桐生競艇特徴。 桐生競艇場にはどんな特徴があるか?具体的なデータと共に確認しよう

桐生競艇 ライブ中継&リプレイ

桐生競艇特徴

桐生競艇場の基本情報 桐生競艇場 ボートレース桐生 は 群馬県みどり市 桐生市との境目付近 にある競艇場です。 阿左美沼と併設した立地で、1956年にオープンして1997年には日本の競艇場で初めてナイター開催をした実績を持ちます。 電車でのアクセスは東武線・新桐生駅からの無料タクシー、JR岩宿駅からの無料巡回を活用すると便利です。 ボートレース場の中では、 ビーフシチューが名物料理になっていて、正門入り口にある高沢食堂の鳥モモは競艇業界では有名で、これを目当てに桐生に足を運ぶ人も多いです。 桐生競艇場の 特徴 桐生は日本のボートレース場の中でも最北部に位置していて、 標高が高いのでモーターのパワーが弱まります。 沼を活用して作られた競艇場なので水は淡水。 冬から春にかけては「赤城おろし」と呼ばれる強い風が吹き水面が荒れやすく、夏は穏やかになるなど季節ごとで水面の傾向が変わってきます。 赤城おろしの偏西風が吹く季節は追い風になり、モーターエンジンの特性から気温が低くなるとエンジン空気中の体積の変化によって出力が強まる傾向があります。 こうした環境によって冬になると、スタート時の加速がつきやすく、 1コースが不利になりやすい特性があります。 コース別成績 2017. 1~2018. 31 勝率 1着率 2連対率 3連対率 1コース 7. 59 49. 69 15. 19 12. 09 13. 4 27. 05 1. それでも、全国の競艇場のなかでは1コースが不利になる外部環境があるコースです。 特に冬場は追い風と水面の影響で4枠のスタートダッシュが有利になります。 数字で見ると、追い風6m以上でも1コースの1着率は46. これは、地元選手が桐生の特性を掴んでいることを意味します。 また、桐生はナイターが多い競艇場ですが、18時以降のナイターレースで見ると1コースの1着率が 56. これはナイター特有の距離感が掴みにくく外側のコースが不利になる特性が影響しています。 ナイターレースで、より安定した収支を望むのであれば、 ナイターに特化した競艇予想サイト「」の利用は欠かせないでしょう。 ナイターならではの特殊要素を知り尽くした実績のあるサイトはここ以外にはないです。 参考元: 主な 開催レース• 周年記念 G1 赤城雷神杯• 企業杯 G3 サッポロビールカップ SG開催実績 1971年 第17回モーターボート記念競走 1976年 第22回モーターボート記念競走 1982年 第29回全日本選手権競走 1986年 第33回全日本選手権競走 1995年 第05回グランドチャンピオン決定戦競走 1998年 第25回笹川賞競走 2005年 第10回オーシャンカップ競走 2006年 第52回モーターボート記念競走 2007年 第12回オーシャンカップ競走 2010年 第57回全日本選手権競走 2012年 第58回モーターボート記念競走 2016年 第62回ボートレースメモリアル 2019年 第22回チャレンジカップ ナイター・2019年11月19日開催 桐生の定期開催レース 桐生競艇場では SG・GIを除く全開催日に以下の条件レースを定期開催しています。 一攫千金レース ・第1R A級選手が4号艇、その他がB級選手 ・第6R A級選手が1号艇、その他がB級選手 いちごレース ・第8R 1号艇と5号艇がA級選手、残りがB級選手.

次の

【桐生競艇場】日本最北端のボートレース場の特性とは

桐生競艇特徴

全国24箇所の競艇場 競艇場は 全国に24箇所あります。 数字からもわかるように各都道府県にあるわけではありません。 その中で 最北に位置するのは群馬県の桐生競艇場です。 つまり東北や北海道には競艇場は1つもないのです。 これらの地方は冬になると河川や湖が凍結してしまうことから競艇を開催するのに適さないということで、このような配置になっているようです。 したがって、東北や北海道に在住の方にとっては競艇は馴染みにくい環境となっていますが、 舟券も買えない、というわけではありません。 全国各所にある ボートピアという場外発売上に行くか、もしくは テレボートというネット上で舟券を購入できるサービスを利用することで、全国のどこでも競艇を楽しむことは可能です。 競艇場によって異なる 特徴 全国に24箇所ある競艇場ですが、どこに行っても同じというわけではなく、 レース場の形や水質、風向きまで異なるため予想の仕方もかなり変わってきます。 レース場の形によって内外の有利不利やレース展開が変わりますし、風向きなどはスタート後の展開にもろに影響します。 競艇をより深い部分で楽しめるようになるには、このあたりの予備知識は必須となります。 また、各競艇場によってプロモーションの仕方や来場者へのサービスなども異なるようです。 これから行くつもり、または行ってみたい競艇場がもしあるのであれば、 こちらのページの一覧からその競艇場について事前に調べておくとよいでしょう。 各所の特徴を詳しく見てみよう こちらのリンクから各競艇場の詳細を確認することができます。 実際にこれから行ってみたいところ、行ってみて興味が沸いたところ、開催レースの予想をしたいところなど、とにかくその競艇場について詳しく知りたい方は読んでみてください。 SGレースで勝負したいなら 現競艇のレースにおいてもっとも高いグレードである 「SG」。 年間で数えるほどしかこのレースがないこともあり、開催される競艇場は限られています。 具体的には 戸田・福岡・多摩川・常滑・大村・児島・桐生・住之江がこれに該当しますが、SGレースを得意とする競艇予想サイトは存在します。 また、競艇予想サイトとしては全国から万遍なく会員を集めたい、という意図もあり、特定の競艇場に絞っていることを公表したがらないところもあります。 ブルーオーシャンはその最たる例かもしれません。 基本的に優良なサイトということもあり、元から人気がありますが、 SGレースを特に得意としています。 ブルーオーシャンの特徴 競艇記者歴15年のMr. オーシャンが運営する予想サイト。 運営者自身の経験や人脈を活かした予想スキームと実績に定評があります。 予想スタイルはコロガシをメインとしていますが、SGが開催される日もそれは変わらないようです。 その日の終盤に開催されるメインレースで コロガシの成功を収めたときの快感はこの上ないものがあります。 SGレースを今までとは違った次元で楽しむ、ブルーオーシャンならそれが可能となります。

次の

桐生競艇場にはどんな特徴があるか?具体的なデータと共に確認しよう

桐生競艇特徴

水面特徴 全国の競艇場の中でもかなり狭い鳴門競艇場の第1ターンマーク 夏は比較的穏やかな水面をしていますが、冬から春にかけて「からっ風」「赤城おろし」といった強い風が吹き荒れる日が多く、基本的には地元勢の選手が有利になりやすい水面になります。 水面が荒れる際には安定板の出番も増えるのでインコースが有利になりますが、標高が高く、気圧が低い為、出足が落ちてしまいダッシュ勢にも勝機は見えてきます。 気圧が低い事は、スタートにも影響を及ぼします。 回転が上がらず、スタートの起こしや行き足が不安定になりやすくなり、結果「スタートが分からない」と嘆く選手が多くなります。 そのため、選手の平均スタートタイミングよりもその節でスタートが決まっているか?を見極めることの方が大事になってきます。 各コースの勝率 カド位置からのスタートの選手の登場が多く、全国の競艇場の中ではインコースは弱い方である。 具体的には第1レースは4号艇にA級選手、それ以外がB級選手。 第6レースはA級選手が1号艇、それ以外がB級選手というレースが開催日に組み込まれています。 水面の広さは平均並 水面の広さは全国の平均並みですが、ピットから2マークまでの距離が165mと全国的にも長い距離があるので、ピット離れが良ければ、より内側のコースを取る事が可能になります。 なのでピット離れの良し悪しがレース結果に大きく左右されるボートレース場です。 ホームページの充実 半周ラップ、回り足等、ボートレース桐生(桐生競艇)オリジナルのタイム情報を発表していたり、ホームページにはレース直前情報やオリジナルランキングを発表したりと独自性が随所に見られ信頼性も高いです。 まとめ 2016年より、ボートレースの魅力発信のために、Twitterにて競艇予想屋を名乗りボートレースの予想を行う。 本業はIT関連。 休日は美術館や現代アートを鑑賞する等、多趣味。 関連する記事• 「ボートレース大村(大村競艇)」 目次 1. 水面特徴1. 1コースの1着率はNo. 2マークは「差し」を得意とする選手が有利1. […]• 「ボートレースとこなめ(常滑競艇)」 目次 1. 水面特徴1. 深くてもインは信頼1. 強風によるフライング2. まとめ 水面特徴 深くてもイ[…]• 「ボートレース多摩川(多摩川競艇)」 目次 1. 水面特徴1. 日本一の静水面1. インコース1着率の低さ1. 優勝戦1号艇の魔物2. ま[…].

次の