藤原 書記。 藤原書記スレ

【かぐや様は告らせたい】藤原千花(藤原書記)がかわいい!面白いシーンや悪口・あだ名・蔑称まとめ!恋愛や好きな人は?白銀との特訓がママすぎる……!(ネタバレ注意)

藤原 書記

今日の始まりはこのシーンから 第22話「藤原千花は食べられたい」より フランス校との交流会の備品片付けの最中にこんなものを発見。 「少女漫画」 藤原書記は父親がこういう部類のものを禁止しているので興味津々。 禁止してたってどこかしらで破れちゃうもんよね。 そして2人で読んでみることに ヨミヨミ、わー、ドタバタ・・・ 結果、 第22話「藤原千花は食べられたい」より ベタだなー(笑) 藤原書記、興奮っ!! そう、2人が読んだ少女漫画はほんのちょっと過激な感じのやつ。 けど十分みたい。 ある漫画のセリフ受けてかぐやと藤原で意見が割れる 第22話「藤原千花は食べられたい」より 藤原書記そっち系かー ドMよりのMじゃね??(笑) かぐやは全く藤原の気持ちが理解できず。 一方かぐやのいいと思ったシーンを藤原に進めると 第22話「藤原千花は食べられたい」より このバカにした態度(笑) かぐやにこんな態度とれるの藤原書記か早坂だけだな。 そんなこんなで図書室へ行くとイヤホンをして音楽を聴いている白銀の姿が。 何を聴いているのか尋ねると 第22話「藤原千花は食べられたい」より んんんっ!? さっきかぐや様がいいって言ってたシチュじゃん!! そこからかぐや様の脳内で妄想がエスカレート・・・・ってお話。 「松」ね(笑) 所有されたい願望カミングアウトに続き、それがどの程度のものなのかを伝えようとするシーン。 第22話「藤原千花は食べられたい」より このいつもはザ・天真爛漫な藤原が照れながらのカミングアウト。 かわえー 多分「松」の中でもだいぶ上の方の「松」だと思う(笑) かぐや様の脳内暴走 第22話「藤原千花は食べられたい」より (笑) 第22話「藤原千花は食べられたい」より もう色々と気になるワードを散りばめられてるし、うまい具合に色々と解釈できちゃうセリフの感じ上手いなー 第22話「藤原千花は食べられたい」より 重症・・・ 氷のかぐや姫キャラどこいった(笑) けど藤原も気持ちもちょっと理解。 第22話「藤原千花は食べられたい」より 要するに好きな人からされたらなんでもよく感じるってことさ(笑) 「くぅ・・・」 にかぐや様の強引さが良いと思っちゃった自分とそれを認めたくない自分の葛藤が凝縮してる感じがして好き。 そんなこんなでまあ結局、かぐや様のいう「粘膜接触」をするのですけど(笑) まあ最後は白銀らしい感じで幕引き。 肝心なとこを抑えられない会長なのでした。 今日はこんなとこで。

次の

藤原書記のかわいい画像を第1話からまとめてみました!

藤原 書記

「」10話における数のグラフ。 1位:あまりにひどいソーラン節を披露する白銀 (画像はより) (画像はより) もっとも盛り上がったのは、白銀がを練習する (:34ごろ)。 でを踊ることになった白銀。 そこで、白銀のへたなを見越していた藤原は、あらかじめ彼に稽古をつけることに。 白銀のがどれくらいのものか確認した藤原は、あまりのへたっぷりに「太鼓の音に合わせてもがき苦しむ人です!」と憤るのだった。 狂気的な表情で踊る白銀に 「目w」「」といったが寄せられていた。 2位:ソーラン節を教わる相手を変えた白銀に怒る藤原 (画像はより) (画像はより) 2番目に盛り上がったのは、白銀がを教わる相手を変えたことに藤原が腹を立てる (:01ごろ)。 練習しても、あまりにもへたなを踊り続ける白銀。 すると、藤原は上達が見えない白銀にうんざりして、練習を放棄してしまう。 そこへ、代わりにがやってきて白銀にを教えるようになる。 教わる相手を鞍替えした白銀に、藤原が腹を据えかねて練習に辛辣な口出しをするのだった。 怒った藤原がわざとらしい笑みとともにを画面に出すと 「」が多数書き込まれていた。 3位:上達しない白銀のソーラン節に藤原が激怒 (画像はより) (画像はより) 3番目に盛り上がったのは、上達しない白銀の練習を藤原が投げ出す。 (:21ごろ)。 一向に上達が見えない白銀にを指導する藤原。 そんななかで、藤原の助言に対して、白銀が「そこそこ形になってれば……」と答えてしまう。 そこそこにすら到達していない白銀の発言に、藤原は激高してを教えるのを投げ出してしまうのだった。 白銀の発言に 「そこそこ?」とからも、大量に突っ込みが飛んでいた。

次の

凍てついた表情を見せる藤原書記が怖すぎ! 『かぐや様は告らせたい』第10話コメント盛り上がったシーンTOP3

藤原 書記

藤原書記と音楽 昔はピアノで金賞を取っていた 藤原書記は小学4年生の時にピアノのコンクールで金賞を取った経験があります。 本人も音楽が得意だという自覚があり、ピアノを辞めた今でも校歌の指揮者役をやっていますね。 また、超絶音楽ができない御幸に合唱指導をしてちゃんと歌えるようにしていました。 藤原書記の指導能力は相当高いと思います。 ピアノをやめて何かを始めたという描写はない 音楽を止めた後に他の夢を追いかけるって感じはありませんね。 生徒会にいる時も遊んでばっかりに特に仕事をしている様子はなく みゆきに鬼時間に燃えてるわけではありません だからといって 普段の描写を見ていると、ピアノの才能がなくて挫折したってことはなさそうです。 藤原書記は音楽が得意• 時間は有り余っている• ピアノをやめて何かを始めたわけではない• 音楽は今でも好き 原因は〇〇〇〇にあるという仮説 ということを考えると、藤原書記がピアノのやめた原因は彼女自身にあるとは考えられません。 〇〇〇〇の為なら死ぬ覚悟がある? コミック8巻収録の第77話「藤原千花は聞き出したい」によると、藤原書記はかぐや様と自分が死にそうになった時、 かぐや様が助かるんだったら自分は死ぬくらいにかぐや様が好きだと言ってました。 半分冗談だと思いますが かぐや様の幸せのためだったら自分が何でもするみたいな覚悟はあると思いますね。 考察の結果 藤原書記がピアノを辞めた原因は 何事にも冷めていたかぐや様のことを心配していたからだと考察しました。 かぐや様は人と距離をおいてしまうような性格です 御幸と出会ってからだいぶましになったものの、まだ本当に気が許せる友達はごく少数に限られてるんじゃないかなって思います。 藤原書記は普段からかぐや様のことをとても大切に思っている感じが伝わってきますね。 かぐや様は良い友達を持ったと思います。 かぐや様大切な親友の首絞めてるんですが…どういうこと!?.

次の