同期 の サクラ きく お。 同期のサクラ黒川部長【椎名桔平】の正体は敵か味方か?真相を考察!|ビビビ情報局

同期のサクラ

同期 の サクラ きく お

映画、ドラマジャンル問わず、動画オタクのボクリズムです。 ドラマ、[同期のサクラ]が2019年秋ドラマとしてスタートしています。 若者から大人まで共感性高いと話題を呼んでいる、今年の視聴率ドラマと言われているのでしょう。 あの「過保護のかほこ」を演じた女優:高畑 充希主演を筆頭にたくさんの俳優が集結。 北野 桜役 高畑 充希 木島 葵役 新田 真剣佑 項目名役 ここに説明文を入力してください。 清水 菊夫役 竜星 涼 火野 すみれ役 相武 紗季 他にも、黒川 森雄役を演じる 椎名 桔平さんなどの豪華俳優陣たちがキャスティングされているドラマとなります。 サクラのような一風変わった存在がクセになるドラマといえます。 展開が読めないところが、このドラマの見どころかもしれない。 目次コンテンツ• 同期のサクラに共感を呼ぶ人続出! 今更ながら同期のサクラというドラマがなかなかに面白い。 😊 発達障害とかアスペルガーとか言われてる中、わりと共感できてしまう自分がいる。 😅 結構大事なことだと思うんだ!僕! とにかく高畑充希が良い、ひじょーに良い。 サクラの意識が戻ると信じて見舞いに訪れた菊夫 きくお (竜星涼)は、「自分にしか出来ないことをやるよ」と話しかけ、社会人2年目のある出来事に思いを馳せていた……。 サクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。 その忖度できない性格は相変わらず。 修羅場中の隣人カップルに空気を読まないクレームを入れたり、社内エレベーターで大声で電話する管理職風の上司に堂々と注意したり……。 そして、「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」というブレない夢も持ち続けていた。 【引用:日テレ公式チャンネル】 同期のサクラ第1話ダイジェスト 日テレ新水曜ドラマ「同期のサクラ」 第1話 あらすじ 病院のベッドに横たわり、意識の戻らないまま人工呼吸器につながれた女性・北野桜 きたのさくら (=サクラ)(高畑充希)。 知らせを受け彼女の元に駆けつけたのは、携帯にたった4人だけ連絡先が登録されていた会社の同期、百合 ゆり (橋本愛)、葵 あおい (新田真剣佑)、菊夫 きくお (竜星涼)、蓮太郎 れんたろう (岡山天音)だった。 大手ゼネコン・花村建設の新入社員となったサクラは入社式に急いでいた。 通行の邪魔をする若者にも忖度しない。 「皆さんの迷惑になるので道を開けてください」珍しい建物を見つけると、時間を忘れて,写真を撮る。 ギリギリ間に合った入社式でも、社長(西岡德馬)のスピーチに「話が長いと思いました」など立場をわきまえない発言をして周囲を唖然とさせる。 人事部長・黒川 くろかわ (椎名桔平)のフォローで空気が和らぐものの、サクラの超マイペースな性格は、同期の皆に強烈な印象を残す。 最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。

次の

同期のサクラ

同期 の サクラ きく お

映画、ドラマジャンル問わず、動画オタクのボクリズムです。 ドラマ、[同期のサクラ]が2019年秋ドラマとしてスタートしています。 若者から大人まで共感性高いと話題を呼んでいる、今年の視聴率ドラマと言われているのでしょう。 あの「過保護のかほこ」を演じた女優:高畑 充希主演を筆頭にたくさんの俳優が集結。 北野 桜役 高畑 充希 木島 葵役 新田 真剣佑 項目名役 ここに説明文を入力してください。 清水 菊夫役 竜星 涼 火野 すみれ役 相武 紗季 他にも、黒川 森雄役を演じる 椎名 桔平さんなどの豪華俳優陣たちがキャスティングされているドラマとなります。 サクラのような一風変わった存在がクセになるドラマといえます。 展開が読めないところが、このドラマの見どころかもしれない。 目次コンテンツ• 同期のサクラに共感を呼ぶ人続出! 今更ながら同期のサクラというドラマがなかなかに面白い。 😊 発達障害とかアスペルガーとか言われてる中、わりと共感できてしまう自分がいる。 😅 結構大事なことだと思うんだ!僕! とにかく高畑充希が良い、ひじょーに良い。 サクラの意識が戻ると信じて見舞いに訪れた菊夫 きくお (竜星涼)は、「自分にしか出来ないことをやるよ」と話しかけ、社会人2年目のある出来事に思いを馳せていた……。 サクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。 その忖度できない性格は相変わらず。 修羅場中の隣人カップルに空気を読まないクレームを入れたり、社内エレベーターで大声で電話する管理職風の上司に堂々と注意したり……。 そして、「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」というブレない夢も持ち続けていた。 【引用:日テレ公式チャンネル】 同期のサクラ第1話ダイジェスト 日テレ新水曜ドラマ「同期のサクラ」 第1話 あらすじ 病院のベッドに横たわり、意識の戻らないまま人工呼吸器につながれた女性・北野桜 きたのさくら (=サクラ)(高畑充希)。 知らせを受け彼女の元に駆けつけたのは、携帯にたった4人だけ連絡先が登録されていた会社の同期、百合 ゆり (橋本愛)、葵 あおい (新田真剣佑)、菊夫 きくお (竜星涼)、蓮太郎 れんたろう (岡山天音)だった。 大手ゼネコン・花村建設の新入社員となったサクラは入社式に急いでいた。 通行の邪魔をする若者にも忖度しない。 「皆さんの迷惑になるので道を開けてください」珍しい建物を見つけると、時間を忘れて,写真を撮る。 ギリギリ間に合った入社式でも、社長(西岡德馬)のスピーチに「話が長いと思いました」など立場をわきまえない発言をして周囲を唖然とさせる。 人事部長・黒川 くろかわ (椎名桔平)のフォローで空気が和らぐものの、サクラの超マイペースな性格は、同期の皆に強烈な印象を残す。 最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。

次の

『同期のサクラ』2話のネタバレ感想!「大人になるとは自分の弱さを認めること」じいちゃんの言葉に共感!

同期 の サクラ きく お

『同期のサクラ』公式HPより 新連続ドラマ『 同期のサクラ』(日本テレビ系)第1話が10月9日に放送され、平均視聴率8. 1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした。 第1話では、2009年に入社式を迎えた5人の姿と、2019年に百合、葵、菊夫、蓮太郎が、病院のベッドで意識を失っている桜を取り囲む様子が描かれ、視聴者に「この10年で何があったのか」と思わせる演出となっていた。 花村建設の入社式後、新人研修の最終課題をともにする班分けで一緒になった5人。 リーダーに選ばれた桜は「私には夢があります」が口癖で、そのためには妥協も忖度もしないが、マイペースさで周囲を振り回してしまうキャラクター。 ほかのメンバーはというと、クールながら周りの空気を読む百合、社長を目指しているため忖度も厭わない葵、人を応援して力になろうとする熱血タイプの菊夫、努力型だがネガティブな蓮太郎……と、性格はバラバラ。 しかし、インターネット上には「2009年の百合の気持ちがわかる」という書き込みも少なくない。 もちろん、桜のように「どんな時も妥協せず、自分の信念まっしぐら」で突き進んでいけたら良いのは理解できる。 だから、ドラマとしては桜の生き方が理想的だが、リアルに共感されるのは百合の意見なのだと思う。 桜のように夢があったとしても、なかなか「どんな時も妥協せず、自分の信念まっしぐら」とはいかないのが現実だ。

次の