ドコモ ギガライト。 ドコモの料金プラン変更方法・全手順|違約金発生タイミングと注意点を解説

ギガライト

ドコモ ギガライト

ギガホ、ギガライトの通話料について プランをギガホ、ギガライトにすると、通話料は30秒20円になります。 同一ファミリー割引のグループ間の通話は無料で行えます。 家族間以外の通話も多いという方には、2つのオプションが用意されています。 5分通話無料オプション 700円 1度の国内通話が5分間無料。 5分超過で30秒毎に20円発生。 かけ放題オプション 1700円 国内通話24時間無料 従来のプランと同じように、5分以内の短い通話が多い人におすすめの「5分通話無料オプション」と1回あたりの通話時間が長い方におすすめの「かけ放題オプション」があります。 オプションをつける場合の料金計算は、ギガホやギガライトの基本料に+オプション料。 例えば、ギガホ+5分通話無料オプションにする場合は、次の通り。 条件を満たせない場合は適用されません。 新料金プランの詳細は下記リンク先の記事で紹介しています。 詳細: オプションを追加するべきか迷った場合 通話量がオプションをつけるか微妙なラインの人も中にはいると思います。 目安としては、「5分通話無料オプション」の月額700円という金額は、オプションをつけないで通話すると、17分30秒(最大)通話すると700円になります。 なので、1か月間に15分~20分くらいでしたらオプションをつけても良いと思います。 「かけ放題オプション」でしたら、1700円はオプションなしで通話した場合の42分30秒(最大)に相当するので、1か月間に35分以上くらい通話するならつけておいていいと思います。 「5分通話無料オプション」と「かけ放題オプション」で迷ったら、1000円の差額なので、1度の通話で5分超過する分が25分あるならかけ放題オプションが良いです。 どうしても迷う場合は、1ヶ月間、オプションをつけないで何円通話料がかかったのか見て、あとからオプションをつける。 もしくは、逆に最初はオプションをつけて通話時間が短いようでしたらオプションを廃止するなど、臨機応変に対応するようにしましょう。 電話はほとんどしないという方を除き、通話量が常に一定という方は少ないはずです。 都度、プランの見直しをして無駄に高い料金を支払わないようにしっかり管理しておきましょう。 前のプランと同じにするのは正しいとは限らない• 従来のプランでは、カケホーダイライトプラン(5分以内無料)にしていたから、新料金でも同じ5分無料で使える「5分通話無料オプション」を追加する。 カケホーダイプラン(24時間無料)にしていたから、新料金でも同じ条件の「かけ放題オプション」にする• シンプルプラン(30秒20円)にしていたから、新料金でも同じく安い基本料金にしたいのでオプションは付けない。 以上の考えは必ずしも正しいとは限りません。 もちろん、正しい場合もあります。 というのも、前項でも書きましたが、通話量が常に一定ではないはずです。 前回、カケホーダイやカケホーダイライト、シンプルプランを選んでいても、今は通話をよくするようになった、通話量は減ったというのでしたら、現状にあった最適な契約をすべきです。 直近の過去数か月、これからの予定を考慮し、契約するようにしましょう。 途中で使い方が変わったら、オプション変更し上手に使い分けするようにしましょう。 最後に ギガホ、ギガライトの通話料について、お話させて頂きました。 ここで紹介したのは、基本的な通話オプションの選び方です。 通話料を節約するテクニックはいろいろあります。 例えば、彼女さん(特定の人)だけに通話をよくする。 毎日1時間は電話をする。 というのでしたら、契約はどうしますか? かけ放題オプションをつけるというのも正解です。 通話品質を少し落としても無料が良い、というのであれば、LINEやSkypeなどの無料通話アプリを使うという方法もあります。 他にも、カケホーダイが出てきた現在では現実的ではありませんが、自分でガラケーをケータイプラン(1200円)で1台契約して、自分との通話用に彼女に渡す。 という方法もあります。 これは一昔前によくあった契約方法。 長くなりましたが、プラン選びは自身の使い方にあった最適なプラン選びが重要。 細かいところまで、わからない方が大半だと思います。 一度ドコモショップやコールセンターのプロに相談することをおすすめします。 最適なプランを提案してもらえることでしょう。

次の

ギガライト

ドコモ ギガライト

ギガライトの料金(引用元:) 使ったギガ数によって、料金が変わるプランです。 3GBまでの利用で、1台あたり月3,980円です。 1GBまでなら2,980円ですが、1GBで抑えるのはさすがにきびしいでしょう。 みんなドコモ割によって、 家族で3回線契約すれば1台あたり1,000円下がります。 そうなると 3GBまでの利用で、1台あたり月2,980円。 そこそこ安いかな、と言える数字になっています。 ギガホ インターネットが、月30GBまで使い放題のプランです。 1台あたり月6,980円、高いです。 30GBを使いきったら通信速度が落ちますが、1Mbpsくらいでます。 現在の速度制限は128Kbpsなので、7~8倍速くなります。 動画はムリでも、LINEやSNSなどの日常生活への支障はでないでしょう。 こちらもみんなドコモ割で、家族で3回線契約すれば1台あたり1,000円下がります。 それでも月5,980円と高いので、 節約したい人にはおすすめしません。 ギガライトは最安? ギガライトは、これまでの最低維持費より安いのでしょうか。 2019年5月までは、ドコモWithとシェアパックを使うと維持費が最安でした。 そこで、• 通話は使わない• 月の利用ギガ数の合計が5GB以下 の条件にできるだけ合わせて、ギガライトとドコモWithを比べました。 ギガライトは、台数が増えると素直に料金が上がります。 ドコモWith+シェアパックでは、台数が増えてもあまり料金が上がりません。 台数が少ないと最安 台数が少なくて、ドコモを使いつづけたい人はギガライトに変えるのが最安です。 2019年6月から、変えられるようになりました。 1台のとき 表では書けませんでしたが、1台のときの2019年5月までの最安は、• 1台目:月に1GB~3GB使う• 2台目:月に0GB~1GB使う• 3台目:月に0GB~1GB使う という想定になっています。 仮にこの制限を1人でも破ってしまうと、さらに1,000円アップしてしまうので注意です。 ギガライト維持費 4台 最後に、家族4台でギガライトを使ったケース。 1台目 ~3GB 2~4台目 ~1GB ギガライト 3,980円 8,940円 みんなドコモ割 -1,000円 -3,000円 合計 2,980円 5,940円 合計は8,920円。 ドコモWithでは、4台で月7,120円でした。 ギガライトにすると、1,800円も高くなってしまいます。 さらにこの計算は、 台数を増やすときは、1日に1名義2台まで。 誰かの名義で3台買おうとしても2台までしか契約できない。 ドコモWith維持費 2台 例えば2台なら、 1台目 2台目 基本プラン シンプルプラン 980円 980円 SPモード 300円 300円 ベーシックシェアパック 6,500円 500円 ドコモwith -1,500円 -1,500円 合計 6,280円 280円 合計は、6,560円。 1台あたりは、月3,280円です。 ベーシックシェアパックは、1家族で月に6,500円払えばOK。 2台目以降は子回線となり、パケット料金としては500円で済みます。 ドコモWith維持費 3台 3台の場合は、 1台目 2台目 3台目 基本プラン シンプルプラン 980円 980円 980円 SPモード 300円 300円 300円 ベーシックシェアパック 6,500円 500円 500円 ドコモwith -1,500円 -1,500円 -1,500円 合計 6,280円 280円 280円 合計は、6,840円。 1台あたり、月2,280円になります。 ドコモWith維持費 4台 4台の場合は、 1台目 2~4台目 基本プラン シンプルプラン 980円 2,940円 SPモード 300円 900円 ベーシックシェアパック 6,500円 1,500円 ドコモwith -1,500円 -4,500円 合計 6,280円 840円 合計は、7,120円。 1台あたり、月1,780円になります。 いずれの台数でも、2台目以降の維持費が安いこと。 そして、ドコモWithによる割引が効いています。 ギガライトとドコモWith ギガライトの維持費 使ったギガ数によって、料金が変わるプラン。 3GBまでの利用で、1台あたり月3,980円。 みんなドコモ割という割引で、家族で3回線契約すれば1台あたり1,000円下がる。 ドコモWithと比較 ひつじ先輩さん とても勉強になりました。 大手キャリアでもランニング費用が抑えられるのですね。 どうしても、大手キャリアでランニング費用を抑えたいおじさんリーマンです。 このやり方でご相談がございます。 機種がiphoneXR一括0円キャッシュバックがあるからです。 でもランニング費用が高くて悩んでおりました。 周りに相談できる人がいないのでこちらで相談しています。 やはり日々使うスマホはお気に入りを使いたく考えております。 以上です。

次の

【2020年6月版】docomo(ドコモ) 最新料金プランまとめ!

ドコモ ギガライト

データ通信量の繰越とは? まずはデータ通信の繰越に関してお伝えしておきたいと思います。 データ通信の繰越というのは、当月自分が購入しているパケット数いわゆるギガ数が、予定よりも使われなかったときに、翌月に余った分のパケット数が引き継がれるというものです。 今までなら5GBなどの契約もあったため5GBを購入している人が3GBしか使わなかった場合に2GBは翌月に引き継げるというものがありました。 翌月はまた5GBを購入したとしても7GBの通信を行うことが出来るというものです。 これは非常にメリットがあるかと思います。 使う月と使わない月というのはどうしても出てきます。 例えば夏休みや冬休みの時期というのは、外出も増えるため、パケットを大量に使う人も出てくるわけです。 外出先でそれこそネットをいろいろ見るとどうしてもそれだけ通信をしてしまいます。 そういう場合は余った前月のものがあれば、使いたいと思う人も多いと思います。 公式オンラインショップ ギガホならそもそも繰越の必要なしかも ギガホというのは、30GBの通信を超えた時点で、1Mbpsの通信まで落ち込むわけですが、単体利用の場合は1Mbpsの通信でユーチューブも利用することが出来るのです。 1Mbpsの通信が出来るのであれば、実は繰越の必要はありません。 当然ながら大容量のファイルのダウンロードを利用し続けようと思っている人ならそこもs スピードオプションを利用することが可能となりますが、スピードオプションは勿体無いオプションなので、ギガホを契約している人ならスピードオプションを利用することは控えておくほうがいいと思います。 ギガホを利用するのであれば、繰越も利用せず実質使い放題のプランとなりますので、一旦は繰越に関しても諦めるしかなさそうです。 それにしても30GB使えるなら動画なども普通にどこでも見ることが出来るでしょう。 引用元:.

次の