メルカリ ゆう パケット プラス。 ゆうパケットプラスとは?専用箱の購入方法と宅急便コンパクトとの比較

ゆうパケットプラスとは?専用箱の購入方法と宅急便コンパクトとの比較

メルカリ ゆう パケット プラス

【メルカリ便】ゆうパケットプラスとはどんなの? ゆうパケットプラスとはゆうゆうメルカリ便で商品を送る時に、専用の箱に入れて送る新しい料金帯の新サービスです。 今までは、メルカリで物を送る時は、 ゆうパケットなら全国一律で175円(プライバシー配送)で送ることができました。 しかしながら、多くの方が「以外と使えなーい」って思っていたのが、サイズの問題だったと思うんです。 厚さが3センチで大きさもA4サイズほど。 それだと以外とかさばるものが送れなかったりするんですよね。 服なんかを送るときに、空気が入って膨らんでいるだけなのに、押さえたらいけるのに、郵便局で「ちょっと大きさが超えてますね~」なんて言われたことないですか? そうなると、送る方法が、メルカリ便のゆうパックを選択するしかないんですよね。 その場合だと、1番小さなサイズにしても700円はかかってしまう。。。 そんな悩みを解決してくれるサービスが、 「ゆうパケットプラス!!」 ゆうパケットとゆうパックの中間的なサイズと料金で利用ができるんです! 【メルカリ便】ゆうパケットプラスのサイズは? ゆうパケットプラスのサイズは、 長さが24センチ、幅が17センチ、厚さが7センチ、重さは2キロまで と、かなりの余裕ができました。 身近なもので例えると、 うちの嫁さんの足のサイズ! 女性の足のサイズぐらいってことで(笑) あ、 ちなみに1リットルの牛乳パック2本を並べたサイズもほぼこのサイズです! 【メルカリ便】ゆうパケットプラスの専用箱とは? ゆうパケットプラスを利用するには、専用の箱に入れる必要があります。 サイズが大丈夫だからといって、どんな箱に入れてもいいわけではありません。 料金は1つ65円(税込み)です。 さらに、この箱は再利用が可能なので、届いてい来た箱は捨てずに取っておくことでもう一度使用してもかまいません。 専用箱はどこで買える? ゆうパケットプラスの専用箱は、• 郵便局窓口• ローソン• メルカリストア で購入できます! 【メルカリ便】ゆうパケットプラスの送料は? 気になる料金ですが、 全国一律、375円(税込み)です。 ゆうパケット175円 < ゆうパケットプラス375円<ゆうパック700円 こんな感じですね。 ゆうパケットプラスの発送方法は? 通常の「メルカリ便」のゆうパケットの送り方と同じです。 ゆうパケットプラスの専用箱に梱包• 郵便局(ローソン)に持ち込んで• スマホからQRコードを呼び出し• 専用端末(ゆうプリタッチ)で読み取る• シールタイプの送り状が印刷される• 商品と送り状を窓口で渡す• 控えとレシートをもらう この流れですね! 【メルカリ便】ゆうパケットプラスの配達方法は? 大きさが通常の配達先の郵便受けには入らないサイズですので、 受取人が不在の場合は不在通知が入れられ、再配達となります。 ちなみに、日曜、祝日の配達は、ゆうパケットも配達されるので配達されると思われます! 【メルカリ便】ゆうパケットプラスの注意点 郵便局のホームページで専用箱についての注意が載っています。 ゆうパケットプラス専用箱を使用していない。 大きさや重量が規定サイズを超えている。 ゆうパケットプラス専用箱に印刷されている「ゆうパケットプラス」のロゴや文字が全て抹消されている。 ゆうパケットプラス専用箱を、変形したり、加工している。 ゆうパケットプラス専用箱が荷物の輸送に耐えられる状態ではない。 上記のような場合は[メルカリ便]ゆうパケットプラスを利用できません。 注意してくださいね! まとめ:【メルカリ便】ゆうパケットプラスで利益が増える! 今までのゆうゆうメルカリ便では、サイズの制限のために送る商品が限定されたり、ゆうパックにすることで送料の負担が増えてしまって利益が出にくかったのではないでしょうか。 でも、この新しいサービス「ゆうパケットプラス」を利用することで、 今まで送ることができなかった商品を送ることもできることになるのでメルカリでの取引に選択肢が広がると思います! 専用箱も65円がかかるものの、再利用ができるので、まとまった数でメルカリに出品したり、安く買うことも出来るということですよね。

次の

ローソンで買えるメルカリの商品5つを紹介!ローソンの商品棚にある!|メルカリ使い方~初心者でも稼げる方法~

メルカリ ゆう パケット プラス

Contents• ゆうパケットプラスはローソンに発送に行く ゆうパケットプラスの方法は簡単。 ゆうパケットプラスの箱に梱包してローソンに持っていってロッピーで発送する。 ゆうゆうメルカリ便を使った人ならもっと簡単に出来るはず。 手順はゆうゆうメルカリ便と変わらないからだ。 ロッピーを操作する ローソンにゆうパケットプラスの箱を持ってロッピー前に行く。 ロッピーを操作する。 真ん中の「ロッピー専用コード」をタッチ。 この画面になる。 スマホのメルカリアプリを開いてバーコード画面を出す。 このバーコード読み取り部分にスマホをかざす。 (画面は1番明るくしておくこと。 じゃないとうまく読み取らない。 ) バーコードをロッピーが読み取ったらレシートが出てくる。 レジに持っていこう。 バーコードと商品をレジに持っていく バーコードど商品をレジに持っていき手続きをしてもらう。 その後は届け出先を入れる袋と届け出先の紙をもらうので、その袋に紙を入れる。 ゆうパケットプラスの箱に届け出先を入れる。 これで発送手続きは完了。 出品者さんに発送通知をしよう! お店から貰ったレシートは保管しておくように! これで発送終了だ。 まとめ ゆうパケットプラスの手順を画像付きで解説してみた。 発送までの手順はゆうパケットと変わらない。 ゆうパケットプラスでらくらくメルカリ便との違いは、 到着日の指定が出来ないことだ。 似ているがちょっと違うので使い分けたい所。 3cm以上の商品で厚さが7cm未満の商品はゆうパケットプラスで送ってみよう! 要らない商品があったら売ってみることをオススメする!.

次の

「ゆうパケットプラス」とは?配送料やサイズ、専用箱の買い方を解説!

メルカリ ゆう パケット プラス

参考: ヤマト運輸さんが採用している、同じような中型サイズ用の専用ボックスである宅急便コンパクト専用ボックスはレジカウンター内の戸棚に入っていることが多いので、おそらくローソンでもゆうパケットプラス専用ボックスはカウンター内に収納されていると思います。 ですので、 ローソンでゆうパケットプラス専用ボックスを購入する場合はローソンの店員さんに直接話しかけて購入するようにするといいでしょう。 【2020年1月追記】 最初に本記事を書いた時点ではまだゆうパケットプラス専用箱の取り扱いが少なかったローソンでしたが、上の画像のように2020年1月現時点では上の画像のような 陳列棚が用意されて、その中にゆうパケットプラス専用箱も陳列されていました。 全てのローソン店舗でこの方式で販売されているかは定かではないので、もしも確実に手に入れたいという場合はあらかじめ最寄りのローソンに電話で確認することをおすすめします。 スポンサーリンク 上の画像はゆうパケットプラス・宅急便コンパクトの専用ボックスを組み立てたうえでフタを開けた状態で撮影した画像です。 画像のように宅急便コンパクトの方が少しだけ底面積が大きくなっています。 上の画像は組み立てた状態のゆうパケットプラスと宅急便コンパクトの専用ボックスを横に並べたものです。 やはり底面積の大きさは宅急便コンパクトの方がやや大きいのがよくわかります。 続いて上の画像はゆうパケットプラス・宅急便コンパクト専用ボックスを横に置いて厚さの比較をしたものです。 ゆうパケットプラス専用ボックスの厚さが7㎝、宅急便コンパクト専用ボックスの厚さが5㎝なので上の画像のように厚さの差がはっきりとわかります。 重さに関しては ヤマト運輸の宅急便コンパクトは制限がないのに対しゆうパケットプラスには2kgの制限があります。 たとえ専用ボックスに商品が入ったとしても重さを超過した場合は受付拒否または返送の恐れがあるので注意が必要です。 スポンサーリンク• 宅急便コンパクトよりも2cm厚さの大きいものが送れるのがけっこう効いてくる• 別途購入の専用ボックス込みの送料が宅急便コンパクトよりも10円安い• ゆうパケット専用ボックスは使いまわしOK 上でゆうパケットプラスと宅急便コンパクトのサイズ・送料を比較しました。 用途によってそれぞれ良いところ不便な所があるので一概には言えないのですが私の 個人的な意見としてはゆうパケットプラスの方が断然おすすめだと思います。 私の経験になりますが、ゆうパケットプラスがない時は同じサイズのものを宅急便コンパクトで発送することが多かったのですが、5㎝の厚さに入りきらず仕方なく60サイズ 700円 で送ることも少なくありませんでした。 上で比較したように 底面積はゆうパケットプラスの方が小さいのですが経験上宅急便コンパクトを使用するサイズの商品の場合、逆にスペースが余ることが多かったのでやはり厚さが2㎝大きいメリットの方が大きいように思います。 またすでにお話ししたように、 専用ボックスの値段もゆうパケットプラスの方が5円安く、送料も5円安くなっているということでボックス込みの送料はゆうパケットプラスの方が10円安いです。 メルカリでは手数料が10%と言うこともあってできるだけ送料は抑えたいものです。 たかが10円の差ではありますが、サイズの融通が利くということを加味すれば今まで60サイズ送料700円で送っていたものが440円 ボックス代込み で送れるというのは大きな強みだと思います。 また ゆうパケットプラスは専用ボックスの使いまわしが可能というのもけっこうお得だと思います。 宅急便コンパクトの場合は使いまわしはできないのでこれはなかなかのアドバンテージだと思います。 スポンサーリンク.

次の