大手 小町 発言 小町。 [B! 発言小町] 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

助けて! ママ友地獄…。 (発言小町)

大手 小町 発言 小町

「」 (トピ主:「ゆうこ」さん) 発言小町に寄せられた投稿の中から、この1年で最も心に残った話題を選ぶ「発言小町大賞2019」。 皆さまの投票をもとに編集部で最終選考した結果、ベストトピ賞は「」(トピ主:「ゆうこ」さん)に決定しました。 娘夫婦を亡くし、孫3人を引き取って育てた女性のその後… 70代半ばのゆうこさんは、4年前に相次いで娘夫婦を亡くし、当時5歳、3歳、0歳だった孫を引き取って育ててきました。 「一人娘の忘れ形見です、愛しくて仕方がありません」「体力的に 辛 つら いですが、それでも3人は生き 甲斐 がい です」と、ゆうこさん。 ただ、今年に入って夫に病気が見つかり、病状が進行したため、孫たちの世話を続けることが難しくなりました。 こうした中、娘婿の兄から「3人を引き取らせてくれないか」との打診が。 孫にとって伯父に当たるこの男性は、これまでも月に一度は会いに来ていて、3人もとても懐いています。 「立派な職業についている」という男性に託したら、孫たちの未来の生活は安泰だろう。 ゆうこさんはそう考えます。 しかし、決断できないゆうこさん。 「孫たちは嫌がってはいません、寂しさももちろんありますが、大好きなおじさん・おばさん・ 従姉妹 いとこ たちの家で暮らすのはうれしいようです。 分かっているのに決断できずにいます」とつづり、発言小町の読者に「背中を押してください」と求めて、トピを締めくくっています。 これに対し、「お互いを思い合う幸せな家族で、読んで涙が出ました」「手放すのではありません。 巣立ちの一つの形と考えればよいのではないでしょうか」といったレスが数多く寄せられました。 また、「娘さんも『今までほんとにありがとう。 これからしばらくはお父さんを』と言っていると思います」と、亡くなった娘さんの思いを代弁したレスや、「トピ主さんはここまでよく頑張りましたね。 私も家族に何かあったら、トピ主さんのようにがんばりたいと思います」と自らの決意をつづったレスも投稿されました。 また、これポチ投票の「エール」には約1万1500もの票が投じられました。 今年10月には、ゆうこさんから「今月から孫たちがあちらでの生活をスタートさせました。 現在は週末に我が家へ遊びにきてくれています」「皆様には本当に温かいご意見をたくさん頂き、感謝してもしきれません。 託して良かったと心から感じています」といった近況報告も寄せられています。 投票をしてくださった皆さま、ありがとうございました。 部門賞は以下の通りです。

次の

発言小町は「井戸端会議」であり続ける――開始から20年、1日2000件の投稿が語る女性の本音

大手 小町 発言 小町

投稿欄。 絵文字も使える 1999年にスタートした。 「読売新聞ネット版にも、新聞と同様の投書欄を作ってみよう」という着想。 「普通の投書欄では面白くないから、女性をターゲットにした投書欄にしようと考えた」(川内さん)という。 ただ、どんな内容が書かれるか分からない掲示板を新聞社サイトに置くのはリスクが高い。 内容をいったんチェックした上で、必要ならば掲載を拒否したり、編集を加えて掲載する仕組みにした。 投稿数は当初1日数件程度だったが徐々に増えていった。 投稿は専従のスタッフがチェックして掲載。 掲載基準はにある通りで、読者が不快な思いをする投稿や誹謗中傷に当たる投稿は掲載しない。 できるだけ自由に発言してもらえるよう「簡単な最小限のチェックにとどめている」と、同社メディア戦略局編集部の遠山留美さんは言う。 最近は投稿ルールが浸透し、不適切な投稿をするユーザーも減ってきているという。 「発狂小町」閉鎖問題 発言小町の投稿から面白いものをピックアップする「まとめサイト」もある。 個人的なファンなどが同社に無断で運営しているもので、人気があったのは「発狂小町」という名のサイト。 このサイトを通じて発言小町を知った人も多かった。 だが同社は、発狂小町が著作権を侵害しているとして、プロバイダー責任制限法に基づいて削除を依頼。 サイトは6月に閉鎖された。 同社はもともと発狂小町の存在を知らなかったが、「発言小町の投稿者さんから『発言小町に送った投稿が無断転載され、からかうようなコメントが付いている』というクレームが付いた」(川内さん)ことで知ったといい、どう対応すべきか社内で議論した。 「できれば残しておきたかった」と川内さんは言う。 ただ「『発狂』小町」というネガティブなネーミングや投稿の取り上げ方が投稿者を不快にさせる恐れがあると考えた。 「実際にユーザーからクレームが来ている以上、放置はできないと考え削除依頼を出した」(川内さん)。 運営者は削除依頼に素直に従ったという。 川内さんは「発言小町を応援するようなまとめサイトなら、話し合いの末、共存共栄できたと思うが、クレームが付くような形だったことが残念」と話す。 ポジティブなまとめサイトなら「公式まとめサイト」として共存共栄を図るといったことも検討したいという。 リニューアルでPV3倍に 07年3月には大手小町の携帯電話向けサイト(月額105円)を開設し、携帯から発言小町の投稿・閲覧が可能に。 08年2月に発言小町のPCサイトをし、投稿記事をジャンル別に分けて表示する機能やRSS配信機能、ブックマーク登録機能などを追加した。 それ以前は月間3000万程度だった大手小町全体のPVはリニューアル後に急増。 5月には1億を超えた。 1億PV突破を記念して8月には、記事投稿や閲覧ができるデスクトップツールとブログパーツを。 サムライワークスと共同で制作したもので、発言小町の人気トピックの閲覧や記事投稿、検索などができるほか、YOLの記事見出しも配信。 発言小町ユーザーをYOLに誘導する狙いもある。 9月には投稿の一部をまとめた書籍も発刊する。 PVが1億の大台に乗ったことで社内外への認知度も急速にアップしたという。 2月ごろから広告展開も開始。 スポンサーの商品に関連する投稿を募集し、マーケティング資料にしてもらう。 これまでにニッカウヰスキーの企画で「」と質問したり、読売ホームガイドが「」と聞いたりしている。 「掲示板サイトには広告が入りにくいという先入観があったが、打破していきたい」と同社メディア戦略局編集部の神崎公一さんは言う。 「こんなお化けサイトになるとは思ってもみなかったが、ユーザーさんの投稿のおかげで今や、看板サイトになっている。 この先はユーザーさんがどうされるかをお決めになればいいと思う。 いろんな方が、いろんな話題で話し合い、楽しく井戸端会議していただければ」(川内さん).

次の

私の体形批判を繰り返す彼。褒めてほしくて努力しているのに…!

大手 小町 発言 小町

「腹立たしいです! 」とひたすら怒りをためるトピ主さん、「ママ友の旦那よく言った」と溜飲をさげるトピ主さんなどなど……。 大人気「発言小町」の中から人気のトピを厳選しました。 【目次】 はじめに TOPIC1 ママ友に幼稚園の送迎をやらせたい もっと一言 TOIC2 助けて! ママ友地獄…。 もっと一言 4コマ漫画 TOPIC3 大人げない! ママ友対応! わかっちゃいるけど、やめられない! 4コマ漫画 TOPIC4 愚痴 ポツンママさんからのクレーム TOPIC5 腹立たしいです! もっと一言 4コマ漫画 TOPIC6 駄 ママ友の旦那よく言った。 もっと一言 4コマ漫画 【発言小町とは】 「発言小町」は、読売新聞社が運営する女性向け掲示板です。 月間アクセス数が1憶を超え、熱烈に支持されています。 1日の投稿数は約2000件。 恋愛、子育て、家族の悩みなどを匿名で相談できます。 クスリと笑える話や泣ける話の投稿も大人気。 女性のホンネが分かるネット版「井戸端会議」の場です。 誹謗中傷や読者を傷つけるような投稿は掲載を拒否したり、編集してから掲載するなど、すべての投稿が編集部でチェックされている安心感も大きな特徴です。

次の