エルディア。 Hotel Eldia Yamanashi

エルヴァンディアストーリーとは (エルヴァンディアストーリーとは) [単語記事]

エルディア

エルヴァンディアストーリーとは、がするである。 概要 発売・開発元はでにで発売された。 価格は税込で円。 : ・脚本:いしぜきひで ・コン:&則 美術設定: クソゲーとされる理由 本作はとしても名高いが、その原因としては、• 発売される半年前にでされる。 が以下。 のが低すぎて緊感がい(例:していても一人でを倒せる)• がの連続で置いてけぼり、時々もおかしい。 中にのが登場する。 )、:というのせいで、にも関わらず初週で約1万本もの売り上げを出す。 そのっぷりと度から「」のも生まれた。 その出来により度にノミネートされ、惜しくも次点となったものの、大賞を受賞した「」があまりにを感じさせる内容だったことに対し、こちらは数々のなどから笑えるとして評価された。 のエルヴァンディアストーリーに貼られた上記と、の行動前に掛けが入るがいつの間にか混ざってしまったようだ。 ディアの部分をいろいろ変えて、に特攻する際の掛けとして使われるようになった。 他作品との類似点 発売の本作はにから発売されたとよく似た部分がある。 の計算式が必殺の発動時を除いて全て同じ。 移動の種類と地形にかかる移動の一致。 で上がる数値の。 (と、と、と炎のの・・・)• 成長率の。 (突撃兵の闇上級職の猛将と)• 最大パラメーターの。 (と、と、両とも同名職で・・・)• その必殺の計算式もの戦・と同じ 向こうは係数が2• を鍵や鍵開けで開けずに、攻撃して破壊することができる。 攻撃を仕掛けた位置で時の位置が変わる。 を除くがのと本作のュは同じ。 ついでにの攻撃モーションも似ている。 名前 Lv 魔 技 幸運 守備 魔防 移動 ャー 1 19 5 1 6 7 6 5 0 6 :D 名前 Lv 体 魔 器用 敏捷 幸運 物防 魔防 移動 ュ 1 20 5 1 6 7 6 5 0 6 :B :C• 下級職のの値が3なのも、その中身も全く同じ。 魔 技 幸運 守備 魔防 体 器用 敏捷 物防 A 20 15 20 20 20 15 B 20 15 20 20 20 20 C 10 20 20 20 10 20 ストーリー• 共通(1~6章):ディアを救うため立ち上がるュ。 6章終了時にラン、ヴァルモン、の内が生き残るかで、進むが決まる。 6章の、ロ撃破時にから最も離れた位置にいるが生き残り、上記が同じ場合から最も離れた位置にいるが生き残る。 上記の2つが同じ場合、または、ヴァルモン、ランのが時は()、闇()、(20)の分岐。 なお、どのでもは死にます。 キャラクター ュ 14。 判断を誤りが死ぬ原因をつくった。 崩落に巻き込まれて死ぬ。 ュの従者。 がいるという設定が説明書に書いてあるが、だけの設定。 他ので敵やとして出てきても反応しない。 スタンリー 15 の親友。 闇では26章で離脱する。 フロロ にを教わっていたが芽が出ず、を離れを学ぶを選んだ。 ュやスタンリーの。 ではし他は崩落に巻き込まれて死ぬ。 ラン の闘将。 妻と2歳のがいるが内で描写されない。 ではし他は崩落に巻き込まれて死ぬ。 ヴァルモン 24 王の重臣で護衛。 を放した隙にが殺されたり、書の保管庫の鍵を盗まれたりする。 闇でするが終盤ので結局、死ぬ。 27 ュ、の。 故人だが、闇のみしている設定。 偽名でになるが説明書にはそっちの偽名でと書かれているというをしている。 ーデ 27 ゲの暗。 のを予知し救いに来た。 自らの記憶を封印しとで全てをに包んでいる。 パ 大。 このはマグダフがランのを彼から盗んだことから始まったので、。 マグダフ パの一番子だった男。 ある事件をきっかけにして対立したそうだがその内容について内で描写されていない。 ゲ王宰相となりを起こした本人。 このの。 でのを崩壊させる。 ラン 闇の。 このの。 でのを崩壊させる。 関連リンク•

次の

エルディア (えるでぃあ)とは【ピクシブ百科事典】

エルディア

エルヴァンディアストーリーとは、がするである。 概要 発売・開発元はでにで発売された。 価格は税込で円。 : ・脚本:いしぜきひで ・コン:&則 美術設定: クソゲーとされる理由 本作はとしても名高いが、その原因としては、• 発売される半年前にでされる。 が以下。 のが低すぎて緊感がい(例:していても一人でを倒せる)• がの連続で置いてけぼり、時々もおかしい。 中にのが登場する。 )、:というのせいで、にも関わらず初週で約1万本もの売り上げを出す。 そのっぷりと度から「」のも生まれた。 その出来により度にノミネートされ、惜しくも次点となったものの、大賞を受賞した「」があまりにを感じさせる内容だったことに対し、こちらは数々のなどから笑えるとして評価された。 のエルヴァンディアストーリーに貼られた上記と、の行動前に掛けが入るがいつの間にか混ざってしまったようだ。 ディアの部分をいろいろ変えて、に特攻する際の掛けとして使われるようになった。 他作品との類似点 発売の本作はにから発売されたとよく似た部分がある。 の計算式が必殺の発動時を除いて全て同じ。 移動の種類と地形にかかる移動の一致。 で上がる数値の。 (と、と、と炎のの・・・)• 成長率の。 (突撃兵の闇上級職の猛将と)• 最大パラメーターの。 (と、と、両とも同名職で・・・)• その必殺の計算式もの戦・と同じ 向こうは係数が2• を鍵や鍵開けで開けずに、攻撃して破壊することができる。 攻撃を仕掛けた位置で時の位置が変わる。 を除くがのと本作のュは同じ。 ついでにの攻撃モーションも似ている。 名前 Lv 魔 技 幸運 守備 魔防 移動 ャー 1 19 5 1 6 7 6 5 0 6 :D 名前 Lv 体 魔 器用 敏捷 幸運 物防 魔防 移動 ュ 1 20 5 1 6 7 6 5 0 6 :B :C• 下級職のの値が3なのも、その中身も全く同じ。 魔 技 幸運 守備 魔防 体 器用 敏捷 物防 A 20 15 20 20 20 15 B 20 15 20 20 20 20 C 10 20 20 20 10 20 ストーリー• 共通(1~6章):ディアを救うため立ち上がるュ。 6章終了時にラン、ヴァルモン、の内が生き残るかで、進むが決まる。 6章の、ロ撃破時にから最も離れた位置にいるが生き残り、上記が同じ場合から最も離れた位置にいるが生き残る。 上記の2つが同じ場合、または、ヴァルモン、ランのが時は()、闇()、(20)の分岐。 なお、どのでもは死にます。 キャラクター ュ 14。 判断を誤りが死ぬ原因をつくった。 崩落に巻き込まれて死ぬ。 ュの従者。 がいるという設定が説明書に書いてあるが、だけの設定。 他ので敵やとして出てきても反応しない。 スタンリー 15 の親友。 闇では26章で離脱する。 フロロ にを教わっていたが芽が出ず、を離れを学ぶを選んだ。 ュやスタンリーの。 ではし他は崩落に巻き込まれて死ぬ。 ラン の闘将。 妻と2歳のがいるが内で描写されない。 ではし他は崩落に巻き込まれて死ぬ。 ヴァルモン 24 王の重臣で護衛。 を放した隙にが殺されたり、書の保管庫の鍵を盗まれたりする。 闇でするが終盤ので結局、死ぬ。 27 ュ、の。 故人だが、闇のみしている設定。 偽名でになるが説明書にはそっちの偽名でと書かれているというをしている。 ーデ 27 ゲの暗。 のを予知し救いに来た。 自らの記憶を封印しとで全てをに包んでいる。 パ 大。 このはマグダフがランのを彼から盗んだことから始まったので、。 マグダフ パの一番子だった男。 ある事件をきっかけにして対立したそうだがその内容について内で描写されていない。 ゲ王宰相となりを起こした本人。 このの。 でのを崩壊させる。 ラン 闇の。 このの。 でのを崩壊させる。 関連リンク•

次の

エルディア カフェ&バー (eldia cafe&bar)

エルディア

概要 始祖「」が「大地の悪魔」と契約して手に入れた巨人の力を、その死後に9つに分割し、その武力をもって作り上げた帝国。 またはその国の人々を指す。 歴史 1800年以上前、部族でしかなかったエルディアは、始祖「」が「大地の悪魔」と契約して得たの力で領土を広げていった。 それから13年後ユミルの死後、その力を九つに分け、「」が誕生。 以降、エルディア帝国は「」の力を得て大国・を倒し、約1700年間大陸の支配者となった。 その間他民族から土地や財産を奪い、繁殖させ人口を増加させた。 だが、マーレによる内部工作がエルディア人同士の内戦を起こし、帝国は弱体化。 マーレはその隙を突いて「九つの巨人」のうち7つを奪うことに成功し、100年前の巨人対戦に勝利する。 そんな中、「始祖の巨人」を継承した145代目フリッツ王は戦いを拒否し、国民を連れてに逃亡。 「始祖」の力を使って三重の壁を築き、その中に引きこもった。 パラディ島に移らず大陸に残されたエルディア人や、フリッツ王に反対した王族などは、復活したマーレにより現在に至るまで隔離政策が施され、強制収容区で暮らしている。 エルディア人 始祖「ユミル・フリッツ」の末裔である人々であり、 巨人化できる人種全てを指す。 よって、パラディ島の壁内人類も移住したエルディア人の末裔にあたる。 別名 「ユミルの民」。 上記により大昔に巨人の力によって大陸を支配していたため、マーレや他国からは危険視されている存在。 また、巨人化できる体質からマーレ人はエルディア人を同じ人間としてみていない者も多く、 「悪魔の血」「悪魔の民」として軽蔑対象となっている。 収容区で暮らすエルディア人は、市内とは壁を隔てて暮らしている。 屋外に出るには腕章の着用が義務付けられており、市内に出るには外出許可書が必須。 違反した場合は、子供であっても強制労働や制裁が科せられ、最悪となる。 ちなみにのように、混血であってもエルディア人の血をひいていれば巨人化能力も受け継がれ、エルディア人扱いとなる。 名誉マーレ人 詳しくはの項目を参照。 「」となったエルディア人の家族は、マーレ国の中でも自由に暮らすことができる。 エルディア復権派 マーレの内通者である通称「」によって組織された、エルディア人の反体制地下組織。 目的はマーレと同じく「始祖の巨人」を奪還し、エルディアの自由を取り戻すこと。 同胞の証として、胸に十字の傷を刻んでいる。 主なメンバーは「フクロウ」を含む、グリシャ・イェーガー、、、。 pixiv内にて記事がある者のみ記載 だか、リーダー的存在であったグリシャの息子・ 当時7歳 によって復権派は密告され、全員パラディ島送りとなった。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の