艦これ 揚陸艦。 【艦これ】神州丸にもグラでも性能でもいいからテコ入れしてくだち

【艦これ】射程を覚えておくべき艦娘&よく使う射程調整の実例まとめ

艦これ 揚陸艦

ですが「あれ?誰が装備できたかな?」と忘れることがあると思います。 特に駆逐艦は数も多いので大変ですね。 そこで!『誰に何が装備可能なのか?』を手早く調べられるように、シンプル型一覧にしてみました。 【更新履歴】 2019. 8:最新版へ更新をしました。 2019. 8:海風改二を追加しました。 2020. そして、新たに特二式内火艇だけ装備できる艦娘も登場し始めました。 特定の駆逐艦や潜水艦、コンバート改装などを除けば、大発が装備できると全て装備できていますね。 現段階ではかなり特殊な艦娘は登場していません。 最近の人気記事(週間)• カテゴリー• 500• 214• 168• 111•

次の

神州丸(艦これ)とは (シンシュウマルとは) [単語記事]

艦これ 揚陸艦

駆逐艦をメインに育成する時の備忘録 1Lv~ 珊瑚諸島沖 5-2 5~6隻で行くことで輪形陣の選択が可能になる。 <ポイント> 旗艦の育成駆逐を千歳、千代田に変えることで12cm30連装噴進砲牧場が可能。 瑞鶴、翔鶴で12cm30連装噴進砲牧場する場合は、随伴艦にすると良い。 発動率の計算が結構手間なので計算シートを作りました。 よかったらどうぞ。 ダウンロード : バケツの使用タイミング旗艦が大破したらバケツを使います。 メリット随伴艦はダメージを受けないので、赤疲労でも構わない。 旗艦は庇って貰うのが前提なので、赤疲労でも構わない。 デメリット12cm30連装噴進砲改二の数が必要なので、敷居が高い。 先制対潜~ ブルネイ泊地沖 7-1 Gマス:単縦 それ以外は、単横 <ポイント> 先制対潜5隻にすることでDマス事故を減らす。 火力69以上になるように主砲を積んで火力を調整することでGマス事故を減らす。 <プリセット> 3セットを1周単位でローテすれば疲労が付かずに周回できます。 バケツの使用タイミング旗艦が中破したらバケツを使います。 随伴艦が中破したら別の対潜艦に変えます(バケツを使っても良い)。 メリット疲労管理が簡単で長時間のレベリングに向く。 デメリット先制対潜ができる艦が大量に必要。 周回方法<編成記録 下準備 > 7-1編成を3周分と5-3-P編成を2周分を記録する。 <デコイ艦の編成をしやすくする 下準備 > デコイ艦は組みやすいように 重巡、軽巡、駆逐で絞り込みし、 NEWソートでデコイ艦が1ページ目に表示されるようにする。 5-3-Pのバケツ使用タイミング旗艦が中破したらバケツを使います。 随伴の育成駆逐が大破したらバケツを使います。 デコイ艦は補給せずに出撃し、大破または燃料弾薬が無くなったら解体。 メリット7-1と組み合わせることによってデコイ集めと戦果と先制対潜レベリングを兼ねられる。 見張員の必要数が4個で良い。 デコイにより単縦陣でPマス到達率が8割、5-3-Pのバケツ消費が4~5周に1個程度。 警戒陣じゃなくとも充分に実用的。 デメリットデコイ艦を使用する分、トータルで得られる経験値は減少する。 7-1と組み合わせるので誤出撃することがある。 デコイの轟沈要素があるので人を選ぶ。 3-2。 軽空母2隻を主力に、駆逐艦~重巡の軽い編成で資源マス目指します。 2戦でやっと旧3-2-1相当ですし、たまにバケツも必要ですが、弾薬に関しては資源マスでほぼ賄えます。 ただここで潜水艦を随伴は、無理です。 4-5初戦の対潜マスは、ローリスク低燃費で回せるまぁまぁ良いところです。 まるゆを20までに育てるのに重宝。 ついでに随伴で駆逐艦ズも。 ここだけでローテではなく、7-1とかも混ぜれば、疲労もさほど気にならず。 5-2より経験値多いですし、随伴は駆逐艦で住むので燃費もいいです。 7-1。 MVP取る旗艦の経験値がうまいです。 対潜攻撃力は装備によるところが大きいので、ガン積みで先制爆雷が出来るようになったらこの位置で。 情報ありがとうございます。 ・3-2 経験値が160~180と少し低めが気になりますが、弾薬が拾える点で実質燃料消費のみというのはポイント高いですね。 先制対潜ができる艦の数が少ないうちは重宝しそうです。 軽空3駆逐3で制空72以上にしつつボーキを抑える感じにして3~4ローテ組むか他海域と組み合わせるとかすればいい感じになりそう。 実際にやってみてから記事に追加するかどうか考えようと思います。 ・4-5 4-5-1と3-2のような組み合わせたりといった事は可能だと思いますが 例えば3-2、4-5-1、7-1、5-2のように他海域でローテを組んだ場合、 海域選択及び陣形の操作ミスを引き起こす可能性が高まります。 その結果、余分なバケツを使ったり疲労を付けるのは大きなリスクだと考えています。 7-1 対潜艦は4隻いれば十分なはずなので、由良に装備を積むならば甲標的、主砲、瑞雲、増設副砲が良いと思います。 主複弾着カットインは高命中なのでほぼ外さないという利点もあります。 また、旗艦は先制対潜ができないことを想定しているので対潜艦の数をカバーする為に軽巡を対潜艦として運用しています。 そして先制対潜ができない旗艦はMVPがほぼ取れないので随伴艦の装備は三式ソナーx2と爆投の組み合わせ。 対潜の命中率はソナーの+命中と改修にも影響されるので主砲積むより潜水艦の打ち漏らしを減らす考え。

次の

コメント/揚陸艦

艦これ 揚陸艦

強襲揚陸艦「アメリカ」は東太平洋上で、13機以上のF-35Bを搭載を搭載した通称「ライトニングキャリア」と呼ばれる編成で洋上訓練を実施中だ。 参考: ライトニングキャリア編成で訓練中の強襲揚陸艦「アメリカ」の様子 米海軍のワスプ級強襲揚陸艦(満載40,650トン)は、垂直離着陸機の「MV-22 オスプレイ(12機)」や攻撃ヘリの「AH-1Z ヴァイパー(4機)」、輸送ヘリの「CH-53E スーパースタリオン(9機)」などの航空機を全て降ろせば、STOVL(短距離離陸・垂直着陸)型のF-35Bを最大で20機搭載(通常編成では6機)可能で、同じSTOVL型の「AV-8B ハリアー II」に比べ飛躍的に性能が向上したF-35Bなら、制空任務や攻撃任務など大型空母の任務を一部肩代わりすることが可能だと言われおり、これが通称「ライトニングキャリア」と呼ばれる概念だ。 米海軍と米海兵隊は2019年4月、フィリピン軍との共同訓練に派遣した強襲揚陸艦「ワスプ」にF-35Bを10機搭載(飛行甲板上に駐機されたF-35Bを数えただけで格納庫にもF-35Bが搭載されていた可能性がある)し、これまで空想の産物でしかなかった「ライトニングキャリア」という概念を実際にテストしたのではないかと見られてた。 そして今回、東太平洋上で訓練中の強襲揚陸艦「アメリカ」の様子が公開され、ライトニングキャリア編成で運用されていることが確認された。 出典:U. Marine Corps photo by Lance Cpl. ただし今回の編成はF-35Bのみで構成されているわけではなく、MV-22の姿が2機確認されているのが確認できた。 アメリカ級強襲揚陸艦の3番艦以降は「ウェルドック」が復活し航空機関連のスペースが減少するため、ライトニングキャリアを最も体現するのに適した1番艦「アメリカ」と2番艦「トリポリ」は、米海軍の中でも特別な存在であると言える。 米海兵隊伝統のウェルドックを取り戻したアメリカ級強襲揚陸艦3番艦以降の設計については、以前に記事にしたことがあるので興味のある方は読んでみて欲しい。 とにかく今回の訓練風景の公開で分かることは、米海軍と米海兵隊は今年4月にテストした「ライトニングキャリア」という概念を、本格的に採用するという方向で動いているのは間違いないようだ。 Marine Corps photo by Sgt. 空母として使うならLCACどう考えてもいらないしな 海兵隊としては強襲揚陸艦は絶対に必要だが、ライトニング空母は可能性はあるものの実用性も不確定だから1、2番艦は試験評価的な意味合いが大きいんだろうか。 海兵隊にとっては回転翼機の方が大事っぽいし 今から軽空母開発するなら、アメリカ級はCODLAG採用してるからガスタービンで推進しながらディーゼルエレクトリックで電磁カタパルト使うとか、色々できそうだな しかし電磁カタパルト装備した小型空母の群れとか絶対敵に回したく無いな。

次の