ずっと ドコモ 割 コース。 シンプルプラン(スマホ)

[ドコモ]6月から開始される解約金不要の「フリーコース」と、お得に使える「ずっとドコモ割コース」とは

ずっと ドコモ 割 コース

2年ごとのタイミングで選べる2つのコース 2016年6月以降、ドコモで新規契約や2年ごとの定期契約更新の時期に、2つのコース(フリーコースorずっとドコモ割コース)のいづれかを選べるようになりました。 もともとドコモユーザの大半の人が今回新設された「ずっとドコモ割コース」と同様の条件・サービスに該当する「契約期間2年縛り」に加入していたと思いますが(長期継続割引&途中解約時の違約金有り)、今回の改正でフリーコースが新設され、従来の「契約期間2年縛り」が「ずっとドコモ割コース」というコース名になり、サービス内容が改良されたというイメージで捉えればよいのかなと。 ちなみにここで言う2つのコースは、通話プランやデータ通信プランの事ではなくて、「契約期間を2年縛りにするかしないか」の違いで選ぶコースのことなので念のため。 フリーコース まずはフリーコースです。 フリーコースは名称の通り、いわゆる2年縛りのような契約期間の縛りがありません。 つまり ドコモで契約してその後にどのタイミングでドコモを解約して他キャリア・格安SIMに乗り換えても、解約金が発生せずに済むのが最大のメリットです。 そうなると、 ドコモをとりあえず当面は使うけどあまり長く使う予定はない場合、利用期間は未定の場合、また格安SIMへ乗り換えるまでのつなぎとして使いたい場合などは、解約金(¥9, 500)が発生しないこちらのフリーコースを選択したほうが良いのかなと。 逆にデメリットとしては、下記で紹介する「ずっとドコモ割」が適用されない点、更新ありがとうポイントが付与されないことです。 要するに、この後紹介する「ずっとドコモ割コース」のメリットがフリーコースには無いですよ、ということです。 ずっとドコモ割コース そして新設されたもう一つのコースが「ずっとドコモ割コース」です。 従来の「契約期間2年縛り」に相当するものなので、コースが新設されたと言っても、既存ドコモユーザのほとんどはこの「ずっとドコモ割コース」に入っている事になっていると思います。 自分はドコモiPhone使ってますが、ドコモのサポートに電話で確認したら、この「ずっとドコモ割コース」に入っている事になってました。 ずっとドコモ割コースのメリットは、(1)「ずっとドコモ割」という割引が適用される点と、(2)更新ありがとうポイント(dポイント3000ポイント)が2年ごとに貰える点です。 先に結論を言うと、 ずっとドコモ割コースはドコモ長期継続利用ユーザをより優遇するサービス内容になっているので、ドコモを長期的に利用する予定の人は、フリーコースよりも「ずっとドコモ割コース」のほうがオススメです。 ずっとドコモ割 ずっとドコモ割という名称になる前から、もともとドコモ長期利用者を対象とした割引はあったわけですが、 今回の改正で割引額の増加、割引適用開始時期の早期化、割引対象プランの拡大、が行われたので、従来のずっとドコモ割よりも内容が良くなっていて、ドコモ長期ユーザにとっては結構嬉しい内容となりました。 具体的にはずっとドコモ割の割引開始期間、割引金額、割引対象プランはまとめると下記のようになります。 000 -¥1. 200 -¥1, 800 -¥2, 500 シェアパック20 -¥800 -¥1, 000 -¥1, 200 -¥1, 800 シェアパック15 -¥600 -¥800 -¥1, 000 -¥1, 200 シェアパック10 -¥400 -¥600 -¥800 -¥1, 000 シェアパック5 -¥100 -¥200 -¥600 -¥800 データLパック -¥200 -¥400 -¥600 -¥800 データMパック -¥100 -¥200 -¥600 -¥800 データSパック ¥0 ¥0 ¥0 -¥600 データ通信プランでも容量の多いプラン、そして各プランともにドコモでの利用継続年数が長くなるほど割引金額が高くなっていきます。 ドコモ長期利用ユーザ、ドコモヘビーユーザには月々の割引が大きくなるのは嬉しいポイントですね。 ただ「ずっとドコモ割」の対象となる通信プラン(シェアパック・データパック)はスマホ・タブレットユーザが主に使うプランなので、ガラケーユーザが積極的に使うような通信プランではありません。 つまり 大半のガラケーユーザにとっては「ずっとドコモ割の割引」は適用されないということです。 うちの母もドコモガラケーユーザですが、上記対象通信プランに加入していないので、今の通信プランでどれだけ長期間使っても割引は無いわけです。 そして、個人として場合は、一番安いデータ通信プランのデータSパックが必須選択なので、「ずっとドコモ割」の月額割引に釣られて、上位プラン(データM・Lパック)にプラン変更する事もないと思います。 考えられるとしたら、母がドコモガラケーからドコモスマホに機種変更した時には、それぞれ別にデータSパックに入るよりもにしたほうが料金同じでも通信容量的に多く使えるし、当月余ったデータ通信量を翌月に繰り越せるメリットがあるので、その時はシェアパック5にプラン変更しようとは思っています。 上記表で見比べても、ずっとドコモ割の割引金額&長期割引開始時期もシェアパック5のほうがデータSパックよりも良いですしね。 yossy的まとめ ドコモを長く使う予定の人は「ずっとドコモ割コース」がお得ですし、逆に短期間のつなぎでゆくゆくは他社乗り換えを検討中の人は「フリーコース」がお得だと思います。 そして「ずっとドコモ割コース」のずっとドコモ割は、より大容量の通信プランを契約している人ほど月額割引金額が大きくて割引開始時期も早くなります。 個人利用ならデータM・Lパック、家族利用ならシェアパック5~30を利用している人はより「ずっとドコモ割」の割引の恩恵をより受けられのかなと。

次の

ドコモの新プラン「フリーコース」(2年縛りなし)とは?「ずっとドコモ割コース」より断然いいよ!

ずっと ドコモ 割 コース

「長期ユーザーへのサービス不足」と「2年契約に伴う解約金」という、2つの問題を抱える大手携帯会社。 2016年4月14日(木)、ついにがその2つの問題を解決するべく、「 新2年契約プラン」と「 ずっとドコモ割の拡充」を発表しました。 適用開始はどちらも2016年6月1日から。 今回発表された新たなプランは、果たして利用者にとって料金的にお得なのでしょうか?新プランの具体的な中身と、ユーザーが利用するべきプランを解説したいと思います。 表示価格は全て税抜です これまでの2年契約プランはどうだったの? ドコモの「新2年契約プラン」はこれまでのプランから、どのように変化したのでしょうか?新たなプランを見る前に、まずは2016年5月までの旧プランを確認してみましょう。 2016年5月まで適用の旧プラン 大手携帯会社では、基本的に2年ごとの契約を結ぶ利用者がほとんどです(2年契約なしもあるが、月額料金が高い)。 ここで問題となるのが解約金。 通常、契約の途中で解約すると、9500円の解約金がかかってしまいます。 契約解除料がかからないのは、2か月間の自動更新期間のみ。 2か月間になったのも、つい最近のことです。 期間は延長したものの、解約金制度に対する不満の声は根強く残っていました。 この問題を解消するべく新設されたのが「新2年契約」です。 それでは新2年契約の概要と、選択できる2つのコースを解説しましょう。 2つのコースから選べる「新2年契約」 適用開始は2016年6月1日から。 対象はドコモの新プランである「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「データプラン」となっています。 「新2年契約プラン」は、「 フリーコース」と「 ずっとドコモ割コース」という2つのコースから選択するシステムです。 新プランコース1 「フリーコース」 「フリーコース」を選択した場合、いつ解約しても解約金はかかりません。 しかも基本プランの料金はそのまま。 ただし、「ずっとドコモ割」と、この後説明する「更新ありがとうポイント」は適用されません。 まず最初の2年間は、途中解約すると契約解除料がかかります。 「フリーコース」が選択できるようになるのは、自動更新期間が訪れるタイミング。 選択後はいつでも解約金が0円となります。 注意点1 「ずっとドコモ割」と「更新ありがとうポイント」は適用外 長期間利用し続けることで割引が適用される「ずっとドコモ割」。 「フリーコース」を選んだ場合は適用されません。 また、2年契約の更新ごとに贈呈される、「更新ありがとうポイント」も対象外なので注意が必要です。 注意点2 「フリーコース」は自動更新期間中の申し込みが必要 「フリーコース」を選択したい方は、自動更新期間中に「フリーコース」への申し込みが必要になります。 申し込みをしないと、自動的に「ずっとドコモ割コース」へ入ることになるのでご注意ください。 申し込み方法 eサイト、インフォメーションセンター、で可能 よくある質問 Q1:すでに新プランで2年以上利用している人はどうなるの? A:いいえ。 自動更新期間を迎えるたびに「フリーコース」への変更が可能となります。 「ずっとドコモ割」と「更新ありがとうポイント」の適用対象。 コースへの申し込みは不要で、更新期間中に自動加入となります。 内容自体は旧プランと変わりませんが、「割引・特典サービス」のお得度が大幅にアップしました。 「ずっとドコモ割」の適用範囲、適用時期、割引額が拡大! ドコモは三大キャリアで唯一、長期ユーザー向けの割引サービス(ずっとドコモ割)を提供してきました。 そして、2016年6月から「ずっとドコモ割」を更にパワーアップさせることを発表しました。 「ずっとドコモ割」の何が変わるの? 割引のアップ額は300円。 現在のプランより、2年間で 7200円も安く利用することが出来ます。 割引の適用範囲が拡大 「データM、Lパック」と「シェアパック5」を契約の方も、4年以上の利用で割引が適用されます。 10年以上という条件から、6年も開始時期が早まりました。 利用期間が4年以上の方には、嬉しいお知らせですね。 2年ごとに「更新ありがとうポイント(dポイント3000円分)」がもらえる! 「ずっとドコモ割コース」の方は、2年契約の更新をするたびに「dポイント 3000ポイント」がもらえます。 シェアパックの場合は親回線だけでなく、 子回線の方もゲットできます。 dポイントを知らないという方は、こちらの解説記事をご覧下さい。 注意点 付与されたポイントには、利用期限があります! ポイント付与のタイミング:更新期間終了後の翌月から6か月間 ポイント利用期間:更新期間終了後の翌月から6か月間 獲得方法:専用のwebサイトへアクセス 「更新ありがとうポイント」は、利用出来る期間が「 更終了の翌月から6か月間」と限られています。 また、ポイントは自動的にもらえるわけではありません。 専用のwebサイトにアクセスし、獲得できる仕組みになっています。 「携帯料金の充当」「データ量の追加」「ポイント交換商品」「他社ポイントへの交換」「寄付」を目的としたポイント利用はできませんので、ご注意下さい。 どちらのコースがお得? 利用タイプによってお得なコースは変わります。 「今後、への変更を考えている」「2年間も待てないし、解約金は絶対払いたくない」方は、フリーコースを選択しましょう。 まとめ おさらい ・ドコモが2016年6月1日より「新2年契約プラン」スタートすることを発表 ・新2年契約は、「フリーコース」と「ずっとドコモ割コース」から選択が可能 ・「フリーコース」は3年目以降、解約金がかからないコース ・「ずっとドコモ割コース」は更新期間以外、解約金がかかるシステムだが、「ずっとドコモ割」と「更新ありがとうポイント」という特典が受けられる ・「ずっとドコモ割」は適用時期、適用範囲、割引額が拡大 ・「更新ありがとうポイント」は2年ごとにdポイント3000円分がもらえるサービス ・頻繁に乗り換えする方は「フリーコース」がおすすめ 今後はコース別のキャンペーンが開催される可能性も ついにドコモが新2年契約プランを発表しました。 既に発表済みである、との「新2年契約」よりお得なプラン内容であることは確か。 この発表を受けて、とがプラン内容の変更をする可能性は、十分にあると言えるでしょう。 新たなプランの登場により、それぞれのタイプに合った利用が可能となりました。 今後は、コース別に新たなキャンペーンが開催される可能性があります。 最新情報が発表され次第、どちらのコースがお得なのかプラン内容の検証をしていこうと思います。

次の

ずっとドコモ割プラス・更新ありがとうポイント

ずっと ドコモ 割 コース

シンプルプラン(スマホ) 「シンプルプラン(スマホ)」は、2019年5月31日(金曜)をもって新規申込み受付を終了いたします。 現在、ご契約中のお客さまは、2019年6月1日(土曜)以降もカケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン・シンプルプラン・データプラン間の変更、およびキッズケータイプラスからカケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン・シンプルプラン・データプランへの変更が可能です。 通話を受けることの多い方向けのプランです。 シンプルプラン(スマホ)ご契約の場合は、セットでパケットパックの契約が必要となります。 インターネットをご利用いただくためには、spモード(300円/月)などのご契約が必要となります。 ご注意事項• 「カケホーダイプラン」または「データプラン」のみを申込まれる場合は、オンラインお手続きではお申込みできませんので、またはにてお手続きいただきますようお願いいたします。 2年間同一回線の継続利用が条件となり、料金プランの変更、契約変更および解約のお申出がない場合、自動更新となります。 契約期間内での回線解約・定期契約のない料金プランへの変更時などには、9,500円の解約金(フリーコースの場合は不要)がかかります。 ただし、契約満了月の当月、翌月、翌々月はかかりません。 解約金は、お手続き当月のご利用分に対する請求時にあわせて請求させていただきます。 なお、各月1日でのお手続きにより解約金が生じた場合のみ、お手続き前月のご利用分とあわせて解約金を請求させていただきます。 海外での発着信、「WORLD CALL」、「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)特番、(104)の 番号案内料、衛星電話/衛星船舶電話、当社が指定する電話番号(機械的な発信などにより、長時間又は多数の通信を一定期間継続して接続する電話番号)などへの発信は定額の対象外となります。 詳細は「」をご確認ください。 フリーコースの場合も、月額基本使用料は同額です。 Xiをご契約のお客さまのみご契約が可能です。 各プランに指定された区分以外のデバイスにドコモUIMカードを挿入してドコモのネットワークを利用した通信を利用した場合は、実際に利用したデバイスに応じて料金が変更となる場合があります。 全プラン無料通信分はありません。 インターネットサービスをご利用の場合は、spモード、mopera U(シンプルプラン、Uスタンダードプラン)などのインターネット接続サービスのご契約が必要となります。 ただし、spモード(iモード契約可)、mopera U(Uライトプラン、Uスーパーライトプラン)はご契約できません。 以下の割引サービスは、基本プランでは契約できません。 契約中の場合は廃止となります。 Xiカケ・ホーダイ、Xiパケット定額サービス、FOMAパケット定額サービス、ファミ割MAX50、ひとりでも割50、(新)いちねん割引、継続利用割引サービス、ゆうゆうコール、WORLD CALLいっかつ割引、ビジネス割50、ドコモへスイッチ学割、ドコモの学割、学生家族いっしょ割、キッズ割、プラスiPhone割、プラスXi割、Xiデータプラン ライト割、ドコモにのりかえ割、ドコモへスイッチ割、ドコモへおかえり割 など• シンプルプランでは、以下のパケットパックが契約できます。 ケータイパック、ベーシックシェアパック、ウルトラシェアパック30/50/100、シェアパック5/10/15、ベーシックパック、ウルトラデータL/LLパック、データS/M/Lパック、ビジネスベーシックシェアパック、ビジネスシェアパック5~3000、ウルトラビジネスシェアパック30/50/100• 2年定期契約ありの料金プランとファミリー割引をお申込みの場合、家族内通話無料の対象となります。 定期契約のない料金プランの場合、ハーティ割引のご契約が必要です。 基本プランは、ファミリー割引も契約になれます。 ハーティ割引は、カケホーダイプラン、カケホーダイライトプラン、シンプルプラン、データプラン、キッズケータイプラスの定期契約なしプランで契約でき、割引額は一律1,700円となります。 (キッズケータイプラスの場合の割引額は500円となります。 基本プランの基本使用料は、ご利用日数にかかわらず日割り計算しません。 ただし、新規契約(MNP含む)と同時のお申込みの場合に限り、お申込み月の基本使用料は日割されます。 (新規契約と同時のお申込みであっても、同月内に変更・解約・廃止等(月末予約での変更・廃止の場合を除く)された場合には日割りで計算いたしません。 基本プラン(キッズケータイプラスを除く)間の変更の場合、同月内で最も高いプランの料金が適用され、それ以外のプランの料金はかかりません。 ただし、カケホーダイライトプランおよびシンプルプランを含むプラン変更の場合、基本使用料は同月内に最も高いプランの料金が適用され、併せてカケホーダイライトプランおよびシンプルプランで契約中に発生した通話料が課金されます。 Xi同士、FOMA同士のカケホーダイプランとデータプラン間のプラン変更時の手数料はかかりません。 ただし、プラン変更回数としてカウントし、カケホーダイプランとデータプラン間のプラン変更においても、同月内3回目からプラン変更手数料が1,000円/回がかかります。 基本プランは、継続利用期間によって契約期間が変更になることはありません。 また、解約金もフリーコースの場合を除き一律9,500円となります。 継続利用期間が10年超の回線が基本プランの定期契約型カケホーダイプランに変更した場合であっても、変更後の契約期間は2年間となり、解約金は9,500円(フリーコースの場合を除く)となります。 また、変更前に定期契約型基本プランや定期契約型割引サービスを契約している場合、契約期間は引継がれます。 「ウルトラパック」「ケータイパック」を除き、テザリングなど、ご利用方法にかかわらず、同一の料金です。 ただし、基本使用料は利用デバイスに応じた料金となります。 「ウルトラパック」では、テザリングをご利用時には、事前のお申込みが必要となります(定額料1,000円/月)が、現在はキャンペーンによりお申込み不要、定額料無料でご利用になれます。 キャンペーン終了につきましては、決定次第お知らせいたします。 詳細情報• シンプルプラン(スマホ)• オンラインでのお申込み 料金プランのお申込みは、My docomo(マイドコモ)で。

次の