佐藤健 泣く。 吉岡里帆は佐藤健と破局も現場号泣で未練!?カレンダーもCM人魚も非難殺到!脱がない理由は!?

佐藤健がついに嫉妬!? 『恋はつづくよどこまでも』七瀬を狙うイケメン御曹司も登場!|Real Sound|リアルサウンド 映画部

佐藤健 泣く

スピーチで永野芽郁を泣かせた佐藤健 2月7日、優れた映画やテレビドラマ、スタッフらを表彰するエランドール賞の授賞式が開催された。 日本映画テレビプロデューサー協会が選定する賞で、特に新人俳優を対象としたエランドール賞新人賞は、その後の活躍を約束するものだ。 今年は、6人の受賞者のうち、永野芽郁(19才)、志尊淳(23才)、そして中村倫也(32才)の3人が、大ヒットしたNHK連続テレビ小説『半分、青い。 』の出演者。 新人賞の半分をまさに青く染め上げた。 永野が演じた鈴愛の幼なじみ・律を演じた佐藤健(29才)は不在と思われたが、永野が受賞スピーチを終えると、花束を持ってステージに佐藤が現れ、会場を沸かせた。 そして、主役を奪うかのような輝きを放った。 佐藤は司会者に促されると、静かな口調で語り出す。 《現場では永野さんに驚かされてばかりの日々でした》 横でニヤニヤする永野に対しては「いや、笑うところじゃないから!」とツッコんで笑いを誘い、「ちょっと近いな!」と距離をとり、再びマイクの前に。 朝ドラの現場は撮影量が多いこと、鈴愛はよく泣く子という設定のため、永野は一日に何度も泣いていたことを紹介する。 《だから一日に何回も泣きのシーンがあってそんな日々が毎日続く中で、彼女は必ず毎回1テイク目で最高の演技を見せてくれるんです。 もう何食わぬ顔であまりにも簡単そうに毎回一発OKを出すものですから、次第に我々は『いや、本当にすごいね~』とか言いながら『彼女は泣ける子だから大丈夫だから』とニコニコしながらそれを当たり前のことにしてしまっていたんですけども、永野さんは弱音を吐かないだけで、苦しい顔を僕たちに見せないだけで、裏ではそのシーン一つ一つにどれだけ準備をして気持ちを高めて現場に向かい、心を削って演技をしていたのか、一番近くで見ていた同業者のひとりとして、少しは理解しているつもりです》 永野は次第に目をうるませていく。 よどみなく連なるこれらの言葉は、佐藤自身が考えたものだという。 「彼は頭もキレるし、自分の言葉を持っている人。 中学の時は全教科で学年トップの成績を収めたこともあり、高校は地元の進学校に進んでいます。 今回、永野さんだけでなく、会場全体が彼のスピーチに聞き惚れ、目頭を熱くさせていました」(スポーツ紙記者) 佐藤の言葉はこう続く。 《スタッフ、キャストを代表して改めて感謝の言葉を伝えさせていただきたいと思います。 『半分、青い。 』はあなたの存在なくしてはありえませんでした。 18才の10か月間という大変貴重な時間を、この作品に捧げてくれて、本当にありがとうございました》 小さく頭を下げると、隣の永野はがまんならなかったのか、目元を手で拭い顔をクシャクシャにした。 そんな永野をエスコートし、彼はステージを降りた。 佐藤の存在なくしては、あの朝ドラはありえなかった。

次の

『恋つづ』佐藤健 ベンチシーン圧巻の表情に反響「目の演技最高」

佐藤健 泣く

誰だって好きな俳優の一人や二人は居ると思うけど、オレも好きな俳優は居る。 若手の俳優なら 林遣都、 竹内涼真、 神木隆之介・・・ 数え上げたらキリが無い。 まぁ、イケメンって言われる男優は、ほぼチェックしてるんだけどなww いつも言ってるけど・・・ イケメンは国の宝!ww で、その中でもオレのイチオシが・・・ 佐藤健! って事で、今回は佐藤健の主演ドラマ 『とんび』の話を書いてみようか。 三連休なんでね、久々に 『とんび』を1話から最終回(10話)まで通して観た。 もちろん徹夜なんだけど、このドラマ、もう何回も繰り返し観てる。 何度観たか分からないぐらい観てるぞ。 で、観るたびに・・・ 泣く! オレにとっては 「死ぬまで忘れられないドラマ」だ。 で、ドラマの話の前に、 『とんび』について書いておくと、原作は 重松清の同名小説。 この小説も涙が止まらない小説で、オレの超お気に入り。 なので、何度かブログでも書いてる。 どういう小説かを簡単に書くと、 昭和三十七年、ヤスさんは生涯最高の喜びに包まれていた。 愛妻の美佐子さんとのあいだに待望の長男アキラが誕生し、家族三人の幸せを噛みしめる日々。 しかしその団らんは、突然の悲劇によって奪われてしまう。 アキラへの愛あまって、時に暴走し時に途方に暮れるヤスさん。 我が子の幸せだけをひたむきに願い続けた不器用な父親の姿を通して、いつの世も変わることのない不滅の情を描く。 魂ふるえる、父と息子の物語。 ~背表紙~ って物語だ。 不器用な父、まわりの愛情に包まれて優しい人間に育っていく息子・・・。 小説では息子が産まれたところから、結婚して子供が産まれるまでの20数年間を描いてるんだけど、このの20数年間が文庫本一冊にまとめられてる。 すごい 濃密な物語だ。 超お気に入りの小説がドラマ化されるとなると、そりゃ観るだろ。 このドラマを観るまでは、佐藤健の事は詳しくは知らなかったんだけどね。 仮面ライダーだろ!? ぐらいの認識しかなかった。 NHKの大河ドラマ 『龍馬伝』にも出演してたそうだけど、あいにく 『龍馬伝』は観てないのだ。 だって・・・ 坂本龍馬、嫌いだから!ww で、佐藤健を初めて観たのは 『とんび』なんだけど、それこそ・・・ 大号泣! 1話から泣けるんだけど、回を追うごとに泣かせ所が増えてきて。 最終回を観終わった時には放心状態。 それぐらい良く出来たドラマ。 このドラマ、原作とは10年ぐらい時代をズラしてるんだけど、その他は概ね原作に忠実に描かれてる。 父親は 内野聖陽、息子に 佐藤健(高校~大人まで)。 このお父さんの内野聖陽も良い! 息子のためなら一生懸命、ただ息子の幸せだけを願ってる父親。 妻が事故で死んだ後も、亡き妻と残された息子の事だけを思い続ける父親・・・。 何か事あるごとに、妻の写真に話しかけるんだけど、これが・・・ たまらん!(涙) 妻への愛情と感謝が体中から滲み出てる。 息子を演じる佐藤健も負けてないぞ。 オレが個人的に好きなシーンをいくつか挙げると・・・ 最初は東京の大学に行く事に反対してた父だけど、 早稲田大学に合格して佐藤健が東京に旅立つ日。 優しい口調で父親に話しかける息子。 照れもあるのか、トイレに逃げ込む父親。 そして、トイレのドア越しに会話をする親子。 佐藤健が言うんだけど、 東京に行かせてくれて、ありがとう・・・ 表情といい、声の調子といい・・・ 最高すぎる!(涙) 息子が家を出たあと、靴も履かずに家から飛び出して息子を見送る父親・・・。 もうね、このシーンは何度観ても、涙が ブワッと出てくる(泣) 原作でもこの場面は大号泣したけど、ドラマでも大号泣だ。 結婚したい人が居るんだ 息子が連れてきたのは、7歳年上の離婚歴のある女性。 しかも子持ち・・・。 最初は反対する父親だけど・・・。 この辺りも泣かせどころが多いな。 女性の連れ子は幼稚園児ぐらい。 この子の演技も目を見張るものがある。 家出をして一人で内野聖陽のところへ来るんだけど、それを迎えにきた佐藤健・・・。 この子なりに、小さな胸に悩みを抱えてるんだけど、それが家出という形になってしまうんだけどね。 実の子じゃない子に向かって、佐藤健が言う・・・ どれだけ心配したと思ってるんだ! 大きな声で怒ったあと、頬をバシッと叩く・・・。 そして、抱きしめながら、 もう、こんな事はするな・・・ オレは、またまた号泣だ(涙) そりゃ、1回や2回は泣く映画やドラマは多いけど、 『とんび』のように 観るたびに泣かせてくれるドラマは珍しいぞ。 共演陣も誠実な演技で 野村宏伸、 常盤貴子等々、実に素晴らしい。 もうね、 『とんび』を読んでない人には、声を大にして言いたいけど・・・ 読め! で、 『とんび』を観てない人にも声を大にして言いたいけど・・・ 観ろ!ww そういえば、佐藤健の 『とんび』は2013年の TBS版なんだけど、前年の2012年には NHKでもドラマ化されてる。 こちらのお父さん役は 堤真一、息子は 池松壮亮。 もちろん、こちらのドラマも観てるけど・・・ 泣けなかった(涙) いつものバイト君の下書きチェック バイト君: とんび愛ww お前だって、本を読んで泣いただろうが・・・ バイト君: たしかに、これは良い話! だろ!? ドラマも最高だわ・・・ 佐藤健になら、何されてもいいわ^^ バイト君: ・・・・・・ ・・・・・・ バイト君: 何もしてくれないと思います!ww ・・・・・・ Amazonプライム・ビデオでも視聴できます! TBS版 『とんび』.

次の

“天堂担”激増中!佐藤健「恋つづ」から『るろ剣』まで計り知れないその魅力

佐藤健 泣く

スピーチで永野芽郁を泣かせた佐藤健 2月7日、優れた映画やテレビドラマ、スタッフらを表彰するエランドール賞の授賞式が開催された。 日本映画テレビプロデューサー協会が選定する賞で、特に新人俳優を対象としたエランドール賞新人賞は、その後の活躍を約束するものだ。 今年は、6人の受賞者のうち、永野芽郁(19才)、志尊淳(23才)、そして中村倫也(32才)の3人が、大ヒットしたNHK連続テレビ小説『半分、青い。 』の出演者。 新人賞の半分をまさに青く染め上げた。 永野が演じた鈴愛の幼なじみ・律を演じた佐藤健(29才)は不在と思われたが、永野が受賞スピーチを終えると、花束を持ってステージに佐藤が現れ、会場を沸かせた。 そして、主役を奪うかのような輝きを放った。 佐藤は司会者に促されると、静かな口調で語り出す。 《現場では永野さんに驚かされてばかりの日々でした》 横でニヤニヤする永野に対しては「いや、笑うところじゃないから!」とツッコんで笑いを誘い、「ちょっと近いな!」と距離をとり、再びマイクの前に。 朝ドラの現場は撮影量が多いこと、鈴愛はよく泣く子という設定のため、永野は一日に何度も泣いていたことを紹介する。 《だから一日に何回も泣きのシーンがあってそんな日々が毎日続く中で、彼女は必ず毎回1テイク目で最高の演技を見せてくれるんです。 もう何食わぬ顔であまりにも簡単そうに毎回一発OKを出すものですから、次第に我々は『いや、本当にすごいね~』とか言いながら『彼女は泣ける子だから大丈夫だから』とニコニコしながらそれを当たり前のことにしてしまっていたんですけども、永野さんは弱音を吐かないだけで、苦しい顔を僕たちに見せないだけで、裏ではそのシーン一つ一つにどれだけ準備をして気持ちを高めて現場に向かい、心を削って演技をしていたのか、一番近くで見ていた同業者のひとりとして、少しは理解しているつもりです》 永野は次第に目をうるませていく。 よどみなく連なるこれらの言葉は、佐藤自身が考えたものだという。 「彼は頭もキレるし、自分の言葉を持っている人。 中学の時は全教科で学年トップの成績を収めたこともあり、高校は地元の進学校に進んでいます。 今回、永野さんだけでなく、会場全体が彼のスピーチに聞き惚れ、目頭を熱くさせていました」(スポーツ紙記者) 佐藤の言葉はこう続く。 《スタッフ、キャストを代表して改めて感謝の言葉を伝えさせていただきたいと思います。 『半分、青い。 』はあなたの存在なくしてはありえませんでした。 18才の10か月間という大変貴重な時間を、この作品に捧げてくれて、本当にありがとうございました》 小さく頭を下げると、隣の永野はがまんならなかったのか、目元を手で拭い顔をクシャクシャにした。 そんな永野をエスコートし、彼はステージを降りた。 佐藤の存在なくしては、あの朝ドラはありえなかった。

次の