ブチャラティ 最後。 ブローノ・ブチャラティ (ぶろーのぶちゃらてぃ)とは【ピクシブ百科事典】

ジョジョ第5部の最後に「ローリング・ストーンズ」のエピソードが必要だった理由

ブチャラティ 最後

「ジョジョ」第5部「黄金の風」の登場人物。 アニメ版の声優は、中村悠一です。 一見すると女性に見違えるほど端正ですが、性別は男性。 ちなみに名前の「ブチャラティ」とは、イチジクを使ったパンケーキ料理に由来しています。 1980年9月27日生まれの年齢20歳で、ネアポリス郊外出身。 血液型A型、身長178cm、体重は不明です。 瞳の色は、カラーページなどを参考にすると水色。 作中で牡牛座と言われていますが、実際は天秤座です。 頭頂部を編み込みにした前髪パッツンの女性的な髪型が特徴的で、服は胸元が大きく開いた涙滴柄のスーツを着用しています。 その下にきているのは、総レースのようです。 後述するスタンド能力をモチーフにしたチャック飾りがトレードマーク。 好きな食べ物はカラスミソースのスパゲティー、そして、りんごが嫌いだそうです。 ギャング組織「パッショーネ」の末端チームのリーダーですが、後に幹部に昇格。 メンバーは、レオーネ・アバッキオ、パンナコッタ・フーゴ、ナランチャ・ギルガ、グイード・ミスタ、そしてジョルノ・ジョバーナの5人です。 チーム名は特にありませんが、ボスの娘トリッシュ・ウナの護送任務を受けてからは「護衛チーム」と呼ばれます。 ギャングながら情に篤い性格の人格者で、最初はジョルノの敵として登場。 しかし彼の夢を知り、組織乗っ取りに共感すると、仲間に迎え入れます。 ジョルノに次いで長く物語に出てくるので、ブチャラティによる独特のポーズ「ジョジョ立ち」も多く見られるのが嬉しいところ。 しっかり者で頼れるブチャラティですが、上司ポルポの隠し財産である宝石を公衆トイレのなかに隠していたり、護衛対象のトリッシュに対してクローゼットに穴を開けてトイレを勧めたりと、やや天然の一面も見られます。 主役級の活躍をする超人気キャラのため好きと言われることも多く、結婚したい女性ファンも多いとか。 ただし、初登場時にしたジョルノの汗を舐めるパフォーマンスは、シリーズで1番気持ち悪いとも言われています……。 スタンド能力は、物体にチャックを付け、自在に開閉出来る「スティッキィ・フィンガーズ」。 必殺技では「アリアリアリアリ」と叫びます。 その最後に放った「アリーヴェデルチ(さよならだ)」は、彼の決めゼリフとして有名です。 ちなみにスタンド名の元ネタは、ロックバンドのローリング・ストーンズの同名アルバムから。 本体であるブチャラティの機転もあって、スタンド戦の戦績はほぼ無敗です。 ブチャラティの事実1:ナランチャにスパゲティを差し出し……リーダーとしての強さと優しさに惚れる! 彼の人生は、その生い立ちから壮絶です。 彼は漁師の家に生まれました。 幼少期に両親は離婚してしまいますが、子供ながらに父親の今後を心配し、母親ではなく父親のもとに残ることを決めます。 彼は昔から、優しい少年だったのです。 しかし数年後、父親は釣り客を装ったギャングの麻薬密売を目撃してしまい、重傷を負います。 ブチャラティは口封じしようとするギャングを返り討ちにし、12歳にして殺人犯となったのです。 警察を頼れない彼は、再起不能の父親を報復攻撃から守るため、組織パッショーネに入団することを決意。 組織の庇護下に入ったのです。 その父親もまもなく死去し、組織が麻薬に手を染め始めたのは、彼にとっての悲劇としかいえません。 ここから彼は、麻薬を憎むようになったのでした。 ブチャラティの事実3:ボスへの裏切り!! 教会のエレベーターでトリッシュが… ブチャラティといえば、フィレンツェ行き特急でおこなわれた暗殺チーム2人との戦いが有名でしょう。 強い覚悟と信念がぶつかり合う、壮絶な一戦でした。 この暗殺チーム2人のうち兄貴分であるプロシュートは、悪役ながら信念のあるキャラクターとして大人気です。 年齢はおそらく20代、30代で、綺麗に引っ詰めた髪型と、お洒落なスーツ姿には色気があります。 彼は列車の客すべてを老化させる、無差別攻撃を決行。 ブチャラティは、瀕死のミスタが伝言として放ったNo. 6(ミスタの群体スタンドの1体)のおかげで反撃に転じ、死闘をくり広げます。 互いに死線ギリギリ、自らの覚悟に殉じた戦いを演じたので、シリーズでもベストバウトに挙げられるほどです。 スタンドが進化する「矢」を巡るラストバトルで、ブチャラティはジョルノにすべてを託して天に召されます。 彼は、死ぬべき運命が元に戻るだけだ、と言いました。 その後に描かれる5部のエピローグは、物語の前日譚になっています。 そこで、スタンド「ローリングストーンズ」が登場。 このスタンドは死の運命を予知し、その運命にある人の石像を浮かび上がらせます。 そこでブチャラティの死が予知されるのですが、それが実現する前にミスタの手で食い止められたのです。 ストーンズの本体であるスコリッピは、むりやり運命が変えられたことで、より過酷な未来になったと示唆します。 まさにそのとおりで、本編ではブチャラティだけでなく、ナランチャやアバッキオまでもが犠牲となりました。 しかし、それにはきっと意味があるのです。 ブチャラティは天に帰る直前に、こうも言いました。 汚れた組織でゆっくり死んでいくだけだった自分は、ジョルノとともに戦うことで心が生き返ったのだ、と。 初期のころは、麻薬のはびこる組織のなかで、自分を押し殺して「死んでいく」だけだったブチャラティ。 しかしジョルノと出会い、本当に正しいと思う道を突き進んだことで、彼は「生き返った」のです。 たとえ、それによって自分の運命が過酷なものになったのだとしても、彼はその運命があったから、正しい人間の精神を得られたのでしょう。 これは、「ジョジョ」シリーズに共通するテーマ「人間讃歌」にも繋がってきます。 そして、それは生き残ったジョルノやミスタにも受け継がれていくのです。 5部でブチャラティは、もう1人の主人公といっていい活躍を見せます。 彼の見せ場は無数にありますが、そのなかでも選りすぐりの5選をランキング形式でご紹介しましょう(巻数表記はジャンプコミックス版に準拠)。 第5位 この味は! ………ウソをついてる『味』だぜ…… ジョルノ・ジョバーナ! (『ジョジョの奇妙な冒険』47巻より引用) 組織の一員である涙目のルカを再起不能にした犯人を探していたブチャラティは、かまをかけてジョルノの嘘を見抜きました。 ブチャラティは人気キャラですが、ここで汗を舐める姿はツイッターなどでは気持ち悪いとされており、直後にジョルノのスタンド能力で殴られるシーンのセリフ「鋭い痛みがゆっくりやってくるッ!」のやられようと合わせて、黒歴史と言われることも……。 いずれにしても、インパクト抜群の初登場でした。 第2位 アリアリアリアリ(中略)アリアリアリアリ アリーヴェデルチ!(さよならだ) (『ジョジョの奇妙な冒険』53巻より引用) トドメのラッシュ攻撃に、イタリア語の別れの挨拶をかけ合わせた、ブチャラティを象徴する決め台詞。 作中では何度か出てきますが、暗殺チームのペッシに叩き込んだ姿がもっとも印象的でした。 第1位 『任務は遂行する』 『部下も守る』 『両方』やらなくちゃあならないってのが『幹部』のつらいところだな 覚悟はいいか? オレはできてる (『ジョジョの奇妙な冒険』53巻より引用) 民間人の犠牲も辞さない暗殺チームのプロシュートに対して、ブチャラティのイケメンっぷりが凝縮された名シーン。 芯の強さだけでなく、覚悟と自信が滲み出た、まさに彼の最高の名言といえるでしょう。 いかがでしたか?ブチャラティの活躍は凄まじく、本当にヒロイックなキャラクターです。 思わず主人公と錯覚してしまいそうなほど魅力的な人物なので、ぜひ本編で彼のすごさを感じてみてください。

次の

ジョジョ第5部の最後に「ローリング・ストーンズ」のエピソードが必要だった理由

ブチャラティ 最後

Contents• ブチャラティがゾンビ化した理由とは? ブチャラティがゾンビ化した理由について考察していきます。 作中で しっかりとゾンビ化した理由について明記されることはありませんでしたが、 ゾンビ化するきっかけは作中で描かれていました。 ブチャラティは、ボスに娘のトリッシュを引き渡す任務を果たしに教会へいきます。 しかし、ボスの娘の護衛任務の本当の目的を理解したブチャラティは、裏切ったボスの暗殺を試みようとしました。 そして、ボスとブチャラティの戦闘が始まるのですがボスに致命傷を与えられてしまいます。 なんとか護衛チームの元に戻りましたが、ブチャラティは瀕死状態でした。 そこで ジョルノは自身のスタンド「ゴールド・エクスペリエンス」で怪我を治療しようと試みました。 結果的にブチャラティ復活し、教会から脱出することに成功しました。 実は、このときに ブチャラティは既にゾンビ化しているんですね。 第四部でも、仗助が祖父を助けようとしますが怪我を治す能力を持ってしても死んだ人間を生き返らせることはできませんでした。 今回もその事例のように、生き返らせることはできなかったようです。 ですが、 死ぬ直前に治療を始めたことなどによって生き返ることはなくともゾンビとして延命させることができたようです。 しかし、どうして死ぬことはなくゾンビ化したのかという明確な理由は明らかになっていません。 個人的には、ゴールド・エクスペリエンスの特殊な生命エネルギーが魂を肉体へ引き留めることができていたのかなと解釈しています ブチャラティの死んだ場所や正確にはいつ死んだ? ブチャラティがゾンビ化した時を死んだことにするならば、 場所はサン・ジョルジョ・マジョーレ島の教会です。 ここで、ブチャラティとディアボロが戦い、本来ならば死んでいたはずでした。 ですが、 ここでジョルノが治療を行うことによってゾンビ化するんですね。 そして、そのままディアボロを倒すためにみんなにバレないようにゾンビとしてブチャラティは行動していきます。 そんな ブチャラティが完全に死亡してしまった場所はローマのコロッセオです。 シルバーチャリオッツレクイエムの暴走が解けると同時にブチャラティは完全に死亡してしまいました。 ブチャラティの死はゾンビ化の時点で予測できていましたが、やはり信じたくありませんでした… ブチャラティは最後もかっこいい! 最終話視聴。 特殊OPで開幕。 ボスを倒して完結にせず、ブチャラティ達の前日譚をやるセンス。 矢の争奪戦において、ディアボロに矢を奪われそうになるのですが、矢はディアボロを擦り抜けます。 なぜかと言うと、ブチャラティがシルバーチャリオッツレクイエムの能力を見破り、魂を元の肉体に戻したからなんですね。 しかし、ブチャラティの肉体は既に死亡しているためブチャラティが戻る肉体がありません。 つまり、ブチャラティはこの能力を解除すると死んでしまうんですね。 ですがブチャラティは自分の命と引き換えに能力を解除します。 そして、ブチャラティはジョルノのおかげで自分の心が生き返ったこと、そして自分が死んでもここまで到達したことが勝利だとジョルノに伝えて魂が空に消えていきます。 ジョルノの手にはブチャラティから託された矢がありました。

次の

【ジョジョ】ブチャラティの年齢、身長、誕生日、血液型、性格まとめ!

ブチャラティ 最後

Pixiv内では「」タグでの使用が多い。 覚悟はいいか? 俺はできてる プロフィール 名前(年齢) ブローノ・ブチャラティ(20歳) 名 生年月日 1980年 血液型 A 身長 178cm 好きな音楽 マイルス・デイビス「アガルタ」、「ビッチェズ・ブリュー」 好きな映画 イル・ポスティーノ 好きな食べ物 ソースの、ボルチーニ茸・のオーブン焼き 嫌いなもの 、 性格 ブチャラティの基本的な性格は父親から受け継いだ「やさしさ」である。 父親の一途な家族愛が、彼の性格の基本を作った。 ギャングの世界に入っても人はブチャラティの性格を慕い、頼ってくる。 しかし運命においては、その「やさしさ」が彼の弱点となった。 (ジャンプコミックス63巻より) 概要 第5部「」に登場するキャラクター。 と呼ぶに値するほど活躍が多い。 ギャング組織「」の一員。 当初は地元の縄張りを仕切る下部チームのリーダーで、のちに幹部に昇進。 同時にとしての任務を与えられる。 後述する過去の経歴により、に対して強い憎悪を抱いている。 余談だが、彼の誕生日は第2部「」の主人公、と同じ9月27日である。 ちなみに、ジョセフは1920年、ブチャラティは1980年生まれ。 おりしもアニメ版で青年ジョセフを演じた役者とはである。 人物 冷静沈着、頭脳明晰で部下思い。 どのような困難に対しても立ち向かっていく強さを持っている。 温厚で責任感の強い人柄は衆目の一致するところであり、一般市民からも気さくに挨拶をされ、悩みごとの相談をされるなど、人望も厚い。 とはいえ第5部の登場人物らしく一般的な正義漢とは異なり、仕事のためならのようなカタギの未成年が相手だろうと平然と拷問を行い、状況によっては殺人も辞さない冷酷なギャングとしての顔も併せ持っている。 エピローグとなる「眠れる奴隷」編で花屋の男からの依頼を受けるシーンでは、名作ギャング映画「」冒頭における、偉大なる首領ヴィトー・コルレオーネのオマージュと思しき役回りを演じた。 を頭頂部で編み込んでおり、前髪にはヘアピンのようなものを付けている。 服装はギャングらしい印象を与える白スーツにトレードマークのが沢山付き、オタマジャクシのような柄模様が入っている。 胸元は開いており、レースの様な模様が見られる。 下着の一部か入れ墨なのか詳細は不明。 基本的には、黒髪白服金ジッパーで塗られていることが多い。 「」 自称「嘘を見分けるのが得意」で、「顔の汗によるテカり具合で見分けられる。 汗を舐めればもっとわかる」とに対し発言していたが、これ以降出てこない。 拷問用のハッタリだったのかもしれない。 ただし直後の戦闘で、まだ年少にも関わらず、ブチャラティをギャングだと認識した上で本気で殺人を犯す覚悟を決めたジョルノの表情を見た時は「『ウソ』は言っていない皮膚と汗だ」と戦慄しているため、味はともかく汗を見て相手の機微を読み取れることは本当であると思われる。 過去 ネアポリス郊外の村で、漁師の息子として生を受けた。 漁で使う網を繕ったり、網を張り巡らせたりして父の仕事の手伝いをしていた。 母との会話が好きで、寝る前に読んでもらう本は楽しみにしていた。 自身が7歳の頃、両親が離婚する際に「田舎に残る父と、都会に移る母のどちらについていくか」の選択を迫られた時、 『僕は・・・父さんと一緒に暮らすよ。 父さんと一緒に此処に残る』と父と共に暮らす道を選んだ。 この選択は、母は自力で生きていけるが、父は自分がいなければ離婚した傷を引きずってダメになってしまうと考えたからである。 母はブチャラティの優しさを誇ると同時に、この優しさが将来不幸を招いてしまうのではと心配した。 そして12歳になったある日、父は釣りに行きたいという二人組の男を小島まで乗せていった。 しかし、この二人の本当の目的は麻薬の取引であり、取引現場を目撃してしまった父は銃撃され、意識不明の重傷を負ってしまう。 (が、沿岸警備隊の船により発見され応急処置も施されていたため一命を取り留めた。 ) その二人組が口封じのために父を消しに来ると読んだブチャラティは、襲ってきた彼らを殺し、12歳にして殺人犯となった。 裁判では正当防衛が認められ罪には問われなかったものの、このままでは二人組の仲間が報復しに来る事は免れない。 そこで、ブチャラティは自身と父親の身を守るために町を支配していた組織「パッショーネ」に忠誠と奉仕を誓い入団、数年後に幹部であるに気に入られ重用されるようになった。 5年の月日が流れ、17歳になった頃に父は後遺症を残したまま死亡。 ブチャラティは麻薬から町の人々を守るギャングとして行動するようになるが、自身と父の人生を狂わせた麻薬にが手を染めていたことを知り、組織のやり方に疑問を感じるようになる。 麻薬の存在を知った時 『あろうことか、このネアポリス(まち)で・・・・禁じ手じゃあなかったのか!?』と怒りの言葉が出たという。 麻薬を憎みながらも、それを流通させる組織の為に働く矛盾。 志を胸にしながら現実に屈していく「生きながら死んでいく」毎日。 そこに現れたのが、輝くような夢を語るであった。 本編中の軌跡 最初はに関する尋問のためにジョルノの前に現れ、拷問へとエスカレートする中でジョルノもスタンド能力者であることに気付く。 死闘の末、敗北寸前まで追い込まれるが、ブチャラティの人となりを計り終えたジョルノから停戦の申し出を受ける。 「街から麻薬を撲滅する為に、ボスを倒して自分が組織を乗っ取る」というジョルノの『黄金のような夢』にブチャラティは賭けた。 この出会いによって彼は、自らの志を全うするべく、命懸けの戦いに身を投じてゆくこととなる。 から娘のを護衛せよという任務を与えられ、彼女を狙うと熾烈な抗争を繰り広げる。 そうして迫り来る彼らを討伐した後、サン・ジョルジョ・マジョーレ島にて、ボスからの最後の指令を果たすべくトリッシュを連れていく。 が、護衛して自身の下へ連れてきた理由が 娘を戦いのない世界で平穏な生活を送らせるのではなく 自身を脅かす者となるであろう娘を自らの手で排除するというものであったことを知ると・・・ 「とはッ! なにも知らぬ無知なる者を利用する事だ…!! 自分の利益だけのために利用する事だ… が何も知らぬ『』を!! てめーだけの都合でッ! ゆるさねえッ! あんたは今 再びッ! オレの心を『裏切った』ッ!」 ブチャラティはへの敵対を決意し暗殺を試みるも察知され、逆にボスはそのスタンド能力「キング・クリムゾン」のパワーで背後からブチャラティの腹を貫き、左肩から心臓に達するほどの強烈な手刀で大ダメージを与えた。 誰がどう見ても致命傷なほどの大怪我を負ったブチャラティだったが、ボスも驚嘆するほどの精神力で戦闘を継続し、さらわれたを命がけで奪還し逃げ切った。 力尽きて倒れている彼をが発見した頃には目から光が消え心肺は停止、周囲にハエが飛び、トリッシュの切断された腕を繋ぎ止めたジッパーは消滅しようとしていた。 だがジョルノがの能力で損傷した体を修復して怪我を治療する最中、ブチャラティの魂が教会から脱出するように警告、そして確かに生命活動が終了していたはずの肉体が突如起き上がり 「急げ」と叫ぶのであった。 チームメンバー全員に事の経緯を説明して【悪魔に背く裏切り者】として行動を起こし、自分の意志で進んできてくれた者達を引き連れて【トリッシュの護衛】を継続。 アニメ版 アニメ版では、チームの多くは彼のスカウトによって集められたという描写が追加されている。 様々な事情がありながらも、落ちぶれてしまった彼らにブチャラティは手を差し伸べている。 なお、この際 何故かやたらに同じリストランテが出てくる(店名は「」)。 自身が組織に入る決心をして入店した店• が知識を武器に食い逃げを正当化しようとし、そのまま彼をスカウトした店• フーゴに連れてこられたに、店• 釈放されたをそのまま連れてきてチームに迎え入れた店• 自身がを連れてきて、メンバーに紹介した店• 前日譚で、娘を自殺で亡くした花屋の店主が依頼に来た店 これらは全て同じリストランテである。 相当のお気に入りのようだ。 また、父の名前も明らかになり、墓標に【PAOLO BUCCIARATI】()と刻まれている。 加えて、父親の葬儀で墓所に佇むブチャラティの姿も描かれているが、は黒スーツに白色の模様(通常時のスーツに入っているものと同じ柄)が入ったものになっている。 EOH によって復活させられ、洗脳状態のままジョルノたちと激突する。 しかしブチャラティを助ける覚悟を決めた部下たちには及ばず敗れ、遺体の力によって正気を取り戻し仲間に戻って来た。 スタンド「」 触れたモノにジッパーを取り付けるスタンド。 詳しくは当該記事へ。 声優 :後にTVアニメ版第4部にてを演じる。 、、CM (アニメ):ASB&EOHではを演じた。 アニメ版少年時代 余談 gooランキングが2016年11月05日~2016年11月19日に行った 最強にカッコ良い「アニキキャラ」ランキングでは、を差し置いて、なんと 総合3位にランクインした ちなみには8位、兄貴は20位、兄貴は21位だった。 そのかっこいいイメージとは裏腹に初登場時の『汗を舐めて嘘を確かめる行動』から 変態扱いされたり、の一件では仲間達がジョルノに対する仕打ちをニヤついて眺めている中アバッキオにお茶を要求するなど 彼1人だけが気づいていない描写があり、挙げ句の果てにアバ茶を飲み干した ように見せた ことで仲間達からの注目を浴びるジョルノに「こいつには何か人に認められていく才能みたいなものがあるらしいな」と明らかに状況を理解していないモノローグを発していることからとしてネタにされることも多い。 但し、彼がユーモアを発するのは中盤までであり、以降はシリアス一辺倒である。 「ブチャラティ」はイタリアで実在する 「」も同様。 但し「ブローノ」という名前はので海外及び英語表記では「Bruno Bucciarati 」に置き換えられている。 関連イラスト.

次の