ブラジル 大統領 発言。 【どうせ誰もがいつかは死ぬ】ブラジル・ボルソナロ大統領【コロナを巡る6つの奇行・発言】

「熱帯のトランプ」ブラジル大統領ボルソナロの生い立ちと政治経歴、過激な発言、迷言語録

ブラジル 大統領 発言

がMCを務める7月8日放送の「とくダネ」(フジテレビ系)に出演し、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領について言及した。 かねて新型コロナウイルスを「ただの風邪」に過ぎないと位置付け、マスク着用を義務化する法案にも拒否権を行使し続けてきたボルソナロ大統領だが、ここにきて自らがコロナに感染してしまった。 大勢の人々が集う公共の場でもマスクを着けずに登場することもあったボルソナロ氏。 ブラジルのトップがコロナに感染してしまったことについて、小倉は神妙な面持ちで「はっきり言って、『ざまぁみろ』と思っている人が多いと思いますよ。 乱暴ですもん、この大統領」と一刀両断していた。 なお、ブラジルでは7月7日時点で累計6万7000人のコロナによる死者が出ており、世界ではアメリカに次ぐ2番目の多さとなっている。 「ボルソナロ氏の基本方針は、コロナを過剰に恐れるあまり、国の根幹である経済の停滞を招くべきではないというもの。 これには国内からも多くの批判が出ていましたが、国民を強制在宅させるロックダウンに全ての国が経済的に耐えられるわけではないのも事実。 ボルソナロ氏は『コロナへの対策も必要だが、コロナの影響で失業者や自殺者が出ることの方が問題である』と語っており、こうした考え方にも一理あると言えます。 そもそも日本とブラジルでは経済的な事情が大きく異なることもあり、あくまでブラジルのやり方を徹底したボルソナロ氏に対して、『ざまぁみろと思ってる人が多いと思います』と辛辣に言い放つのは情報番組を司る立場としてどうなのか。 ネットでも小倉の発言には『コロナへの軽視があったにせよ、感染してもいいとは思いません』『番組のメインMCが公共の電波で使うべき表現ではない。 大丈夫か? この人も、番組自体も』『南米では経済を停滞させたら暴動や略奪などの治安悪化も止まらなくなる。 各国状況が違うのだから、一概に批判するのは違う』との反応が出ています」(エンタメ誌ライター) コロナの蔓延を恐れるか、経済破綻による国の崩落を恐れるか。 ボルソナロ大統領は後者を懸念したわけだが、だからといって彼の感染を喜ぶ者はいないと信じたい。 (木村慎吾).

次の

「コロナは風邪」発言のブラジル大統領、発熱で検査 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

ブラジル 大統領 発言

【5月24日 AFP】ブラジルのジャイル・ボルソナロ()大統領と閣僚による会議の様子を収めた映像が22日、公開され、非難とともに調査に発展する可能性を招いている。 先月22日に行われたこの会議では、ブラジルが新型コロナウイルスの新たな流行地となっている最中にもかかわらず、流行についてほとんど触れられていなかった。 極右のボルソナロ大統領に対しては、連邦警察庁長官の解任をめぐる司法妨害の疑惑が浮上しており、今回の映像はその調査の一環でセルソ・デ・メロ()最高裁判事が公開した。 実際、映像の中で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について言及されたのは数回しかなく、うち1回は環境相の発言で、政府は感染症流行のどさくさに紛れて同国の環境保護規制を緩和すべきだとする内容だった。 多くの支持を集めるセルジオ・モロ()法務・公安相がこの会議の2日に辞任し、映像の存在が明らかになった。 モロ氏はボルソナロ大統領が連邦警察に対して不適切な「政治的干渉」をしていると非難していた。 報道によると、警察はボルソナロ大統領やその側近が関与した複数事例の捜査を進めているという。 同大統領の息子でリオデジャネイロ市議会議員のカルロス()氏も、父親のためにフェイクニュースを使った選挙活動を監督した疑いが持たれている。 国内メディアは、映像の中で下品で侮辱的な発言や、地位や品格をおとしめるような発言が計39回あり、うち31回がボルソナロ大統領の発言だったと報道。 これをめぐっては、ニュース解説者や野党、市民団体など多方面から非難の声が上がった。 この映像にはボルソナロ大統領を有罪にする「決定的な証拠」はないとされているが、同氏に悪影響を及ぼす可能性はある。 同氏は大統領就任から約18か月で支持率の低下に直面している。

次の

ボルソナーロ大統領の新型コロナ対応を探る(ブラジル)

ブラジル 大統領 発言

市議会議員 任期 — 1991年 出生 1955-03-21 (65歳) グリセーリオ 政党 1989—1993 1993 1995—2003 2003—2005 2005 2005—2016 2016—2018 2018—2019 2019—現在 出身校 アグーリャス・ネーグラス軍事学校 配偶者 ミッチェル・ボルソナーロ 子女 フラビオ・ボルソナーロ カルロス・ボルソナーロ エドアルド・ボルソナーロ レナン・ボルソナーロ ローラ・ボルソナーロ 署名 ジャイール・ボルソナーロ Jair Bolsonaro 所属組織 軍歴 1971—1988 最終階級 除隊後 ジャイール・メシアス・ボルソナーロ(: Jair Messias Bolsonaro、 ブラジルポルトガル語発音: 、 - ) は、の、。 第38代(2019年1月1日 — )。 ブラジルの下院議員を計7期務めた。 人物 [ ] ジャイール・ボルソナーロの政治的立場は、一般的には「」として分類される。 1964年の将軍によるを支持し 、と的な政治スタンスで有名になり 、拷問の法的正当化 、LGBTの権利に対する反対 、およびその他の論争をよぶ発言から、約30件近い告訴と3件の判決をうけた。 「 ブラジルの」、「 ブラジルの」 「 トロピカル・トランプ(のトランプ)」と呼ばれている が、政策的には労働者層の支持を取り込んで当選したトランプやドゥテルテのようなとは異なる点が多い。 むしろ的でを掲げる点からは、でを敷いたを称賛しているように、かつてののとの相関性がうかがえる。 ボルソナーロ自身は3回結婚し、5人の子供を持つ。 最初の妻ロジェリアとフラヴィオ、カルロス、エドアルドの3人の息子、2番目の妻アナ・クリスティーナと息子レナン、3番目の妻(現在の妻)ミシェレと唯一の娘ローラを儲けている。 ボルソナーロの3人の息子、カルロス((PP)、リオデジャネイロ市議会議員)、フラヴィオ((PSL)、リオデジャネイロ州議会議員)とエドアルド(社会自由党(PSL)、サンパウロ州選出の下院議員)はいずれも政治家である。 生い立ち [ ] ジャイールと両親、オリンダとペルシ。 (1974年) 陸軍士官学校を卒業後 、1974年にに入学し、1977年に卒業した。 1979年から1981年まで、マット・グロッソ・ド・スール州のニオケの第九野戦砲兵連隊に所属したのち、のパラシュート歩兵旅団に参加する。 1983年、彼は軍体育学校で体育の訓練を受け、教師となり、歩兵旅団を退団する。 1980年代にブラジル軍によってつくられた秘密文書には、「財政および経済への過度の野心」を 持つ人物だと評されている。 軍時代の上司カルロス・アルフレッド・ペレグリーノ( Carlos Alfredo Pellegrino)大佐のボルソナーロ評。 ボルソナーロはいつも大尉たちのあいだで指導的役割を取ろうとして、反対にあっていた。 その理由は同僚への攻撃的な扱いだった。 彼の主張には、論理と合理性とバランスが欠けていた。 逮捕 [ ] 1986年9月3日、第8砲兵連隊パラシュートキャンペーンで主将を務めていたとき、雑誌に軍人の低賃金を批判する記事を書き、15日間逮捕された。 ボルソナーロにとって記事の問題とされた士官候補生の縮小は、一般的な意味で「低い給与 」によるものであり、それは「行動の逸脱」ではなかった。 上司がボルソナーロにとった態度は、国家シークレット・サービス(SNI)長官のジョアン・フィゲイレド()、国家安全局長官を務めたニュートン・クルーズ()将軍を含み、積極的な事前配慮にもとづく反応(逮捕)へとつながった。 ボルソナーロは、軍事工学研究所(IME)の役員と妻の支援にくわえて、全国各地から約150ものの電報を受け取り、リオデジャネイロのプライア・ヴェルメーリャの軍事複合施設の前でデモンストレーションを行なった。 結局、連邦軍事高等裁判所で無罪宣告を受けた。 ベコ・セム・サイダ作戦 [ ] 1987年10月27日、「ベコ・セム・サイダ作戦」を誌の女性記者カシア・マリアに伝えた。 当時、ボルソナーロは軍人の給与改善を支持していた。 作戦はレゼンデや、ほかの場所のいくつかの軍兵舎のバスルームで低威力の爆弾を爆発させ、低賃金に対して抗議をするというものだった。 さらにリオデジャネイロの自治体に水を供給するバイショ・グァンドゥのダクトに爆弾をおく計画も描いていた。 Veja誌はその資料を陸軍大臣に届け、4ヶ月の調査ののち、報告書は正しいと結論づけた。 1986年、ブラジル民主主義復帰1年後、リオデジャネイロでの兵力を用いたダクトおよび兵舎襲撃計画の咎で逮捕された。 事件は連邦軍事高等裁判所(STM)に届けられた。 1988年6月、裁判がおこなわれ、裁判所はシルバロ大尉とボルソナーロの弁護を受け入れた。 それによれば、陸軍警察によって専門家報告がなされた証拠は、筆跡の比較を許さないという点において不十分であった。 のちになって、この裁判そのものはボルソナーロの手書きを確認した連邦警察によって否定されることになった。 いずれにしても、連邦軍事高等裁判所は2人の士官を無罪にし、その士官は陸軍幹部に残った。 1988年、予備軍へゆき「大尉」の称号を取得し、同年にリオデジャネイロの議員と選挙戦を繰りひろげ、政治キャリアを開始した。 政治キャリア [ ] ボルソナーロの市議員時代の写真(1990年) 1989年、キリスト教社会民主党の「市(州ではない)」の市議員として公的生活にはいった。 1990年の選挙から4年の任期で同じ政党の連邦議員になった。 () PPR・1993-95)、(PPB・1995-2003)、 ()(PTB・2003-2005)、 ()(PFL・2005)、(PP・2005-2016)、 ()(PSC・2006-2017)に加入した。 ボルソナーロは極右政党であるに加わることを考えていた。 彼は民族主義的で保守的なアイデアと、共産主義と左派に対する彼の批判で知られるようになった。 1960年代のブラジルの軍事独裁政権の時代を公然と擁護しているが、その復権は主張していない。 ブラジルの大統領選挙では2018年に(PSL の候補者となった。 選挙パフォーマンス [ ] では、リオデジャネイロで約12万投票を得、11番目に投票数を獲得した連邦議員だった。 そのキャリア前期において警察の最低賃金を保障する「PEC300」の承認などで際立っていた。 下院議会でのブラジル軍の非公式代表であると同時に軍人の賃金の修正を擁護している。 2014年に再選され、リオデジャネイロ連邦議会議員の投票で464,572票を獲得した。 では有権者の6%(464000票)が支持し、の下院議員で最も得票した。 キリスト教社会党(PSC)に加入ののち党指導部と対立し、大統領選挙に立候補をにらんで、2017年に国民エコロジーの党(PEN)へ入党するための準備を開始した。 現在は(PSL)に所属している。 2017年2月2日、3度目の下院議会の議長選に立候補し、4議員の票しか得られずに敗れた。 2005年と2011年にも立候補しているが、いずれも落選している。 政治姿勢 [ ] 流行りのボルソナーロ(2014年) 約25年もの議員生活間、中断されがちな議会において2件の法案と1件の修正案の承認を果たした。 電子投票箱に投票の横に「領収書」を発行する憲法改正案、コンピュータ製品の工業化製品(IPI)に対する免税の恩恵を拡大する法案、およびホスホエタノールアミン()の使用を認める法案 である。 ボルソナーロの提示する電子投票の改正案は、たとえシステムが定期的にテストされていてもブラジルと同じ技術を使用している国が「世界にはない」ため、電子投票の詐欺を避けるために証明書を印刷することはブラジルの電子投票箱が信頼できないことを暗示している。 最高選挙裁判所(TSE)によれば、公的資金に約18億レアルの追加費用を生み出す。 ボルソナーロは右翼理想を持つため「差別」に苦しんだことについて、他の議員から十分な支持を得ていないと主張、修正案の承認を正当化した。 軍縮規程の廃止を支持し、地主は「 」の侵入を防止するために「銃を持つ権利」があると主張している。 さらに、刑罰制度を進めるために強姦罪で有罪を宣告された受刑者たちに、「自発的な化学去勢」を可能とする法案を提出した。 公に同性愛を非難し、同性愛者のカップル、子供の同性結婚や養子縁組などLGBTの人々の権利を付与する法律の施行、性転換のための民事登録の変更に反対している。 ドラッグの合法化反対主義者。 2011年4月のテレビの番組インタビューで、もしあなたの息子が薬物使用者であった場合、どのように反応するかという質問に対して、以前の答えを繰り返した。 「大量に与えるね。 間違いなくそうするだろう 」 ボルソナーロはまたアフロ・ブラジル人への積極的な承認姿勢にも同意しない。 2006年には公立大学におけるクォータ政策の策定に対する抗議として、議会の補完的な法案を提示し、黒人と混血の代議員のための割当量の設定を提案した。 いくつかのインタビューでは計画的な犯罪の場合、ブラジルの「死刑制度」復活への好意的な立場を示している。 「犯罪者は彼が恐れるものだけを尊重するのだ 」と彼は述べている。 また、2008年には刑法の大部分の削減を支持するリオデジャネイロで唯一の下院議員であり、非致命的兵器の使用を拡大する法案に反対した。 2000年、とのインタビューで計画的犯罪の場合の即決裁判、麻薬密売、誘拐の場合の拷問の使用を擁護した。 「その目的は口を開けた顔をつくること」、「口を割らせて、マウスピース(証言)をもぎ取るためだ 」と述べ、その正当化をした。 さらに「検閲」も擁護しているが、それがどのようなタイプの検閲なのかは特定していない。 これらの言明にもかかわらず、最近になってこれまで拷問に肯定的だったことはないと断言した。 21歳以上の希望者のために卵管結紮手術および精管切除手術(避妊手術)をおこなうための「統一医療システム(SUS)」を提供する憲法改正案(PEC)の立案者だった。 彼は多くの貧困家庭は経済的事情からこのような手術がおこなえず、それが理由で家族計画を行うことが困難であると主張した。 2016年、「腐敗に対する10の措置」に対抗して立案した が、「」に関与している当事者や議員が中心になって改正された改正案は、不法資金犯罪を赦免するためのものだった。 10月、議会議員は連邦最高裁判所(STF)による(カウボーイの馬を使ったスポーツ)の解放を支援するため、ブラジリアでのイベントに参加した。 2017年、連邦裁判所はボルソナーロにリオデジャネイロでのイベントでのアフリカ系民族に対する人種差別的な発言の咎で50,000レアルの罰金(16,000ドルを超える)の支払いを命じる判決を下した。 しかしその数日後、「黒人は繁殖する役割ではない」と述べた。 その年の8月、同じように左派労働党(PT)のマリア・ドゥ・ロザリオ下院議員に10,000レアルの支払いを命じる判決が下された。 この女性はボルソナーロの様々なメディアのインタビューに飛び入り、若い夫婦を誘拐し、レイプして殺した16歳の少年、 "シャンピニャ"の行動を非難した。 インタビューが中断している間、マリア・ドゥ・ロサリオ下院議員はボルソナーロが強姦擁護派であると非難した。 それに対しボルソナーロは「彼女(マリア・ドゥ・ロザリオ)はされるに値しない。 なぜなら彼女は醜いからだ。 私のタイプじゃない。 私は強姦魔ではない。 強姦魔だったとしても彼女をレイプしない。 それに値しないからだ」と述べた。 2007年初め、ウビアリ副議長の秘書役を務めていた現在の妻ミシェレと出会う。 ジャイールは(PP)で指導的な地位を保持したのち、彼女を事務室秘書に任命したが、連邦最高裁判所は、行政の第3段階までの親族の雇用が禁じられているとし、ミシェレは職を罷免された。 下院において、外交、国防、公共安全、組織犯罪と人権とマイノリティに関する責任者 だったが、女性議員に、「わたしはあなたを強姦しないだろう。 また、自分自身の家族が男女混合であることについて以下のように説明している。 「わたしには5人の子供がいるが、 最初の4人は男ができ、最後に力が弱まって女の子になった」。 大統領職 [ ] 2018年10月7日、の第1回目投票において46. 03%パーセントを取得の票を獲得し 、労働党フェルナンド・アダジ(29. 28%)候補と共に決選投票に進んだ。 ボルソナーロはアダジに対して優位に決選投票を進め 、10月28日の決選投票で当選した。 デモはブラジル国内だけで80以上の街でおこなわれ 、とりわけ反=ボルソナーロの中心となっているでは20万人以上もの人を集めた。 さらに国外でも、、、のみならず、やにまでデモの波は及んだ。 2018年9月30日、ブラジル各地および世界の都市で数十万人規模の 「反=ジャイール・ボルソナーロ」デモがおこなわれた。 2019年1月1日、にかわって共和国大統領に就任した。 大統領就任以前から組閣人事をはじめ、経済学者パウロ・ゲデス( )を経済大臣に、宇宙飛行士を科学技術大臣に選んだ。 当初、彼は内閣が15人の閣僚で構成されるだろうと見積もっていたが、2018年12月に最後の大臣であるリカルド・サレスを発表したときにはこの数字は22人になっていた。 ちなみに、前任者であるテメルの元内閣は29人の閣僚を擁していた。 ボルソナーロ内閣は16人の閣僚、2人の閣僚級の地位、および首席補佐官オニキス・ロレンゾーニを含む4人の大統領秘書らによる22人で構成されている。 そこには、法務大臣としての主任裁判官のセルジオ・モロも含まれている。 先住民地域の所轄権限から先住民機関FUNAIを取り除き、地域は非常に小さな孤立した人口で占められており、実質的にNPOに支配されていると主張した上で、より大きなブラジル社会に統合することを提案した。 批評家たちは統合が原住民を「 文化的同化」に苦しませることにつながると恐れている。 アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領はボルソナーロがブラジル大統領に就任して以来、を訪問した最初の外国政府指導者となった。 ベネズエラでの大統領の二度目の就任は、ボルソナーロ就任の数日後に行われた。 2018年のベネズエラ大統領選挙の結果は、国会がその結果を拒絶しマドゥロを任期終了以来不当な支配者と見なし、が大統領代行に任命したため2019年のベネズエラ大統領選挙の危機につながった。 ボルソナーロはマドゥロの就任式に出席せず、アルゼンチンのマクリ大統領とアメリカのトランプ大統領と共にグアイドをベネズエラの正当な支配者として認めた。 ボルソナーロは「わたしたちは秩序、民主主義そして自由を再確立するために可能な限り全力を尽くし続ける」と述べた。 治安 [ ] 大統領選では、治安対策を公約に掲げていた。 ブラジル大手放送局などによる調査では、ブラジルの2019年1~7月の殺人件数は、前年同期比22. ブラジルの殺人は、2011年から2017年までブラジルの殺人件数は増加傾向にあった。 経済 [ ] 2018年の大統領選挙の投票でボルソナーロが急に注目されたことによって、市場でのリバウンドが起こり地域と現実の株価が回復した。 一部のアナリストによると、これは投資家の信頼が決選投票でのボルソナーロ勝利の方向にあるためだという。 ボルソナーロは自身の経済顧問はを代表するを生んだ経済学者である博士 ()であると公式に述べている。 パウロ・ゲデスによると、ブラジルの国家経済における最大の問題の1つは「リソースと権力の集中が政治を腐敗させ、経済を停滞させていること」、それは「機能不全の状態」であり、「国家はすべてに干渉し、すべてに介入するが、分配は最小限であり、リソースの消費は最大限となっている」とする。 ゲデスの主要な懸念事項のもう一つは、ブラジルの公的債務の膨らみであり、これは利息の年間支払が過大であることを意味する。 一方、ボルソナーロは富裕層の人々の所得税を減らすためのゲデスの考え方を拒絶したと表明した。 これまでのボルソナーロの政策決定は必ずしもとは言えない面も指摘されているが、その目標はを参考にしたである。 これに対して、ブラジル各紙では、怒り、当惑の見出しが続いた。 右派ウェブサイトO Antagonistaも大統領を「ポルノ作家」と呼んで非難した。 人類学者ロサナ・ピンヘイロ・マチャドは、「彼はだが、これは歴史上見たことがないような失敗だ」と述べた。 アマゾンの火災対応 [ ] 2019年8月のアマゾン火災の写真。 アマゾン近隣の町のみならず約3200キロ離れたサンパウロ上空 でも煙が空を覆い、火災に伴う停電も起きた。 ブラジル環境省は、アマゾン地帯の北部と、中央から東部にかけての広い範囲での自然乾燥が火災の主因だと述べたが、国立宇宙研究所は「今年の気候に異常はない。 雨量も例年よりいくぶんか少ない程度だ」とその主張を否定した。 その初動において、ボルソナーロは積極的な火災対策を控えていた。 以前より、でボルソナーロと争った ()は「私のライバルが選ばれればアマゾン地帯の崩壊の始まりだ」と指摘しており 、メディアからは大統領の開発重視、環境軽視の姿勢が火災の拡大につながったと見られている。 議論ののち、大統領はブラジルにおける森林伐採の増加を強調したの所長 ()を解任した。 また2019年8月21日、「私が民間公益団体()の財源を削減したことで、私の施政を辱めるためにNGOが可能性がある」と発言し、議論をよんだ。 さらに森林火災件数に関して、過去15年間の「平均値」に近いと述べ、「伝統的に暑く乾いた時期の最中だ。 風が強く、この時期には毎年、山火事がある。 特に暑い年には山火事が増えるものだ」と自然要因を強調している。 の報告は、ボルソナーロの主張通り、全体の森林火災は過去15年間の平均値に近いと述べ、他方、は今回の火災は通常の乾季と同一視出来ないとし、今年1~8月21日の間に7万5000件以上の森林火災が発生し、昨年の同期間の4万件を大きく上回っていると主張した。 火災件数のみで見ると、実際2002年から2010年の間()の件数が多かったという指摘もある。 2019年8月23日夜、環境問題を重視する欧州諸国からの圧力を受けて、火災対処のため、ブラジル軍の派遣を許可する大統領令を発令した。 この問題は、8月24日からで開催されているG7 でも議題に取り上げられたが、ボルソナーロは「当事国が参加しないで議論することは的思考だ」と反発した。 さらに1800万ユーロもの資金援助が提案されるも、8月28日、ボルソナーロは「はさえ避けられなかったのに、わたしたちに何が言えると言うのか」と、その申し出を拒否した。 また、SNS上でマクロン大統領と自身の妻をめぐる2倍近い年齢に関わる外見的な揶揄のコメントを投稿し、論争となった。 ボルソナーロはこの火災に対する世界的注目の元凶がの環境保護発言にあると目し、「アマゾンの主権はブラジルにある」「わたしはG7ではなく、G7に参加する大統領のひとりに対して反対している」とマクロンに反発する姿勢を強め、論戦を繰り広げている。 わたしたちは火災との戦いに大成功している。 主権に対するフェイクニュースキャンペーンは機能しない」と答えた。 いっぽうで、2019年2月に30%にも満たなかった自身の「不支持率」は、8月に入ると53. 7%にまで上昇している。 他の調査によれば、ブラジル人のほぼ80%が、環境保護または先住民保護区の鉱業開発を拒否している。 フランスとアイルランドはEUと南米の関税同盟との間で合意された貿易協定を停止させる可能性に言及、現在EUの議長国であるフィンランドは、ブラジル産牛肉の輸入禁止を提案し、9月の財務相会議の議題にこの問題を載せるとしている。 2018年、ブラジルはEUにおよそ136億ドルの農産物を輸出している。 8月29日、「原則60日間、土地に火を付ける許可を出すことを停止する」旨の野焼き禁止の大統領令を発令した。 警察当局はバラ州の環境保護地区内での違法伐採と野焼きに関与した疑いで男1人を逮捕し、2人の行方を追っているとした。 30日、ボルソナーロはヨーロッパがブラジルの環境問題に対して「教えることはなにもない」と述べ、従来の立場を強調した。 また、マクロンが「アマゾンの主権」に関する発言を撤回すれば、対話に応じると繰り返し述べた。 9月23日、ニューヨークで催された国連気候サミットで演説し、アマゾンの森林火災は「詐欺」によって、でっちあげられたとし、マクロン大統領と併せてメディアを非難した。 続けて「アマゾンでは西ヨーロッパよりも大きな森林がほとんど手付かずのまま残っており、それこそがブラジルが最も環境保護に力を入れている国のひとつである証拠だ」と自らの正当性を主張した。 火災を受けて、マクロン大統領のみならずや、、などの海外セレブ 、日本の芸能人、らがこぞって火災を懸念するツイートをSNS上にアップした。 しかしそこにアップされた写真はいずれも現在のアマゾンを写したものではなく、過去の火災写真が混同されて使われていたという。 SNS上で災害を憂うに際して、写真に関する事実関係の確認の難しさが浮き彫りとなった。 就任百日後 [ ] 2019年4月11日、大統領就任100日を祝った。 「(ハネムーン期間中のブラジルは)明るい青空の時間」を過ごしたとし、年金改革、社会政策、インフラ、経済、環境、そして制度改革の目標を語った。 またチームへの謝辞と同時に神への忠誠を告白した。 「ときどき、わたしは神にここにいるために何をすればよいのかを尋ねます」と大統領は述べた。 いっぽうエルパイス紙はハネムーン期間は「混乱」していたと評した。 わずか3ヵ月の間で2人の大臣を解任し、1964年の軍事クーデターを祝うよう軍に働きかけ、ブラジルの内外で非難を呼んだ。 「がから起きた運動だったことは疑いの余地はない」と述べてドイツの歴史家に否定されたことや「年金改革」と「汚職や犯罪との戦い」は進展しているものの、経済はまだ離陸していないことなどを書いた。 またインディペンデンス紙は先住民族の土地の境界画定と規制責任を先住民部から農業省へと引き渡す処置を取ったことにつづく一連のボルソナーロの先住民への攻撃、土地の蹂躙、同化政策を非難した。 これに応じてブラジル裁判所は大統領に対抗する姿勢を見せているという。 しかしブラジル政府はILO条約第169条として知られている「部族および先住民族の権利に関する国際法」からブラジルを撤回すると脅迫している。 先住民族に対する暴力は単に資源をめぐる戦いではなく、多くの場合「ヘイトクライム」であり、ボルソナーロの選挙戦勝利の夜、ブラジル北東部パンカラル地区で保健所と学校が爆破されたことは先住民コミュニティに対する宣戦布告だとした。 Datafolha社の調査によれば、ボルソナーロ政権を支持する(良い)と答えた人は32%、支持しない(悪い)が30%、どちらでもない(普通)が33%となった。 有権者はボルソナーロに根本的な変化を託し、システムを好転させ、経済を復活させることを望んだが、スタートは不均一なものとなった。 O Globo紙は、大統領は最初の100日間で35の約束のうち18が果たされ、17がまだ部分的だと主張した。 対米関係 [ ] トランプ米大統領(左)とボルソナーロ伯大統領(右)。 2019年3月12日、「熱帯のトランプ」ことボルソナーロ大統領はを訪れ、米大統領と面談し、保守、ポピュリスト政治で互いに称賛しあった。 「NATO以外の主要な同盟国」となることは、米国の軍備と技術購入への優先的なアクセスを与えられることを意味する。 また、2人の大統領はを繰り返し否定し、ベネズエラの左派指導者追放のため共同歩調をとることを誓った。 3月にはベネズエラ寄りなに対抗する新たな地域連合として結成された ()(Prosur)に他の的な南米諸国とともに参加した。 「わたしたちがブラジルと持っている関係はかつてないほど良くなった」 「他の大統領は敵意がおおかったと思うが、今、敵意は全くない」 とトランプ大統領は述べた。 ボルソナーロ大統領は「自由を保ち、伝統的な家庭生活、 わたしたちの創造主である神を尊重し、誤ったジェンダーイデオロギーや、に反対する」とした。 のちにトランプは「大統領(ボルソナーロ)が「」という言葉を使っているのを聞いて、わたしはとても誇りに思った」とコメントした。 トランプの国家安全保障顧問もボルソナーロを賞賛し、O Globo紙に「 トランプ大統領を北アメリカのボルソナーロと呼ぶかもしれない」と語った。 2019年12月2日、トランプはブラジルが通貨を切り下げてアメリカの農業に打撃を与えてると批判してブラジルの鉄鋼・アルミニウムに関税を課した。 これに対してボルソナーロは対米協議を行うと述べた。 20日、ボルソナーロはトランプとの電話協議で関税を回避したと述べた。 イスラエルとの関係 [ ] 2019年4月1日、長らく左派政権だったブラジルに登場したのボルソナーロは新しい友人としてイスラエルのとのもっとも重要な聖地「聖墳墓教会」と「嘆きの壁」を訪れた。 エルサレムの旧市街、以来占領されたこの土地は、国際的承認を受けていないことから、通常、各国高官は公式の訪問先に含めてないが、2017年のトランプ大統領につづいて 、その慣例を破るかたちでの訪問となった。 もともとカトリック教徒だったボルソーナロ大統領は2016年にヨルダン川でとして洗礼を受けている。 外交面では在イスラエル・ブラジル大使館をに移転すると発表していたが 、アメリカにつづいてブラジル大使館をエルサレムに移動させるというボルソナーロの当初の提案は、イスラム世界を激怒させ、アラブ諸国との関係を悪化させ、ブラジルのハラール肉輸出による数十億ドルを危うくする可能性があることから、ブラジル高官によって取り消されている。 「エルサレムが首都であるという認識はありません」「わたしたちの大統領が大使館を動かす可能性は評価します。 しかしそれはわたし達が現時点で下した決定ではありません 」とブラジルの大統領報道官バロスは述べた。 大統領就任以前の2018年2月25日、日本の都市の中で最もブラジル人の人口が多いといわれているを訪れ、ブラジル総領事エルネスト・オット・フーバルチと面会した。 歓迎会ではをかぶって写真に収まり、約350人もの集まった支援者を前にした演説に際しては日本国旗に敬礼、「(日本は)ブラジルから見ると、鉱物資源、生物多様性、水力発電、風力、太陽、素晴らしい海岸線などすべてが揃っているが、残念ながら政治的階級がある」と所感を述べた。 2019年3月18日、日本、米国、オーストラリア、カナダからの入国ビザを免除することを発表した。 ワシントンへの公式旅行にあたってトランプのための措置とみられるこの免除は観光、ビジネス、トランジット、芸術的活動やスポーツ活動などの入国にも適用され、「国益以外」の人々にも及ぶ。 また日本企業にとっても、追い風となると見られている。 2019年5月24日、年金改革をめぐる記者会見で「小幅な改革ならの改革に終わる、向こうではすべて小さいからだ」と述べて物議を醸した。 15日にはブラジルの空港内で記念撮影した東洋系の人物に向かって卑猥なで「向こうでは全部小さいんだろう?」と発言して人種差別的と批判されていた。 なおOECDの統計によると日本人女性の平均身長やバストのサイズはブラジル人女性と比べると小さいが、ブラジル人男性の平均身長や股間のサイズは日本人男性と比べると小さいという結果が出ている為に日本人からは「お前らブラジル人男性が全て小さい」「日本人男性と比べるとブラジル人男性は体も股間も脳みそも小さい」と揶揄された。 2019年6月、に出席するために初来日するも開催地のに向かう途中で同行した軍人が39キロの所持で逮捕される事件が起きた。 2019年10月、来日して第126代・のに参列した。 10月23日には赤坂離宮でと会談を行った。 対中関係 [ ] ボルソナーロ伯大統領(左)と中国の(右) 選挙戦においては共産主義・社会主義を攻撃し、であるに対しても「中国人はブラジルではなにも買わず、ブラジルそのものを買う」と批判していたボルソナーロだが、当選後は訪中した際に「中国は最大の貿易相手国だ。 貿易や投資をさらに増やしたい」と述べ 、首脳会議をブラジリアで主催した際は選挙中の発言を中国に謝罪し 、類似した対中姿勢を掲げたのなど他の ()現象を代表する南米の政治家と同様に現実的な路線に修正することとなった。 中国と外交関係を樹立したのはボルソナーロが称賛してやまないブラジルの軍事独裁政権であり 、政権内の退役軍人の代表で対中政策を担当 する副大統領 ()は「ブラジルは脅威としてではなく、戦略的パートナーとして中国を認識している」と述べ 、アメリカがブラジルに呼びかけていた通信網での製品の排除についても応じないと述べた。 ブラジルでファーウェイは7つの通信網のうち6つを構築しており 、都市部ではファーウェイの監視システムが軍警察によって使用されていた。 ボルソナーロが大統領に就任した2019年1月に与党社会自由党の議員代表団が中国の顔認証技術などを学ぶために訪中したことは物議を醸した。 ボルソナーロが史上最大規模の事業に位置付けていたプレサル油田入札も中国を除く世界から敬遠され、最大の ()の落札者は(CNOOC)、中国石油天然気勘探開発(CNODC)、自国のの企業連合であり、それに次ぐイタプ鉱区もペトロブラスのみで他の鉱区の応札はゼロであった。 前政権からは ()の運営会社TCPを買収し 、がを買収するなど中国はブラジル最大の投資国でもあり 、密接なは他の中南米諸国やアジアにおける中国同様、不可分なものとなっており、の高まりとトランプ政権が打ち出した厳しい対中政策は、その個人的なトランプへの忠誠に番って、ボルソナーロを難しい立場を追い込んでいる。 トランプ政権とは表面上は歩調をあわせられても、中南米に対しても厳しい貿易政策をとる米国が打ち出す孤立主義、保護主義的な態度はブラジルにおいては限界があることが示され 、ボルソナーロは「ブラジルは貿易戦争に加わらず、世界中と取引をする」と述べた。 また、専門家は農業輸出もボルソナーロの対中姿勢に影響を与えたと説明する。 的な姿勢には経済的コストがかかり、米国に近づいても補償できないと明言する。 米中貿易戦争でも中国向け米国産の代替となることでブラジルの対中輸出を6,400万ドル押し上げた。 中国への輸出の大部分はブラジル最大の輸出農産物である大豆などの原料である。 先述の通貨安誘導を理由にしたアメリカによるブラジルに対する鉄鋼・アルミニウム関税も多くのブラジル人は米中貿易戦争でブラジルの農家が漁夫の利を得ていることへの当てつけと見ていた。 新型コロナウイルス感染症対策 [ ] 2020年、ブラジル国内での感染が拡大。 3月24日にはや市が自治体の判断で商業施設の一斉閉鎖に乗り出した。 これに対して大統領は「われわれは生き続けなければならない。 雇用を守らねばならない。 普段通りに戻らなければならない」と批判したものの、他州の知事も加わり批難の応酬となった。 結果的に3月25日まで27の州・連邦区のうち25州がコロナウイルス対策に必要な規制措置の継続を表明している。 大統領は、これに折れることもなく、4月18日には「新型コロナウイルスには(国民の)70%が感染する。 どうすることもできない」と発言。 支持者の前で経済活動の再開のために各州が実施している商業規制の緩和を求めた。 各自治体首長は経済活動の抑制でウイルスの封じ込めを継続したが、次第に市民の経済的困窮が無視できない状態となったため、サンパウロ、リオ・デ・ジャネイロの両市長は、7月上旬からレストランとバーを再開すると宣言した。 7月3日、新型コロナウイルスの感染拡大対策として、公共の場でのマスク着用を義務付けた法律の条項について、自宅に居たとしても法律違反にされかねないとして拒否権を行使。 さらに店舗や企業による従業員へのマスク提供や、公共機関によるマスク配布を義務付けた条項についても拒否権を行使し、議会側に再検討を求めた。 7月6日、ボルソナーロが38度の発熱や咳など新型コロナウイルス感染症の症状を示したことでウイルス検査を受けた結果、翌7日に陽性であったことを公表した。 襲撃事件 [ ] キャンペーン中に腹部を刺されるボルソナーロ。 2018年9月6日市でのキャンペーン中 、「神の命」に従ったとされるアデリオ・ビスポ・デ・オリベイラ容疑者 に腹部を刺され 、市内の病院に搬送、緊急治療を受けた。 小腸、大腸にまで及ぶ重傷だったが、一命は取り留めた。 手術は成功し、その後サンパウロのアルベルト・アインシュタイン病院に移された。 事件後、オリベイラ容疑者は連邦警察によって逮捕された。 反応 [ ] 他の大統領候補は選挙活動を中断した。 チリの元大統領候補であるホセ・アントニオ・カストも「ラテンアメリカでの自由の勝利を妨げる侮辱、脅迫、攻撃の力」と非難した。 一方、党首グリージ・ホフマン、そして副大統領候補のフェルナンド・アダジの2人を含む労働者党のメンバーは「非常に残念だ。 民主主義では受け入れられない」との声明を発表した。 摘出手術 [ ] 手術は2019年1月に終わり、同じくサンパウロのアルベルト・アインシュタイン病院に再入院し、傷の治療の一環で装着された人工肛門の摘出手術を受けた。 スポークスマンによれば手術前の健康診断検査に合格し、ボルソナーロは「非常に元気である」と言った。 論争 [ ] ボルソナーロとブラジル憲法30周年(2018年) 共産主義と政治的左派の批判、議論宣言 に加えて、民族主義的で保守的な立場、過去の軍事独裁政権の擁護で知られている。 の解任に賛成票を投じたボルソナーロは、国家防衛オペレーションセンター(DOI)の責任者で、1970年にルセフ大統領に拷問を加えた カルロス・アルベルト大佐に敬意を表した。 左派のジャン・ウィリーズ下院議員はボルソナーロを激しく非難した。 2019年に訪米が計画された際には、などが過去の言動を批判。 結果的に訪米を中止している。 議会資金、JBS資金と資産 [ ] 2018年に大統領選挙の候補者として遊説活動に議会資金を使ったとして告発された。 議会は使用規則において「資金は選挙費用には許可されない」と述べている。 さらに2016年から2017年にかけての5ヶ月間、議員による少なくとも6回の旅費、合計22万レアルが議会によって支払われていた。 議会の報道官は、ボルソナーロが遊説活動中であることを否定し、旅行手数料の使用は、代理人である会議の公衆安全委員会への参加に関連していると主張した。 連邦選挙高等裁判所(TSE)ののウェブサイト上では、2014年のキャンペーン中に企業JBSから20万のレアルを受け取ったとされる。 その年、彼はリオデジャネイロの選挙で46万票を得票していた。 ウェブサイト「」からの報告で2017年3月に問題は表面化した。 ボルソナーロはYouTube上でビデオを公開した。 そこではキャンペーンに費やされた金額の半分である20万レアルが「党への寄付」として返還されたと説明している。 しかし、TSEの記録では同じ資金がボルソナーロの口座に返され、現在では「党の基金」による寄付が行われている。 連邦選挙高等裁判所(TSE)の記録によると、2010年から2014年までボルソナーロの資産は、200万レアル以上になり、150%以上の増加となった。 近年、議員はリオデジャネイロの2棟の住宅をそれぞれ50万と40万レアルで取得した。 避妊政策 [ ] 1992年、州の連邦副官としての任期3年目、ボルソナーロは「貧しい人々の政策」を擁護し、「わたしたちは避妊のより厳格な方針を採用しなければならない」と主張した。 翌1993年、下院でこの議題に言及し、ブラジル国内での暴力の蔓延を理由に死刑制度の導入と厳格な避妊を提案、「子供を持つ余裕がない人は、それらを持つべきではない」とした。 また、演説中、教育が国内問題を解決できるとは考えていないと述べた。 民主主義、世俗国家および軍事独裁 [ ] 1998年12月2日に雑誌Veja誌のインタビューの中で、3,000人以上の人民 と20万人の亡命者を虐殺 したチリの政権について、「もっと多く殺すべきだった」と述べた。 ピノチェトを経済発展の基礎を築いたと称えるボルソナーロに対してチリの大統領は「ブラジル側のピノチェト体制賞賛は極めて不幸なことだ」と苦言を呈した また、立法と司法に対する軍事介入のモデルとして、1999年のペルーのを称賛した。 さらに、もし彼が大統領だったならば「間違いなく議会を閉鎖し」、「同日中に打撃を与える」と述べた。 おなじ時期、自身がなぜ元大統領(PSDB)の銃殺刑を擁護したのか司会者に述べ、「総合資源開発企業と電気通信を民営化して、石油備蓄を外部資本に供給することは最悪だからだ」と説明した。 独裁政権がブラジルの歴史において「輝かしい時代」だったと主張している。 また、「独裁者の間違いは拷問はしたが、殺さなかったことだった 」と述べた。 ボルソナーロはメディア、政治家、反=拷問団体(Grupo Tortura Nunca Mais)から批判され、事務所のドアに軍の独裁政権の被害者家族たちは「骨を探している犬」と書いたプラカードを吊るした。 1993年、同国が民主化してからわずか8年後、「 軍事政権のみがより繁栄し、持続可能なブラジルにつながる」と述べた。 2015年3月、1964年の軍事クーデター51周年の日に自らのブログに事件を祝う画像とテキストを掲載した。 ボルソナーロははクーデターが「民主的介入」の結果ではなく、「民衆弾圧の成果」であり、1968年に中国とキューバで学んだゲリラ戦術を使って攻撃を開始したと主張した。 2016年4月17日、ルセフ大統領の解任手続きを行ったエドアルド・クーニャ下院議員を祝福し、「元大統領の障害」についてスピーチし、カルロス・アルベルト大佐に敬意を表した。 カルロスは軍事独裁政権時の拷問者の1人として司法長官に認められた最初の兵士であり、元大統領の拷問者でもある。 こののち、検察庁は弾劾投票時のボルソナーロのデモストレーションの内容について17,853人の抗議を受けたため、事件を調査するための内部調査することを決定したと報告した。 この態度はまた2016年6月、議会倫理評議会のプロセスをもたらした。 彼は議会の品格に欠けるとして非難された。 評議会は「緑の党」によって代表され、拷問を非難し、国会議員の辞職をもとめた。 これに対してボルソナーロは、弾劾票決時の声明は議会の免除によって保護されていると主張した。 彼の息子、下院議員エドアルド・ボルソナーロ(PSC-SP)が公表したビデオでは「暴力は暴力と戦っている、人権の旗と戦っているのではない」と述べ、国際人権擁護団体の擁護者たちは「悪党」と「馬鹿」によってつくられ、承認されているとした。 ブラジルの警察がおこなう殺人が世界で最も多い 2015年に3345人 問題 について、「 私はブラジルの軍事警察はもっと殺すべきだと考えている 」と述べた。 2017年2月のカンピナ・グランデでの演説では、次のように言って世俗国家(Estado laico)を批判した。 「神は世俗国家の歴史をもっていない。 国家はキリスト教であり、それに反するのが少数者だ。 ] 少数者は多数者に合わせなければならない 」 アメリカのジャーナリスト、は、「民主主義の世界で選ばれた女性嫌悪()な公職者」と称した。 オーストラリアのNews. com. auのサイトは、ボルソナーロを「世界で最も不愉快な政治家」とも呼んだ。 女性・同性愛嫌悪 [ ] 2015年2月、新聞ゼロ・オーラとのインタビューで、出産休暇の権利が起業家の生産性を損なうとし、妊娠する女性に男性と同じ給与が与えられるとは信じていないと主張した。 彼の長い政治キャリアを通じて、女性が仕事の男性よりも給与が低いことを正当化し、同性愛者の息子を愛することはできないと言い、事ある毎に性的多様性に対する反対宣言を繰り返してきた。 同性愛者のカップルが彼の横で暮らしたら、それは彼の家の価値を貶める事になると断言した。 「 ユネスコが支持しNGOと人権省によって開発された一連のガイドライン「ゲイキット」の配布 を防止するために戦うなら、わたしは偏見を持っていることになるだろう。 同性愛を刺激し小学校でLGBTコミュニティの市民権と人権を促進させており、実際、その家族への嫌悪感は偏見だ。 わたしは強い誇りをもって偏見を持つ 」。 2011年、ジャーナル・デ・ノティシア誌とのインタビューでボルソナーロはゲイと幼児愛者との関係について聞かれ、 「ゲイのカップルに養子にされた子どもたちの多くは虐待されるだろう」と断言した。 また同性愛嫌悪に対する特定の法律はブラジルには必要ないとし、「ほとんどの同性愛者は、善良な市民が眠っている時、それぞれのカフェで殺される 」からだと述べた。 フォーリャ・デ・サンパウロ紙では、2002年5月には自身が同性愛者を攻撃する可能性があるとした。 「もし男性同士が路上でキスしているのを見つけたら、ぶん殴ってやる 」 「息子がどうしてもゲイを続けるなら、わたしはレザーを身に着け 、彼の行動を変えるだろう 」 先住民・黒人・移民 [ ] 土地なし農民運動(MST)の若者。 における先住民族の問題について、下院公聴会で演説し、ブラジル政府の先住民政策に疑問を呈した。 「」と農業改革を未達成を「同じ教育を施し、同じ言葉の国民でありながら臭い、無学で言葉もできない」となじった。 先住民はブラジルの土地の12%を所有し、全国大会でロビー活動を行っている。 ボルソナーロの議会演説はブラジル憲法の非差別の原則 を損ねたと考えた先住民、国会議員や人権擁護団体などの怒りを引き起こした。 そのコメントに腹を立てた地域先住民のリーダーの一人が公聴会に出席し、彼に水を投げつけた。 それを受けてボルソナーロは次のように語った。 「彼はブラジリアの先住民だ。 彼は飛行機に乗りここへやって来て、豚のリブロースやサラミを食べ、おそらくウイスキーを飲み、誰かに電話をしてその夜をもっと楽しくする方法を知っている。 それがここへ話しに来た控えめな先住民だ。 (本来なら)先住民はその起源を維持するために草を食べに行かなければならなかった。 」 2011年3月28日にCuste o Que Custar(CQC)プログラムへのインタビューで、彼の息子が黒人の女の子に恋していたならどうしたかについて歌手の () から尋ねられ、「乱交についての討論はしないだろう」と答えた。 「息子たちはとてもよく教育されているので、リスクを冒さない」。 このインタビューは大きな論争となり 、次の日、彼は質問が同性愛と息子の関係についてだと思った と弁明し、プレタ・ジルへの答えは「誤解」だと言った。 ボルソナーロの息子たちカルロスとエドアルドはソーシャルメディア上で、このプログラムはインタビューを「操作した」と主張した が、後に人種差別声明の疑いのため連邦最高裁判所によるボルソナーロに対する調査が開かれた。 「私はどの司令官をか支持するかわからないが、もし軍の兵員のを減らそうとするならば、街頭で「」、ハイチ人、セネガル人、ボリビア人、そしてシリア人などの屑どもに対処する人間が減ってしまう。 今、世界中の屑どもがブラジルにたどり着いており、わたしたちはあまりにも多くの問題を抱えている 」 2017年4月、アマゾン金鉱掘りの息子であるボルソナーロはリオデジャネイロのクラブ・ハバリカで講演し、もし2018年の大統領選で選出された場合、ブラジルすべての先住民族の土地と ()・コミュニティ、それからNGOのための公的資金提供を終了すると述べた。 「わたしが大統領になったなら、すべての市民が家に銃を持つことになるだろう。 先住民族やキロンボの居留地は1センチたりとも画定されてはいない。 先住民の土地の下には富が眠っており、彼らはそれを妨害している。 それを変えなければならない 」。 「わたしはキロンボと一緒にいた。 彼らはなにもしない。 子孫をつくることさえしないと思う。 その彼らのために年10億レアルが費やされている 」 この発言ののち、連邦検察庁は黒人やキロンボ・コミュニティを偏見的に満ちた侮蔑・差別表現によって嘲笑したとして非難した。 2017年10月3日、ボルソナーロは、道徳的犯罪により50,000レアルの罰金を科すことを宣告された。 身内への捜査と法相の辞任 [ ] 2019年、ボルソナーロの息子で上院議員のフラビオ・ボルソナーロらがに関与した疑いが浮上。 捜査が行われたが、法務・公安相は大統領が捜査の妨害を画策しているとして批難し、法務・公安相と大統領との関係が悪化した。 さらに法務・公安相の意向に反して大統領が連邦警察庁長官の交代が行われたことから、2020年4月24日、法務・公安相が辞任するに至った。 脚注 [ ]• Exame 2018年3月7日. 2018年3月8日閲覧。 G1 2019年11月19日. 2020年1月7日閲覧。 19 de octubre de 2016. Consultado el 7 de agosto de 2018. 2018年10月29日. 2018年10月29日閲覧。 El Pais. 20 de febrero de 2013. 12 de diciembre de 2017. 31 de mayo de 2013. revistaepoca. globo. com. Folha de S. Paulo. Consultado el 7 de agosto de 2018. 2018年11月11日閲覧。 2019年3月26日. 2019年3月26日閲覧。 globo. 2018年11月6日閲覧。 www. bloomberg. com. 2019年8月29日閲覧。 Archivado desde el original el 31 de mayo de 2013. Santos, Aline dos 18 de abril de 2015. Campo Grande News. 16 de mayo de 2017. 16 de mayo de 2017. Editora Abril 999. 28 de octubre de 1987. Editora Abril 1000. 4 de noviembre de 1987. ELMUNDO. O Globo. 31 de julio de 2017. Infobae. Lindner, Julia 23 de julio de 2017. Jornal do Brasil. 23 de julio de 2017. www1. folha. uol. com. 10 de marzo de 2016. 18 de noviembre de 2015. Senra, Ricardo 17 de junio de 2015. ブラジルの土地改革運動。 歴史的に大規模農家が強く、土地の分配の偏りが著しいブラジルでは、土地所有が大きな格差を生む要因のひとつとして考えられている。 Gazeta Digital. 20 de noviembre de 2013. Notapajos. com. 29 de marzo de 2011. Archivado desde el original el 9 de marzo de 2014. ブラジルでは軍法上以外のされている。 UOL. 4 de abril de 2011. Linhares, Tatiane 11 de marzo de 2008. Archivado desde el original el 31 de mayo de 2013. "el objetivo es hacer el cara abrir la boca" y "ser arrebatado para abrir la boquilla". Linhares, Tatiane 11 de marzo de 2008. Consultado el 9 de abril de 2011. Bilenki, Thais 9 de junio de 2016. 7 de enero de 2010. Fernandes, Marcella. Brasil Post. Globo. com. NE10. 26 de octubre de 2017. 2018-08-31. 2018年10月29日• 3 de octubre de 2017. ADNRadio. 11 de octubre de 2018. 2018年10月29日. 2018年10月29日閲覧。 産経新聞. 2018年10月29日. 2018年10月29日閲覧。 時事ドットコム. 2018年10月29日. 2018年10月29日閲覧。 NBC News. 2019年1月30日閲覧。 2019年1月30日閲覧。 Poder360 2018年12月10日. 2019年1月30日閲覧。 Poder360 2018年12月10日. 2019年1月30日閲覧。 2018年11月1日. 2019年1月30日閲覧。 globalnews. ca 2019年1月2日. 2019年1月30日閲覧。 La Tercera 2019年1月16日. 2019年1月30日閲覧。 Reuters. 2019年1月16日. 2019年1月30日閲覧。 Reuters. 2019年1月18日. 2019年1月30日閲覧。 2019年10月8日. 2019年10月21日閲覧。 Saccone, Valeria 4 de octubre de 2018. ブラジルの南東海岸の海洋は厚い塩層の下の石灰質岩石中に炭化水素を貯留しており、「プレサル」と呼ばれている。 リオデジャネイロ国立大学石油天然ガス研究所の推定によると、「プレサル」開発地域では約400億バレルの石油とガスの埋蔵量が発見されており、が未発見と推定されている。 Bilenki, Thais 9 de junio de 2016. The Independent 2019年3月6日. 2019年4月3日閲覧。 correspondent, Tom Phillips Latin America 2019年3月6日. The Guardian. 2019年4月3日閲覧。 2019年8月23日. 2019年8月25日閲覧。 readers, Guardian 2019年8月27日. The Guardian. 2019年9月13日閲覧。 Barnes, Angela 2019年8月21日. euronews. 2019年8月27日閲覧。 白石和幸 2019年8月24日. 2019年8月25日閲覧。 2019年8月27日閲覧。 James Temple 2019年8月23日. 2019年8月25日閲覧。 2019年8月24日. 2019年8月25日閲覧。 Shimbun, Nikkey 2019年8月26日. ブラジル知るならニッケイ新聞WEB. 2019年8月27日閲覧。 2019年8月24日. 2019年8月25日閲覧。 AFP 2019年8月27日. スペイン語. 2019年8月27日閲覧。 CNN, Barbara Wojazer, Flora Charner, and Duarte Mendonca. CNN. 2019年8月27日閲覧。 correspondent, Tom Phillips Latin America 2019年8月27日. The Guardian. 2019年8月28日閲覧。 スペイン語. 2019年8月28日閲覧。 時事ドットコム. 2019年8月31日閲覧。 www. afpbb. com. 2019年8月31日閲覧。 correspondent, Tom Phillips Latin America 2019年9月24日. The Guardian. 2019年9月25日閲覧。 , The Washington Times. The Washington Times. 2019年8月27日閲覧。 Hatachi, Kota. BuzzFeed. 2019年8月27日閲覧。 Gonzalez, Elizabeth. 2019年4月14日閲覧。 スペイン語. 2019年4月14日閲覧。 スペイン語. 2019年4月14日閲覧。 The Independent 2019年4月10日. 2019年4月14日閲覧。 スペイン語. 2019年4月14日閲覧。 現在、MNNAに登録されているのは17カ国のみとなっている。 今回の訪問により、アルゼンチンが1998年にその指定を受けた後、ブラジルがラテンアメリカで2番目の加盟国になる可能性がでてきた。 2018年、コロンビアはNATOのパートナーとなり、コロンビアの軍事部隊はNATOの演習と活動に参加可能となった。 Reuters. 2019年3月19日. 2019年4月3日閲覧。 G1 2019年3月22日. 2019年6月13日閲覧。 The Independent 2019年3月19日. 2019年4月3日閲覧。 The Independent 2019年3月19日. 2019年4月3日閲覧。 2019年12月3日. 2019年12月3日閲覧。 2019年12月21日. 2019年12月22日閲覧。 数ヵ月後、国際的な合意に反して、トランプ大統領はエルサレムをイスラエルの首都と認めた。 ELMUNDO 2019年4月1日. 2019年4月14日閲覧。 Reuters. 2019年4月1日. 2019年4月14日閲覧。 Bolsonaro, Jair M. 2019年7月1日. jairbolsonaro. 2019年8月28日閲覧。 Folha de S. Paulo 2018年2月25日. 2019年6月16日閲覧。 Folha de S. Paulo 2019年3月19日. 2019年6月16日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 2019年6月16日閲覧。 2019年5月25日. 2019年6月13日閲覧。 2019年5月27日. 2019年6月13日閲覧。 2019年5月25日. 2019年6月13日閲覧。 2019年6月27日. 2019年10月26日閲覧。 2019年10月23日. 2019年10月26日閲覧。 2019年10月25日. 2019年10月26日閲覧。 Folha de S. Paulo. 2019年11月14日. 2019年11月15日閲覧。 Americas Quarterly. 2019年4月23日. 2019年5月26日閲覧。 Americas Quarterly. 2019年5月21日. 2019年5月26日閲覧。 Folha de S. Pauloly. 2019年4月6日. 2019年5月26日閲覧。 2019年6月8日. 2019年6月8日閲覧。 2015年4月21日. 2019年6月23日閲覧。 Tourism Review. 2019年1月21日. 2019年6月24日閲覧。 2019年1月18日. 2019年6月24日閲覧。 2019年5月31日. 2019年6月24日閲覧。 2019年11月7日. 2019年11月12日閲覧。 2019年11月7日. 2019年11月12日閲覧。 2017年9月4日. 2019年10月26日閲覧。 2019年10月25日. 2019年10月26日閲覧。 スペイン語. 2019年5月22日閲覧。 Stuenkel, Oliver 2019年5月13日. 2019年5月21日閲覧。 2019年11月15日. 2019年11月15日閲覧。 スペイン語. 2019年5月22日閲覧。 2019年5月15日. 2019年5月26日閲覧。 時事通信 2020年3月27日. 2020年4月21日閲覧。 時事通信 2020年4月19日. 2020年4月21日閲覧。 時事通信 2020年6月29日. 2020年6月29日閲覧。 AFP 2020年7月4日. 2020年7月3日閲覧。 - 時事ドットコム 2020年7月7日• - 時事ドットコム 2020年7月8日• De 2019, 27 De Enero. Infobae. 2019年1月30日閲覧。 Terra Magazine. 1970年、ルセフ大統領は、当時の軍事独裁政権によって逮捕された。 彼女は電気ショックを受け、激しく殴打され、さらには模擬銃殺刑を執行された。 Watts, Jonathan 18 de abril de 2016. 0261-3077. 時事通信 2019年5月4日. 2019年5月4日閲覧。 Bilenky, Thais 24 de abril de 2017. 20 de marzo de 2017. 20 de marzo de 2017. 20 de marzo de 2017. Brasil. Bragon, Ranier 13 de Junho de 2018. 16 de diciembre de 2009. Wright, T. 2005. 57-65. 25 de julho de 1993. Bilenki, Thais 9 de junio de 2016. Bolsonaro, Jair 11 de enero de 2011. JovemPan. 8 de julio de 2016. Joildo. net. Archivado desde el original el 22 de julio de 2013. 30 de marzo de 2011. 25 de julho de 1993. 10 de octubre de 2008.. 20 de abril de 2016. 28 de junio de 2016. 「」『AFPニュース』、2016年10月29日。 2020年3月5日閲覧。 Exame, ed. 8 de febrero de 2017. The Intercept. Fernando, Gavin. News. com. Revista Crescer, ed. febrero de 2015. Foster, Gustavo 10 de diciembre de 2014. Portal Terra. 8 de junio de 2011. Portal Terra. 8 de junio de 2011. 15 de febrero de 2015. Fonseca, Pedro Henrique 21 de junio de 2011. 15 de febrero de 2015. Suwwan, Leila 19 de mayo de 2002. 欧米でのゲイファッションはレザーを好んで身につけることで知られている [ ]。 27 de noviembre de 2010. 1 de diciembre de 2010. Rota Brasil Oeste. Archivado desde el original el 19 de octubre de 2011. Carvalho, Luiz Maklouf. Archivado desde el original el 16 de mayo de 2012. Guerreiro, Gabriela 14 de mayo de 2008. ルーラ政権で文化大臣もつとめた音楽家の愛娘。 彼女もまた音楽活動をしている。 Correio da Bahia. 29 de marzo de 2011. Archivado desde el original el 23 de septiembre de 2015. Zero Hora. com. 31 de marzo de 2011. Bresciani, Eduardo 29 de marzo de 2011. VejaSP. 13 de noviembre de 2015. Azevedo, Rita 22 de septiembre de 2015. Revista Exame. Azevedo, Rita 22 de septiembre de 2015. Revista Exame. Dolzan, Marcio 3 de abril de 2017. 3 de abril de 2017. Dolzan, Marcio 3 de abril de 2017. 10 de abril de 2017. 3 de octubre de 2017. 日本経済新聞 2020年4月25日. 2020年4月29日閲覧。 外部リンク [ ] で 「 ジャイール・ボルソナーロ」に関する情報が検索できます。 ウィキクォートの コモンズで() ウィキデータの• jairbolsonaro -• - チャンネル 先代: 第38代:2019年 - 次代: (現職).

次の