サレタガワ の ブルー ネタバレ。 サレタガワのブルー・最新61話のネタバレと感想|マンガMee|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

サレタガワのブルー|ネタバレ26話!藍子と麻衣のランチタイムバトル勃発!例の計画とは?

サレタガワ の ブルー ネタバレ

一旦の勝敗は子供が出来たと主張するともみに軍配が上がる。 慰謝料についても覚悟を示したともみに藍子は成す術もなく敗れた。 悔しさの中、傘もささず外を歩いて、人とぶつかり携帯も壊れ… でもそこで新たな出会いが藍子に訪れる。 更衣室のやりとりを思い返すと悔しさで涙があふれてくる。 傘も差さずに濡れる藍子の元に、傘をさした男性が声をかけてきた。 泣いている恥ずかしいところを見られたのもあり、寒いのもあり、少し頬を赤らめながら振り返ると、そこには緑の傘をさしたイケメンがいる。 携帯も壊れてどん底までいった藍子に、神様が与えてくれた大きな恋のチャンスではないだろうか…。 ネオン街でこの瞬間に藍子は色々と考える。 今までの「森和正」や「田川暢」もこの瞬間のためにいた存在ではないのだろうか。 辛いことを何度も経験し、とにかく遠回りをしてきたが、手を差し伸べてくれたこの方との出会いがこれからの自分の人生を幸福にしてくれるであろうことを藍子は願う。 そのぐらい彼との出逢いには全身に電気が走った。 都会の街の中でもひときわ高いビルにて… お風呂を借りることが出来た藍子。 大きな窓から外を眺めてスパークリングワインを飲む。 最高の男性に間違いない。 初めての光景に藍子は、この男性も映る景色も全てが綺麗で別世界のように感じる。 他愛もない会話と紳士的な対応にこの時間が短いことを悟った藍子だが、まさかのマンションに泊まっていい承諾を貰った。 なんとマンションを3つも所有しているらしい。 急に現れた優良物件に戸惑っている間に彼は仕事に戻ると言う。 その際に藍子に向かって放たれた言葉が藍子の胸にグサッと刺さる。 その顔は確実に恋する乙女の顔である。 もう会えるか分からない。 男女は互いに自己紹介をした。 相手のお名前を聞き、藍子はこれから自分が幸せになるであろうことを確信したような笑みを浮かべている。 先程まで落ちこんでいたのが嘘のようである。 その頃弁護士に相談しながら案件を進めていた田川にも異変が起きているのであった。 いやいや、 「U-NEXT」や「music. jp」なら人気漫画が実質無料で読めるんだよ! U-NEXTやmusic. チケットは作品ごとなので、いろんな毎日いろいろなマンガが読めますよね! \\漫画を無料で読むなら!//.

次の

サレタガワのブルー・最新61話のネタバレと感想|マンガMee|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

サレタガワ の ブルー ネタバレ

本当は買ってきたお惣菜のハンバーグですけどね…。 しかし、なんと和正はこのハンバーグのお惣菜が好物で、よく買いにいっていたのだとか…。 ボロがでた藍子はピンチです。 もしかして藍子は料理ができないのか?と和正が言いかけると、その言葉を打ち消すように藍子が もぉー!失礼だなぁー!ちゃんと作ったよ!と青ざめながら答えます。 そんな見え透いた嘘はバレバレです…互いに こんな空気は地獄だ…と思いつつも進まない食事をもそもそと食べます。 食事中、2人は出会いの頃の思い出話しを始めます。 和正はそれなりに藍子に情が移っており、ちゃんと可愛いとも思っていたと話しました。 しかし嫁や子供と別れてまで藍子と一緒になる気はやはりないとのこと…。 「ただ可愛いからヤッた」それだけなのだと…。 和正は頭を下げて藍子に謝罪をします。 藍子は、 そこまで言われたらいよいよ私達は終わりなんだね…と沈んだ声で話し始めました。 藍子は最後のお願いだと言って、和正を寝室へと招きます…。 しかし外には暢がすぐそこまで迫っていました。 いつも藍子にいいようにされてしまう暢ですが、これまで散々ウソをつかれてバカにされて、さすがの暢も徹底抗戦の構えです。 暢は意を決してベルを押さずに鍵を開けて部屋の中へと入ります。 しかし中に入って玄関を見ると…そこには男の靴がありました。 さらに寝室のほうからは何やらガタガタと音が聞こえます。 暢は血相を変えて寝室へと乗り込みます。 すると床には散乱する男女の服が…! 暢は怒りにまかせて盛り上がっていた布団をひっぺがしました! しかし…そこにいたのは藍子一人です…。 藍子は小声で暢に謝罪をしますが、暢の耳にはそんな言葉一切はいってきません。 暢は踵を返して今度はクローゼットへ。 するとクローゼットの中には、全裸の和正が隠れていたのでした…。 サレタガワのブルー・第61話の感想 さー!もう言い逃れはできません! なんといっても「不倫の現場」を直接押さえてしまったのですから! しかも暢からしたら身重だという藍子の身体を気遣って自分が身を引いてマンションを出ていってあげたのに、そのマンションに不倫相手を連れ込んで事に及ぼうとするなど…もう怒りが爆発して当然の修羅場です! 藍子と和正がついに法の裁きにかけられる時がやってきました…。 慰謝料をたっぷりふんだくらないと、暢の気持ちも絶対に晴れませんよね。

次の

サレタガワのブルー|第70話|ネタバレあらすじ|感想│漫画village

サレタガワ の ブルー ネタバレ

サレタガワのブルー70話のネタバレ 藍子のメッセージの真偽 藍子からのメッセージで、和正にはもう一人愛人がいることを知った梢。 相談のために暢に連絡すると、暢は藍子の嘘ではないかと答える。 しかし、暢と一緒にいた弁護士は、そんな嘘をつくメリットがないといい、本当の可能性が高いと指摘。 弁護士は、不貞に対する慰謝料は「された側が知ってから3年」という時効があり、それは離婚後も適応されるので、慰謝料をもらえる権利があると言う。 複数人との不貞行為があったからと言って慰謝料が倍になることはないが、浮気相手の女性に請求することは可能だ。 だが、現段階では証拠がない。 そこで梢は、 ひとまず和正の家に行ってみることにした。 T 久しぶりのマイホームに戻った梢。 4,000万以上のローンが残ってるが、新築で綺麗なので、売れるだろうと考えながら部屋へと入る。 だが、そんな期待はすぐに裏切られる。 目に入ったのはゴミの山で、変なニオイも漂っていた。 家を建てた直後の和正とのやり取りを思い出すも、今は感傷に浸ってる場合じゃないといい、証拠探しを急ぐ。 寝室もひどいありさまで、服が散らばっており、洗濯をした気配もない。 着る服をわざわざ買ってる様子で、 彼が養育費や慰謝料を払っていけるのか心配になる梢。 そんななか紙袋を見つけ、中にはアイロンがかかったシャツが入っていた。 さらに、 紙袋には一枚のメモ様子が。 そのメモには Tという人物からメッセージが書かれており、藍子からのメッセージは本当のことだと確信。 それが事実であれば、妊娠しているというのも事実の可能性が高い。 梢はそんなの許せるわけはないと、 会社に乗り込むことを決意した。

次の