ライン ポケット マネー 審査 遅い。 【体験談】LINE Pocket Money(ポケットマネー)でお金を借りてすぐ返済してみた

LINEポケットマネーの審査に迫る!金利を決める15の質問や審査時間

ライン ポケット マネー 審査 遅い

このページの目次• LINEポケットマネーとはこんな融資サービスです! まずは、LINEポケットマネーがどのようなサービスなのかを解説していきます。 LINEポケットマネーとは、融資という形で「(ラインペイ)」にお金がチャージができるサービスです。 LINE Payとは加盟店でスマホ決済をしたり、友人に送金をしたりできる電子マネーになります。 また、LINE Payは銀行口座と紐付けすれば、現金化することも可能です。 この LINE Payに融資という形でお金をチャージできるのが、LINEポケットマネーになるんですね。 そんなLINEポケットマネーの特徴は以下の4つです。 金利は年3. 0~18. 審査にLINE Scoreが使われる• 申込前に金利と限度額の目安がわかる• 借入と返済のすべてがLINE Payで完結 金利は年3. 0~18. 0~18. 金利はアコムやアイフルなどの大手消費者金融とほぼ同じで、限度額は最大で100万円と大手消費者金融に比べると少なめです。 消費者金融 金利(実質年率) 限度額 LINEポケットマネー 年3. 0% 最高100万円 プロミス 年4. 0% 最高800万円 SMBCモビット 年3. 0% 最高800万円 アイフル 年3. 0% 最高800万円 レイクALSA 年4. 0% 最高500万円 審査にLINE Scoreが使われる LINEポケットマネーの審査には「LINE Score(ラインスコア)」が使われます。 LINE Scoreとは、WEB上の質問によって100~1000までの点数を付け、申込者の信用度をスコア化するというものです。 従来のカードローンやキャッシングなどでも、スコアリングによって申込者の信用度はスコア化されます。 但し、それを行うのはコンピューターのプログラムであり、スコア化に使われるのは申込時の個人情報や信用情報(クレカやローンの利用記録)が中心です。 それに対して LINE Scoreでは、WEB上の質問への回答結果をAI(人口知能)が判断し、信用力を算出します。 定型どおりにしか審査できないコンピューターに比べて、AIのほうがより柔軟な審査が亜可能なため、申込者の信用力をもっと正確に判断できると言われています。 こうした点は、従来のカードローンやキャッシングの審査にはない要素です。 LINEポケットマネーの審査にも従来のスコアリングはある LINEポケットマネーの審査でも、従来のスコアリング審査はあると知っておきましょう。 審査の合否はLINE Scoreだけで決まるわけではありません。 LINEポケットマネーの審査は、やも担当し、それらは従来のスコアリング審査をおこないます。 個人向け無担保ローンサービス「LINE Pocket Money」では、従来の信用情報や、みずほ銀行およびオリコが有する与信審査ノウハウ等に、スコアリングサービス「LINE Score」によって算出されたスコアを掛け合わせて、ユーザー一人ひとりに応じた貸付利率 年率 とご利用可能額を決定いたします。 (引用元:) スコアリング審査では信用情報機関への照会がされますので、クレジットカードやローンなどの利用状況が審査に影響してきます。 LINEポケットマネーの信用情報加盟機関はどこ!? ラインポケットマネーはどこの信用情報機関に加盟しているのか調べてみました。 では、審査の際に必ず指定信用情報機関の信用情報を照会することを義務付けれています。 そのため、 貸金業をするには指定信用情報機関に加盟しなければならないのです。 指定信用情報機関は下記の2社です。 (日本信用情報機構)• LINEポケットマネーは、 LINE Credit(株)が提供する個人向けのローンになります。 LINE Credit(株)のにはこのように記載されています。 当社は、お客様への与信又は与信後の管理のため、下記3の 2 に記載する情報を当社が加盟する個人信用情報機関(個人の支払能力に関する情報の収集及び当該機関の会員に対する当該情報の提供を業とする機関をいいます。 以下同様です。 及び当該機関と提携する個人信用情報機関に照会し、お客様に関する個人情報が登録されている場合に、その回答を参照いたします。 当社の加盟し、又は加盟する予定の個人信用情報機関 ・株式会社シー・アイ・シー(CIC)(貸金業法に基づく指定信用情報機関) ・株式会社日本信用情報機構(JICC)(貸金業法に基づく指定信用情報機関) 2. 当社の加盟し、又は加盟する予定の個人信用情報機関と提携する個人信用情報機関 ・ (引用元:) 上記には、LINEポケットマネーはCICとJICCの2つの認定信用情報機関に加盟する予定と書かれています。 プライバシーポリシーの日付は、2019年7月22日 制定 2019年8月29日 改定となっているのですが、2020年5月1日現在に、CICので検索してもLINE Credit(株)は出てきません。 信用情報機関の加盟は審査等で長期間かかると言われており、もしかするとCICはまだ加盟していない可能性があります。 貸金業法ではどちらかの認定信用情報機関に加盟すれば良いとなっているため、JICCだけの加盟でも問題ありません。 JICC・CICとも(Financial Information Network)という交流ネットワークにて、お互いの信用情報を交流しています。 そのため、CICに登録されていれば、JICCにも出てきますし。 JICCに登録されていれば、CICにも情報が出てきます。 このことから、どちらか1社の信用情報機関でも実務上は問題ないのです。 申込前に金利と限度額の目安がわかる LINEポケットマネーでは、申込前に金利と限度額の目安がわかります。 LINEポケットマネーに申し込む前には、LINE Scoreの回答をする必要があるのですが、その結果で金利と限度額の目安がわかるようになっています。 従来のカードローンやキャッシングでは金利と限度額がどれくらいになるかは、審査に申し込みしてみるまで分かりませんでした。 みずほ銀行とソフトバンクの共同出資の新しい消費者金融、(ジェイスコア)が仮審査で金利と限度額が表示され、従来とは違う新しい方法を取り入れましたが、LINEポケットマネーもそれに追随する形となっています。 目安なので実際の数字とはことなるケースも多いですが、それでもどのくらいの条件で借入できそうなのかが事前にわかるのは嬉しいですね。 借入と返済のすべてがLINE Payで完結 LINEポケットマネーは、借入と返済のすべてがで完結するという特徴もあります。 融資はLINE Payに直接チャージされ、返済は返済日にLINE Pay残高から自動的に引落とされます。 随時返済(多めに返済すること)したい場合も、LINE Payからリアルタイムで可能です。 このように借入や返済は、スマホひとつでおこなえるためとても手軽におこなえます。 LINEポケットマネーが利用できる人 LINEポケットマネーが利用できるのは、以下のすべての条件を満たす人のみですので必ず確認しておきましょう。 LINE PayのアカウントタイプがLINE Moneyであること 2. LINE Scoreで201点以上だすこと LINE PayのアカウントタイプがLINE Moneyであること LINEポケットマネーを利用するには、LINE Payのアカウントタイプが「LINE Money(ラインマネー)」でなくてはいけません。 LINE Payのアカウントタイプには、「LINE Cash(ラインキャッシュ)」とLINE Moneyの2つがあります。 2つの違いは「本人確認」をしているかどうかです。 本人確認をしていない場合はLINE Cashとなり、本人確認済みであればLINE Moneyとなります。 よって、LINE Payでまだ本人確認をしていない人は、以下のいずれかの方法で済ませる必要があります。 スマホのカメラ機能で本人確認• 銀行口座で本人確認 スマホのカメラ機能で本人確認をする場合は、免許証などの身分証とご自身の顔を撮影しておこないます。 銀行口座で本人確認をする場合は、LINE Payに銀行口座を登録すればOKです。 LINE Scoreで201点以上出すこと LINEポケットマネーを利用には、LINE Scoreで201点以上のスコアを出さなくてはいけません。 ただし、LINE Score の点数は100~1,000点となっているため、201点以上にすることはそこまで困難でないかと思います。 LINE を利用するほどLINE Scoreが上がる!? 結論から言いますと、LINE を利用するほどLINE Scoreが上がる可能性はあります。 LINE Scoreの公式サイトには、スコアの算出について以下のように記載されています。 (出典:) LINE Scoreの公式サイトによるとスコアは、LINEやLINE関連のサービスの利用状況で算出しているとのことです。 その他にも、LINE PayやLINE Pay家計簿の利用でもスコアが変動すると記載があります。 このため、LINEに提供する情報が多いほどスコアが上がると予想可能です。 こうしたスコアリングは、情報の提供量が多いほどスコアが上がりやすくなるため、LINE Scorにおいてもその可能性は高いです。 LINEポケットマネーの審査は厳しいか?審査落ちした場合のアドバイス LINEポケットマネーには審査がありますので、「審査は厳しいのか?」という点が気になっている人も多いでしょう。 この点に関しては、はっきりとしたことを言うことはできません。 LINEポケットマネーの審査に関しては非公開なため、審査基準などは不明だからです。 ただし、 LINEポケットマネーは上限金利が「年18. 0%」であるため、審査の難易度は高くないと予想ができます。 カードローンの一般常識として、上限金利が低ければ低いほど審査は厳しくなります。 上限金利が低いほど貸し手に設定できる金利が低くなり、利息による儲けが減るため、お金を借りた人が返済できなくなったときの損失をカバーするのが難しくなります。 よって、上限金利が低い商品ほど、審査を厳しくして貸し手を選ぶようになる傾向が強いです。 そのため、上限金利が14%台の銀行カードローンや、上限金利10%以下のJAバンクカードローンは消費者金融よりもかなり審査は厳しめです。 ラインポケットマネーはアコムやモビット、アイフルと同じ上限金利が18. 0%になっており、無担保・無保証のことから、 それ同等の審査レベルと考えられます。 有名カードローンの上限金利一覧 カードローン 上限金利 約10%(地域によって異なる) 年14. 0% 年14. 5% 年14. 6% 年17. 8% 年18. 0% 年18. 0% 年18. 0% 年18. 0% ラインポケットマネー審査落ちの場合は他から借りれないのか? ラインポケットマネーの審査に落ちたからといって、絶対に他で借りれない訳ではありません。 どのような原因で審査落ちしたのかが、一番重要になるのですが、審査に通らなかった理由は教えてくれません。 もし、信用情報の異動情報(3ヵ月以上延滞や債務整理などの事故情報)や総量規制(年収3分の1以上借入がある)で審査落ちしたのなら、他のカードローンに申込しても審査に通らないでしょう。 では、どこのカードローンに申し込むべきなのか?と考えると、上限金利が同程度のカードローンにするべきでしょう。 プロミス アコム SMBCモビット レイクALSA 公式画像 実質年率 年4. 8% 年3. 0% 年3. 0% 年4. 主に大手消費者金融になりますが、この中でもおすすめなのは、プロミスです。 プロミスは17. 8%と、若干上限金利が低く、申込から借入まで最短1時間となっています。 プロミスは 最短1時間融資に加え、WEB契約後は「瞬フリ」を使うことで、原則24時間365日、最短10秒で口座への即日融資が可能となっています。 瞬フリによって、土日祝日、夜間や早朝など問わず、いつでも即日融資が受けられるのは非常に便利です。 また、WEBやアプリでWEB完結し、カード発行不要を選択することによって、 自宅への郵送物一切なしで借りることができます。 そしてプロミスなら初めて契約したい人は、「借入日」の翌日から30日間無利息サービスになりますので、約1ヵ月は無利子でお金を借りることができるのです(メールアドレスとWEB利用明細の登録が必要です)。 ラインポケットマネーの審査はAIによるLINEスコアが中心となってきますが、プロミスはコンピューターによるスコアリングが中心となりますので、審査に通らなかった人でも一度お申込みしてみることをおすすめします。 LINEポケットマネーの審査に通過するための最低限の条件 LINEポケットマネーの審査難易度が高くない可能性があるとはいえ、融資ですので審査はきちんとされます。 以下の3つの条件を満たしていないと、審査に通過するのは難しいので確認しておきましょう。 毎月収入を得ている• 総量規制をオーバーしていない• 信用情報にキズがない 毎月収入を得ている 何らからの手段で毎月収入がないと審査に通る見込みはありません。 LINEポケットマネーの申込条件にも、「安定かつ継続した収入の見込める方」とあるため、この点は間違いないでしょう。 ただし、この条件を満たすのは決して難しくありません。 ようするに毎月収入があれば良いため、アルバイトやパートでもまったく問題ないのです。 実際にLINEポケットマネーの公式サイトにも、アルバイトでも申し込み可能とありますので、働いており収入がある人なら大丈夫です。 総量規制をオーバーしていない 総量規制をオーバーしていないというのも重要です。 総量規制とは、貸金業者の融資は借り手の年収の3分の1までという法律です。 (貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社) LINEポケットマネーは貸金業者ですので総量規制の対象であり、年収の3分の1までしか借入できません。 総量規制の対象外の借入も審査に影響する 審査では、総量規制の対象になる借入以外のものも影響します。 たとえば、銀行のカードローンやフリーローンといった、無担保ローンの現金の借入ですね。 これらが多いほど、毎月の返済負担が増えますし、多重債務者である可能性も高まるため、審査落ちの原因になることがあるので、気をつけておく必要があります。 信用情報にキズがない 審査に通過するには、信用情報にキズがないとう点も重要です。 信用情報にキズがあるというのは、「延滞記録」や「事故情報」があることを指します。 延滞記録とは、そのままで「返済日を守らなかった」というような記録です。 事故情報とは、債務整理や長期間の延滞、代位弁済、強制解約などを起こしたときに記録されるものになります。 この2つが信用情報にあると審査落ちの原因になりやすいです。 とくに事故情報を起こした場合は、高確率で審査落ちになると思ってください。 審査のスピードと融資までの時間 お金を借りるときは急いでいることが多いため、審査のスピードと融資までの時間が気になりますよね。 LINEポケットマネーの審査は1日~3日程度が目安です。 融資は審査通過後すぐにでき、スマートフォンのLINEアプリから原則24時間365日、LINE Payにチャージできますので、審査とおなじく1日~3日程度です。 審査が当日中に完了すれば即日融資ですが、それはあまり期待しないほうが良いでしょう。 即日融資を希望するなら、アコムやプロミスなどの大手消費者金融のほうがおすすめです。 LINEポケットマネーの審査に必要な書類 ここからは、LINEポケットマネーの審査に必要な書類について解説していきます。 LINEポケットマネーの審査に必要な書類は、「本人確認書類」と「収入証明」です。 ただし、LINE Payで本人確認が済んでいるのであれば、本人確認書類は不要です。 LINE Payで本人確認がまだの人は、以下のいずれかの書類を用意し、LINE Payで本人確認を済ませてください。 希望限度額が50万円を超える場合• LINEポケットマネーの希望限度額と他の貸金業者からの借入合計が100万円を超える場合 収入証明が必要な場合は、給与明細や源泉徴収票、確定申告書などの収入を確認できる書類を提出します。 LINEポケットマネーに申し込みして借入するまでの流れ ここからは、LINEポケットマネーに申し込みして借入するまでの流れを解説していきます。 先述したとおり、LINEポケットマネーに申し込むには、LINEスコアを受ける必要があります。 このため、LINE ペイの「スコアを診断する」をクリックし、質問に回答していきましょう。 スコアが201点以上であれば、LINEポケットマネーに申し込みできるようになります。 また、金利と限度額の目安も表示されるので確認しておいてください。 申し込みから借入するまでの流れ LINEポケットマネーの申し込みから借入するまでの流れは、以下のとおりです。 LINE Scoreメインページの「LINE Pocket Money」をタップ 2. 「申込む」をタップ 3. 本人確認書類を提出(LINE Payで本人確認が完了している場合は不要) 4. 画面の指示に従って必要情報の入力 5. 申込み内容を確認し「次へ」をタップ 6. 審査~LINEアカウントに審査結果の通知 7. 借入(LINE Payの残高にチャージ) 気をつけておきたいのが借入は、LINE Payの残高にチャージとなる点です。 直接現金が借入できるわけではありません。 現金化は可能ですが、セブン銀行のATMや銀行振込を利用しなくてはいけないため、ワンアクション必要です。 また、現金化をする際には手数料が必要で、例えばセブン銀行のATMであれば「220円」が発生します。 LINEポケットマネーでお金を借りる方法まとめ LINEポケットマネーならば、LINE上で借入まで完結できます。 融資はLINE Payの残高にチャージという形になるものの、ATMや銀行振込によって現金化することが可能です。 審査ではLINE Scoreという、従来のカードローンやキャッシングでは利用されないものもあるため、大手消費者金融や銀行では借入できない人にもチャンスがあるかもしれません。 そうした点に魅力を感じるのであれば、申し込みを検討してみても良いでしょう。

次の

LINEポケットマネー(LINE Pocket Money)が2019年8月29日より提供開始!LINEの個人向けローンサービス

ライン ポケット マネー 審査 遅い

2018年11月27日、LINEが 個人向け無担保ローンサービスであるLINEポケットマネーを開始すると発表しました。 2019年9月2日にはAndroidとiOSの両方で利用可能になり、利用顧客数をどんどん伸ばし続けています。 LINEポケットマネーは金融機関のカードローンとは異なり、 審査にLINEスコアというAI(人工知能)の信用スコアを使うのが特徴です。 従来のような数字だけの審査ではなく LINEアプリを通じた行動も基準のひとつになるため、今まで審査に通らなかった人もお金を借りられます。 とはいえ信用スコアを導入したLINEポケットマネーの審査は、厳しいのか気になっている人は多いのではないでしょうか。 この記事では、 LINEポケットマネーの概要や 審査について紹介していきます。 LINEポケットマネーとは LINEポケットマネーは、 AIスコアを使って審査をする個人向けローンサービスです。 企画・運営は、LINEのグループ会社であるLINE Credit株式会社がおこなっています。 LINE Credit株式会社は、 みずほ銀行とオリエントコーポレーション、LINE Financial株式会社の3社が共同出資をし、2018年5月に設立された新しい会社です。 出資比率に関しては、LINE Financial株式会社の公式ホームページにも詳細が記載されています。 引用元: 2019年上半期に開始される予定ですが、どのようなサービスなのか今から注目を浴びています。 LINEスコアの説明と共に、下記で詳しく解説していきます。 LINEポケットマネーの審査は厳しい? LINEポケットマネーは、 みずほ銀行のノウハウをベースとして審査をおこなう予定です。 あくまで銀行の基準で判断するため、誰でも審査にとおるわけではありません。 参考までに、みずほ銀行の主な審査要項を以下にまとめました。 みずほ銀行カードローンの審査要項• 満20歳以上満66歳未満の人• 安定した収入の見込める人• 保証会社の保証を受けられる人 引用元: 実際にみずほ銀行の審査をおこなうのは、保証会社として設定されているオリエントコーポレーションです。 オリエントコーポレーションは、 在籍確認が必須ではないことから、大手銀行の審査よりも比較的通りやすいと言われています。 LINEポケットマネーの保証会社もオリエントコーポレーションになるため、それほど厳しい審査基準ではないでしょう。 LINEポケットマネーは、上記のみずほ銀行とオリエントコーポレーションの審査方法に加えて、 独自のスコアリングデータを使って審査をしていきます。 審査に使われる「LINEスコア」とは、一体どのような仕組みなのでしょうか。 審査にはAI(人工知能)スコアのLINEスコアが使われる LINEポケットマネーは、 LINEスコアのデータを使ってAI(人工知能)が審査をしていきます。 LINEスコアとは、 LINEの利用頻度などLINEアプリを通じた個人の行動に基づいて、信用スコアを算出するサービスです。 どのような関係性の知人とコミュニケーションをとっているか、読んでいるネット記事から何に興味をもっているのかなどを、AI(人工知能)が分析。 その分析結果から、ひとりひとりの行動データをスコア化します。 AIが判断をするため、 ブレがなく、より正確な審査がおこなわれると言われています。 普段、自分が無意識で行動していることでもスコアアップのチャンスなのです。 AIスコアと言えば、みずほ銀行が手がけるJ. Scoreも注目されています。 ScoreはAIスコアリングを活用した個人向け融資サービス J. Scoreは、みずほ銀行とソフトバンクの共同出資によって設立した融資会社です。 日本で初めて、AIスコアリングを導入しました。 自分の性格やライフスタイル、趣味などのさまざまな情報を入力すればするほど分析精度が高まってスコアアップに繋がります。 AIスコアが上がると、好条件でお金を借りられ、提携企業から特典も受けられます。 Scoreの設立後、ドコモやYahoo! も参入を始めており、AIスコアリングはこれからますます広がっていくでしょう。 LINEスコアが高いと審査に有利になる LINEスコアが高いと、審査優遇されます。 また算出されるLINEスコアに応じて、ひとりひとりに適した金利や限度額が決まります。 スコアが高いと審査に通りやすくなるだけでなく、 低金利での借り入れや限度額を大きくしてもらうことが可能ということです。 今までのカードローンは収入状況や勤続年数といった情報のみを重要視しているため、審査に落ちてしまった人も多いでしょう。 会社員に比べてフリーランスの仕事をしている人は、審査に通りにくいのも事実です。 しかしLINEスコアでしたら、 入力した個人情報に合わせてユーザーの行動傾向などを総合的に判断するため、今まで審査に落ちていた人も融資を受けられる可能性があります。 この審査方法を使うLINEポケットマネーが普及すれば、お金を借りられる人の幅がぐっと広がるかもしれません。 step 4審査通過後、借り入れ開始 以上のような、流れになるのではないでしょうか。 これから随時、詳しいことは発表されていくでしょう。 審査時間は1〜3日!年収や年齢などによって日数が異なる LINEポケットマネーの審査時間は1〜3日程度となっており、大手の銀行カードローンよりも手早いのが特徴です。 審査にかかる日数は年収や年齢などといった利用者の属性によって異なりますが、遅くても3日以内には結果が通知されます。 審査に一週間以上かかるカードローンも多い中でスピーディーな対応をしてもらえますので、急いでいる人にもぴったりです。 LINE株式会社の出澤社長は、2018年11月27日の事業戦略発表会で以下のように発言しています。 「急な飲み会などの交際費、出張の立て替えや医療費など、突発的な資金需要へ対応していきたい」 急にお金が必要になった人が利用しやすいローンサービスとなっているため、まさに有言実行といえますね。 とはいえ、今すぐスピーディーに借りたいという人もいますよね。 LINEポケットマネーのスマホで手早く今日中に借りたいのであれば、金融機関が展開するアプリを利用してみてはいかがでしょうか。 最短60分で振込融資はもちろんコンビニATMで借入金を引き出すことも可能ですので、急いでいる人におすすめです。 アプリでお金を借りる方法については、下記で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。 LINEポケットマネーの利用方法は?LINEを使っていれば誰でもOK LINEポケットマネーとLINEスコアは、 LINEを使っていれば誰でも利用できます。 いまやLINEの国内月間利用者数は、7800万人を超えています。 スマートフォンを持っている人で、LINEをインストールしていない人はゼロと言っても過言ではないはず。 消費者金融の店舗に行くのにためらいがあった人も、いつも使っているLINEから利用できればお金を借りるというハードルが下がるのではないでしょうか。 LINEポケットマネーは契約から返済までアプリで完結できる LINEポケットマネーは 申し込みや審査、借り入れから返済までの流れをすべてアプリで完結できるそうです。 店舗で契約したり、返済のためにATMへ走る必要はありません。 24時間いつでもどこでも、アプリから利用できます。 現状のLINEアプリから使えるのか、LINEポケットマネー専用のアプリが作られるのかはまだ不明ですが、アプリをダウンロードすれば、簡単に利用できること間違いなしです。 限度額や金利はまだ未発表 審査情報と同じく、 借入限度額や金利などの詳細は、まだ発表されていません。 おそらくJ. Scoreに近い条件になると、予測されます。 Scoreの融資条件 貸付利率 0.

次の

LINEポケットマネーの審査に迫る!金利を決める15の質問や審査時間

ライン ポケット マネー 審査 遅い

まずはLINEアプリ 現在、LINEアプリの利用では、スマートフォンユーザーではたいてい入っていることでしょう。 申し込みも借入、返済も全てLINE上で行うことができます。 ネット完結であり、契約は簡単です。 このラインポケットマネーは、みずほ銀行とオリコが行うもので、みずほ銀行のカードローンのノウハウ、オリコでの与信審査を行うことになります。 LINEスコアとは、申し込みのときにあなたの現在の状態を数値にしたものです。 これは、先にキャッシング展開をしているJ. Score ジェイスコア と同じようなもので、いくつかの質問によって、AIで基本的なスコアを算出するものです。 そのスコアの数値で、借入限度額と金利設定がわかります。 その上で、正式にラインポケットマネーの申し込みです、そこから、信用情報の確認だったり、消費者金融でいう審査を行うになります。 現金ではない? ラインポケットマネーの特徴としては、LINE Payにチャージする形で貸付されることになります。 LINE上の決済のためのキャッシングになりますから、ここもJ. Score ジェイスコア とは違います。 Score ジェイスコア では、指定銀行口座に振込の形になりますが、ラインポケットマネーでLINE Payに資金貸付を行う形になります。 ちょっと待った 現金が入手できないという現実的な問題があります。 PayPayなどでは、大々的な宣伝をしていて多くの利用がされているのです。 LINE Payの普及も拡散していますが、その際に不足しがちなLINE Payの資金調達に、ラインポケットマネーが使い手があると言えるでしょう。 キャッシングと違う点では、LINE Payでの支払い重視の方には、チャージの手間が省けるという点ではとても便利でしょう。 金利も大手消費者金融より多少お得という内容ですが、LINE Payでのお買い物がスムーズに行く点では、どうせ借りるのなら、ラインポケットマネーが良いという方も増えそうです。 LINE Payの普及拡大の目的もあるのか、ラインポケットマネーの開始では、じわじわと利用者がこれから増加していくことでしょう。 ラインポケットマネーが開始、LINEスコアって何? ラインポケットマネーの運営は、LINECredit株式会社です。 みずほ銀行もオリエントコーポレーション、LINE Financial株式会社の共同出資のLINEグループ会社で2018年5月に設立されました。 アナウンスとして、2018年にはラインポケットマネーが開始されるとされていましたが、満を持して、2019年9月の開始をしました。 審査のベースはみずほ銀行カードローン みずほ銀行カードローンの審査基準になるとされていて、20歳以上66歳未満の収入がある方。 保証会社の保証を受けられる方です。 ラインポケットマネーの場合は、オリエントコーポレーションの保証が受けられることが必要です。 ちなみにオリエントコーポレーションの保証審査では、在籍確認なしであり、比較的甘いとされている口コミがあります。 審査は甘い 甘いとされるのは、保証会社がオリエントコーポレーションだからという点は大きいです。 最初から、消費者金融カードローンなどでは違う立ち位置であり、限度額も100万円という内容であり、比較的に手にしやすいとされています。 そしてラインポケットマネーの審査の基本になるのは、LINEスコアによるものです。 LINEスコアとは? LINEスコアはLINEを使っていくつかの質問に回答をします。 その回答をAIで審査をします。 基本的な情報(年齢や収入)以外にLINE利用履歴や個人の行動なども加味した信用スコアになります。 ラインポケットマネーだけの審査の根幹として、回答後にあなたの借入額と金利設定がわかります。 この時点で、正式の審査をすることで実際のポケットマネーに申し込みをすることになります。 あなたはいくら借りれる? これが新しいカタチの審査であり、AIを使ったスコアです。 わざわざAIを用いるのは、これからLINEを使ったり、LINEに関係するアプリの利用などで、どんどんと借入額も金利も低くなっていきます。 これは、ラインポケットマネーにとってだけではなく、LINEの上客にはサービスしますよというものです。 ラインポケットマネーのメリット 全ての審査がLINE上ですぐに行うことができます。 そして、できれば何かLINEでできるものをいろいろと使っていくことで、低金利のキャッシングができるという内容です。 ただし、1つこのキャッシングでは、指定銀行に振込とか、カードローンでかりれるのではなく、LINE Payにチャージするものです。 ということで、ラインポケットマネーの利用したいときにはまずはLINE Payのアプリを立ち上げ、利用する準備が必要です。 なんだ、普通のキャッシングではないんだということは良く理解した上で、ラインポケットマネーの申し込みを検討して下さい。 ラインポケットマネーとJ. Score ジェイスコア ラインポケットマネーのサービスが開始されたのですが、先に始動しているJ. Score ジェイスコア との共通点がいくつかあります。 ラインポケットマネーについて LINEのウォレットから申し込みができる、LINE Payにチャージ分の借入ができる無担保ローンです。 LINE アプリ上で、LINE Payの支払いで不足してしまう部分を自由にチャージができるというものです。 LINE株式会社のグループ会社LINE クレジットが行うローンサービスです。 LINE Pay残高で不安なときに即チャージができるという内容です。 キャッシングができる、現金が即入手できる内容とは違います。 Score ジェイスコア とは? J. Score ジェイスコア は、消費者金融と同様のキャッシングサービスです。 借入では指定銀行口座に振込の形で、現金入手ができます。 返済では、電子決済ができるものの、基本的には現金主義です。 ですから、違いとしては、チャージと現金の区別があります。 審査は似ている 共通点で言えば、AIを使った審査の部分です。 それがスコアと言われるもので、2つとも似いくつかの質問回答によって、申込者のスコアを決定します。 Score ジェイスコア はそのままですが、ラインポケットマネーでLINEスコアになります。 共通しているのは、共にそれぞれの会社に有利な行動をしているか?でしょう。 LINEスコアでは、LINEの利用がたくさん行なっているなどですが、J. Score ジェイスコア ではソフトバンクとみずほ銀行の合資会社です。 そこで、スマートフォンがソフトバンクユーザー、ヤフーショッピングしているなどの条件でスコアが上がる点が大きいです。 最低限のスコアはありますが、その他付加される部分では、それぞれ会社に寄り添った行動をしている方は有利です。 ただ、AIで搭載の審査では、新しいカタチであり、AIですから日々活動を変化していくとこで、どんどんと低金利になることができます。 これからのキャッシング? 電子決済をしている、LINE Payで行なっている方ではラインポケットマネーがオススメでしょう。 電子決済の時点でもお得なっていますが、ラインポケットマネーのチャージ加算では手間も省くことができます。 Score ジェイスコア では現金で何かと便利でしょう。 それでもいつもLINE Payを使っているのなら、ラインポケットマネーがメリットが大きいことになります。 気になる金利ですが、実はJ. Score ジェイスコア の上限金利が低い内容です。 返済の点では、J. Score ジェイスコア が良いのかな?と思って下さい。 LINEアプリで、LINE Payを使っているけれど、金利が多少高いのかい?ということ。 一応、J. Score ジェイスコア とラインポケットマネーのAI診断もしてみると、今の自分の行動と金利設定が変わることがわかります。 比較してみるのも良いでしょう。 ラインポケットマネーで現金を作る ラインポケットマネーの審査に通った。 LINEアプリを立ち上げて、LINEスコアでも低金利の無担保ローンができることが決定。 AIで行うスコアリングサービスであり、収入がある20歳以上でしたら、申込ができます。 ラインポケットマネーで現金を手にする方法 ラインポケットマネーは無担保ローンサービスですが、審査に通るとLINE Pay残高でチャージされることでキャッシングの形になります。 普通のカードローンではないので注意が必要です。 LINE Payのチャージしかできない。 現金では手に入らないと思っていたら、手数料を出すと、現金化ができます。 LINE Payのヘビーユーザーでは、決済が不安名ときにラインポケットマネーのチャージは嬉しいでしょう。 LINE モバイルなどの料金の支払いも可能です。 しかし、現金がほしいというときには、指定銀行口座にお金を移すことができます。 手数料として200円(+消費税)がかかります。 最初に銀行口座の登録をしておくことで、その口座にお金移す行為で現金にすることが可能です。 ですから、消費者金融カードローンを別に作ろうとか、チャージしかできないならラインポケットマネーは使えないことはありません。 消費者金融カードローンと同じでも良し ということで、キャッシングの必要がある。 そのときにラインポケットマネーがきになるけれど、このチャージだけという点で諦らめ目ことはありません。 LINE アプリは当然使っています。 その他LINE Payを使用しているのなら当然ですが、基本的にキャッシングができるという点では、ここはカードローンではなく、ラインポケットマネーが良いでしょう。 LINE Pay決済でも対応していますが、現金も手にすることができます。 普通のキャッシングでは自分でチャージですが、ラインポケットマネーでは、ほしいだけ現金化です。 契約後の返済では残高があるとそのまま返済も可能です。 ということは、使いすぎも防止できます。 普段の決済もLINE Payなどの電子決済が何かとお得です。 始まったばかりのラインポケットマネー ラインポケットマネーでは、無担保ローンサービスであり、今開始されたものです。 この開始したばかりの申込では、人数も多い時点では審査通過も期待が持てます。 大手消費者金融よりも低金利の内容も注目であり、今は大手消費者金融ではなく、ラインポケットマネーでしょうというものでしょう。 LINEアプリを使っているのなら、ラインポケットマネーの概要を検討してみて。 大手消費者金融カードローン、銀行カードローンよりもお得かも?という内容でしょう。 ラインポケットマネーの審査基準とは? ラインポケットマネーについての口コミはまだそんなにありません。 注目したい点では、審査内容でしょう。 どんな人でも利用ができるわけではないはず ラインポケットマネーが無担保ローンサービスです。 LINE Payにチャージ残高を借りれるのですが、限度額が100万円になります。 誰でも100万円借りれるのではなく、審査が必要です。 それを最初の関門としているのが、LINEスコアになります。 LINEスコアとは、ラインポケットマネーの申込のときに最初に入力が必要な個人情報です。 そこで20歳以上で収入があることが読み取るこになるのですが、基本的に20歳以上で年収が高いほど借入の内容が良くなる、LINEスコアが高くなります。 そのときに、キャッシングの限度額と金利が決まっていくことになります。 もともとLINEを使っていると登録があると、有利です。 そこで、LINEスコアが決まって、本格的な申し込みになります。 LINEスコアの部分ではラインポケットマネーの申し込みではなく、最初の資格取得のようなものです。 ここからが審査になります。 多分ブラックリストは借入ができない? 保証会社はオリエントコーポレーションです。 ここの審査内容ですが、収入があることが前提で、信用情報の確認をしていくことになります。 それが、ブラックリストがあれば、審査落ちになるでしょう。 クレジットカードやキャッシングの返済をしていないとか、かなり多くの借入があるなどの情報があると、審査に通らないでしょう。 LINEスコアでは、見せかけであり審査落ちも何もないということ。 審査は、オリエントコーポレーションが行うことで決まります。 口コミが上がれば ブラックリストでも借りれたという内容があれば、ありがたいのですが、今はまだ多分ブラックリストの利用ができないでしょう。 みずほ銀行とオリエントコーポレーション、LINE株式会社の合資会社のラインポケットマネーです。 どんな審査内容になっていくのか。 これからの内容ですが、現金ではなくチャージ残高増加であり、使わないとしたらそのまま返済もスムーズです。 そういう点では、審査基準は甘いと言う内容ですが、実際には審査基準がキャッシングとは違う内容とは違うとの批判もありますが。 ゴリゴリのブラックリストの申し込みで、普通に審査通過が出れば、口コミとしても審査内容の確認ができるのですが。 それが分かるのは今ではありません。

次の