水のように(汚くてスミマセン)ぶら下がるおりものを何度も目撃しています 笑 排卵が終わると、白くてベタッとしたものに変わるので、私は比較的自分でも分かりやすかったです。 胸の張りには、黄体ホルモンも関わっていますので、質問者さんの乳首痛がどちらのホルモンによるいたずらなのかが分からないと、「乳首痛=排卵直前」とは言い切れないと思います。 胸の張りの一環として、乳首痛を感じる場合もあるからです。 乳首痛が、高温期2~3日目から始まるところから、おそらくは排卵後の症状ではないかな?という気がするのですが、そればかりは病院で診てもらわないと分からないんですよね。。。 私がお世話になっていた先生(現在妊娠中のため、その病院にはもう通っていません)は不妊の専門医だったのですが、「高温期に入る前日に排卵するタイプが一番多くて、高温期に入った日(高温期1日目)に排卵するタイプが次に多い」と言っていました。 両方合わせると、半分を超える女性が【境目】に排卵しているそうです。 質問者さんがこのタイプに含まれるとすれば、高温期2~3日目というのはすでに排卵が終わった後です。 ご主人の体力がキツイ、ということでなければ、夫婦生活は何度あっても良いと思いますが、それが難しいのでしたら、私なら高温期1日目だけトライして、あとはやめておきます。 (私の場合は排卵日が正確に分かっていたということもありますが・・・)私の夫は淡白なうえに、残業で体力を使い果たしてしまい、タイミングを取る時だけはなるべく早く帰る・・・という生活でしたので、そうなってしまいましたが、子作りだけの夫婦生活って正直辛いこともありますよね。。。 記載の仕方が悪かったようでスミマセン・・・。 乳首痛は推定排卵日2~3日前には始まります。 今周期は何だかずっと乳首痛があるように感じています。 高温相に入ってから収まるまで随分とかかりましたし、2日前からまた始まりました。 ない時はないのですが・・・。 基礎体温も通常より高く出ているので(気温のせいもあるかと思いますが・・・。 ) また懲りずに淡い期待を抱いております。 明日生理予定日です。 明日の基礎体温がドキドキですが、結果を受け止めたいと思います。 お礼が遅くなってしまって、スミマセンでした。 ご回答ありがとうございました。 投稿日時 - 2008-06-10 10:50:30.

次の

排卵日付近で妊娠確率が高いタイミングはいつ?仲良しの回数は?夫と時間があわないときの解決法

乳首痛 排卵日

妊娠の成立は、卵子と精子が融合する受精で終わりではありません。 受精卵が胚に成長し、その胚が子宮内膜に着床することではじめて、妊娠が成立するのです。 卵管膨大部で卵子と精子が出会って受精卵になると、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら、着床に適した胚盤胞へと成長します。 このあいだに受精卵は子宮へと運ばれ、4~6日目に子宮に到着するのです。 受精卵が変化を遂げるあいだ、子宮では女性ホルモンのプロゲステロンのはたらきで、子宮内膜が着床に適した状態へと成熟します。 そして、受精卵が胚盤胞になるころに、成熟した子宮内膜から伸びる絨毛が胚をからめとり、着床を開始します。 子宮内膜に接着した胚は、表面から奥に向けて深く潜り込みます。 完全に表面が覆われる状態となるには、約5日かかります。 こうして着床が完了した時点で、妊娠は成立します。 排卵から着床が完了し、妊娠が成立するまでは約12日間が必要です。 妊娠週数でいうと、排卵日は妊娠2週にあたり、着床が完了するのは妊娠3~4週となります。 妊娠の成立には、卵子、精子、受精卵、子宮内膜といったさまざまな要素が複雑に関係しています。 卵子や精子の質が低下していたり、受精や着床のタイミングがずれたりすると妊娠はかないません。 どれも大切な要素で、避妊をせずに性交しても一定期間のあいだに妊娠が成立しない場合、どこかに異常がないか医療機関で検査することが大切です。 女性側の異常を探る方法として、基礎体温を計測しグラフを付ける方法があります。 正常な基礎体温は、生理開始後から排卵までが低温、排卵から次の生理までが高温と、排卵を境に二相性を示します。 基礎体温が二相性を示すのは、排卵や子宮内膜の成熟をコントロールする女性ホルモンの影響によります。 しかし、女性ホルモンの分泌に異常があれば、基礎体温グラフは二相性とならなかったり、ガタガタしたりします。 基礎体温がきれいな二相性を示さないときは、ホルモンバランスの異常、生理不順、無排卵、黄体機能不全、卵巣の病気などが隠れている可能性があります。 また、無排卵なのにグラフが二相に分かれる黄体化未破裂卵胞症候群もあります。 心配なことがあれば、一度医療機関で相談してみると良いでしょう。 排卵日が過ぎてしまうと、卵子の受精可能時間のリミットをオーバーしているかもしれません。 妊娠する可能性は低くなるといえますが、なかには約24時間よりも寿命が長い卵子もいます。 排卵日前にパートナーと仲良しできず、排卵日後にタイミングを取れるのであれば、トライしてみるのも良さそうです。 そもそも、排卵のタイミングを正確に把握するのは難しいものです。 排卵は基礎体温が低温から高温に移行するときに起こるとされていますが、排卵が起こる可能性が高いのは体温陥落日、低温相最終日、高温相開始日のいずれかとされており、断定にはいたっていません。 そのため、排卵日が過ぎても妊娠する可能性はゼロではないと覚えておきましょう。 赤ちゃんの性別は、精子が持つ染色体によって決定します。 女の子になるのはX染色体を持つ精子、男の子となるのはY染色体を持つ精子と受精したときです。 男女の性別の鍵をにぎる精子は、それぞれ別の性質を持っていると考えられています。 それによると、X染色体を持つ精子は酸性に強く、Y染色体を持つ精子はアルカリ性に強いといわれています。 腟内は細菌の侵入を防ぐため、通常は酸性の頸管粘液で守られています。 しかし、排卵日が近づくと、頸管粘液はアルカリ性に変化します。 そこで排卵日の2~3日前に仲良しをすると、酸性に強いX染色体を持つ精子が生き残り、女の子が生まれやすいと考えられています。 一方で頸管粘液がアルカリ性に変わってからは、Y染色体を持つ精子のほうが生き残りやすく、排卵日前日~翌日の仲良しは男の子が生まれやすいとされています。 また、X染色体を持つ精子のほうがY染色体を持つ精子よりも寿命が長く、排卵日2~3日前に仲良しをすると女の子、排卵日前日~翌日の仲良しは男の子が生まれやすいという考え方もあります。 ただし女の子と男の子の産み分けは、医学的に証明されているわけではありません。 産み分けにトライしても、希望する性別が生まれる確率は半々です。 どちらの性別となっても、生まれてくる命を慈しんでくださいね。 排卵日の予測に役立つ方法はいくつかあります。 多くの人が目安にしているのは、基礎体温です。 基礎体温は女性ホルモンの影響で、排卵を境に低温と高温に分かれます。 排卵の前には体温が最低を示すことから、低温期に体温が一段階下がる日があれば、その翌日頃に排卵が起こると予測できます。 排卵日前にはおりものの変化も見られます。 おりものが増え、サラサラとよく伸びる状態となると排卵が近い証拠です。 下腹部付近がチクチクしたり、ズーンとしたりする排卵痛や、排卵出血が起こることもあります。 ほかにも乳首痛、胸が張る、ささいなことにイライラするといった症状が見られます。 ただし、基礎体温は測り方によって変動しやすく、排卵痛や排卵出血などの症状が見られない人もいます。 排卵が起こる兆候をより確実にとらえるには、排卵検査薬を使うと良いでしょう。 排卵検査薬は排卵を誘発する黄体形成ホルモンを検知する検査薬です。 一般的な検査薬は、生理開始予定日の17日前から使用を開始します。 適正体重は肥満度の判定に用いられるBMI(Body Mass Index)で判断されます。 標準は数値が18. 5以上~25未満で、18. 5未満は低体重(痩せ)、25以上は肥満という判定になります。 痩せ型や肥満の人は生理不順となりやすく、無月経や卵巣機能障害が起こりやすくなるため、食生活や適度な運動で適正体重を管理していきましょう。 痩せ型や肥満の人は、妊娠してからの管理も難しくなります。 痩せ型の人は早産、流産の可能性が高くなり、肥満の人は妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病にかかりやすいものです。 出産を無事に迎えるためにも、妊娠前から適正な体重の維持に努めたいですね。 卵子や精子に寿命があることや、受精可能な時間が限られていることは、近年になってわかってきたことです。 これにより、排卵日は「卵子が飛び出す日」というだけではなく、妊娠の成立に向けてとても大切な日であることがわかってきました。 パートナーとの仲良し、排卵、受精、着床はそれぞれが綿密に関係しており、それらの質を維持するには、日々の生活を健やかに過ごすことが欠かせません。 そう考えると、妊娠の成立は女性だけの問題ではなく、夫婦ふたりの話題なのだということがわかります。 心配なこと、わからないこと、やりたいことは夫婦ふたりで話し合い、前向きな気持ちで妊活に取り組んでいけると良いですね。 お互いを思う気持ちでプレッシャーやストレスを上手にやり過ごし排卵日を迎えましょう。

次の

胸の張りは排卵前のサイン?体の変化で排卵日を知ることができます!

乳首痛 排卵日

排卵日の前になると、胸が張ったり重くなったりするなどの変化が現れることがあります。 ただ、これらの症状と排卵日を結びつけて考えることが少ないため、胸の張りを感じてもそれが排卵日前のサインであるとは思わないかもしれません。 妊活中の女性は、排卵日や月経周期を意識することが多いですよね。 特に、妊娠するために重要な排卵日を、基礎体温表や排卵検査薬を用いて毎月調べているという方は多いと思います。 ただ、妊娠の確率を上げるためには、排卵日だけではなく排卵の数日前から仲良しをすることが望ましいといえます。 排卵日には腹痛や鈍痛などの排卵痛を伴うことがありますが、排卵日を予測するためには、排卵日前に起こる胸の痛みや張りなどの変化に気付くことが重要となります。 胸にどのような変化が現れるのか、排卵がある女性なら誰でもこのような症状が起きるのか、これらの疑問を解決していきます。 【目次】 ・ ・ ・ ・ 排卵日前に起こる体の変化に気付こう 妊活を始めたら、まず意識するのが排卵日ではないでしょうか。 最も妊娠しやすいのは排卵日だと思っている方も多いようですが、実は、仲良しをするタイミングは排卵日の2~3日前が良いとされています。 妊活を成功させるためには、排卵日を特定するだけでなく、排卵日の数日前から行動することが大事というわけですね。 おおよその排卵日は、基礎体温や体の変化から導き出すことができます。 ただ、毎日体の詳細な変化を意識することは大変ですので、まずは生理周期から排卵サイクルを知ることから始めてみましょう。 排卵日は生理が始まった14日頃にやってきます。 つまり、生理周期が28日の女性は生理開始日から14日目前後が排卵日ということになります。 排卵予定日の5日くらい前から体の変化を意識してみましょう。 排卵前と生理前にどのような体調の変化が現れるのか、体の症状にどんな違いがあるのかを意識することも大切です。 症状は人によって異なるため、具体的にどんな症状が起きたら排卵前のサインというような確実な体の変化はありません。 自分の体を一番良く知ることができるのはご自身のみですので、症状の変化を意識し、メモなどに残しておくようにしましょう。 排卵日前に起こる胸の張り 排卵日前の症状の一つに、胸の張りがあります。 生理前や生理中にこの症状を感じる方は多いのですが、排卵日前に同様の症状が起こる女性も少なくありません。 しかし、生理前と比べ排卵日前の体の変化はあまり意識されることがないため、胸の張りを排卵日前の変化とは思わず「病気なのでは?」と考えてしまう方もいるようです。 排卵日の前日に症状が現れることが多いようですが、症状の内容や現れるタイミングは人それぞれですので、他の人の症状を自分に無理やり当てはめる必要はありません。 胸の張りがまったく出ない人もいますので、排卵日前の体の変化を意識しつつ、基礎体温をつけたり検査薬を併用したりして排卵日を予測するようにしましょう。 また、排卵日前の胸の痛みはあまり心配いりませんが、痛みが激しい場合を感じる場合は病気が潜んでいる可能性もありますので、医療機関を受診することをおすすめします。 また、胸の張りが強く乳首に痛みが出るような場合、妊娠の可能性もあります。 生理前、排卵日、妊娠の時などに胸の張りが起こりやすくなることを覚えておきましょう。 「胸が張るのはなぜ?」 生理前や排卵日前に胸が張るのは、黄体ホルモンという女性ホルモンの働きが原因です。 黄体ホルモンは乳房にも作用し、このホルモンが分泌している間は人によって胸の痛みや張りを感じることがあります。 具体的な症状をあげてみましょう。 ・胸が揺れたり押したりした時に痛みを感じる ・乳首に触れると痛い ・硬い、重いような感覚がある ・胸の中でチクチクするような痛みや刺激を感じる これらの他に別の症状が現れることもありますので、まずは自身の体の変化をチェックしてみましょう。 黄体ホルモンの分泌量が減ると、胸の張りも徐々に治まっていきます。 女性なら誰でも排卵前に胸が張るの? 前述のとおり、症状の現れ方は人それぞれですので、女性なら誰でも排卵日前に胸の張りが起こるというわけではありません。 黄体ホルモンの量によっても左右され、分泌量が多い人は張りが出やすく、少ない人は張りがほとんど出ないことが多いようです。 また、これまで生理前や排卵前に胸の張りを感じていたけれど、産後はこのような症状が現れなくなったという方もいます。 その他には、年を重ねるごとに症状が出なくなったというケースもあるようです。 ホルモンの分泌量の他に、痛みに敏感かどうかも関係していると考えられます。 痛みに敏感ですと胸の張りがつらく感じますし、敏感でなければさほど気にならないかもしれません。 また、女性の体はデリケートですので、毎月同じ症状が起きるとは限りません。 「先月は胸が張っていたのに今月は張っていないから、排卵していないのかも……」と考えてしまうかもしれませんが、排卵があっても体に症状が起こらない場合もありますので、あまり気にしすぎないようにしましょう。 症状が起きたらどのように対処すればいいの? 黄体ホルモンの分泌によって起こる胸の張りは病気ではありませんので、症状を感じたからといって対処する必要はありません。 しかし、激しい痛みを感じる場合はその限りではありませんので、不安な場合は医療機関を受診することをおすすめします。 妊活中の女性は胸の張りも排卵日前の大きなサインとなりますので、排卵前になったら体の変化を意識するようにしてみてください。 胸の張りや軽い痛みを感じた頃に排卵検査薬を使用すると、陽性反応が出る可能性が高いです。 高感度の排卵検査薬は排卵日の数日前から陽性反応が現れるため、もし胸の張りを感じたあとに陽性反応が出たら、排卵日の数日前~当日の可能性が高いと考えられます。 そのため、胸の張りが出てきたあたりから仲良しをしてみるといいかもしれません。 排卵前に起きる体の変化を知ることができれば、その症状だけでおおよその排卵日を特定できるようになるかもしれません。 ただ、胸の張りをはじめ、体に起こる変化だけで妊活を成功させるのはハードルが高いですので、基礎体温を記録したり、排卵検査薬を使用したりして正確な排卵日を知ることも大切です。 今回は、排卵日前に起こる胸の張りについてご紹介しました。 胸の張りが起きるメカニズムや、排卵検査薬との関係について、ご理解いただけたでしょうか。 自分の体の変化を意識して過ごすと、体調の変化だけでおおよその生理日や排卵日がわかるようになります。 ちょっとした体の変化に気付くことで、妊娠や病気のサインをいちはやくキャッチすることもできますので、日々の症状を意識するというのはとても大切なことなのです。 メモに残すことで過去の症状と比較することもできますので、症状を観察し、何か変化があった時は記録してみてくださいね。

次の