ラカンパネラの意味。 【皆知らない】カンパネラの意味って?語源や由来を徹底解説!

リスト「ラ・カンパネッラ」解説と名盤,無料楽譜

ラカンパネラの意味

電子ピアノは同時発音数限度があります。 同時に128音とか。 一度に128音も弾かないですが、1つ1つの音には残響や複数倍音があり、早いパッセージを弾くと、それも音として残り限度数にカウントされますから、意外と128音くらい行くものです。 ラカンパネラクラスの曲を当然のように弾ける人が、電子ピアノで練習すると、速度が速く残響が多いため、音がスコスコ抜けるそうです。 写真の場所はそれほど早いとこではないので、音抜けは考えづらいですが、昔の機種だから同時発音数が少ないか、1秒間に連打できる回数が少ないのかも知れません。 家電と考えれば古いものですから、性能が落ちているのかも知れません。 電子ピアノは、高度なものを弾かずに楽しむ分には楽器として楽しめますが、アナログ楽器のように臨機応変には鳴ってくれない「設計で締めた性能以内のことしかできない」家電製品です。 一度に出せる音の上限は、アップライト、グランドなどのアナログ楽器は無限。 電子ピアノは上限あり。 一秒間に連打できる上限回数は 古いまたは安い電子ピアノ < 新しく上位機種の電子ピアノ << アップライトピアノ << グランドピアノ.

次の

リスト「ラ・カンパネッラ」解説と名盤,無料楽譜

ラカンパネラの意味

奏が聴きに来てくれるようになって、アタシのピアノへの情熱はさらに高まっていった。 だれかに聴かせるために演奏をするという、アタシにそれまで欠けていた視点が補われたからだろう。 そもそも、音楽とは演者ひとりでは完成しないものなのだ。 奏に聴かせるために、アタシは日に日にどんどん難しい譜面に挑戦していくようになった。 演奏技術も、それまでお遊びで弾いていたときよりも格段に進歩していく。 とはいっても、奏がアタシの練習に協力してくれたというわけではなかった。 彼女は、ただそこにいるだけだ。 ただピアノに向かうアタシの後ろで、黙って耳を傾けているだけなのだ。 しかし、それがアタシには居心地良くて、かえって練習は 捗 ( はかど )るのだった。 「……クリスマスパーティ、瑠花はピアノ演奏しないの?」 ある冬の日のことだった。 かじかむ指をカイロで暖めてピアノの前に座るアタシに、奏がそう声をかけた。 アタシの中学では、毎年クリスマスに校内でパーティを開いていた。 数年前に学園祭が単位の都合で廃止になって、その埋め合わせとして始まったらしい。 「今年の演奏者、まだ決まってないんだって」 パーティの催しのうちに小さなコンサートがあり、学生の中で腕に自身のある者が毎年ステージに立っていたのだ。 「なんで、アタシが……。 だいたいみんなの前で弾いたことなんて全然ないし」 「でも、こんな上手なんだから聴いてもらわないともったいないよ! 絶対、みんな喜ぶと思うよ」 渋るアタシを、奏はそうやって執拗に説得するのだった。 奏のその純粋な気持ちを、アタシはどうしても裏切ることができなかった。 単純に言うと、アタシはその気にさせられてしまったのだ。 リストのラカンパネラ。 私が選んだその曲は、難しい曲の多いリストの中でもとりわけ難易度の高い、プロのピアニストでも苦手とするほどの難曲だった。 ラカンパネラとは鐘の音を意味する。 クリスマスにはぴったりだろうと思っての選曲だったのだが、見事に撃沈した。 アタシにはどうやっても、弾きこなすことができなかったのだ。 小学校時代に習ったきりで、ほとんど独学だけの自分のレベルの低さを実感した。 すっかり自信を失ったアタシは、真新しい譜面を投げ出し 不貞腐 ( ふてくさ )れていた。 「大丈夫だよ。 瑠花はきっと弾けるようになる。 才能あるもの」 そう言って励ます奏の声が、アタシにはひどく無責任に聞こえた。 ……アタシの才能? そんなもの大したものじゃないだろ! 他の子たちはちゃんとしたピアノ教室へ通ってレッスンを受け、家でもきっとピアノを自由に弾ける環境にある。 それに比べて、アタシはこうして隠れてコソコソ練習している有様だ。 そんなことも理解できない奏に、むしょうに腹が立った。 アタシは楽譜を奏の足元に叩きつけて、そのまま帰ってしまおうと立ち上がった。 クリスマスコンサートなど、アタシにはとうてい場違いだったのだ。 しかし、それでも奏はアタシの後ろに立ったままこう言うだった。 「他の子は関係ないよ。 私のために弾いてよ。 クリスマスコンサート、私は一番前で聴くから私のためだけに演奏して」 「……わかった。 約束だよ?」 こうして、アタシはその日以来、来る日も来る日も暇さえあればピアノに向かい続けた。 そして、いつしか難曲をものにしていた。 ただ奏に聴かせる、それだけのために。 しかし、クリスマスパーティの当日、そこに奏の姿はなかった。 ……裏切られたと思った。 煮え湯を飲まされたアタシは、それ以来二度とピアノを触ることはなかった。 かわりに、陸上部に入部して短距離の選手としてそこそこの活躍をした。 奏はというと、学校からも姿を消してしまって、再び会うことのないまま中学を卒業したのだった。 山道をあてもなく彷徨いながら、瑠花は中学時代のことばかり考えていた。 一歩進むたびに、奏の顔が頭に浮かんでは消えていく。 そして、高校になって再会した奏は一切アタシのことを覚えていなかった。 当然のように、あの時の約束のことも。 しかし、今日の奏は様子が違った。 まるで中学の頃の奏のような雰囲気だった。 それにアイツは覚えていると言ったのだ。 あの時、アタシが弾いたリストのラカンパネラを……。 そのとき、目の前の上空に何か白い煙が上がるのが見えた。 たぶん、日比谷たちが目印として花火か何かを打ち上げているのだ。 方向がわかればあとは歩くだけだ、さっさと合流しよう。 そう思った瞬間、アタシの背後から低い唸り声が聞こえてきた。

次の

ラ・カンパネラ フランツ・リスト 解説と試聴

ラカンパネラの意味

概要 アルファベット表記は、「la Campanella」。 のビルトゥオーソ、の曲のヴァイオリン協奏曲第2番第3楽章のロンドの主題を基にした曲。 ラ・カンパネッラ、ラ・カムパネルラとも。 国内では、の演奏でヒットした。 Campanellaはイタリア語で鐘という意味。 美しい主旋律と煌びやかな装飾のちりばめられた非常に豪華な曲だが、いざ弾くとなると手首がイカレそうになる曲である。 因みに、概要欄の『パガニーニによる大練習曲』第三番は最終稿であり、実はこれよりも難しい稿が存在する。 それらはこの稿よりも 100倍以上難しいと言う人もいる。 その稿として有名なのは2つあり、『パガニーニによる超絶技巧練習曲』第3番 と『パガニーニの「鐘」によるブラヴーラ風大幻想曲』であり、後者は初版で、リストの曲で最も難しいとする人もいる。 また、これらの他にも版が存在するが、 ほとんど演奏される事はない。 その版をどうしても聴きたい場合は、レスリー・ハワードのリスト全集を入手するしかない。 関連動画 『パガニーニによる大練習曲』第3番(最終稿) 『パガニーニによる超絶技巧練習曲』第3番(第二稿) 『パガニーニの「鐘」によるブラヴーラ風大幻想曲』(初版) 関連タグ :Portable3にて同楽曲をアレンジした楽曲が収録されている。 :同楽曲が原曲とされている。 外部リンク• 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 18:33:25• 2020-07-17 18:33:24• 2020-07-17 18:28:58• 2020-07-17 18:28:44• 2020-07-17 18:24:57 新しく作成された記事• 2020-07-17 17:45:32• 2020-07-17 17:54:13• 2020-07-17 17:52:52• 2020-07-17 17:55:42• 2020-07-17 17:42:11•

次の