ネコエクスプレス入手方法。 キャッツアイ

【マルチテトラポッドの攻略】にゃんこ大戦争の無課金キャラ中心の編成

ネコエクスプレス入手方法

その後は その場に静止して 再度攻撃に移るという 覚醒のネコムート式の 戦闘スタイルを取ります。 驚くべきは 移動速度が75なので 覚醒のネコムートを超えます。 更に!! 生産コスト2章計算で 750円です・・・ 750円でほぼ確実に 25500ダメージを入れる 爆弾という事になりますね。 体力は15300しかないので、 高レベルステージでは 1撃必殺ですが、 泣き砂海岸の 高速移動キャラに追加する事など 使いどころは多そうです。 私が一番使うと思うのは 壁ですね。 750円で大狂乱キリン並の 移動速度があるので、 波動の立て直しに かなり役に立ちそうです。 体力無くても1撃 止めて貰えばOKです。 ダメージは二の次ですね。 使い勝手は難しそうですが、 このキャラは光ると 評価しています。 当サイトは にゃんこ大戦争のキャラの評価や 日本編攻略から未来編攻略までを 徹底的に公開していくサイトとなります。

次の

【にゃんこ大戦争】ネコ特急・ネコ超特急の評価!

ネコエクスプレス入手方法

ネコスライム のプロフィール キャラ名:ネコスライム 【キャラ説明文】 目が覚めたらスライムになっていたキャラクター 新米勇者たちを探し求め街の周りだけをさまよう 必ず波動を放つ ・LV30時点での能力 DPS 2813 攻撃範囲 単体 攻撃頻度 9. 07秒 体力 1700 攻撃力 25500 再生産 12. 97秒 生産コスト 450 射程 140 移動速度 15 KB 1回 特殊能力 100%の確率でLv5波動(射程 1132. 5) キャラ名:ネコゼリーフィッシュ 【キャラ説明文】 お盆になると一斉に現れるキャラクター 見る者を癒やし、近づくものに容赦ない一撃と 波動をお見舞いする ・LV30時点での能力 DPS 2813 攻撃範囲 単体 攻撃頻度 9. 07秒 体力 1700 攻撃力 25500 再生産 12. 97秒 生産コスト 450 射程 140 移動速度 15 KB 1回 特殊能力 100%の確率でLv5波動(射程 1132. 必ずLevel5波動を打ち込むので非常に広範囲で攻撃できる• 生産コストが450円と安く再生産も12. 87秒と速い為出しやすい• 混戦に非常に強い デメリット• とにかく紙装甲 触れられるだけで蒸発する勢いのキャラ 総合評価 非常に使い勝手がいい使い捨てができるキャラの1体です。 主な使用方法は以下4点となります。 取り巻きキャラは大体1撃で処理できるために、適当に出すだけでとりあえず波動が発動します。 特に敵の数が多いステージに強く、例のヤツなどの超細かい敵には以外と射程勝ちしているために攻撃成功が狙えます。 今までは大狂乱ムキを使用して時間がかかっていた所にゼリーフィッシュを入れる事で戦闘時間が縮まります。 素の生産時間が12. 87秒ですが、研究力 大をつけると10. 24秒で1体出すことができます。 コストも450円と少ないためにそれほどお財布を圧迫しないで使うことができます。 また移動速度も15Fと少し速めなので、前線到達も速く使いやすいです。 研究力コンボを使用する場合は手動で戦うことをお勧めします。 この場合はエクスプレスよりも確実にダメージを狙える為に持久戦ほど真価を発揮します。 おすすめのにゃんコンボについて 持久戦にはアイドル志望(攻撃力 小)を併用しつつ攻撃力を上げて1撃を強化していきます。 手動戦では研究力コンボと非常に相性がいいために、できる限りつけて戦うと非常に出しやすいです。 36秒削減 正規の生産時間に加えると・・・8. 51秒で1体出すことができます。 非常に簡単に出すことができちゃいます。 当サイトは にゃんこ大戦争のキャラの評価や 日本編攻略から未来編攻略までを 徹底的に公開していくサイトとなります。

次の

古王妃飛来 I'll Bee Bug 超極ムズ 攻略動画集

ネコエクスプレス入手方法

Contents• おすすめキャラ ランキング 超激レアなし キャラ 評価 1位 最強の壁 汎用性は無限大 2位 最安値。 最強の壁 汎用性は無限大 3位 レアキャラ最強 攻守に渡り活躍できる 4位 最強の速攻キャラ 周回・攻略、共に活躍できる 5位 EXステージ・出撃制限で活躍 無課金の味方 6位 本能全解放で最強クラス 育成難易度が高いのがネック 7位 赤い敵には必須 使用機会は多い 8位 周回に必須 攻略にも使う場面あり 9位 金策・速攻で優秀 単発だが火力は高い 10位 一部ステージ攻略で必須級 安定感が増す 詳細 10位 【ネコスーパーハッカー】 おすすめ度 使用頻度 中 使用用途 妨害 入手難易度 普通 【解説】 遠距離型の妨害キャラ。 『メタル以外の動くを一瞬遅くする』能力が魅力です。 前線が維持できる状態では最高峰の活躍が可能。 ただし、火力には期待できません。 弱点としては、接近されると無力です。 前線が押されるような状況では使えません。 また、短いステージでは、敵の射程に入ってしまうので無力です。 9位 【ネコエクスプレス】 おすすめ度 使用頻度 中 使用用途 速攻・攻撃・金策 入手難易度 中 【解説】 様々な用途で使用します。 高いスピードを活かし、いち早く前線に駆けつけます。 さらに高い攻撃力を活かしアタッカーとしても活躍ができます。 敵を倒した際に、お金が多くもらえるので『金策』としても活躍可能。 幅広く活躍できるキャラです。 弱点としては『攻撃頻度の遅さ』にあります。 一度敵にぶつかると、しばらくの間その場に止まってしまうので、『一回きりの攻撃』として見ておきましょう。 8位 【狂乱のウシネコシリーズ】 おすすめ度 使用頻度 中 使用用途 攻撃・速攻 入手難易度 やや高い 【解説】 早いスピードを活かし速攻を仕掛けます。 攻撃力は高くありませんが、攻撃頻度は高いのでDPSはそれなりにあります。 『採点報酬』狙いで重宝します。 また簡単なステージを攻略する際にも重宝するキャラです。 弱点は、ややコストが高く金欠ステージでは量産しにくいので、出撃するタイミングは見極める必要があります。 7位 【マキシマムファイター】 おすすめ度 使用頻度 中 使用用途 赤い敵・壁・攻撃 入手難易度 簡単 【解説】 赤い敵に必須級のキャラ。 『めっぽう強い』を活かし壁兼アタッカーとして活躍します。 基本的性能が高いので、赤い敵以外でも一定の活躍が可能です。 ガチャでも出現しやすい為、+値が付きやすいのも高評価。 弱点として、壁役にしてはコストが高い点。 マキシマムで前線が維持できないようならば安価壁に切り替える必要があります。 6位 【ネコカンカン】 おすすめ度 使用頻度 中 使用用途 速攻・攻撃・金策・妨害 入手難易度 中 育成難易度 高 【解説】 本能解放で大化けするキャラ。 『赤い敵をたまに遅くする』妨害がありますが、それ以外の敵でも活躍可能。 高い基本性能で様々な用途で活躍できます。 弱点は下記の2点 ・本能解放までの育成難易度が高い ・攻撃モーションが長い 初心者・中級者にはハードルが高いです。 基本的に本能が全解放が条件です。 しかし、その見返りは十二分にあります。 戦闘においての弱点は『攻撃モーションが長い』点。 壁が維持できない場合は無力化される事があります。 5位 【ウルルン】 おすすめ度 使用頻度 中 使用用途 妨害 入手難易度 中 【解説】 敵をふっとばす妨害キャラ。 火力は低いですが、妨害発動に条件がないのでどの敵にも対応可能です。 上位互換のキャラを所持している際は使用率が減少しますが、出撃条件があるステージでは重宝します。 また射程が長いので、前線が維持できるならば長丁場の活躍が可能です。 弱点としては、『ふっとばし』が邪魔になる際には使えません。 また火力が低いので、別途アタッカーを用意する必要があります。 4位 【覚醒のネコムート】 おすすめ度 使用頻度 やや高い 使用用途 攻撃・速攻 入手難易度 中 【解説】 高い火力が魅力の速攻キャラ。 高いスピードで前線に駆けつけ、高い火力で攻撃します。 採点ステージから高難易度ステージまで、様々な場面で重宝します。 弱点は、『再生産が長い』点です。 基本的には「ここぞの場面」で出撃するのが一般的。 しかしステージによっては「覚醒ムートを何度か生産し攻撃する」ような攻略が存在します。 出撃するタイミングが難しいキャラです。 3位 【ねこラーメン道】 おすすめ度 使用頻度 高 使用用途 壁 入手難易度 簡単 【解説】 高体力・攻撃頻度が多い壁キャラ。 多くのステージで壁役として活躍できます。 DPSも高めなので、ダメージ源としても期待できます。 特に天使属性には圧倒的存在感です。 ガチャからの入手機会も多いので、まずは育成しておきたいキャラ。 本能を解放すると、さらに強力になるでしょう。 2位 【狂乱のネコシリーズ】 おすすめ度 使用頻度 高 使用用途 壁 入手難易度 中 【解説】 安価壁の筆頭。 最安値で出せる壁キャラです。 『量産型の低コスト』でステージ攻略には欠かせません。 とりあえずPTに入れておきたいキャラになります。 1位 【狂乱のタンクネコシリーズ】 おすすめ度 使用頻度 高 使用用途 壁 入手難易度 中 【解説】 にゃんこに登場するすべてのキャラの中でも圧倒的1位と言えば『タンクネコ』でしょう。 『高い体力・早い移動スピード・低コスト』最高の壁役と言える存在です。 さらに大狂乱になる事で、これ以上ない壁キャラが出来上がります。 ステージ攻略には必要不可欠な存在なので、真っ先に育成しておきたい。 まとめ.

次の