平塚 亭 おかしな 刑事。 コラム/オトコの別腹/伊東四朗さん「平塚亭つるおか」の焼きだんご-朝日マリオン・コム-

おかしな刑事(14)

平塚 亭 おかしな 刑事

ドラマ『 おかしな刑事10』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。 テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2013年6月22日に放送。 2017年9月26日 火 、2019年3月21日 木 にテレ朝日で再放送。 「おかしな刑事」について テレビ朝日系土曜ワイド劇場で2003年から放送されている刑事ドラマシリーズ、現在も継続中。 主演は 伊東四朗さんと 羽田美智子さん。 警視庁東王子署の警部補の 鴨志田新一(伊東四朗)は 、別れた妻との間にもうけた娘・ 岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない。 こんな二人が難事件を解決していく刑事ドラマです。 副題は「居眠り刑事とエリート女警視の父娘捜査」。 第13作まで「土曜ワイド劇場」枠で、第14作は「土曜プライム・土曜ワイド劇場」枠で、第15作は「ミステリースペシャル」枠で放送。 真実は行人のために、 売れっ子のパーティーコーディネーター・ 矢野涼子(遊井亮子)に依頼し、盛大な合格祝いの会を開催する。 そのパーティーの途中、鴨志田は殺人事件発生の知らせを受けて現場に急行する。 奇しくもパーティー会場の近くにある倉庫で、 自動車の整備工・ 江口勇二が刺殺されたのだ。 第一発見者は近所に住む 造園会社社長・ 大谷道彦(青山勝)で、現場から逃走する若い男の姿を見たという。 まもなく凶器のナイフに付着していた指紋から容疑者が浮かび上がるが、捜査会議で居眠りをしていた鴨志田は、その名前を聞いてビックリする。 疑われていたのは、 鴨志田の旧友・ 川村雄三(山本圭)の息子で、殺人の前科のある 川村啓太(蟹江一平)だったのだ。 実は事件の夜、珍しく「相談がある」と啓太から鴨志田の携帯電話に連絡があったのだが、ちょうどパーティーの最中で周囲がうるさかったため、「またかけ直す」という言葉を最後に会話が途切れてしまったのだった。 5年前、柔道の心得のある啓太は飛鳥権現花笠祭りの会場で不良に絡まれた女性を救った際、殴った相手の命を奪ってしまった。 だが、その女性がとつ然と姿を消してしまったため、「女性を助けようとした」という啓太の主張は認められず、判決は執行猶予なしの懲役5年の刑を受けた。 半年前に出所した後は、涼子が在籍するデリバリーサービス会社で働いていたが、合わせる顔がないからなのか余命いくばくもない雄三を見舞うこともせず、鴨志田も心配していたところだった。 江口と啓太は刑務所内で知り合ったらしく、現場には、啓太のものらしいキーホルダーが落ちていたこともわかった。 かつて啓太に柔道を指南したことや、5年前、啓太が助けたという女性を見つけ出すことができなかったことを悔やみ続けていた、鴨志田。 容疑者と知り合いという理由で捜査班から外されたものの、独自捜査を開始する。 そんな中、なぜか殺された江口が、第一発見者の大谷が所有する高級外車を乗り回していたことが発覚する。 大谷は被害者との面識はないと言っていたはずだが、どういうことなのか? 手がかりを求めて、鴨志田と真実はちょうど開催中だった飛鳥権現花笠祭り会場を訪れるが、そこでなんと啓太の姿を発見する。 ところが直後、大谷がグラスを手に苦悶し、息絶えてしまう。 疑いはまたもや啓太にふりかかり、犯人の逃亡を助けたとして鴨志田は謹慎10日間を命じられてしまう。 注目と見どころ ・犯人は誰? ・鴨志田は謹慎はとけるのか? スポンサードリンク 登場人物(ゲスト出演) 登場人物 キャスト 本郷奈々 「シラトリ・デリバリーサービス」社員 松下恵 江口勇二 元自動車整備工 宮内敦士 井上唯史 焼き物屋主人 田上ひろし 足立達夫 自動車整備工の社長 赤星昇一郎 川村雄三 鴨志田新一の旧友 山本圭 川村啓太 川村の息子、前科者 蟹江一平 幼少期:加藤翼 藤沢亜由子 温泉旅館の女将 小林綾子 「シラトリ・デリバリーサービス寮」管理人 おぐちえりこ 矢野涼子 「シラトリ・デリバリーサービス」社員 遊井亮子 望月卓 真砂豪 編集者 二木智耶子 パーティーの司会者 坂口沙由理 団子屋「平塚亭」店員 岸田愛未 スタッフ 脚本 岡崎由紀子 監督 梶間俊一 プロデューサー 松本基弘 (テレビ朝日),金丸哲也 (東映) 制作 テレビ朝日,東映.

次の

『おかしな刑事18 /女性記者が包丁で刺殺された!…』あらすじ&ネタバレ 深沢邦之,大浦龍宇一,大和田伸也ゲスト出演

平塚 亭 おかしな 刑事

ドラマ『 おかしな刑事10』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。 テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2013年6月22日に放送。 2017年9月26日 火 、2019年3月21日 木 にテレ朝日で再放送。 「おかしな刑事」について テレビ朝日系土曜ワイド劇場で2003年から放送されている刑事ドラマシリーズ、現在も継続中。 主演は 伊東四朗さんと 羽田美智子さん。 警視庁東王子署の警部補の 鴨志田新一(伊東四朗)は 、別れた妻との間にもうけた娘・ 岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない。 こんな二人が難事件を解決していく刑事ドラマです。 副題は「居眠り刑事とエリート女警視の父娘捜査」。 第13作まで「土曜ワイド劇場」枠で、第14作は「土曜プライム・土曜ワイド劇場」枠で、第15作は「ミステリースペシャル」枠で放送。 真実は行人のために、 売れっ子のパーティーコーディネーター・ 矢野涼子(遊井亮子)に依頼し、盛大な合格祝いの会を開催する。 そのパーティーの途中、鴨志田は殺人事件発生の知らせを受けて現場に急行する。 奇しくもパーティー会場の近くにある倉庫で、 自動車の整備工・ 江口勇二が刺殺されたのだ。 第一発見者は近所に住む 造園会社社長・ 大谷道彦(青山勝)で、現場から逃走する若い男の姿を見たという。 まもなく凶器のナイフに付着していた指紋から容疑者が浮かび上がるが、捜査会議で居眠りをしていた鴨志田は、その名前を聞いてビックリする。 疑われていたのは、 鴨志田の旧友・ 川村雄三(山本圭)の息子で、殺人の前科のある 川村啓太(蟹江一平)だったのだ。 実は事件の夜、珍しく「相談がある」と啓太から鴨志田の携帯電話に連絡があったのだが、ちょうどパーティーの最中で周囲がうるさかったため、「またかけ直す」という言葉を最後に会話が途切れてしまったのだった。 5年前、柔道の心得のある啓太は飛鳥権現花笠祭りの会場で不良に絡まれた女性を救った際、殴った相手の命を奪ってしまった。 だが、その女性がとつ然と姿を消してしまったため、「女性を助けようとした」という啓太の主張は認められず、判決は執行猶予なしの懲役5年の刑を受けた。 半年前に出所した後は、涼子が在籍するデリバリーサービス会社で働いていたが、合わせる顔がないからなのか余命いくばくもない雄三を見舞うこともせず、鴨志田も心配していたところだった。 江口と啓太は刑務所内で知り合ったらしく、現場には、啓太のものらしいキーホルダーが落ちていたこともわかった。 かつて啓太に柔道を指南したことや、5年前、啓太が助けたという女性を見つけ出すことができなかったことを悔やみ続けていた、鴨志田。 容疑者と知り合いという理由で捜査班から外されたものの、独自捜査を開始する。 そんな中、なぜか殺された江口が、第一発見者の大谷が所有する高級外車を乗り回していたことが発覚する。 大谷は被害者との面識はないと言っていたはずだが、どういうことなのか? 手がかりを求めて、鴨志田と真実はちょうど開催中だった飛鳥権現花笠祭り会場を訪れるが、そこでなんと啓太の姿を発見する。 ところが直後、大谷がグラスを手に苦悶し、息絶えてしまう。 疑いはまたもや啓太にふりかかり、犯人の逃亡を助けたとして鴨志田は謹慎10日間を命じられてしまう。 注目と見どころ ・犯人は誰? ・鴨志田は謹慎はとけるのか? スポンサードリンク 登場人物(ゲスト出演) 登場人物 キャスト 本郷奈々 「シラトリ・デリバリーサービス」社員 松下恵 江口勇二 元自動車整備工 宮内敦士 井上唯史 焼き物屋主人 田上ひろし 足立達夫 自動車整備工の社長 赤星昇一郎 川村雄三 鴨志田新一の旧友 山本圭 川村啓太 川村の息子、前科者 蟹江一平 幼少期:加藤翼 藤沢亜由子 温泉旅館の女将 小林綾子 「シラトリ・デリバリーサービス寮」管理人 おぐちえりこ 矢野涼子 「シラトリ・デリバリーサービス」社員 遊井亮子 望月卓 真砂豪 編集者 二木智耶子 パーティーの司会者 坂口沙由理 団子屋「平塚亭」店員 岸田愛未 スタッフ 脚本 岡崎由紀子 監督 梶間俊一 プロデューサー 松本基弘 (テレビ朝日),金丸哲也 (東映) 制作 テレビ朝日,東映.

次の

コラム/オトコの別腹/伊東四朗さん「平塚亭つるおか」の焼きだんご-朝日マリオン・コム-

平塚 亭 おかしな 刑事

【コラム VOL. 363】 シリーズドラマ撮影でよく使われる和菓子店、ロケ地「平塚亭」 シリーズドラマで定番のロケ地があり、毎回のように登場しているお店があります。 東京都北区上中里にある和菓子店「平塚亭つるおか」です。 この「平塚亭つるおか」は平塚神社境内の参道脇で大正初期から営業している老舗のお店です。 このお店は内田康夫さんの人気ミステリー小説シリーズのフジテレビドラマ『浅見光彦』シリーズに何度も登場して全国から内田ファンや浅見ファンが訪れる人気の聖地となっています。 お店のショーケースには焼きだんごや豆大福など20種類以上が並んでおり、小説に登場する焼きだんごの他にも、北区の名品に選ばれた豆大福も名物です。 そんな「平塚亭つるおか」ですがドラマ『浅見光彦』シリーズに何度も登場しています。 2012年放送の『還らざる道』では中村俊介さん演じる浅見光彦と雨宮正恵がだんごを食べていた「平塚亭」として登場し、2009年放送の『歌枕殺人事件』では浅見光彦が朝倉理絵と話をしていた和菓子店「平塚亭」として登場し、2008年放送の『箱庭』では浅見家のみんなが団子を食べていた店として登場していました。 更に2004年放送の『しまなみ幻想-愛媛・今治殺人事件-』では浅見光彦が島崎香代子たちと話をしていた「平塚亭」といて登場し、2003年放送の『金沢殺人事件』では浅見光彦がだんごを買いに行った「平塚亭」として登場していました。 「平塚亭」のお店のそのままの名前で登場していることろも凄いところですね。 『浅見光彦』シリーズ以外ではテレビ朝日のシリーズドラマ『おかしな刑事』にも登場していました。 本当にシリーズドラマで定番の和菓子店ですね。

次の