天理教 社会 学 研究 所。 要するにお金ってこと2

学校法人天理大学

天理教 社会 学 研究 所

2-9、天理教社会学研究所 というサイトに「命の泣き声」がリンクされました。 とてもありがたいです。 「天理教社会学研究所」の製作者の方は天理教の信仰とは全く無関係の人なので、とても「自我」と「言葉」を強く持っていらっしゃいます。 ただ、幼少期から「自我」と「言葉」を奪われたまま表現できない不満を抱える信者にとっては、心の拠り所となっているサイトです。 私は18年間「自我」と「言葉」を奪い取られてきました。 それを12年で取り戻そうとして30歳で「うつ病」になりました。 30年分を12年間に収めようという考え自体が、はなから無理を生んでいたのです。 「天理教社会学研究所」さんは私が「うつ病」になるかなり前から拝読させていただいています。 無意識に封印されたやりきれない思いを言語化してくださるツールとして機能していたのです。 日常、仕事やプライベートで抱えるストレスも、なぜか「天理教社会学研究所」を読むことで軽減されていくような気がするのです。 全く天理教と接点のない生活をしていても、幼少期の18年間のやりきれない思いが言語化されることでとてもスッキリするような気持ちになるのです。 12年間、私はよく考え、よく本を読んだと思います。 今の私の言葉には12年間必死で集めた「自我」と「言葉」に、18年間の「苦しみの魂」が乗っていると思います。 私から生み出される「言葉」は重度のうつ病になるまでに必死で頑張った努力の結晶だといえると思います。 最近「言葉の持つ力」について深く実感させられています。 私の「言葉」で涙を流されるという感想を頂き、本当に信じられない気持ちになるのです。 私の感覚としては「うつ病の治療」にあたっての「脳内整理」がこのホームページの役割です。 つまり、自分自身を確認する作業なのです。 しかし、その私の心と脳を結び付け「言葉」として表現したとき、とても多くの皆様から「共感した」「涙を流して読んだ」などのお返事を頂くのです。 そして、12年間の努力の成果として私自身も少しずつそれができるようになってきました。 「命の泣き声」は「右翼」から必死で「左翼」に行く過程のストーリーです。 つまり「天理教に支配された子供」が「普通の大人、普通の社会人」になる道のりを追っているだけです。 「天理教社会学研究所」さんに代理で言語化していただいたり、「命の泣き声」で涙を流していただいたり。 「天理教組織」に支配される子供たちを「本当の大人」にするためにどれほどのパワーが必要なのでしょう。 私は子を持つ親として、「天理教組織」に支配される子供たちを助けたいです。 「天理教社会学研究所」さんのお気持ちもまた同じものです。 さあ、皆様。 我々に心を預けてください。 そして、少し楽になったなら自らで立ち上がる時です。 それは、とてつもなく大変で難しいことに思えるかもしれません。 端的に言います。 「普通になるだけのことです。 」 難しいことに思えるかもしれませんが、大丈夫です。 一人ではありません。 「普通」になった後に「過去」を振り返ってください。 とてもすがすがしい気分に溢れることでしょうから。 こんな気持ちを味わえるのは「本当の苦しみ」を知っている我々だけですよ。 生きているうちに味わっておかないとそれはとても「損」なことです。

次の

学校法人天理大学

天理教 社会 学 研究 所

ブラックホール Black hole は、重力が強く、光さえも抜け出せない領域のことを指す。 大質量の恒星が超新星爆発した後、自己重力によって極限まで収縮することによって生成したり、巨大なガス雲が収縮することで生成すると考えられている。 ブラックホールの境界は、事象の地平面 event horizon と呼ばれる。 一般相対性理論では、厳密にはブラックホールは、『時空の他の領域と将来的に因果関係を持ち得ない領域』として定義される。 ブラックホール自体を直接観測することは、これまで成功していないが、周囲の物質の運動やブラックホールに吸い込まれていく物質が出すX線や宇宙ジェットから、その存在が信じられている。 銀河の中心には、太陽質量の106〜1010倍程度の巨大ブラックホール super-massive black hole が存在すると考えられており、超新星爆発後は、太陽質量の10倍〜50倍のブラックホールが形成すると考えられている。 最近、両者の中間の領域(太陽質量の106〜1010)のブラックホールの存在を伺わせる観測結果も報告されており、中間質量ブラックホール intermediate mass black hole; IMBH と呼ばれている。 数式上は、すべての物質を飲み込むブラックホール解と相反するものとしてホワイトホール white hole 解が存在する。 ホワイトホール white hole は、ブラックホール解を時間反転させたアインシュタイン方程式の解として、一般相対性理論で理論上議論されるものである。 ブラックホールは事象の地平線を超えて飛び込む物質を再び外部へ逃さずにすべてを飲み込む領域であるが、ホワイトホールは事象の地平線から物質を放出する。 加速度の符号は時間反転に対して保存されるので、どちらも重力(引力)が起因する現象である。 数学的には在り得るが、実際に天体として存在するかどうかは不明である。 ブラックホール熱力学は、量子効果によってホーキング放射することによって、ブラックホールが最終的には蒸発することを予言するが、このプロセスも時間反転に対して対称であるため、熱的平衡にあるブラックホールの時間反転解もブラックホール解である。 そうならば、ブラックホールもホワイトホールも同じ物体として解釈され得る。 前者は互いに、つまり相対的に等速運動する座標系の間では物理学の法則が不変な形を保つという原理にもとづくものであり、後者は前者に互いに速度を上げたり下げたりする加速運動や重力をも取り入れて一般化した理論である。 単に相対論(relativity)ともいわれる。 命名者はドイツの理論物理学者、マックス・プランク。 アインシュタインは不変性理論にしたいと思っていた。

次の

[B!] 天理教と宗教建築

天理教 社会 学 研究 所

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 天理教と宗教建築 天理教社会学研究所はてなブックマーク - 天理教と宗教建築 天理教社会学研究所 プレビュー 天理教と宗教建築 天理教社会学研究所 、での隣に置いてあるを手に取る。 「」という。 少しレト... 概要を表示 、での隣に置いてあるを手に取る。 「」という。 少しなが漂う表紙。 内容はやの的を紹介しているよう。 その中にののや等の周辺のを紹介している。 全部で4項くらいだろうか。 的大きく扱われていた。 によるは少なく、が大きくされており見い。 のについて私は幼少の頃実物も含め見慣れているので驚きやしない。 し、初めてのを見る人は、そのの壮大さや街の異様なに 驚くことはに難くない。 それほどの大きい。 ただ、私のに対するひいき目なしの率直な思いとして のはとして「注目されてもいい」 なのではなと思う。 あれほどの巨大なと珍しい。

次の