里親ナビ。 Tokyo里親ナビ|子どもと里親の暮らしを知るサイト

里親が行う養育に関する最低基準の全文・条文

里親ナビ

養子縁組のしくみって複雑でむずかしいですよね。 できるだけ簡単に説明したいと思います。 養子縁組とは? 血縁関係とは無関係に親子関係を結ぶことです。 「普通」養子縁組と「特別」養子縁組の2種類があります。 「普通」養子縁組とは? 古くから日本で行われている養子縁組の形で、跡取りのいない家庭が家系の存続のために親族や知人から子供をもらいます。 特別養子縁組と比較する形でこう呼ばれるようになりました。 「特別」養子縁組とは? 何らかの理由で生みの親が育てられない子どもの ために、生みの親との法的な親子関係を解消し、養親 育ての親 との新たな親子関係を始める制度です。 里親制度とは? 「養子に出すのは未練があるが、しばらくは育てられない」そういう方のために里親制度と呼ばれる方法があります。 養子に出すのではなく、子供を育ての親に預けるという感覚です。 親権・親子関係ともに生みの親の方に残ります。 普通養子縁組 VS 特別養子縁組 VS 里親制度 それぞれのメリット・デメリットを比較します。 普通養子縁組 「生みの親」の立場• メリット:子供と自分の親子関係は残る• メリット:子供が6歳以上でも養子に出せる• デメリット:親権は「育ての親」のものになる 「育ての親」の立場• メリット:親権は自分が持てる• メリット:自分が独身、高齢でも養子をもらえる• デメリット:子供と「生みの親」との親子関係が残る• デメリット:子供の戸籍に「養子」との表示が残る 特別養子縁組 「生みの親」の立場• デメリット:子供が6歳以上だと養子に出せない 「育ての親」の立場• メリット:戸籍上、完全に自分の子供になる• メリット:特別養子縁組は競争率が高く、養子をもらう競争率が高い• デメリット:結婚していて少なくとも片方が25歳以上で良好な家庭環境でないと養子をもらえない 里親制度 「生みの親」の立場• メリット:親権・親子関係ともに自分に残る• メリット:将来的にはまた子供と一緒に暮らせる 「育ての親」の立場• メリット:国・自治体からの補助金が毎月支給 7万円〜 される• デメリット:親権・親子関係ともに自分はもらえない• デメリット:いつか子供と離れる時がくる まとめ 特別養子縁組 > 普通養子縁組 > 里親制度 の順に「育ての親」の権力が強くなります。 その代わり、育ての親に求められる条件も厳しくなってきますので、ご注意ください。

次の

養子をもらう・里親になるための条件は?独身でもOK?

里親ナビ

東京都には、親の病気や虐待などさまざまな理由によって親と暮らせない子どもが、約4,000人います。 そして、その約9割の子どもたちは、乳児院や児童養護施設などで暮らしています。 私たちは、こうした社会的養護が必要な子どもたちに、「家庭という居場所」を届けたいと思っています。 年々、社会的養護への理解が進み、「里親になりたい」と思ってくださる方が、増えてきています。 しかし、子どもの必要を満たすには、まだ数が足りません。 身近に里親がいないために、実際に里親になったら、今の暮らしがどのように変わるのかを想像することは難しく、一歩を踏み出しかねている方も多いことでしょう。 里親は、「子どものため」という思いは共通していますが、100人いれば、100通りの考え方や暮らし方があります。 このサイトを読んで、「私にもできそう」と思ってくださる方が、少しでも増えることを願っています。 「家庭でどのように過ごせばいいのか?」「何か教材がないか?」「子どもがストレスをかかえているようなので少しでも理解したい」といった方のために、いくつかサイトを記載しています。 12月1日 日 13時半から16時半 立正大学品川キャンパスにて『みんなの学校』を上映します。 詳しくは。 イギリスで注目を集める、里親自身が子ども問題行動の裏にある本音に気付くためのスキル『フォスタリング・チェンジ』などが学べます。 で無料貸し出し中。 今年、社会人になる鴨下伶さん(20歳)の本音トークです。 新年初のNew記事をアップしました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 講師は地域で活躍している里親さんです。 里親と養子縁組との違いも分かります。 詳しくはTokyo里親ナビのをご欄ください。 申し込みはから。 講師は 二葉乳児院の里親委託等推進員、宮内珠希さん。 申し込みは「こうとう子育てメッセ実行委員会」 ( このメールアドレスはスパムボットから保護されています。 閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 )まで。 7歳の時に施設から育ての母に引き取られた女優のサヘル・ローズさんも紹介されています。 里親ナビにも登場している里親の齋藤直巨さん、養子として育てられた経験を持つシンガーソングライターの川嶋あいさんも紹介されています。 詳しくは 6:50ごろ~8:55ごろの約2分間です。

次の

【里親になりたいあなたへ】里親登録の第一歩、児童相談所への問い合わせ(連載第2回/全8回)

里親ナビ

里親が行う養育に関する最低基準の全文・条文まとめ 里親が行う養育に関する最低基準 児童福祉法(昭和二十二年法律第百六十四号)第四十五条第一項の規定に基づき、里親が行う養育に関する最低基準を次のように定める。 (この省令の趣旨)第一条 児童福祉法(昭和二十二年法律第百六十四号。 以下「法」という。 )第二十七条第一項第三号の規定により里親に委託された児童(以下「委託児童」という。 )について里親が行う養育に関する最低基準(以下「最低基準」という。 )は、この省令の定めるところによる。 (最低基準の向上)第二条 都道府県知事は、その管理に属する法第八条第二項に規定する都道府県児童福祉審議会(社会福祉法(昭和二十六年法律第四十五号)第十二条第一項の規定により同法第七条第一項に規定する地方社会福祉審議会(以下この項において「地方社会福祉審議会」という。 )に児童福祉に関する事項を調査審議させる都道府県にあっては、地方社会福祉審議会)の意見を聴いて、その監督に属する里親に対し、最低基準を超えて当該里親が行う養育の内容を向上させるよう、指導又は助言をすることができる。 2 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百五十二条の十九第一項の指定都市(以下「指定都市」という。 )にあっては、前項中「都道府県知事」とあるのは「指定都市の市長」と、「都道府県」とあるのは「指定都市」と読み替えるものとする。 3 法第五十九条の四第一項の児童相談所設置市(以下「児童相談所設置市」という。 )にあっては、第一項中「都道府県知事」とあるのは「児童相談所設置市の長」と、「法第八条第二項に規定する都道府県児童福祉審議会(社会福祉法(昭和二十六年法律第四十五号)第十二条第一項の規定により同法第七条第一項に規定する地方社会福祉審議会(以下この項において「地方社会福祉審議会」という。 )に児童福祉に関する事務を調査審議させる都道府県にあっては、地方社会福祉審議会)」とあるのは「法第八条第三項に規定する児童福祉に関する審議会その他の合議制の機関」と読み替えるものとする。 4 厚生労働大臣は、最低基準を常に向上させるように努めるものとする。 (最低基準と里親)第三条 里親は、最低基準を超えて、常に、その行う養育の内容を向上させるように努めなければならない。 (養育の一般原則)第四条 里親が行う養育は、委託児童の自主性を尊重し、基本的な生活習慣を確立するとともに、豊かな人間性及び社会性を養い、委託児童の自立を支援することを目的として行われなければならない。 2 里親は、前項の養育を効果的に行うため、都道府県(指定都市及び児童相談所設置市を含む。 )が行う研修を受け、その資質の向上を図るように努めなければならない。 (児童を平等に養育する原則)第五条 里親は、委託児童に対し、自らの子若しくは他の児童と比して、又は委託児童の国籍、信条若しくは社会的身分によって、差別的な養育をしてはならない。 (虐待等の禁止)第六条 里親は、委託児童に対し、法第三十三条の十各号に掲げる行為その他当該委託児童の心身に有害な影響を与える行為をしてはならない。 (懲戒に係る権限の濫用禁止)第六条の二 里親は、委託児童又は法第三十一条第二項の規定により引き続き委託を継続されている者(以下この条において「委託児童等」という。 )に対し法第四十七条第三項の規定により懲戒に関しその委託児童等の福祉のために必要な措置を採るときは、身体的苦痛を与え、人格を辱める等その権限を濫用してはならない。 (教育)第七条 里親は、委託児童に対し、学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)の規定に基づく義務教育のほか、必要な教育を受けさせるよう努めなければならない。 (健康管理等)第八条 里親は、常に委託児童の健康の状況に注意し、必要に応じて健康保持のための適切な措置を採らなければならない。 2 委託児童への食事の提供は、当該委託児童について、その栄養の改善及び健康の増進を図るとともに、その日常生活における食事についての正しい理解と望ましい習慣を養うことを目的として行わなければならない。 (衛生管理)第九条 里親は、委託児童の使用する食器その他の設備又は飲用する水について、衛生的な管理に努め、又は衛生上必要な措置を講じなければならない。 (給付金として支払を受けた金銭の管理)第九条の二 里親は、委託児童に係る厚生労働大臣が定める給付金(以下この条において「給付金」という。 )の支給を受けたときは、給付金として支払を受けた金銭を次に掲げるところにより管理しなければならない。 一 当該委託児童に係る当該金銭及びこれに準ずるもの(これらの運用により生じた収益を含む。 以下この条において「委託児童に係る金銭」という。 )をその他の財産と区分すること。 二 委託児童に係る金銭を給付金の支給の趣旨に従って用いること。 三 委託児童に係る金銭の収支の状況を明らかにする記録を整備すること。 四 当該委託児童の委託が解除された場合には、速やかに、委託児童に係る金銭を当該委託児童に取得させること。 (自立支援計画の遵守)第十条 里親は、児童相談所長があらかじめ作成する自立支援計画(法第十一条第一項第二号ヘ(5)に規定する計画をいう。 )に従って、委託児童を養育しなければならない。 (秘密保持)第十一条 里親は、正当な理由なく、その業務上知り得た委託児童又はその家族の秘密を漏らしてはならない。 (記録の整備)第十二条 里親は、委託児童の養育の状況に関する記録を整備しておかなければならない。 (苦情等への対応)第十三条 里親は、その行った養育に関する委託児童からの苦情その他の意思表示に対し、迅速かつ適切に対応しなければならない。 2 里親は、その行った養育に関し、都道府県知事(指定都市にあっては市長とし、児童相談所設置市にあっては児童相談所設置市の長とする。 以下同じ。 )から指導又は助言を受けたときは、当該指導又は助言に従って必要な改善を行わなければならない。 (都道府県知事への報告)第十四条 里親は、都道府県知事からの求めに応じ、次に掲げる事項に関し、定期的に報告を行わなければならない。 一 委託児童の心身の状況 二 委託児童に対する養育の状況 三 その他都道府県知事が必要と認める事項 2 里親は、委託児童について事故が発生したときは、遅滞なく、これを都道府県知事に届け出なければならない。 3 里親は、病気その他やむを得ない事由により当該委託児童の養育を継続することが困難となつたときは、遅滞なく、理由を付してその旨を都道府県知事に届け出なければならない。 (関係機関との連携)第十五条 里親は、委託児童の養育に関し、児童相談所、法第十一条第四項の規定により同条第一項第二号ヘに掲げる業務に係る事務の委託を受けた者、当該委託児童の就学する学校その他の関係機関と密接に連携しなければならない。 (養育する委託児童の年齢)第十六条 里親が養育する委託児童は、十八歳未満(法第三十一条第四項に定める延長者にあっては二十歳未満)の者とする。 2 前項の規定にかかわらず、都道府県知事が委託児童、その保護者及び児童相談所長からの意見を勘案して必要と認めるときは、法第三十一条第二項の規定に基づき当該委託児童が満二十歳に達する日までの間、養育を継続することができる。 (養育する委託児童の人数の限度)第十七条 里親が同時に養育する委託児童及び当該委託児童以外の児童の人数の合計は、六人(委託児童については四人)を超えることができない。 2 専門里親(児童福祉法施行規則(昭和二十三年厚生省令第十一号)第一条の三十六に規定する専門里親をいう。 以下同じ。 )が同時に養育する委託児童の人数は、同条各号に掲げる者については、二人を超えることができない。 (委託児童を養育する期間の限度)第十八条 専門里親による委託児童(児童福祉法施行規則第一条の三十六各号に掲げる者に限る。 )の養育は、当該養育を開始した日から起算して二年を超えることができない。 ただし、都道府県知事が当該委託児童、その保護者及び児童相談所長からの意見を勘案して必要と認めるときは、当該期間を更新することができる。 (再委託の制限)第十九条 里親は、次に掲げる場合を除き、委託児童を他の者に委託してはならない。 一 都道府県知事が、里親からの申請に基づき、児童相談所長と協議して、当該里親の心身の状況等にかんがみ、当該里親が養育する委託児童を一時的に他の者に委託することが適当であると認めるとき。 二 前号に掲げる場合のほか、特にやむを得ない事情があると都道府県知事が認めるとき。 (家庭環境の調整への協力)第二十条 専門里親は、児童相談所長が児童家庭支援センター、法第十一条第四項の規定により同条第一項第二号ヘに掲げる業務に係る事務の委託を受けた者、児童委員、福祉事務所等の関係機関と連携して行う委託児童の家庭環境の調整に協力しなければならない。 附 則 この省令は、平成十四年十月一日から施行する。 附 則 (平成一六年三月一五日厚生労働省令第二七号) この省令は、平成十六年四月一日から施行する。 附 則 (平成一六年一二月二四日厚生労働省令第一七八号) (施行期日).

次の