霊媒 探偵 城塚 翡翠。 medium霊媒探偵城塚翡翠 ネタバレ厳禁!感想とあらすじ

『medium 霊媒探偵城塚翡翠』(相沢 沙呼)|講談社BOOK倶楽部

霊媒 探偵 城塚 翡翠

こんにちは、つみれです。 先日、 相沢沙呼 あいざわさこ さんの連作短編ミステリー『 medium メディウム 霊媒探偵 れいばいたんてい 城塚翡翠 じょうづかひすい 』(講談社)を読みました。 私の周囲で話題になっていた作品だったので、これは読まなければ!と思いまして、取るものもとりあえず読んでみたわけです。 一言で言いましょう。 おもしろかった! さっそく、感想を書いていきます。 私もそのファンの一人に釣り込まれる形で読むことにしたわけですが、これは確かにおもしろい! とにかく特殊な設定のミステリーであることが魅力の一冊ですね。 特に ロジカルなミステリーが好きな人にはおすすめですよ。 城塚翡翠 「霊媒というのは、生者と死者を媒介する存在です。 だとしたら、僕はあなたの力を、論理を用いて現実へと媒介する、お手伝いをしましょう 」 『medium 霊媒探偵 城塚翡翠』、p. 92 香月史郎 こうげつしろう は推理作家としての推理能力を買われ、数々の難事件を解決してきたというミステリー小説に頻出する設定のキャラクターです 笑 彼が城塚翡翠と出会って、証拠能力のない霊媒由来の情報に論理的で常識的で説得力のある説明を付加していくことで、事件を解決に導いていく。 本作のおもしろさの一端はここにあります。 翡翠の霊媒能力で反則的にわかってしまった事件の真相に対して、香月が後出しジャンケン的に論理の枠に当てはめていくいわば「辻褄合わせミステリー」。 犯人はわかっているのにそれを指摘することができず、なんとかしてその真相に結びつく「証拠」を後から探し出していかなければならないというなかなか類を見ない作品に仕上がっています。 これは新しい! 真相を知りながらそれを容易に指摘できないもどかしさが、読む側になんともいえない緊張感を強いてきます。 警察や他の一般ピープルを、霊視によってわかっている真相にいかに「誘導」するか、という特殊なミステリーを味わうことができるわけです。 この設定には唸りましたね。 いくらこのコンビの設定が魅力的だといっても、霊媒なんてインチキくさい能力使って謎解きするのは反則技だよ!なんて声も聞こえてきそうです。 しかし!なんと、そのあたりについても非常に魅力的な説明がなされているのです。 これ以上書くとネタバレになってしまいそうなのでやめますが、本作は傑作ですよ~! 「奇術におけるこうしたサトルティは、推理小説にも転用できそうじゃありません? わかりやすい謎を提示し、あえて読者に解かせ、それを解決しないまま物語を進めて、まったく違う答えや隠されていた最大の謎を示すのです 」 『medium 霊媒探偵 城塚翡翠』、p. 320 読んでいた人の大半が、 ぬああああぁぁぁぁーーーー!! となるところです 笑 作者の手のひらの上で踊らされる、なんてことはミステリーを読んでいればよくあることですが、これはやられた!すごい!くやしい!おもしろい! 短編全ておもしろいのですが、 最後まで読むと、それ以前の短編がいっそうおもしろさを増すというすさまじい構成になっています。 きっと 笑 いいミステリーでした!! 終わりに いやー、これは本当におもしろかった。 帯にある「全てが、伏線。 」という煽り文句は正直あまり好きではありませんが、そう評価したくなるのもわかるというものです。 設定からして特殊ミステリーといった感じですが、ぜひとも最後まで読んでいただきたいですね。 上の方でも書きましたが、ロジカルなミステリーが好きな人にはおすすめの一冊です。 つみれ.

次の

medium霊媒探偵城塚翡翠 ネタバレ厳禁!感想とあらすじ

霊媒 探偵 城塚 翡翠

2020年本屋大賞ノミネート! 三冠 1位獲得! 「このミステリーがすごい!」2020年版国内篇 「本格ミステリ・ベスト10」2020年版国内ランキング 「2019年ベストブック」(Apple Books)2019ベストミステリー 推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。 彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。 しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。 一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。 一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。 最後まで読み切った人としか…… 含み笑い。 /有栖川有栖 自ら禁じ手としていた殺人事件を解禁した相沢沙呼はやはり強かった……。 /青崎有吾 「全てが、伏線」の初刷帯に偽りなし。 二度言います。 /井上悠宇 帯でハードルを上げまくったのは正しかったと納得。 というか感嘆。 これは相沢沙呼にしか書けない傑作だと思う。 /芦沢央 これはまさに超力作の傑作。 僕は特殊ミステリの最新形態と呼びたいです。 特殊性をああ使うとは!/今村昌弘 同年輩の本格ミステリの作家として「嫉妬」を覚えるほどの作品だった、というのが最大の褒め言葉になるのではないでしょうか。 /鵜林伸也 一冊の本を書くためにここまでやるか、という……。 同じ作家として、その熱意を見習わなければいけないと思いました。 /岡崎琢磨 この本は「叫ぶ」だけじゃない。 本格だった。 純粋に「ミステリとして」おもしろかった。 あと翡翠ちゃんはもちろん可愛いです。 /織守きょうや 読んでいる間中翻弄され倒したのが面白かったです。 翡翠ちゃん可愛い!は本当のことです。 /斜線堂有紀 この作品は「2、3年後に文庫化してから」ではなく今読んだ方が絶対楽しいやつです。 理由は読めば分かります!/似鳥鶏 完全に掌の上で転がされました。 脱帽です。 「2019年最驚のミステリ」という惹句も絶賛の声も大げさじゃない。 /葉真中顕 最後まで読んで全てにやられました……。 何を言っても野暮になる。 相沢さんにしかお書きになれない作品です!/降田天 著: 【相沢沙呼(あいざわ・さこ)】 1983年埼玉県生まれ。 2009年『午前零時のサンドリヨン』で第19回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。 2011年「原始人ランナウェイ」が第64回日本推理作家協会賞 短編部門 候補作、2018年『マツリカ・マトリョシカ』が第18回本格ミステリ大賞の候補作となる。 繊細な筆致で、登場人物たちの心情を描き、ミステリ、青春小説、ライトノベルなど、ジャンルをまたいだ活躍を見せている。 『小説の神様』(講談社タイガ)は、読書家たちの心を震わせる青春小説として絶大な支持を受け、実写映画化(2020年公開)が発表されている。 本作で「このミステリーがすごい!」2020年版国内篇 第一位、「本格ミステリ・ベスト10」2020年版国内ランキング 第一位、「2019年ベストブック」(Apple Books)2019ベストミステリーの三冠を獲得した。

次の

【感想】『medium 霊媒探偵 城塚翡翠』/相沢沙呼:すべてが、伏線!?

霊媒 探偵 城塚 翡翠

2020年本屋大賞ノミネート! 三冠 1位獲得! 「このミステリーがすごい! 」2020年版国内篇 「本格ミステリ・ベスト10」2020年版国内ランキング 「2019年ベストブック」 Apple Books 2019ベストミステリー 推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。 彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。 しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。 一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。 一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。 最後まで読み切った人としか…… 含み笑い。 本年度の必読作です! 二度言います。 というか感嘆。 これは相沢沙呼にしか書けない傑作だと思う。 僕は特殊ミステリの最新形態と呼びたいです。 特殊性をああ使うとは! 同じ作家として、その熱意を見習わなければいけないと思いました。 本格だった。 純粋に「ミステリとして」おもしろかった。 あと翡翠ちゃんはもちろん可愛いです。 翡翠ちゃん可愛い! は本当のことです。 理由は読めば分かります! 脱帽です。 「2019年最驚のミステリ」という惹句も絶賛の声も大げさじゃない。 何を言っても野暮になる。 相沢さんにしかお書きになれない作品です! 2009年『午前零時のサンドリヨン』で第19回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。 2011年「原始人ランナウェイ」が第64回日本推理作家協会賞 短編部門 候補作、2018年『マツリカ・マトリョシカ』が第18回本格ミステリ大賞の候補作となる。 繊細な筆致で、登場人物たちの心情を描き、ミステリ、青春小説、ライトノベルなど、ジャンルをまたいだ活躍を見せている。 『小説の神様』 講談社タイガ は、読書家たちの心を震わせる青春小説として絶大な支持を受け、実写映画化 2020年公開 が発表されている。 本作で「このミステリーがすごい! 」2020年版国内篇 第一位、「本格ミステリ・ベスト10」2020年版国内ランキング 第一位、「2019年ベストブック」 Apple Books 2019ベストミステリーの三冠を獲得した。

次の