父さん は ひと ごろ し。 【23話まで毎日無料】父さんはひとごろし

父さんはひとごろし第4話ネタバレ【仇討ち

父さん は ひと ごろ し

79人の方が「参考になった」と投票しています。 あの事件、あの頃 年齢がばれてしまうが、私が14歳のとき、「あの事件」が起きた。 大袈裟ではなく、それを機に、私の世界は変わってしまった。 あの事件が起きるまで私が生きていたのは、自分と同じ年代の少年が残虐な犯行に手を染めるようなことは「ない」世界だった。 それが、一瞬にして「あり」になった。 そのことをいいとも悪いとも言わないが、事実として、そうだった。 事件そのものではなく、世界が変わったという衝撃は、14歳の私には扱いきれないものであった。 そして彼が今、この世界で普通に と言えるかは難しいが 生きているという事実は、今の私にすら扱いきれないものである。 それについて、どう感じるべきなのか、わからないのだ。 あの事件をモチーフに漫画を描くことを否定するつもりは全くない。 ただ、個人的な感情の問題だが、やるならば、きちんと踏み込んでほしかった。 あの事件が、社会や時代や、そこに生きる子どもたちや大人たちに何をもたらしたのか、それに、迫ろうとしてほしかった。 私がこの漫画から感じたのは、「興味本位」を招くあざとい扇情性や表面をなぞる異常性でしかなく、あの頃を14歳として切実に生きた私にとって、それはどうしても受け入れられなかった。

次の

『父さんはひとごろし』漫画のネタバレ感想|日常が崩れていく衝撃結末のサスペンス!

父さん は ひと ごろ し

『父さんはひとごろし』漫画のネタバレ感想|日常が崩れていく衝撃結末のサスペンス! 今回ご紹介するのは、ある事件をきっかけに幸せな日常が唐突に崩れていくサスペンス展開を描いた漫画、『父さんはひとごろし』。 もし父親が殺人事件の犯人だったら…?それまでありふれた幸せな家族だと思っていた関係が仮初めだったとしたら…? そんな緊迫した状況で追い詰められていく精神、そして本性をさらけ出した人間が繰り広げる衝撃の展開から目が離せなくなってしまう作品です。 全46話、15巻のストーリーが完結しているので、結末まで一気読みすることも可能です! そんな『父さんはひとごろし』のあらすじや登場人物、見どころをネタバレや感想を含めてご紹介していきます。 ノレソレ先生のサイコパス描写がすごい!『父さんはひとごろし』のあらすじ 『父さんはひとごろし』の設定やあらすじをご紹介していきます。 結構グロテスクな描写もあるので、苦手な方はお気をつけて…! 内容は非常に面白いので、怖いもの見たさで挑戦する価値大いにありです。 作品の設定や概要• 著者:ノレソレ• 出版社:COMIC維新(COMICゴイチ)• ジャンル:ミステリー、サスペンス• 巻数:15巻(完結:2020年5月14日現在) 『父さんはひとごろし』は、ありふれた幸せを噛み締めていた主人公に、突如降りかかる衝撃展開が見どころの作品です。 主人公・駿は家族団欒の夕食で流れた、25年前の「目潰し連続殺人事件」の特集と、それを見た父親の反応が気に掛かる。 翌日、学校の帰り道で猫の死体を見つけてしまう。 そしてそこに偶然通りかかった父親。 早く家に帰るよう言われた駿だが、何かが引っかかり現場に戻った時に見たものは…。 自分の見ていた世界が音を立てて崩れていくような衝撃展開を是非ご覧ください! あらすじ 「僕の父さんは殺人鬼かもしれない」 過去の連続殺人、身近で起きた猫殺し…今まで過ごしてきた幸せな日常は全て偽りだったのか…? —彼女との初体験を経験し帰宅した主人公・駿は、少し過保護だが優しい父親といつも自分を暖かく見守ってくれる母親と夕食を囲み、満ち足りた日常を噛み締めていた。 だが父親があるTV番組に釘付けになっていることに気付いてしまう。 『目潰し連続殺人事件』かつて日本を震撼させた凶悪な少年犯罪の特集を観ながら、父は確かに笑っていた… —25年の沈黙を破り、惨劇の幕が再び上がる… 引用) 次第に本性が明らかになっていく『父さんはひとごろし』の主な登場人物 ここでは『父さんはひとごろし』の登場人物を紹介していきます。 主人公の駿とその「父さん」、そして25年前の事件から次第に繋がっていくキャラクターたちに注目です! 中山 駿(なかやま しゅん) 主人公。 14歳の中学生。 25年前の「目潰し連続殺人事件」の特番を見た父親の様子に違和感を感じ、自分の父親が事件の関係者ではないかと疑惑が生まれる。 家族の関係が次第に崩れていく状況に思考が追いつかず困惑する。 父親に全ての疑問をぶつけて気持ちの整理をつけようとするが…。 中山 雅行(なかやま まさゆき) 駿の父親。 少し頑固なところもあるが、駿のことを思いやってくれる良い父親。 25年前の「目潰し連続殺人事件」があった当時、14歳だった。 駿が自分に疑惑を抱いていることを察し…。 中山 愛子(なかやま あいこ) 駿の母親。 家庭的で優しさに溢れており、夫を立てる良き妻。 百瀬 茉莉(ももせ まり) 駿の彼女。 茶髪のショートヘア。 父親のことで精神的に不安定になっていく駿を案じる。 野崎 誠(のざき まこと) 駿のクラスメイト。 金髪で遅刻常習犯の問題児。 サイコパスに憧れており、「目潰し連続殺人事件」にも異様な執着心を持っている。 母親が駿の父親とクラスメイトだったことで、ある事実に辿り着くことになる。 野崎 恵(のざき めぐみ) 誠の母親。 夫とは死別しておりシングルマザー。 中学時代は駿の父親とクラスメイトだった。 当時酷いいじめを受けていたが、駿の父親に助けられることになる。 戸叶 紗栄子(とかの さえこ) 文芸出版「週刊新報」の女性記者。 週刊誌の売り上げ低迷を脱却するため、25年前の「目潰し連続殺人事件」の犯人を追う。 危険な取材と分かっていながら猛進し、目的のためには手段も嘘も厭わないタイプ。 編集マン 戸叶の部下の男性記者。 戸叶に憧れを抱いており、無茶な取材にも否応無しに付き合わされている。 園部 真希(そのべ まき) 25年前の「目潰し連続殺人事件」の被害者の1人であり、唯一の生存者。 実の姉も事件の被害者であり、自身も左目を奪われ義眼を使っている。 戸叶に当時の情報を渡す代わり、犯人の現状を求める。 中西 雄大(なかにし ゆうだい) 25年前の「目潰し連続殺人事件」を担当した検察官。 現在は検事正という立場のある人間。 結末に向けて加速する『父さんはひとごろし』の3つの見どころ(ネタバレあり) 『父さんはひとごろし』には日常が崩れていくサスペンス展開を中心に、たくさんの見どころがあります。 そんな数ある見どころの中でも特に注目してほしいポイントを3つご紹介していきます。 サイコパス感強すぎ…!次第に本性を表す「父さん」 『父さんはひとごろし』では、タイトル通り「ひとごろし」の父親が次第にその本性をむき出しにしていく手に汗握る展開が魅力です。 サイコパス感強すぎる「父さん」のイかれた言動が、この作品のおぞましさや緊張感を何倍にも高めています…! さらに、そんな「父さん」の本性を目の当たりにした駿の、現実が受け入れられなくなっていく心理描写が秀逸です。 人間信じられないことが起きるとこうなるんだろうなぁ…という描写が非常にリアリティ満載に描かれています。 売り上げが落ちている週刊誌を復活させるべく、「目潰し連続殺人事件」の犯人を追いかけ特集を組もうと計画を立てます。 手段を選ばず他人の犠牲も厭わない度を超えた行動によって真相に近付いていく様子は、まさに本作の「もう1人のサイコパス」であるかのように映ります。 戸叶による取材活動によって駿だけでなく周囲の人間も巻き込み暴走がエスカレートしていく「父さん」。 また本作の表紙は駿が茉莉をひまわり畑で抱えていますが、果たしてどんな状況なのか…。 果たして「父さん」はそして駿たちはどんな結末を迎えるのか。 その結末をその目で確かめてみてください。 >>「」を利用すると『父さんはひとごろし』が32巻まで無料で読むことができます! サスペンス展開が好きな方へ『父さんはひとごろし』はこんな人におすすめ 『父さんはひとごろし』は、エログロ要素ありのサスペンス作品が好きな人に特におすすめの作品となっています! 次第に本性が明らかになっていく緊迫した展開と、現実を受け入れたくないという駿の心理描写がリアリティ抜群です。 犯人の残虐性と精神性があまりにぶっ飛んでしまっているので、日常離れした空気を味わいたい、ちょっと怖いもの見たさ的な欲求を満たしてくれる作品ではないでしょうか。 衝撃のサスペンス展開が気になった方は『父さんはひとごろし』を是非ご覧になってみてください。 >>「」を利用すると『父さんはひとごろし』が32巻まで無料で読むことができます! 管理人の思う『父さんはひとごろし』が伝えたいこと(考察) 『父さんはひとごろし』は、当たり前だと思っている日常のすぐそばにある非日常を伝えたいように感じられます。 主人公の駿も幸せを実感しながら充実した生活をしていましたが、それが突如崩れていく様はまさに衝撃的です。 また、「サイコパス」という人の痛みに共感できない、倫理観の欠落などが特徴の精神状態も本作のキーワードになっています。 感情の欠落がありながら人を惹きつける魅力をもつ、その不思議な人格と心理描写が非常に丁寧な作品だと感じました。 もし殺人犯が身近にいたら…なんて妄想をしたことが一度でもある方は、『父さんはひとごろし』を是非この機会にご覧になってみてください。 >>「」を利用すると『父さんはひとごろし』が32巻まで無料で読むことができます! 『父さんはひとごろし』の評価まとめと感想 最後に記事執筆者の評価と他の漫画サイトからの評価をまとめてみました。 漫画を購入するときのひとつの指標として、よかったら周りの評価も参考にしてみてください。 当サイトの評価 3. 2(記事作成者の評価) コミックシーモア 3. 6(30件の評価) まんが王国 3. 7(8件の評価) Renta! 3(23件の評価) BookLive 3. 4(44件の評価) めちゃコミック 3. 見どころにもあったように、衝撃的な展開がスイード感満載で読み進められますが、ちょっとエログロ要素も多いので万人ウケはしないかも…ということで当サイトの評価はこのようになりました。 当たり前だと思っていた幸せのすぐそばに非日常が潜んでいる展開や、追い詰められた主人公の心理描写など、見どころはバッチリあります! 人間の奥深さの一端に触れることができるような作品なので、気になった方は是非読んでみてください! 『父さんはひとごろし』が気になる人におすすめの類似作品 ここでは『父さんはひとごろし』に興味がある方におすすめの、衝撃展開な漫画をご紹介していきます。 1つ目は『ハジメテノサツジン』です。 女子高生が学校の教師を殺してしまうという、衝撃の展開が繰り広げられる作品となっています! 女の子たちの何気ない日常が崩れていく様子が、緊張感満載で描かれています。 サスペンス展開や登場人物の不穏な行動から目が離せなくなるオススメ漫画です! 2つ目は『クイズ!正義の選択』です。 クイズ形式のバラエティ番組が舞台ですが、回答者として参加した人間の本性が次第に明らかになっていく展開が特徴! オムニバス形式で展開にも飽きがないので、ハラハラの衝撃展開が読みたい方にオススメです。

次の

父さんはひとごろし 全話 ネタバレ

父さん は ひと ごろ し

こんにちは!サトシです。 今日は私がはまってしまった 「父さんはひとごろし」という かなりスリリングでサスペンスなマンガ、第4話のネタバレ・感想を書いていきます! 「父さんはひとごろし」第3話では 野崎が持っていた犯人の写真を見て衝撃を受けた駿。 そこには自分にそっくりな顔をしている犯人の写真が... ! 「目潰し連続殺人事件」の犯人は やはり父さんなのか... 疑惑はますます深まるばかり... どうしていいかわからなくなった駿は 彼女・茉莉の家にいました。 なにか悩んでるなら相談して欲しい。 部活をサボって野崎と一緒にいたのが気になってる。 「私は駿の彼女なんだよ」 茉莉の優しい言葉に救われた駿。 茉莉にすべて打ち明け、父さんから逃げないと覚悟を決めた駿。 しかし、この後、衝撃的なことが起こります... ! 家へ向かう駿に一台の車が猛スピードで突っ込んできます!! 車をよけようと塀にぶつかってしまう駿! 「大丈夫?あなた・・・」 「ちょっと擦りむいただけです・・・」 「そう・・・それは残念」 「死んでしまえば良かったのに」 と言って、ナイフを駿の喉元に突きつけます... 運転していたのは園部真希。 どうやら、記者の戸叶が目潰し連続殺人事件の 犯人の居場所を突き止め、園部に教えたようです。 そのまま駿を拉致ろうとして園部でしたが... 「おい・・・」 「何をしてる」 そこには父さんの姿が... ! 無言で父さんにナイフで襲いかかる園部! 父さんは前蹴りで園部を吹っ飛ばします! サングラスが外れた園部の左目を見て、なにかを思い出す父さん! 「お前・・・」 「私の目を潰し、姉さんを殺したあんたのコトを25年間1日だって忘れたコトないのよ」 え!!?? やっぱり、父さんはひとごろしだったの!? 父さんは悟ります この女、殺すしかない... 「駿」 「誰か来ないか見張ってろ」 話は25年前へ。 あの日、姉さんをプールに誘わなければ。 プールの帰り道に犯人に出会ってしまった姉妹。 「私はどうなってもいいから... 」 姉さんは自分をかばうために身を差しだし 当時14歳だった父さんに犯されてしまいます... 「もうやめてください・・・」 恐怖におびえた目をみて興奮する犯人。 真希の左目にナイフ突き立てます... ! このままでは2人とも殺されてしまうと悟った姉さんは 「真希っ!立って逃げるの!!」 姉さんは犯人にめった刺しにされ 赤く染まっていくのでした... このシーンはかなり胸糞悪いですね... あまりに残酷過ぎますよ... 当時14歳の父さんの残忍な顔が頭から離れなくなりそうです... 「やっとこの男を殺せるよ 姉さん・・・」 しかし! 返り討ちに会い、園部真希は父さんに首を絞められ、 駿の目の前で殺されてしまうのでした... ! 「父さんはひとごろし」第4話は これまた、かなり衝撃的な内容でしたね... 父さんがひとごろしだった事実を突きつけられ、 そしてさらに自分の目の前で父さんが人を殺してしまう... もし自分が駿なら、気が狂ってしまいそうですよ...

次の