フォレスト ページ プラス。 【夢小説対応】簡単オシャレな創作サイト作成サービス

創作サイト作成サービス「フォレストページ+」が広告の非表示などができるプレミアムサービスを提供開始! : オタラボ

フォレスト ページ プラス

紹介文にある通り、スマホに対応している。 つまり、先に述べた「フォレストページ」は未だにゼロ年代と変わらずガラケー対応優先なのだ。 多くの企業がガラケー対応ページを廃止している中、フォレストは「ガラケーサイト作成」を棄てることなく、スマホとPC版を「プラス」としてサービス提供していた。 正直勢い余ってフォレストに登録してみたものの、「どれもデザインも微妙だし、そもそもガラケーサイト見づらい」というのは変わらない感想だったので、もう早々にプラスの方で新規アカウントを作成、フォレストでのサイトは中止した。 すまんなフォレスト(元祖)、私の作業・管理ツールの半分近くはiPhoneなのだ…。 「でもテンプレのあるスマホ対応サイト作成サービスなんて他にもあるじゃん」と思ったそこのあなた。 当方の本来の目的は「夢小説」である。 JimboやらWordPressに名前変換機能なんかつけてる時間があったら、2000字の甘々小説が書けるじゃないか! フォレストプラスは夢小説機能が標準装備である。 加えて、フォレストユーザーにはお馴染みの 「章機能」「ページ機能」もついている。 これは小説を投稿する際、章やページに分けて投稿・更新できるという機能であり、書き手からすると「完成してなくても投稿できる」「連載しているというモチベを持てる」といったメリットがあるのだが、何よりも、読み手の 「章やページごとの更新を日々楽しみにしてケータイやPCを開く」というあのルーチン的ワクワク感が魅力であったろう。 当時は更新されても通知なんかないので、自らサイトを巡回し、そのルートまで決めていたものだった。 学生だから読める時間が決まっていたりして、サイトチェックはほぼ習慣となっていた。 「プラス」でもその機能は継承されており、いっぺんに投稿するのには向いていない。 私は「小説家になろう」などのサイトを利用したことがないのだが、たぶんあれに近いものだと思う。 ちなみに通知に関しては、登録だけして、お気に入りのサイトの「読者になる」という機能で代替できるようである。 最高に郷愁を誘うのは、 「キリ番機能」が存在していたことだ。 キリ番とは、ホームページに設置してあるカウンターの特定の数字(キリのいい数字や連番など)が表示された際、訪問者に何らかの特典が与えられる風習である。 キリ番をとったらイラストを貰えたり特殊な文章が見れたりして、訪問者にとってはラッキーサプライズだったが、管理人からしてみれば、 訪問者が存在しているということを実感できるシステムであった。 コメント機能が実装されてからは、訪問者も気軽にコメント出来て、まだ見ている人がいることを実感できるようになったが、それ以前の掲示板時代のことを考えると、比較的最近のことのように思える。 なお、キリ番で管理人がリクエストを受け付けている場合、プレゼントされる作品は 「キリリク」(キリ番リクエストの略)と呼ばれる。 初めて訪問したホームページでキリ番を踏んでしまうと、しかもそのサイトが特に自分の好みでない場合、気まずかったりした。 管理人が元気なサイトなどは、キリ番を踏んだら絶対報告してほしいという意味で 「踏み逃げ禁止」のルールを課しているサイトもあるくらいだった。 もちろん踏み逃げしたところで特定のしようもないわけだが……それくらい活発な制度だったのである。 私はフォレストを使ったことがなかったので、かつてキリ番に関しては自己申告スタイルのサイトを運営していたのだが、「プラス」においては特定の番号を指定して、キリ番が発動した際表示される文章やページなどを指定できる。 ここにリクエスト方法や、ここでしか見られない作品を置いてもいいだろう。 いやあ、とにかく懐かしい。 「プラス」ではイラストを掲載するのも簡単で、アルバム機能のようなもので管理できるようだった。 かつてガラケーでは表示不可能だった解像度の絵が上げられるようになったおかげで、イラストも描く身としては、いずれこちらの機能にもお世話になるかもしれない。 また、 デザインテンプレートも現在180種近くあり、HTMLやCSSが分かれば他のサイトと差別化することも可能だ。 いじれる範囲もかなり簡単な仕組みなので、フリー素材を引っ張ってくれば看板代わりにはなると思う。 私のサイトはジャンルに近い感じの色合いにしてみた。 凝るとキリがないからね…! フォレストを例に挙げて昔ながらのサイトの紹介をしたが、正直、私のような人間には、 Twitterやpixivは流れが速すぎる。 例えるなら家賃が高いがそんなに広くなくて常に騒音が聞こえる都会のマンションに住んでいるようなもので、実際には夢小説書きは孤独ゆえそんなに知り合いもいないのだから、文字数制限もランキングもない広い戸建で他人の目を機にすることなく悠々自適な生活の方が性に合っているのだ。 なので、「フォレストページプラス」の存在は非常にありがたかった。 ホモネタと無差別リツイートばかりの世界で病んでいた私は、今人里離れた新たな邸宅で落ち着いたドリー夢ライフを送っている。 しかも、フォレストプラスは月額540円で広告も消せるし検索ワードの登録も10件から50件に増やすことができる。 よろずサイト(様々なジャンルを扱っているサイトのこと)気味な夢小説ユーザーにはありがたい機能だ。 広告消しは訪問者に見やすくするための配慮も勿論あるが、自分の家を整備したい管理人側の欲求を満たすところが多いので、あくまで自分のために、検討している。 また、私はまだその真価を理解していないのだが、LINEやメッセンジャーのトークルームを再現した 「ストーリートーク機能」なるものも、課金することで制限がなくなるので、こちらも気になっている。 ストーリートーク無制限は、広告なしとURL変更と並んで課金の売り文句になっているので、そこそこ需要があるのかもしれない。 (ここは自分で得るものがあったら、追記しようと思う) まだサイトを公開してから日が浅いため、紆余曲折あるとは思うが、平成最後の夏に「自サイトを構える」というのは、なんとなく、時代の移り変わりを感じる。 そういえば、先日「同人便箋」や「グラデ印刷ペーパー」なるものをあえて真似た画像を見たが、今そうした 90年代への郷愁が我々の世代に起こっているのかもしれない。 そしてそれは、若い世代には目新しいものに見えるのだろう。 バブリーネタから始まって、写ルンですがアパレルブランドとコラボして、ルミネエストではプレイステーションの初代ロゴをプリントしたシャツが売られているような雰囲気。 時代は繰り返すというが、こんなにも早く回帰するものだろうか。 最後に。 私はある夢小説をpixivに載せていて、それを説明文ごとフォレストプラスのサイトに転載した。 すると、わざわざメッセージ機能を使ってキャラクター名の誤字を訂正してくれる閲覧者がいた。 pixivに載せていただけだったら永久に間違ったままだったろう。 うまく言えないが、こういうのも、実に昔のサイトを運営していた頃のようで、懐かしかったのだった。 すぐにiPhoneから修正した。 やはり、「プラス」にしてよかったです。 はじめまして。 2000年代初頭に個人サイトで夢小説を投稿していたものです。 個人サイト時代が懐かしくなり、思わずコメントしてしまいました。 現在は10年ぶりにヲタ戻りをし、SNS台頭時代のオタクコミュに肩身の狭さを感じ、3年間非公開でひたすら夢小説を書きため続け、公開先を探していました。 支部にあげつつ、Twitterでオタ垢つくってPrivatterで…と考えていたところ、フォレストページプラスの存在を偶然知り、こちらのnoteにたどり着きました。 >例えるなら家賃が高いがそんなに広くなくて常に騒音が聞こえる都会のマンションに住んでいるようなもの という部分に心底うなずきました。 時代の流れというか、一周回ってきたというか、夢書きにとっては個人サイトがとても居心地がよかったですよね…。 >逸見さま コメントありがとうございます!そして、レスが遅れて申し訳ございません。 (夢小説本を出しており、原稿に追われておりました…!) まさかコメントをいただけるような記事だとは思っておりませんでしたので、大変恐縮です。 3年間非公開で書きためていたのは、素晴らしい情熱ですね…!!! きっとその作品を読みたいと思っている人がいることと思います…! 私も全く同時期に個人サイトで夢小説と出会い、投稿しておりました。 pixivには馴染めず、ナノ()という小説サイトでちまちま書いておりました。 今はTwitterでも夢女子同士のコミニュニティが生まれていたり、夢本が出たりと、裾野は広くなりましたね。 ただそれでもやっぱり書き手と読み手における、Twitterの距離感と個人サイトの距離感は異なっていて、じっくりやりたい派にはTwitterのペースは早すぎるので、個人サイトが落ち着きます…。 逸見さまのコメントのおかげで、またこういう系の記事を書いてみようと思いましたので、お時間ございます折にでも覗いていただけますと幸いです!.

次の

フォレストページは進化していた。|冬野 昴 a.k.a 夢見沢こうさぎ|note

フォレスト ページ プラス

返信 二度目の書き込み失礼します。 いや、私は『未成年者でもエロ広告を見たりクリックしたり出来る』状態を放っておいていいのでしょうか?ということを言いたかっただけなので・・・・・・ 裏小説云々は例えが悪かったです。 すいません。 意見が別方向に向かってしまいました。 『理解している』という意見は納得しました。 ありがとうございます。 広告が酷くなったのはマナーの悪い運営者だ!の意見はよく見ますがそれは何のデータでしょうか? もしかして運営者様なのですか? マナーが悪いからエロ広告にするって少し大人気ない気がします。 そもそも違反者は広告下げしているのだし、エロ広告化しても意味ないのでは?それとも料金がどうのこうのの話? エロ広告に発展したのは携帯化が進み様々な業者が増えてきただけでは?あくまでも私の推測ですが。 私は別に運営者に気を遣おうとは思いません。 個人的な意見です 私たちが利用してお金が入るのは運営者ですからね。 私たちは『客』の立場だと思います。 だから何をしてもいいというわけではありません。 ただ、このように考えて利用している人もいるということを言いたかっただけです あとスレ主に関しては皆さん同意見のようで。 もう見ていない気がしますが・・・・・・ 返信 フォレストのユーザーは、別に好きでそういう広告を受け入れている訳ではありません。 フォレストさんがレンタルサーバーの経営上、広告を収入源にしているので、タダで使わせて頂いている立場では、仕方ないと言っているのです。 未成年の裏を非難するのとは、全く話が違いませんか? そもそもこのスレで非難されるべき広告が載るようになったのも、それこそ未成年の裏のように法令や、広告下げの規約に反しても平気な、ユーザーのモラルの低下があります。 それでも未だに無料でレンタルしてくれ、更にユーザーの為にサーバーメンテナンスや、色々使いやすいように改良を施してくれるフォレストさんに文句を言うのは、本末転倒ではないかと思うのですが。 返信 確かに気持ち悪い。 BL苦手な人にはキッツイわな。 皆さんBLを普通にスルー出来る方ばかりですけど 一般の方からみると結構なショックを受けますよ。 特にフォレストは低年齢利用者多いのでエロ広告はなんとかしないと。 ここに書いてもしゃあないやろ!って言われても掲示板の話題は自由だし・・・・・・ レス見てて、エロ広告を仕方ないで片付けている人が多いことにちょっとビックリしました。 小学生でも携帯もつ人が多くなってきたし。 やたら未成年の裏小説は叩くのにエロ広告スルーってのどうなの? 作るのはダメで見掛けるのは仕方ない。 なんだか中途半端な意見です。 このスレ主さんはただのBL嫌いなだけなような気がします。 運営者さんに馬鹿!って何のネタですか? 私怨っぽい意見ですけど エロ広告に関してはフォレストだけではなく、ネット全体の課題だと思います。 そんなことに気付かされた質問でした。 いい解答は皆さんがしていますので、一つの意見として聞いて下さいませ。 サイトは二次なので自重しました。 返信 それこそ数年前は業界一広告の少ないサーバーというのを売りにしていましたね。 その当時に比べればかなり広告は増えましたが、すでに出ているように、やはり、一部の心無いユーザーが原因の一端ではあるのでしょう。 少し本題からずれてしまいますが、わたし個人が見かけたサイトでは、リンク色と背景色を同色に設定する、過度の改行により広告を下げる、といった比較的よく見かけるものから、スクロールバーを非表示にしていたものまでありました。 広告に関しては以前、何かのスレッドで見かけたのですが、すみません、見つけることができませんでした。 うろ覚えで申し訳ありませんが、件のスレッドで質問者が運営側に問い合わせたところ、広告はフォレストが出しているものではなく、よその企業に広告を表示するスペースを提供している、とのこと。 したがって、広告に関する意見を運営側に訴えても取捨選択はできないそうです。 気持ちが悪い、という主さんの主張には同意します。 小学生や中学生のユーザーも少なくないでしょうに、ああいった広告はどうかと思ってしまいますね。 かといって、ユーザーにできることは何もないのが現状です。 強いて言えば、そういった広告の少ないサーバーに移転する、もしくは広告の表示されない有料サーバーを利用するなどでしょう。 二次創作云々は少し気になりますが、ユーザーも意識が弱いのではないかな、と思うことが間々あります。 (たとえばキーワード登録であるとか) コラボレーションに関しては仕方がないのではないでしょうか。 携帯向けの無料ホームページスペースは何もフォレストのみではありませんし、中にはもっと自由に手を加えられるサイトもあるでしょう。 それぞれに利点、欠点はありますから、一概にどこそこがいいとは言い切れません。 だからこそ、付加価値として様々な企画を設けているのでは。 わたし自身、もう少し手厚い管理をお願いしたいという気持ちはあります。 ですが、こちらはあくまで無料で借用している身、あまりに多くを望むのもどうかな、と。 乱筆乱文にて失礼いたします。 返信 はいはい、BLGLNLの超越者 という名の変態 が通りますよっと で、上記冗談はさておきスレ主様がフォレスト様に文句を言う筋合いはないかと存じ上げます。 フォレスト様は見ての通り、広告を載せることで私達ユーザーにWeb提供をしてくださっております。 故にその方針に不満がおありの方は他ホームページレンタルサイトを使用することを激しくお勧め致します。 まぁぶっちゃけどこも同じなんですけどねぇ? どのレンタルサーバーも最近はエロ広告ばかりです。 ただしそれにも理由がありそうせざるを得ない。 コラボや企画も成り立たせるための努力。 それだけ限界ってことなんですよ。 もう広告が嫌なら有料!! それが無理ならそのサーバーの規則にのっとるしかありません。 私たちは飽く迄も"貸していただいている"側なのですから。 それを努々お忘れにならぬよう…。 返信 不肖者が言うのもちょっと気がひけるのですが、一応、いち意見として書き込ませて頂きます。 「他のサーバーに移ればいい」「見なければいい」というのもわかります。 フォレストユーザーさんの多くが思うこととも。 でも、スレ主さんの気持ちもわからないわけではありません。 ここで一言区切りますが、擁護やスレ主さん賛成ではありません。 数年前より過激な表現をするバナーが増えているのは確かです。 BL物は前からあるにしても、アレやナンやな物もちらほら目につきます。 でもそれが何? そういうの気にしてる間に良いサイト作ったらいいじゃない。 フォレストさんはまだ少ない方だから、バナーに負けない魅力的なサイトは作れると思うのです。 これ、一番重要だと思うのです。 バナーに文句言ってもフォレストさんに問い合わせてもどうにもならないこと。 少なくともBL物はなくならないでしょう。 中途半端なまとまりのない文面ですみません。 釣りスレらしきスレを上げてしまってすみません。 どなたにもケンカを売ってるつもりはありません。 不快でしたらこのレス消します。

次の

プラスフォレスト

フォレスト ページ プラス

創作サイト作成サービス「フォレストページ+(プラス)」()にて、有料のプレミアムサービスを2018年4月5日に追加いたしました。 豊富な公式テーマの中から気に入ったデザインを選択するだけで簡単にサイトを作成できるので、初心者でも気軽にスマホサイトでの創作活動を楽しめます。 作ったサイトの中に小説やイラストを投稿できたり、アイコンつきチャットでキャラクターになりきれる「なりきりトーク」で他のユーザーと交流できたりなど、創作活動を行う様々なユーザーのニーズに対応する機能が搭載されています。 【広告を非表示】 自分のサイト内に表示される広告を非表示にできます。 広告がなくなることでサイトのデザインもすっきりし、訪問者はよりサイトの内容に集中して楽しめるようになります。 【サイトURLの変更】 月に3回まで、自分のサイトのURLを変更できます。 サイトの中身はそのままなので、簡単にサイトの引越しをすることができます。 【画像やマイテーマが無制限に】 サイトを飾るのに使用するデザイン用画像や、オリジナルのサイトデザインを作成するためのマイテーマ機能の上限が無制限になります。 こちらによって、より自由なサイトデザインを実現できます。 【検索キーワードの上限アップ】 サイトを検索してもらうためのキーワード登録数を増やすことができます。 より多くのキーワードが登録できるようになることで、検索によってサイトを見に来てもらえる可能性が高くなります。 プレミアム機能の詳細: サービス名:フォレストページ+ URL: App Store: Google Play: 公式Twitter:.

次の