南 阿蘇 ハーブ ティー。 南阿蘇オーガニック オンラインストア / ハーブティー

南阿蘇オーガニック オンラインストア / ハーブティー

南 阿蘇 ハーブ ティー

そのラインナップは、ステビア、ペパーミント、カモミール、レモンバーム、エキナセア。 9月がレモングラスの収穫真っ只中というその香りは、爽やかの一言ではおさまりません。 お日様のように爽快で力強く。 阿蘇の厳しい冬を乗り越えて、夏をたっぷり吸収して迎えた初摘みだからこそのエネルギーがあふれれいます。 オレンジ香るローズとカモミールのふんわりとした爽やかな香り。 阿蘇の空と揺れるカモミールのパッケージと同じく風の中にいるような心地がしてきます。 オープン限定セットは、6000円相当の人気ハーブティーの入ったもの(3240円・税込)。 目的別ハーブティーというのは、ビューティー、リフレッシュ、スッキリ、のんびりなど12種類の気分。 パッケージのイラストは阿蘇の自然を描いたもので、見ているだけでハッピー気分。 ほんのり甘いハーブティーですが、お砂糖ではなくハーブからの甘みとのこと。 ホット・アイスもしっかり抽出。 夜お水に浸して、幸せな朝を迎えましょう。 南阿蘇の、熊本の、九州のひかり ハーブティーのほか、2017年国際マーマレードアワードで銀賞受賞の輝く実績ある熊本のベーカリーショップ「Boulangerie Nuitetjour(ブーランジェリー ニュイテジュール」のこだわり素材のジャム3種類も。 「苺とキルシュのジャム・ブルーベリーのジャム・生姜とスパイスのジャム(各864円・税込)」は、熊本県産国産にこだわり、添加物・着色料・保存料はなく、てんさい糖・はちみつで甘みをプラス。 壁には長崎県の伝統・波佐見焼のティーポットも並べられ、手にしっくりくる、なめらかなフォルムと艶やかな色合いに冬が待ち遠しくなってきます。 そして、もうひとつ嬉しい発見です。 9月14日、熊本市に誕生した新施設「SAKURAMACHI kumamoto」にも店舗をオープンしています。 熊本・東京と連続の新店舗。 2016年の熊本地震からの復活を実感し、喜びと未来の輝きを感じます。 忙しいとき、落ち込んだとき、いろんなときに。 南阿蘇の雄大な自然の恵みに包まれてリラックスしてみてはいかがでしょう。

次の

南阿蘇ティーハウス

南 阿蘇 ハーブ ティー

その育て方は栽培、と言うよりもむしろ「野生」と表現したほうが近いかもしれません。 広大な阿蘇カルデラを形成する阿蘇外輪山の山の斜面を切り拓いて作られたハーブ畑には、何種類ものハーブが栽培されており、遠目にはどこからが山でどこからが畑かが区別がつかないほど、自然と一体となっております。 ハーブはその味や精神のリラックス効果の他に、ハーブの高い薬効による「健康維持」を目的に飲むものです。 ですので、栽培にあたっては農薬や化学肥料を一切使用せず、体はもちろん、この阿蘇の自然に負担をあたえないハーブ作りを行なっております。 その他の原料も、例えば同じ熊本県の合志産のレモングラスや宮崎県産のアヤムラサキ、いちご、どくだみなど、全て九州で栽培されております。 Blueberry Teaブルーベリーティー• ジュースやワインなどの飲料から、ジャム、はたまたサプリメントにいたるまで、健康に良い食べ物として世界中で愛されている「ブルーベリー」。 その優れた健康効果はハーブティーとしてお飲みいただくことでも実感することができます。 ブルーベリーの色素にはポリフェノールの一種である「アントシアニン」という物質が含まれております。 このアントシアニンには強い抗酸化作用があり、体内で発生した活性酸素を抑制する働きがあると言われております。 また、眼精疲労や目の充血などに効果を発揮します。 Strawberry Teaストロベリーティー• いちご、それは世界中に最も愛されている果物かもしれません。 そのまま食べてもとても美味しく、ジャムやジュースなどをはじめ、さまざまな食品に取り入れられりしながら多くの人を楽しませております。 5粒も食べるだけで一日分の必要量を摂取できるほど「ビタミンC」を豊富に含んでおり、美容や健康によい食べ物であるのはよく知られておりますが、いちごの栄養成分はそれだけではありません。 強力な抗酸化作用をもち、老化防止などに効果が期待される「アントシアニン」を豊富に含んでいるのです。 ふわりと香る優しい匂いも、この「ストロベリーティー」の大きな特徴です。 期待される効能 老風邪予防、美肌効果、貧血予防、高血圧予防、動脈硬化予防 有効成分 アントシアニン、ビタミンC、葉酸、食物繊維 原料 いちご ペパーミント レモングラス 甘味料 ステビア 内容量 3. Orange Teaオレンジティー• オレンジの果皮を乾燥させたものを「オレンジピール」と言い、そのオレンジピールを使うことで、とても素敵なハーブティーが楽しめます。 柑橘系特有のフレッシュな香りは沈んだ気分を明るくさせたり、または神経の昂ぶりを抑えて心身を落ち着かせる鎮静作用があります。 また、腸の働きを整えることから、便秘や下痢に有効とされております。 風味が非常に豊かなことから、ブレンドティーによく使用されるオレンジピール。 緑薫製薬ではドクダミとペパーミントとブレンドし、ドクダミの匂いを緩和しながらオレンジのフレッシュな香りとペパーミントの清涼感を引き立たせ、香りがよく、より飲みやすいブレンドティーに仕上げております。 オレンジについて 期待される効能 鎮静作用、利尿作用、消化促進作用、不眠症の改善 有効成分 フラボノイド、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC 原料 柑橘類 ドクダミ ペパーミント 内容量 3g• Mint Teaミントティー• スッキリとした爽快な味と香りが特徴のミントは、眠気を覚まし、脳の働きを活性化させると同時に、気分を落ち着かせ筋肉を和らげるというリフレッシュとリラックス効果を同時に併せ持つハーブです。 朝の目覚めの一杯や仕事や勉強前の一杯として飲むと効果的です。 また、その清涼感だけでなく、消化の促進を助けたり胃痛を和らげたりという効能もありますので、食事前後に飲むのもよいとされております。 冷やしてアイスティーとして飲むと、よりミントの香りが引き立ちます。 期待される効能 消化促進、抗炎症作用、強壮作用、鎮静効果 有効成分 メントール、フラボノイド、タンニン、ミントポリフェノール 原料 ペパーミント 緑茶 内容量 3g• Yomogi Teaよもぎティー• 独特の香りがあり、おひたしや餅、天ぷらなど、日本で愛されてきたよもぎ。 その葉には止血作用があり、切り傷などに有効だったり、葉を乾燥させてお灸に使う艾を作ったりと、食用以外にも活躍しております。 そんなよもぎを煎じて飲むことで、健胃、腹痛、下痢、貧血、冷え性など、実に多くの効果が期待され、多岐に渡るその様々な効能は漢方の世界において、病を艾 止 めるという意味から「艾葉 がいよう 」と呼ばれているほどです。 カフェインレスですので、妊婦の方やお子さまにも安心してお飲みいただけます。 期待される効能 抗菌作用、消炎効果、肌荒れ改善、利胆作用 有効成分 タンニン、フラボノイド、スコバロン 原料 ヒノヒカリ玄米 よもぎ 内容量 3g• Chamomile Teaカモミールティー• アミノ酸や多糖類、フラボノイド、タンニンなど、多くのファイトケミカル 植物中に存在する天然の化学物質 が含まれているカモミール。 ハーブティーやアロマに使用することで神経を鎮めリラックス効果を与えてくれます。 バスタイム前に飲むことで疲れの回復を助けてくれることでしょう。 カモミールは古くから不眠症の改善に使用されてきた歴史があり、現在でも睡眠を助けるサプリメントにはカモミールが配合されております。 就寝前に飲むと、筋肉を弛緩し、リラックスして就寝することが期待できます。 また、カモミールには体を温める作用があると言われ、ヨーロッパでは風邪の予防や回復のために愛飲されてきた歴史があります。 どこかリンゴのような香りのするクセのない味ですので、お子さまにもどうぞ。 期待される効能 健胃作用、鎮静作用、消化促進作用、風邪・便秘改善 有効成分 アミノ酸、多糖類、フラボノイド、タンニン 原料 カモミール 生姜 紅茶 甘味料 ステビア 内容量 2. Lemongrass Teaレモングラスティー• レモングラスは、その名の通りレモンに似た清涼感溢れる風味が特徴のハーブです。 レモングラスはタイ料理やインド料理に欠かすことの出来ない香味料である一方、食欲増進、疲労回復、消化促進などの期待される効能があると言われ、また、リンパの流れをよくし、セルライトを除去して肌にハリを与え、皮脂のバランスを整える効果があるとされています。 ハーブティー以外にも、その香りの豊かさと筋肉痛やうつを和らげる効果からアロマテラピーにも利用され、爽やかな香りで気分をリフレッシュさせたり、優れた殺菌作用によりニキビや水虫のケアに使用したりと、その用途は実に様々です。 緑薫製薬のレモングラスティーは、緑茶とブレンドしており、口当たりが良く飲みやすいハーブティーとなっております。 期待される効能 食欲増進作用、疲労回復作用、消化促進作用、健胃作用 有効成分 シトラール、シトロネラール、ゲラニオール、リナロール 原料 レモングラス 緑茶 内容量 3g• Ginger Teaしょうがティー• 料理に欠かすことのできない食材の一つであるジンジャー しょうが。 料理だけでなく、風邪の引き始めや下痢、胃痛などに用いられ、古来より「万病の薬」と呼ばれるほど病気の治療や免疫力の回復に役だってきたことは広く知られるところです。 ジンジャーの辛味成分である「ジンゲロール」には免疫力の強化、抗酸化作用、整腸作用、冷え性の改善などに効果があるとされ、さらにこのジンゲロールを加熱することで発生するショウガオールとジンゲロンという成分には、殺菌作用、血行の促進、代謝促進、発汗作用があるとされています。 緑薫製薬のジンジャーティーは紅茶がベースとなっているために非常に飲みやすく、かつ、しっかりとしょうがの効果を感じることができ、体の内部より体を温めてくれます。 風邪や消化不良などの際にお飲みになる場合は、ジンジャーティーにスプーン一杯の蜂蜜を入れて飲むと、より症状の回復を助けてくれます。 期待される効能 血行の刺激、発汗作用、消化促進作用、冷え性の改善 有効成分 アミノ酸、ビタミン、ジンゲロール 原料 紅茶 生姜 内容量 3g• AncientRice Tea古代米茶• みなさんが日頃食べている「コシヒカリ」「あきたこまち」といった品種改良された現代のお米と違い、古代の稲の特製を色濃く残している品種。 それが「古代米」です。 古代米は収穫量が少なく、かつ栽培しにくいという面がある一方、その色とりどりの外皮には豊富な栄養分が含まれております。 黒米には抗酸化ポリフェノールの一種であり、ブルーベリーなどに多い物質である「アントシアニン」が含まれております。 赤米にはお茶やワインに含まれている健康成分である「タンニン」が、緑米には毒出し効果として名高い「クロロフィル」がそれぞれ含まれており、一般的にはこれらの古代米をご飯に混ぜて炊く「雑穀米」として近年人気を博しています。 緑薫製薬ではこれらの古代米をより手軽に摂取してほしいとの思いから、お茶として飲用するスタイルを提唱いたします。 農薬・化学肥料を一切使用せず、阿蘇の大自然と湧水によって育まれた三種の色とりどりの古代米をどうぞご堪能くださいませ。 期待される効能 眼精疲労、抗酸化作用、解毒作用、消臭作用 有効成分 アントシアニン、タンニン、クロロフィル 原料 玄米 紅茶 内容量 3g• AncientRicePurple Tea古代米むらさき茶• 古代の稲の特製を色濃く残す三種の古代米をブレンドした「古代米茶」。 その古代米茶にアヤムラサキ 紫芋 をブレンドしたのが、この「古代米むらさき茶」です。 アヤムラサキの紫の色素には、黒米と同じ「アントシアニン」が豊富に含まれており、古代米茶よりもよりアンチエイジングを始めとする抗酸化作用が期待できます。 古来より受け継がれてきた古代米の玄米が醸し出す芳ばしい風味を、アヤムラサキとともにお召しあがりください。 期待される効能 眼精疲労、抗酸化作用、解毒作用、消臭作用 有効成分 アントシアニン、タンニン、クロロフィル 原料 玄米 アヤムラサキ 甘味料 ステビア 内容量 3g ハーブティーについて ご注意点 ・ハーブは体調や服用している薬によっては禁忌作用 好ましくない作用 を起こす場合がございます。 ・禁忌作用のため妊娠中の方はレモングラスティーの使用は控えてください。 ・病気療養中や薬を定期的に飲んでいる場合は医師に相談の上ご購入ください。 ・効能・効果については個人差がございます 販売元 緑薫株式会社 製造元 美緑こふれ株式会社•

次の

関東初登場!雄大な阿蘇の恵みのハーブティー「南阿蘇TEA HOUSE」を実食ルポ【COREDO室町テラス】

南 阿蘇 ハーブ ティー

リラックス• お肌ぷるぷる&美肌• 疲れ解消・パワーUP• ぐっすり• すっきりBODY• スーッと胃腸• 喉・鼻・目• 体ぽかぽか• やはり美容が一番気になりますから 【美ライン】 一番最初に試飲させてもらったのがこちらの美ラインです。 ルイボスベースのブレンドでアップルティーのような飲みやすさで大人気のハーブティーというだけあって酸味もないためお茶のように飲みやすいハーブティーでした。 【レディースリズム】 店頭で試飲はしなかったけれど、ローズヒップが好きな私が一番惹かれたハーブティーです。 オレンジやローズの入った甘酸っぱくレモンティーのような飲みやすいハーブティーというだけあって、女性が欲しいものが凝縮されている感がなんとも贅沢でいいですよね。 このブレンドハーブの中で一番存在感を放っているのがハイビスカスなのですが、 ハイビスカスは、梅干しと同じでクエン酸が豊富なため疲れにもよく効くし目にもいいんですって。 ブレンドハーブティーは毎回味が変わるのが面白い 自宅に帰りまして早速ハーブティーを入れてみました。 そしたらお店で試飲した味と違うんですよ! 試飲した時には感じられた甘みが感じられなかったんですね。 何でかなーと思って店員さんに聞いてみたら原因が分かりました。 甘みを出してくれる粉砕されたハーブ ステビア が袋の下に溜まりやすいために、甘みのハーブをスプーンで救えていないことが原因でした。 甘味が強い方がいいときは、スプーンでハーブを袋の底から思いっきりすくったり、逆に甘味がなくていいときは上の方からハーブをすくってみたり毎回微妙に味を変化させることができるんですね。 これぞ、ブレンドされたハーブティーならではの楽しみ方だと思うと面白いです。 「南阿蘇ティーハウス」と言えば「26tea」 「南阿蘇ティーハウス」でリピート率No1の商品が「26tea」なんだそうですが、もちろん私も飲んでいます。 栄養成分は下記の通りで、私が大好きなローズヒップはもちろん、びわの葉やアロエまで26種類の野菜、果物、果実が入っているんですよ。 今大注目を集めている「クコの実」も入っていますから、このお茶を知ってしまったら普通の麦茶じゃ物足りなくなってしまいました。 お値段も380gで1,080円 税込 とお財布に優しいですし、大さじ1杯で1リットルのお茶が作れますから経済的です。 私は1. 5リットルのお湯に大さじ2杯を入れて作っています 家庭で飲む常備茶を、お徳用麦茶から「26tea」に変えたことで、糖尿病予備軍の旦那や少食な子供たち、そして何と言っても老化現象が始まった私自身を含む家族全員の「健康のためになっている」という安心感を得ることができました。 「南阿蘇ティーハウス」では、積極的に試飲させていただけますから、自分好みのハーブティーを見つけやすいです。 自分が期待するハーブティーの効果や味の好みを店員さんに伝えて一緒に選んでもらうのも楽しいですよね。 ちなみに今は、9月限定商品である「旬のおやさいハーブティー」を飲みながらこのブログを書いています。 そして自分を好きになりたい。 「なりたい自分になる!」この言葉を胸に一念発起し猛勉強の末、2018年4月からの心理系大学院進学が決まりました。 とにかく不器用な私ですが、毎日を全力で生きております。 そんな私ですが、自分が興味を持って調べたことをブログにまとめていたら月間50万PVを超えました。 が、2017年12月現在、急下降中。。 私のブログに正解はないですが参考にしていただけましたら幸いです。

次の