コマンダー コーディ。 ホットトイズ ムービー・マスターピース スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 コマンダー・コーディ

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 ムービー・マスターピース1/6スケールフィギュア コマンダー・コーディ【予約】 :201902191:Hollywood Collector's Gallery

コマンダー コーディ

経歴 初期の人生 CC-2224は、軍のリーダー的立場をとるべく育成された無数の将校の1人として誕生した。 初期の訓練において彼は独立思考の才能を示し、常にからの詮索の目を引いたのだった。 クローン大戦 の指揮官として、CC-2224はの配下に置かれ、彼の指示に従って行動することに喜びを感じていた。 しかしでは、ケノービがのリーダー、の追跡に忙殺されていたため、2224は単独での行動を強いられた。 その後、彼は・の配下としてに参加している。 追加の訓練 の初期の数ヶ月間、CC-2224は一時的に戦役から外され、・率いる実験的な訓練部隊に編入された。 これは指揮官として登録されたクローンたちの独立思考を活性化させるために儲けられたプログラムである。 新しく独立性の兆候が発見された証として、2224はコーディの名前を与えられ、それまではARCのみに許されていた装甲服のカスタマイズを開始した。 コーディの装甲服には、小さな弾丸型の、大型ショルダー・パッド、補助通信アンテナが取り付けられ、ヘルメットにもバイザーと2本のアンテナ、右手上部のアームバンドには小さな棒のような道具が取り付けられたのだった。 アルファ17の訓練プログラムには数百人のコマンダーが参加し、彼によって選抜されたごく一部の優秀な兵士たちがに配属させられた。 スクワッド・セブンは様々な訓練を受けたコマンドーたちからなるエリート部隊であり、共和国グランド・アーミーで最高の狙撃手、爆破エキスパート、地雷埋設者などによって構成されていた。 彼らはあらゆる種類の任務でと行動を共にする役割が与えられていたのである。 なかでも特に優秀な評価を得ていたコーディとにはスクワッド・セブン全体の指揮権が与えられ、一方でには日常的な作業を指揮する役割が与えられたのだった。 他の戦い コーディと その後の数ヶ月で、コーディは、、、、、、、、、、、など、激しい戦闘の行われた数多くの惑星に派遣された。 そして、コーディとケノービは何ヶ月にもわたって共に戦ううちに、深い友情の絆で結ばれるようになったのである。 その後、コーディはキャプテン・と共に新兵たちを率いての通信ステーションを奪回する任務に赴いた。 レックスはを着たを偽装することで、ドロイドに基地のドアを開けさせるという作戦を立案したが、指揮するドロイドの侵略軍が基地に到着してしまう。 そこで彼らは共和国に基地が奪われたことを知らせるため、で基地を吹き飛ばすことにしたのだった。 このときレックスが爆弾の1つを準備していたが、それが作動せず、のが修理のために残ることになった。 だが修理は失敗し、基地はドロイド軍に占拠されてしまった。 そのためヘヴィは手動で爆弾を起動させ、自分の命を犠牲にして基地を爆破したのである。 戦争を早期終結に導くため、共和国はのの砦、への攻撃に着手した。 ガンレイ総督の壮麗な要塞を奪取するための戦いが開始されると、とに導かれたコーディのスクワッド・セブンは分離主義勢力の内部防衛網を突破し、要塞内部での戦闘に突入する。 このとき彼らはガンレイの逮捕には失敗したが、極めて重要な情報を手にすることになった。 ガンレイは脱出を急ぐあまり大切なを置き去りにしており、共和国はそれから分離主義勢力の次の攻撃目標がであることを突き止めたのである。 その後、は戦争を迅速に終結させることを公に宣言し、200,000人の追加兵士をに投入することを決定した。 コマンダー・コーディのも、で激化した戦いに向けられた数千の部隊の1つである。 ケノービがで発見されたの拠点に潜入したときも、彼はコーディとを同行させていた。 ウータパウはにとって、と彼のによって守られた一時的な避難所だったのだ。 ウータパウの戦いとオーダー66 からを受信したコーディ で、コマンダー・コーディは以下、様々な落下傘部隊と共に部下をに送り込んだ。 この攻撃の途中、彼はケノービが落としたを発見し、後に彼に手渡している。 オビ=ワンとグリーヴァスのライトセイバーによる戦いが始まったとき、コーディはドロイド軍と対峙していた。 暗号化チャンネルを通じてからを受信したのもこのときである。 オーダー66はオビ=ワンと他の全員を共和国の敵だと宣言するものであり、このときコーディが最初に思いついたことは、命令を聞く前にケノービにライトセイバーを返してしまったことへの後悔だった。 そして、コーディはに対してに騎乗したケノービへの砲撃を命令し、ケノービとは縦穴の底へと落ちていったのである。 クローン大戦とオーダー66発令後のコーディに関してはほとんど知られていない。 装甲服と装備.

次の

ストームトルーパーとクローントルーパーの違いや種類やヘルメット

コマンダー コーディ

ブラックシリーズ 6インチフィギュア ファースト・オーダー ジェット・トルーパー 2019年11月上旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ 6インチフィギュア マンダロリアン 2019年11月上旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ 6インチフィギュア ルーク・スカイウォーカー ヤヴィン・セレモニー 2019年11月下旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ 6インチフィギュア カイロ・レン最高指導者 2019年10月上旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ 6インチフィギュア レイ&D-O 2019年10月上旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア バトル・ドロイド 2019年4月下旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア インペリアル・ジャンプトルーパー 2019年3月下旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア ルーク・スカイウォーカー Xウイング・パイロット 2019年2月下旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア ボバ・フェット 2019年1月下旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア デンガー 2018年12月下旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア L3-37 TM 2018年10月下旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア ザッカス 2018年8月下旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア ランド・カルリジアン(ハン・ソロ) 2018年6月下旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア キーラ(コレリア) 2018年6月下旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア 4-LOM TM 2018年6月下旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア ハン・ソロ(ハン・ソロ) 2018年5月下旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア チューバッカ(ハン・ソロ) 2018年5月下旬発売 5,000円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア ミンバン・ストームトルーパー 2018年5月下旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア レンジ・トルーパー 2018年5月下旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア ガモーリアン・ガード 2018年5月下旬発売 6,000円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア レイ(アイランド・ジャーニー) 2018年4月中旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズ6インチフィギュア キャプテン・レックス 2018年4月中旬発売 3,980円(税抜)• ブラックシリーズDX6インチフィギュア レイ 2017年11月下旬発売 4,500円(税抜).

次の

『スター・ウォーズ』1/6スケールフィギュア【ミリタリーズ・オブ・スター・ウォーズ】 コマンダー・コーディ

コマンダー コーディ

経歴 初期の人生 CC-2224は、軍のリーダー的立場をとるべく育成された無数の将校の1人として誕生した。 初期の訓練において彼は独立思考の才能を示し、常にからの詮索の目を引いたのだった。 クローン大戦 の指揮官として、CC-2224はの配下に置かれ、彼の指示に従って行動することに喜びを感じていた。 しかしでは、ケノービがのリーダー、の追跡に忙殺されていたため、2224は単独での行動を強いられた。 その後、彼は・の配下としてに参加している。 追加の訓練 の初期の数ヶ月間、CC-2224は一時的に戦役から外され、・率いる実験的な訓練部隊に編入された。 これは指揮官として登録されたクローンたちの独立思考を活性化させるために儲けられたプログラムである。 新しく独立性の兆候が発見された証として、2224はコーディの名前を与えられ、それまではARCのみに許されていた装甲服のカスタマイズを開始した。 コーディの装甲服には、小さな弾丸型の、大型ショルダー・パッド、補助通信アンテナが取り付けられ、ヘルメットにもバイザーと2本のアンテナ、右手上部のアームバンドには小さな棒のような道具が取り付けられたのだった。 アルファ17の訓練プログラムには数百人のコマンダーが参加し、彼によって選抜されたごく一部の優秀な兵士たちがに配属させられた。 スクワッド・セブンは様々な訓練を受けたコマンドーたちからなるエリート部隊であり、共和国グランド・アーミーで最高の狙撃手、爆破エキスパート、地雷埋設者などによって構成されていた。 彼らはあらゆる種類の任務でと行動を共にする役割が与えられていたのである。 なかでも特に優秀な評価を得ていたコーディとにはスクワッド・セブン全体の指揮権が与えられ、一方でには日常的な作業を指揮する役割が与えられたのだった。 他の戦い コーディと その後の数ヶ月で、コーディは、、、、、、、、、、、など、激しい戦闘の行われた数多くの惑星に派遣された。 そして、コーディとケノービは何ヶ月にもわたって共に戦ううちに、深い友情の絆で結ばれるようになったのである。 その後、コーディはキャプテン・と共に新兵たちを率いての通信ステーションを奪回する任務に赴いた。 レックスはを着たを偽装することで、ドロイドに基地のドアを開けさせるという作戦を立案したが、指揮するドロイドの侵略軍が基地に到着してしまう。 そこで彼らは共和国に基地が奪われたことを知らせるため、で基地を吹き飛ばすことにしたのだった。 このときレックスが爆弾の1つを準備していたが、それが作動せず、のが修理のために残ることになった。 だが修理は失敗し、基地はドロイド軍に占拠されてしまった。 そのためヘヴィは手動で爆弾を起動させ、自分の命を犠牲にして基地を爆破したのである。 戦争を早期終結に導くため、共和国はのの砦、への攻撃に着手した。 ガンレイ総督の壮麗な要塞を奪取するための戦いが開始されると、とに導かれたコーディのスクワッド・セブンは分離主義勢力の内部防衛網を突破し、要塞内部での戦闘に突入する。 このとき彼らはガンレイの逮捕には失敗したが、極めて重要な情報を手にすることになった。 ガンレイは脱出を急ぐあまり大切なを置き去りにしており、共和国はそれから分離主義勢力の次の攻撃目標がであることを突き止めたのである。 その後、は戦争を迅速に終結させることを公に宣言し、200,000人の追加兵士をに投入することを決定した。 コマンダー・コーディのも、で激化した戦いに向けられた数千の部隊の1つである。 ケノービがで発見されたの拠点に潜入したときも、彼はコーディとを同行させていた。 ウータパウはにとって、と彼のによって守られた一時的な避難所だったのだ。 ウータパウの戦いとオーダー66 からを受信したコーディ で、コマンダー・コーディは以下、様々な落下傘部隊と共に部下をに送り込んだ。 この攻撃の途中、彼はケノービが落としたを発見し、後に彼に手渡している。 オビ=ワンとグリーヴァスのライトセイバーによる戦いが始まったとき、コーディはドロイド軍と対峙していた。 暗号化チャンネルを通じてからを受信したのもこのときである。 オーダー66はオビ=ワンと他の全員を共和国の敵だと宣言するものであり、このときコーディが最初に思いついたことは、命令を聞く前にケノービにライトセイバーを返してしまったことへの後悔だった。 そして、コーディはに対してに騎乗したケノービへの砲撃を命令し、ケノービとは縦穴の底へと落ちていったのである。 クローン大戦とオーダー66発令後のコーディに関してはほとんど知られていない。 装甲服と装備.

次の