ジョアン フェリックス 背 番号。 フェリックス、アトレティコで背番号7着用の経緯明かす 「本当は●番が良かったけど…」(超WORLDサッカー!)

ジョアン・フェリックスのプレースタイルは?クリロナ2世と呼ばれる実力はいかに?

ジョアン フェリックス 背 番号

名前:ジョアン・フェリックス・セケイラ 生年月日:1999年11月10日 国籍:ポルトガル チーム:アトレティコ・マドリード(背番号7) 身長:180cm 体重:64kg 利き足:右 ポジション:フォワード ジョアン・フェリックスは1999年生まれの20歳です(2020年5月時点)。 背番号についてはアトレティコ・マドリードでは7番を、ポルトガル代表では23番を背負っています。 身長は180cmで体重は64kgとスリムな体型をしています。 ジョアン・フェリックスの生い立ち&プロキャリア ジョアン・フェリックスはポルトガル中央のセントロ地方にあるヴィゼウという地域で生まれ育ちました。 ヴィゼウはポルトガルで有名なワインの産地であったり、陶器や刺繍などの手工芸品が有名な地域です。 通信や建設、観光など、主要産業の中心地としていくつかの企業が拠点を置く場所でもあり、ポルトガルでは経済の中心地なのだとか。 このような地域で生まれ育ったジョアン・フェリックスは、幼少期の頃から地元のサッカースクールに通い技術を磨いていたそうです。 地元で練習を積んだのち 2007年(当時8歳)にはFCポルトのユースチームに加入します。 ちなみに地元ヴィゼウからFCポルトユースの練習場までは車で1時間以上かかり、送迎はジョアン・フェリックスの父親が行っていたのだそう。 ジョアン・フェリックスの両親は教師でして、真面目な家庭で育ち家族の協力も得ながらサッカーに取り組んでいました。 しかし、FCポルトユースでは出場機会に恵まれなかったようで、 2015年(当時16歳)にはライバルのベンフィカに活動の拠点を移すことになります。 その後、2017-18シーズンはベンフィカBとU19カテゴリーでプレーし印象的な活躍を収めます。 2018-19シーズンからはトップチームに主戦場を移し、ジョアン・フェリックスは 公式戦43試合に出場、20ゴールをマーク。 ジョアン・フェリックスは驚異的な得点力を見せ、欧州ビッククラブから関心を寄せられる存在となりました。 そして2019年7月にはスペインの強豪、アトレティコ・マドリードへの移籍が決定。 移籍金は1億2600万ユーロと報じられ、アントワーヌ・グリエーズマンの後釜として大きな期待を寄せられています。 ・チャンスメイク ・オフザボール ・決定力 それでは以下からフェリックスのプレースタイル、ストロングポイントを1つずつ解説していきます。 チャンスメイク ジョアン・フェリックスはチャンスメイク能力が優れたプレイヤーです。 例えばディフェンスラインを抜け出すプレイヤーへのスルーパスやロブパスであったり、クロスボールでアシストするシーンが何度か見られます。 また、ドリブルも1つの強みで相手を複数人引き付けてもそう簡単にボールを取られません。 相手ディフェンスを引き付けスペースを作れるだけの能力を持っています。 オフザボール 相手ディフェンスラインの裏に抜け出す動きであったり、クロスボールに合わせるゴール前での動き出しが優れているのもジョアン・フェリックスの強みです。 相手の視野を外す上手さであったり、ディフェンスラインを読んで的確な位置にポジションを取れるプレイヤーとなっています。 決定力 先ほども紹介していますが、2018-19シーズンは出場した43試合で20ゴールをマークする活躍を収めています。 特に UEFAヨーロッパリーグ準々決勝のフランクフルト戦ではEL最年少ハットトリックを記録するなど1シーズンを通して好調を維持していました。 ボックス外のやや距離のある位置からでも強烈なシュートを決められますし、ゴール前でも19歳とは思えない落ち着き具合ででゴールネットを揺らします。 ジョアン・フェリックスはチャンスを作るまでの過程もさることながら、得点能力にも長けたプレイヤーです。 まとめ 今回はジョアン・フェリックス特集ということで生い立ちやプレースタイルなどいろいろまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。 ユース時代のジョアン・フェリックスはFCポルトやベンフィカに在籍し、ベンフィカでプロデビューを果たしました。 そして2019年夏にはアトレティコ・マドリードへの移籍が決まり、今後の活躍が期待されている選手です。 プレースタイルについてはチャンスメイクや決定力に長け、攻撃面の強さが際立つプレイヤーとなっています。 まだ20代前半と若くこれからの選手ですので、今後どのような選手に成長するか楽しみです。

次の

ジョアン・フェリックスのプレースタイルは?クリロナ2世と呼ばれる実力はいかに?

ジョアン フェリックス 背 番号

アトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが同クラブで着用する背番号7の経緯を明かした。 スペイン『マルカ』が伝えた。 昨夏、バルセロナへ旅立ったフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの後釜として、ベンフィカからアトレティコ史上最高額の移籍金で加入したフェリックス。 その移籍の経緯もあって前エースが背負っていた背番号7をそのまま受け継ぐことになった。 グリーズマンと同様にセカンドストライカーを主戦場とし、その端正な顔立ちも相まってクラブ関係者やサポーターも、異論は聞こえてこなかったが、最もしっくりきていないのはフェリックス自身のようだ。 フェリックスは『Eleven Sports』のインタビューで、自身が加入時に希望した背番号がベンフィカ時代に背負っていた「79」だったことを明かした。 「本当は79番を付けたかったけど、クラブは僕をそこ Bチーム に所属させたくなかったんだ 笑 」 「その次は FWアンヘル・コレア着用の 10番が良かったけど、すでに使われていたから7番に落ち着いたんだ」 フェリックスが在籍したポルトガルリーグやセリエAなどのリーグは1番から99番の間であれば、クラブが定める永久欠番などを除き自由に番号が選択できる。 しかし、ラ・リーガの規定ではトップチーム登録の選手は1番から25番の背番号を着用することが義務付けられており、リザーブチームやユースチーム登録にならない限り、それ以上大きな番号を背負うことができない。 79番と10番を着用するフェリックスも見たい気もするが、今ではすっかりと7番のイメージが定着している。 フェリックス本人は本意ではないかもしれないが、グリーズマンの真の後継者としてワンダ・メトロポリターノのピッチで躍動する背番号7を多くのアトレティコファンが今後も見ていたいと思っているはずだ。 超WORLDサッカー!.

次の

謎の背番号を付けていた10名の名選手

ジョアン フェリックス 背 番号

アトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが同クラブで着用する背番号7の経緯を明かした。 スペイン『マルカ』が伝えた。 昨夏、バルセロナへ旅立ったフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの後釜として、ベンフィカからアトレティコ史上最高額の移籍金で加入したフェリックス。 その移籍の経緯もあって前エースが背負っていた背番号7をそのまま受け継ぐことになった。 グリーズマンと同様にセカンドストライカーを主戦場とし、その端正な顔立ちも相まってクラブ関係者やサポーターも、異論は聞こえてこなかったが、最もしっくりきていないのはフェリックス自身のようだ。 フェリックスは『Eleven Sports』のインタビューで、自身が加入時に希望した背番号がベンフィカ時代に背負っていた「79」だったことを明かした。 「本当は79番を付けたかったけど、クラブは僕をそこ Bチーム に所属させたくなかったんだ 笑 」 「その次は FWアンヘル・コレア着用の 10番が良かったけど、すでに使われていたから7番に落ち着いたんだ」 フェリックスが在籍したポルトガルリーグやセリエAなどのリーグは1番から99番の間であれば、クラブが定める永久欠番などを除き自由に番号が選択できる。 しかし、ラ・リーガの規定ではトップチーム登録の選手は1番から25番の背番号を着用することが義務付けられており、リザーブチームやユースチーム登録にならない限り、それ以上大きな番号を背負うことができない。 79番と10番を着用するフェリックスも見たい気もするが、今ではすっかりと7番のイメージが定着している。 フェリックス本人は本意ではないかもしれないが、グリーズマンの真の後継者としてワンダ・メトロポリターノのピッチで躍動する背番号7を多くのアトレティコファンが今後も見ていたいと思っているはずだ。 外部サイト.

次の