おくり びと チェロ。 おくりびと : 作品情報

おくりびと AIの音楽

おくり びと チェロ

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• おくりびとは何かが理解できたと思います。 では、おくりびとの 仕事内容の詳細についてみていきたいと思います。 衣服は全ての方が同じではありません。 宗旨・宗派に合わせた衣服でなければいけません。 ご遺体が硬直し、重さもあるため、身支度は簡単ではありません。 ご遺体には装束を着せ、 旅立ち用の身なりにします。 装束の他に、上帯(うわおび)や、手甲(てっこう)、脚絆(きゃはん)、足袋(たび)、六文銭(ろくもんせん)を入れた頭陀袋(ずだぶくろ)を身につけさせます。 このときも、ご遺族に手伝ってもらいます。 旅が出来るように、杖や網傘、草鞋も一緒に棺に納めます。 あれもこれも納めたいという気持ちで、故人が愛用していた品など、ご遺族が様々なものを準備されることが多くあります。 ですが、 燃えるのに時間がかかってしまうものや、 ご遺体を痛めてしまうものもあるため、副葬品については確認が必要となります。 以上が、納棺士の行う一連の納棺の流れです。 おくりびとはエンバーミングをするの? ご遺体の保全をするエンバーミングも納棺師が行うと思われがちです。 しかし、このエンバーミングは特殊な薬剤や器具を用いて専用施設で施行することが規定されているため、納棺師ではなく専門の資格を有した エンバーマーによって行われます。 そもそも、エンバーミングとは、ご遺体の血液を特殊な薬剤(防腐効果のあるもの)と入れ替えることによって、感染症の対策を含め、ご遺体の保全を図る処置のことを指します。 腐敗を遅らせる方法としてはドライアイスが有名ですが、 エンバーミングはより長期的にご遺体を保全できる処置となっています。 そのため、海外へご遺体を搬送するときや、海外から遺体が搬送されるときには、エンバーミングが行われます。 エンバーマーや納棺師のような葬儀関係の仕事は多くあります。 興味のある方は「終活ねっと」の以下の記事を参考にしてください。 葬儀社へ就職する• 納棺湯灌専門業者へ就職する 上記の方法で、おくりびと(納棺師)への道は開かれます。 ですが、おくりびと(納棺師)の求人は新卒採用時期に合わせて求人を行っているところが少ない上に、募集時期は不定なことがほとんどです。 そのため、 就職できるほとんどの求人は、中途採用が多いのが現状です。 専門学校 新卒採用での就職を希望する場合には、 専門学校で知識を学んでから就職するという方法があります。 専門学校は入学金や授業料など費用がかかるため、その点は給料が得られる葬儀社へ就職するに比べるとデメリットとなりますが、学校を通して就職を行うと就職率が高くなり、また 専門知識をあらかじめ学べるという点においてはメリットと言えるでしょう。 専門学校の中には葬儀に関連するコースを設置しているものがあります。 もちろん、納棺の業務も学ぶことになります。 また、 おくりびと(納棺師)の養成を専門とする学校もあります。 映画"おくりびと"に技術指導した、現場現役の講師陣が教える専門養成機関「おくりびとアカデミー」は、木村光希氏が代表を務め、2013年に設立された日本初、唯一の「納棺士を育成する」スクールです。 授業内容には、特殊処置・死化粧・葬祭知識・グリーフサポートをはじめ、仏衣・神衣・洋服を1人で着せ替えることが出来る専門技術と知識を身に付けることができます。 葬儀社に入社 葬儀社へ就職することは、おくりびと(納棺師)として働くための近道です。 求人も葬儀社で探すと比較的多く見つけることができます。 特別な入社試験もないので、入社の難易度もそれほど高くありません。 一般常識を身につけている社会人であれば、合格の可能性はあります。 葬儀社に就職した場合は、 おくりびとだけが仕事ではありません。 司会や誘導、受付等の葬儀全般に関わる仕事が中心となるでしょう。 納棺の仕事だけを行うというのは難しいです。 また、納棺の仕事には特殊な仕事に見えますが、 特別な手当はないといいます。 葬儀社へ就職し、おくりびととしての仕事を望んだとしても葬儀全般の業務がほとんどで専門的に働くことは期待は出来ないでしょう。 搬送、ご遺族との打ち合わせ、通夜・葬儀全般を執り行う中、納棺士が葬儀をはじめから最後までプロデュースする「おくりびとのお葬式」という会社もあります。 詳しくは以下のリンクからご覧ください。 おくりびととは故人を棺に納めるために必要な準備を行う仕事をしている方のことをいい、主な仕事内容は、ご遺体の着付け、身支度をし、適切な納棺を行うことである。 エンバーミングは資格を保有したエンバーマーが行うため、おくりびとはエンバーミングを行わない。 おくりびとのお給料は月収20~30万円が相場であるが、役職や会社によって大きく幅がある。 おくりびとになるための主な2つ方法としては、葬儀社に入社するか納棺湯灌専門業者として就職することである。 おくりびとに必要な資格はないが、専門的な知識を必要とされる場合がある。 おくりびとの仕事は、残される家族の気持ちに寄り添って接する必要があり、ただ納棺を行うだけではありません。 映画では、おくりびとの仕事をしている主人公の配偶者が仕事のことを理解できないという場面もあります。 おくりびとの仕事を希望したときには、故人を送り出す仕事であるために「大丈夫なの?」と周囲から心配されることもあるかもしれません。 大変な面ももちろんありますが、とても素敵な仕事です。 興味をお持ちになった方は、まずは映画「おくりびと」を視聴してみましょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。 「終活ねっと」では葬儀にかかる費用についての解説記事も公開しておりますので、もしよろしければ以下のリンクからご覧ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

おくりびと 音楽

おくり びと チェロ

概要 [ ] が、1996年に・著『』を読んで感銘を受け、青木新門宅を自ら訪れ、映画化の許可を得た。 その後、脚本を青木に見せると、舞台・ロケ地がではなく、になっていたことや物語の結末の相違、また本人の宗教観などが反映されていないことなどから当初は映画化を拒否される。 本木はその後、何度も青木宅を訪れた が、映画化は許されなかった。 「やるなら、全く別の作品としてやってほしい」との青木の意向を受け、『おくりびと』というタイトルで、『納棺夫日記』とは全く別の作品として映画化。 映画公開に先立って、でによりされている。 このコミック版では建築物の細部まで多くの描写が映画と共通しているが、主人公の妻の職業などいくつか差異がある。 映画の完成までには本木と、本木の所属事務所元社長のの働きは大きい。 地上波での初放送は で 21. CS放送ではにて不定期で放送されている他、に於いての動画配信も行っている。 あらすじ [ ] プロの奏者としてのに職を得た。 しかし、ある日突然楽団が解散し、夢を諦め、妻のとともに田舎のへ帰ることにする。 就職先を探していた大悟は、新聞で「旅のお手伝い」と書かれた NKエージェントの求人広告を見つける。 てっきりの求人と思い込み「高給保障」や「実労時間僅か」などの条件にも惹かれた大悟は面接へと向かう。 面接した社長は履歴書もろくに見ず「うちでどっぷり働ける?」の質問だけで即「採用」と告げ、まで作らせる。 大悟はその業務内容が実は「旅立ちのお手伝い」であり、具体的には 納棺(= No- Kan)と知って困惑するが、に押し切られる形で就職することになる。 しかし妻には「関係」としか言えず、に就職したものと勘違いされてしまう。 出社早々、納棺の解説の役をさせられ散々な目に遭い、さらに最初の現場では夏、後二週間経過した高齢女性の腐乱屍体の処理を任され、大悟は仕事の厳しさを知る。 それでも少しずつの仕事に充実感を見出し始めていた大悟であったが、噂で彼の仕事を知った幼馴染の銭湯の息子のから「もっとましな仕事に就け」と白い目で見られ、美香にも「そんな汚らわしい仕事は辞めて」と懇願される。 大悟は態度を決めきれず、それに腹を立てた美香は実家に帰ってしまう。 さらに、ある現場で学生をさせようとした列席者が大悟を指差しつつ「この人みたいな仕事して一生償うのか? 」と発言したのを聞いたことを機会に、ついに退職の意を社長に伝えようとするが、社長のこの仕事を始めたきっかけや独特の死生観を聞き、思いとどまる。 場数をこなしそろそろ一人前になった頃、突然美香が大悟の元に戻ってくる。 妊娠を告げられ、再び納棺師を辞めるよう迫られた大悟に仕事の電話が入る。 それは、一人で銭湯を切り盛りしていた山下の母、の納棺の依頼であった。 山下とその妻子、そして自らの妻の前でツヤ子を納棺する大悟。 その細やかで心のこもった仕事ぶりによって、彼は妻の理解も得、山下とも和解した。 そんなある日、大悟の元に亡き母宛てのが届く。 それは大悟が子供の時に家庭を捨て出て行った父、の死を伝えるものであった。 「今さら父親と言われても…」と当初は遺体の引き取りすら拒否しようとする大悟に、自らもに息子を残して男に走った過去があることを告白したは「最後の姿を見てあげて」と説得する。 美香の勧めもあり、社長に車を借りて遺体の安置場所に向かった大悟は、30年ぶりに対面した父親の納棺を自ら手掛ける。 登場人物 [ ] この節のが望まれています。 小林 大悟:(幼少時:内田琳) 元チェロ奏者。 東京の管弦楽団で働いていたが、興行不振などが重なり所属楽団が解散してしまい、それに伴って山形への帰省を決意。 求職中、偶然見つけた求人広告をきっかけに納棺師として働くことになる。 はじめは納棺師という仕事に戸惑いを感じていたが、次第に誇りを持って仕事をするようになる。 6歳のころに父親と絶縁、母は海外の演奏旅行中に死亡している。 小林 美香: 大悟の妻。。 大悟のことを「だいちゃん」と呼ぶ。 大悟が再就職先として納棺師を選択したことに最初は嫌悪感を示していたが、ツヤ子が亡くなった際の納棺作業を見て、納棺師としての大悟を受け入れる。 山下 ツヤ子: 山下の母親。 亡き夫が遺した「鶴の湯」を一人で切り盛りする。 息子とは、常々銭湯をマンションに建て替える計画について揉めていた。 その際ツヤ子は「ここを潰す気は一切ない」と言い切っている。 しかし仕事中に倒れ急逝、その後大悟の手により納棺される。 佐々木 生栄: NKエージェント社長。 妻()とは9年前に死別している。 直感で動くことが多い。 上村 百合子: NKエージェント事務員。 出身のに一人息子を残し酒田に住んでいる。 お世話になっていた飲み屋の主人がで亡くなった際に佐々木と出会い、「自分が死んだら、この人に納棺してもらいたい」という思いからNKエージェントへの入社を決意した。 平田 正吉: 「鶴の湯」の50年にわたる常連客。 その仕事は火葬場の職員。 その長年の経験から、「死は門である」という信念を持つ。 ツヤ子の火葬も担当する。 山下: 大悟の同級生。 役所勤めで、ツヤ子の経営する銭湯をマンションに建て替える計画を勧めていた。 その件ではツヤ子と度々揉めていた。 山下 理恵: 山下の妻。 山下 詩織: 山下の娘 小林 淑希: 大悟の実父。 大悟が幼い頃に離婚し家を出たまま行方がわからなくなっていた。 大悟はウェイトレスとの駆け落ちと勘違いしていたが、実際はずっと独り身だった。 家を出たあとはとある漁港に身を寄せ、空き家で生活しながら港の仕事を手伝っていた。 なお、峰岸はこの映画の上映期間中に亡くなっている。 ツヤ子の孫娘: 富樫 直美: 佐々木に納棺された女性。 富樫: 直美の夫。 大悟らの到着が予定より5分遅いことに文句を言うものの、納棺後、妻について「あいつ、今までで一番綺麗でした」と感謝を述べる。 山田は滝田監督の高校の同級生であり、監督自ら出演を依頼している。 曽根崎: 大悟が所属していたのオーナー。 大悟が所属していたオーケストラの: 小林 和子: 大悟の母(回想のみ) 留男: 大悟が納棺した。 留男の母: 留男の父: 撮影現場 [ ] 美香が帰郷する場面の撮影が行われた(山形県) 概要の項の通り原案となったの舞台はであるが、本作のロケーション場所には [ ]などの施設が整っていることからが選ばれている。 舞台設定はであるが、撮影箇所は山形県内各所に点在しており、代表的なものを記す。 NKエージェント事務所・外観 旧割烹小幡。 山形県日吉町2丁目。 2009年4月20日より内部が一般にも公開されている。 鶴乃湯の奥座敷も小幡の1階座敷で撮影している。 管弦楽演奏会場。 山形県酒田市本町2丁目。 「納棺の手引き」撮影場所。 山形県酒田市日吉町1丁目。 2002年に閉鎖されただったが、この撮影が行われたことによって再び脚光を浴び、2009年6月12日より営業を再開。 現在は映画上映のみならず様々な催しを行っている。 山形県本町2丁目。 2009年9月1日に廃業し、2010年4月よりのオープンセットに移築されている。 スナック和・外観 山形県栄町1丁目。 現在は「」として公開されている。 美香が故郷に帰るシーンが撮影された。 火葬場(酒田市斎場) 受賞の設計によるものである。 他方、原作の舞台でありながらも映画版のロケ地とならなかった富山県では、本作の日本アカデミー賞とアカデミー賞の受賞後、の委員会で議員が映画ロケ誘致についての消極的な姿勢を問い質し、県の担当課長が後悔の答弁を述べる一幕があった。 大悟のマンション 川崎市にある古民家を改装したハウススタジオ。 本編中では暴走族の娘が事故で無くなった場面も同じ場所 別の母屋 で撮影している。 蛸が投げられる海 お台場海浜公園。 浮いている蛸は造形物。 セット撮影(にっかつ撮影所のNo. 7ステージ NKエージェント1階事務所 佐々木社長の部屋 階段は割烹小幡で撮影している スナック和1階店舗及び2階座敷 車の中 スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:• 音楽:• 撮影:• 照明:高屋斎• 録音:• 美術:小川富美夫• 装飾:小池直実• 編集:• 助監督:長濱英高• 音響効果:• 選曲:• 衣装監修:北村勝彦• ビューティー・ディレクター:• 特殊メイク・造形:、神田文裕、村上拓也• 納棺指導:木村眞二• チェロ指導・劇中チェロ演奏:• イメージソング:「」()• 特別協力:納棺協会 札幌納棺協会 、、全日本冠婚葬祭互助協会• 製作者:• エグゼクティブプロデューサー:• プロデュース:中沢敏明、渡井敏久• 企画協力:• 製作プロダクション:セディックインターナショナル• 製作:おくりびと(、セディックインターナショナル、、、、、、、、) 注目された演出 [ ]• 納棺DVDに出演するときの大悟の格好 - この場面では紙に白塗りという格好で登場。 撮影中にで顔を傷つけられるという設定。 咀嚼音 - 社長の佐々木がふぐの白子をチュウチュウと吸うように食べるシーンや、硬い干し柿をクチャクチャと噛むシーン、フライドチキンをしゃぶりつくように食べるシーンなど、決して上品ではない食事シーンがいくつかある。 美香の「汚らわしい! 」発言 - この映画では遺体を素手で触るシーンが多く、物語をわかりやすくするためか消毒するシーンも無い。 不衛生という意味で医学的には間違いではないとの指摘もある [ ]が、この場合は納棺に対する偏見から出た発言という設定である。 受賞歴 [ ] 日本国内 [ ]• 作品賞・監督賞・脚本賞・主演男優賞・助演男優賞・助演女優賞・撮影賞・照明賞・録音賞・編集賞• 第51回 主演男優賞• 第63回 日本映画大賞・録音賞• 第33回 作品賞• 第21回 監督賞・作品賞• 第30回 作品賞・監督賞・助演女優賞・ベスト10第1位• 第82回ベスト・テン 日本映画ベストワン・主演男優賞・日本映画脚本賞・日本映画監督賞• 第18回 主演男優賞・助演男優賞• 2008予告篇ZEN映画祭 グランプリ• 「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」第3位• SARVH賞2008・年間最優秀プロデューサー賞 日本国外 [ ]• 第32回 グランプリ• 第17回金鶏百花映画祭 国際映画部門 作品賞・監督賞・主演男優賞• 第28回ルイ・ヴィトン・ハワイ国際映画祭 観客賞• 第20回パームスプリングス国際映画祭 観客賞• 第3回 主演男優賞• 第29回 最佳亞洲電影 舞台化 [ ] 他で舞台化作品が2010年5月29日より上演された。 映画から7年後の大悟達を描く。 配役(舞台) [ ]• 小林 大悟:• 小林 美香:• 見城 恵子:• 佐々木 生栄: スタッフ(舞台) [ ]• 演出:• 音楽: 公演日程 [ ] 公演 公演日 劇場 東京公演 2010年5月29日 - 6月6日 大阪公演 2010年6月9日 - 6月13日 名古屋公演 2010年6月16日 - 6月24日 その他 [ ]• 本作では、一連の死後の処置()を納棺師が行っているが、現在では、全体の8割が病院死であり、実際には、が病院で行うことが多い。 脚注 [ ] []• また、ソ連映画ではあるが、1975年に監督の「」が外国語映画賞を受賞している。 隠れた名所「発掘に力」-マイタウン富山 - 2010年04月04日付• 久石譲によるメインテーマにAI自身が歌詞をつけたもの。 [ ] 日本アカデミー賞公式サイト 2009年2月20日付• 2013年1月29日. 2013年1月29日閲覧。 The Academy of Foreign Language Film 2009年. 2009年2月23日閲覧。 [ ]、MSN、産経ニュース、2008年9月2日、2008年9月閲覧。 舞台「おくりびと」公式サイト2010年6月閲覧• 著『死化粧の時』 関連項目 [ ]• - 『納棺夫日記』著者• - 『納棺夫日記』誕生のきっかけを作った詩人 外部リンク [ ]• - ロケ地データベースに収録されている• [ ]• - (英語)• - (英語)• - 「おくりびと」(受賞スピーチ映像)• 『』(名誉賞・)• 『』(名誉賞・)• (・)• 『』(名誉賞・)• (・)• (・)(・)• 『』黒澤明(・)• キヤノン()(・)• (・)• (・)• (・)• (名誉賞・)• 富士写真フイルム(科学技術賞・)• 宮城島卓夫(科学技術賞・1990年)• (・)• (科学技術賞・)• 『』(・)• 宮城島卓夫(2つの科学技術賞を同時受賞・1998年)• 宮城島卓夫(・)• (・)・()(科学技術賞・)• 『』(・)• (・)• 『』(・)• (科学技術賞・)• 『』(・)• 『』(・)• (・・)(科学技術賞・)• 富士フイルム(・・)(科学技術賞・)• (名誉賞・)• (・・・)(科学技術賞・)• (科学技術賞・)• ソニー(・ほか)(2つの科学技術賞を同時受賞・)• (・)•

次の

おくりびと AIの音楽

おくり びと チェロ

概要 [ ] が、1996年に・著『』を読んで感銘を受け、青木新門宅を自ら訪れ、映画化の許可を得た。 その後、脚本を青木に見せると、舞台・ロケ地がではなく、になっていたことや物語の結末の相違、また本人の宗教観などが反映されていないことなどから当初は映画化を拒否される。 本木はその後、何度も青木宅を訪れた が、映画化は許されなかった。 「やるなら、全く別の作品としてやってほしい」との青木の意向を受け、『おくりびと』というタイトルで、『納棺夫日記』とは全く別の作品として映画化。 映画公開に先立って、でによりされている。 このコミック版では建築物の細部まで多くの描写が映画と共通しているが、主人公の妻の職業などいくつか差異がある。 映画の完成までには本木と、本木の所属事務所元社長のの働きは大きい。 地上波での初放送は で 21. CS放送ではにて不定期で放送されている他、に於いての動画配信も行っている。 あらすじ [ ] プロの奏者としてのに職を得た。 しかし、ある日突然楽団が解散し、夢を諦め、妻のとともに田舎のへ帰ることにする。 就職先を探していた大悟は、新聞で「旅のお手伝い」と書かれた NKエージェントの求人広告を見つける。 てっきりの求人と思い込み「高給保障」や「実労時間僅か」などの条件にも惹かれた大悟は面接へと向かう。 面接した社長は履歴書もろくに見ず「うちでどっぷり働ける?」の質問だけで即「採用」と告げ、まで作らせる。 大悟はその業務内容が実は「旅立ちのお手伝い」であり、具体的には 納棺(= No- Kan)と知って困惑するが、に押し切られる形で就職することになる。 しかし妻には「関係」としか言えず、に就職したものと勘違いされてしまう。 出社早々、納棺の解説の役をさせられ散々な目に遭い、さらに最初の現場では夏、後二週間経過した高齢女性の腐乱屍体の処理を任され、大悟は仕事の厳しさを知る。 それでも少しずつの仕事に充実感を見出し始めていた大悟であったが、噂で彼の仕事を知った幼馴染の銭湯の息子のから「もっとましな仕事に就け」と白い目で見られ、美香にも「そんな汚らわしい仕事は辞めて」と懇願される。 大悟は態度を決めきれず、それに腹を立てた美香は実家に帰ってしまう。 さらに、ある現場で学生をさせようとした列席者が大悟を指差しつつ「この人みたいな仕事して一生償うのか? 」と発言したのを聞いたことを機会に、ついに退職の意を社長に伝えようとするが、社長のこの仕事を始めたきっかけや独特の死生観を聞き、思いとどまる。 場数をこなしそろそろ一人前になった頃、突然美香が大悟の元に戻ってくる。 妊娠を告げられ、再び納棺師を辞めるよう迫られた大悟に仕事の電話が入る。 それは、一人で銭湯を切り盛りしていた山下の母、の納棺の依頼であった。 山下とその妻子、そして自らの妻の前でツヤ子を納棺する大悟。 その細やかで心のこもった仕事ぶりによって、彼は妻の理解も得、山下とも和解した。 そんなある日、大悟の元に亡き母宛てのが届く。 それは大悟が子供の時に家庭を捨て出て行った父、の死を伝えるものであった。 「今さら父親と言われても…」と当初は遺体の引き取りすら拒否しようとする大悟に、自らもに息子を残して男に走った過去があることを告白したは「最後の姿を見てあげて」と説得する。 美香の勧めもあり、社長に車を借りて遺体の安置場所に向かった大悟は、30年ぶりに対面した父親の納棺を自ら手掛ける。 登場人物 [ ] この節のが望まれています。 小林 大悟:(幼少時:内田琳) 元チェロ奏者。 東京の管弦楽団で働いていたが、興行不振などが重なり所属楽団が解散してしまい、それに伴って山形への帰省を決意。 求職中、偶然見つけた求人広告をきっかけに納棺師として働くことになる。 はじめは納棺師という仕事に戸惑いを感じていたが、次第に誇りを持って仕事をするようになる。 6歳のころに父親と絶縁、母は海外の演奏旅行中に死亡している。 小林 美香: 大悟の妻。。 大悟のことを「だいちゃん」と呼ぶ。 大悟が再就職先として納棺師を選択したことに最初は嫌悪感を示していたが、ツヤ子が亡くなった際の納棺作業を見て、納棺師としての大悟を受け入れる。 山下 ツヤ子: 山下の母親。 亡き夫が遺した「鶴の湯」を一人で切り盛りする。 息子とは、常々銭湯をマンションに建て替える計画について揉めていた。 その際ツヤ子は「ここを潰す気は一切ない」と言い切っている。 しかし仕事中に倒れ急逝、その後大悟の手により納棺される。 佐々木 生栄: NKエージェント社長。 妻()とは9年前に死別している。 直感で動くことが多い。 上村 百合子: NKエージェント事務員。 出身のに一人息子を残し酒田に住んでいる。 お世話になっていた飲み屋の主人がで亡くなった際に佐々木と出会い、「自分が死んだら、この人に納棺してもらいたい」という思いからNKエージェントへの入社を決意した。 平田 正吉: 「鶴の湯」の50年にわたる常連客。 その仕事は火葬場の職員。 その長年の経験から、「死は門である」という信念を持つ。 ツヤ子の火葬も担当する。 山下: 大悟の同級生。 役所勤めで、ツヤ子の経営する銭湯をマンションに建て替える計画を勧めていた。 その件ではツヤ子と度々揉めていた。 山下 理恵: 山下の妻。 山下 詩織: 山下の娘 小林 淑希: 大悟の実父。 大悟が幼い頃に離婚し家を出たまま行方がわからなくなっていた。 大悟はウェイトレスとの駆け落ちと勘違いしていたが、実際はずっと独り身だった。 家を出たあとはとある漁港に身を寄せ、空き家で生活しながら港の仕事を手伝っていた。 なお、峰岸はこの映画の上映期間中に亡くなっている。 ツヤ子の孫娘: 富樫 直美: 佐々木に納棺された女性。 富樫: 直美の夫。 大悟らの到着が予定より5分遅いことに文句を言うものの、納棺後、妻について「あいつ、今までで一番綺麗でした」と感謝を述べる。 山田は滝田監督の高校の同級生であり、監督自ら出演を依頼している。 曽根崎: 大悟が所属していたのオーナー。 大悟が所属していたオーケストラの: 小林 和子: 大悟の母(回想のみ) 留男: 大悟が納棺した。 留男の母: 留男の父: 撮影現場 [ ] 美香が帰郷する場面の撮影が行われた(山形県) 概要の項の通り原案となったの舞台はであるが、本作のロケーション場所には [ ]などの施設が整っていることからが選ばれている。 舞台設定はであるが、撮影箇所は山形県内各所に点在しており、代表的なものを記す。 NKエージェント事務所・外観 旧割烹小幡。 山形県日吉町2丁目。 2009年4月20日より内部が一般にも公開されている。 鶴乃湯の奥座敷も小幡の1階座敷で撮影している。 管弦楽演奏会場。 山形県酒田市本町2丁目。 「納棺の手引き」撮影場所。 山形県酒田市日吉町1丁目。 2002年に閉鎖されただったが、この撮影が行われたことによって再び脚光を浴び、2009年6月12日より営業を再開。 現在は映画上映のみならず様々な催しを行っている。 山形県本町2丁目。 2009年9月1日に廃業し、2010年4月よりのオープンセットに移築されている。 スナック和・外観 山形県栄町1丁目。 現在は「」として公開されている。 美香が故郷に帰るシーンが撮影された。 火葬場(酒田市斎場) 受賞の設計によるものである。 他方、原作の舞台でありながらも映画版のロケ地とならなかった富山県では、本作の日本アカデミー賞とアカデミー賞の受賞後、の委員会で議員が映画ロケ誘致についての消極的な姿勢を問い質し、県の担当課長が後悔の答弁を述べる一幕があった。 大悟のマンション 川崎市にある古民家を改装したハウススタジオ。 本編中では暴走族の娘が事故で無くなった場面も同じ場所 別の母屋 で撮影している。 蛸が投げられる海 お台場海浜公園。 浮いている蛸は造形物。 セット撮影(にっかつ撮影所のNo. 7ステージ NKエージェント1階事務所 佐々木社長の部屋 階段は割烹小幡で撮影している スナック和1階店舗及び2階座敷 車の中 スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:• 音楽:• 撮影:• 照明:高屋斎• 録音:• 美術:小川富美夫• 装飾:小池直実• 編集:• 助監督:長濱英高• 音響効果:• 選曲:• 衣装監修:北村勝彦• ビューティー・ディレクター:• 特殊メイク・造形:、神田文裕、村上拓也• 納棺指導:木村眞二• チェロ指導・劇中チェロ演奏:• イメージソング:「」()• 特別協力:納棺協会 札幌納棺協会 、、全日本冠婚葬祭互助協会• 製作者:• エグゼクティブプロデューサー:• プロデュース:中沢敏明、渡井敏久• 企画協力:• 製作プロダクション:セディックインターナショナル• 製作:おくりびと(、セディックインターナショナル、、、、、、、、) 注目された演出 [ ]• 納棺DVDに出演するときの大悟の格好 - この場面では紙に白塗りという格好で登場。 撮影中にで顔を傷つけられるという設定。 咀嚼音 - 社長の佐々木がふぐの白子をチュウチュウと吸うように食べるシーンや、硬い干し柿をクチャクチャと噛むシーン、フライドチキンをしゃぶりつくように食べるシーンなど、決して上品ではない食事シーンがいくつかある。 美香の「汚らわしい! 」発言 - この映画では遺体を素手で触るシーンが多く、物語をわかりやすくするためか消毒するシーンも無い。 不衛生という意味で医学的には間違いではないとの指摘もある [ ]が、この場合は納棺に対する偏見から出た発言という設定である。 受賞歴 [ ] 日本国内 [ ]• 作品賞・監督賞・脚本賞・主演男優賞・助演男優賞・助演女優賞・撮影賞・照明賞・録音賞・編集賞• 第51回 主演男優賞• 第63回 日本映画大賞・録音賞• 第33回 作品賞• 第21回 監督賞・作品賞• 第30回 作品賞・監督賞・助演女優賞・ベスト10第1位• 第82回ベスト・テン 日本映画ベストワン・主演男優賞・日本映画脚本賞・日本映画監督賞• 第18回 主演男優賞・助演男優賞• 2008予告篇ZEN映画祭 グランプリ• 「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」第3位• SARVH賞2008・年間最優秀プロデューサー賞 日本国外 [ ]• 第32回 グランプリ• 第17回金鶏百花映画祭 国際映画部門 作品賞・監督賞・主演男優賞• 第28回ルイ・ヴィトン・ハワイ国際映画祭 観客賞• 第20回パームスプリングス国際映画祭 観客賞• 第3回 主演男優賞• 第29回 最佳亞洲電影 舞台化 [ ] 他で舞台化作品が2010年5月29日より上演された。 映画から7年後の大悟達を描く。 配役(舞台) [ ]• 小林 大悟:• 小林 美香:• 見城 恵子:• 佐々木 生栄: スタッフ(舞台) [ ]• 演出:• 音楽: 公演日程 [ ] 公演 公演日 劇場 東京公演 2010年5月29日 - 6月6日 大阪公演 2010年6月9日 - 6月13日 名古屋公演 2010年6月16日 - 6月24日 その他 [ ]• 本作では、一連の死後の処置()を納棺師が行っているが、現在では、全体の8割が病院死であり、実際には、が病院で行うことが多い。 脚注 [ ] []• また、ソ連映画ではあるが、1975年に監督の「」が外国語映画賞を受賞している。 隠れた名所「発掘に力」-マイタウン富山 - 2010年04月04日付• 久石譲によるメインテーマにAI自身が歌詞をつけたもの。 [ ] 日本アカデミー賞公式サイト 2009年2月20日付• 2013年1月29日. 2013年1月29日閲覧。 The Academy of Foreign Language Film 2009年. 2009年2月23日閲覧。 [ ]、MSN、産経ニュース、2008年9月2日、2008年9月閲覧。 舞台「おくりびと」公式サイト2010年6月閲覧• 著『死化粧の時』 関連項目 [ ]• - 『納棺夫日記』著者• - 『納棺夫日記』誕生のきっかけを作った詩人 外部リンク [ ]• - ロケ地データベースに収録されている• [ ]• - (英語)• - (英語)• - 「おくりびと」(受賞スピーチ映像)• 『』(名誉賞・)• 『』(名誉賞・)• (・)• 『』(名誉賞・)• (・)• (・)(・)• 『』黒澤明(・)• キヤノン()(・)• (・)• (・)• (・)• (名誉賞・)• 富士写真フイルム(科学技術賞・)• 宮城島卓夫(科学技術賞・1990年)• (・)• (科学技術賞・)• 『』(・)• 宮城島卓夫(2つの科学技術賞を同時受賞・1998年)• 宮城島卓夫(・)• (・)・()(科学技術賞・)• 『』(・)• (・)• 『』(・)• (科学技術賞・)• 『』(・)• 『』(・)• (・・)(科学技術賞・)• 富士フイルム(・・)(科学技術賞・)• (名誉賞・)• (・・・)(科学技術賞・)• (科学技術賞・)• ソニー(・ほか)(2つの科学技術賞を同時受賞・)• (・)•

次の