抱っこ 紐 外し 事件。 【驚愕】抱っこ紐外しバックル外しが多発?!対策と加害者の心理は?|抱っこ大好き!yucafe(ゆカフェ)note

赤ちゃん抱っこ紐外される事件対策にゴム!方法・効果やネットの反応は?

抱っこ 紐 外し 事件

混雑気味のバスの中で抱っこ紐で赤ちゃんを抱いている母親がいた。 その母親は畳んだベビーカーを持ち、申し訳なさそうな表情で立っていた。 途中乗車してきた年女性がその母親を見て怪訝な顔をし、その後ろに詰めて立った。 バスが終点に着き乗客の降車し始めた時、中年女性が抱っこ紐のバックルを外す。 母親は咄嗟にベビーカーから手を離し、赤子を支えることができた。 ベビーカーは倒れ、男性にぶつかり、 「痛ぇじゃねぇか! 」と怒鳴られていた。 その様子を見て中年女性は笑い、去っていった。 なんとも気味が悪いひどい話です。 その女性はいたずらのつもりだったかもしれませんが、赤ちゃんが落下してケガをしていたら傷害罪に問われてもしょうがないのでは? 実際、9月20日の番組「スッキリ」では、この抱っこ紐外しが特集され、コメンテーターの犬山紙子さんは「殺人行為」とコメントしていたそう。 怖すぎる! 目撃情報がTwitterで拡散され、日テレ「スッキリ」でも特集。 犬山紙子さんは「迷惑行為じゃなくて、これは殺人行為」とコメント。 抱っこ紐のバックルを外して赤ちゃんを落とす、悪質ないたずら(犯罪)に注意! — パパやる papayaru この投稿は神奈川県での目撃情報でしたが、新宿伊勢丹でも同じようなことをする女性の目撃情報もあります。 関東圏だけでなく、全国で模倣犯が出現する可能性も。 小さなお子さんを持つママにとっては、本当に迷惑で心配な話です。 【画像】抱っこ紐外し予防や自衛策は?オススメブランドや100均グッズも! しかし、お母さんにとっては、赤ちゃんを連れて電車やバスに乗らなければならないこともあると思います。 そんなときも安心してお出かけできるように、抱っこ紐外しの予防法や対策についてまとめてみました。 妖怪バックルはずしババアが賑わってますが、わたしのおすすめバックル無し抱っこ紐は断然フェリシモ。 幅広肩紐だから長時間着けても肩崩壊しないし、装着もかぶるだけ! 何より裏地のネコちゃんがかわいいのだ。 子育てを本当に大変にしてるのって、周りだよね。 後ろはなかなか外れないようになってます。 他人には簡単には外せないかと思います。 後ろを触られてもすぐわかるかと。 ベルトにテンションが掛かっていると、ロック解除がし難くなる特徴がある。 金属製で耐荷重にも優れる。 これとバックルカバーを併用したら、簡単には外せない。 — Sledgehammer berserkerhammer 抱っこ紐外しとか馬鹿かよ。 本当に心配な方は肩への負担大きいけどベビービョルンのオリジナルをお勧めします。 ベルクロで着脱簡単だし洗えます。 バックルをこれでくるんでしまえばOK。 実は私もシートベルトが首に当たるので愛用中です。

次の

抱っこ紐マニアの私が勧める、本当におすすめの抱っこ紐! [ママリ]

抱っこ 紐 外し 事件

「一般的な抱っこひもで、もし背中のバックルが突然にはずされた場合、乳幼児は腰ベルトを起点に回転し、頭から地面に落下すると考えられます。 腰ベルトは約1メートルの高さと推定され、乳幼児が落下したときの衝撃はきわめて大きく、死亡事故となるリスクは高い。 悪質かつ残忍な行為です」 日本で抱っこひもを生産・輸入する約40社が安全性の研究などを行う『抱っこひも安全協議会』の担当者は、SNSなどで報告されている抱っこひものバックルはずしの危険性をそう指摘し、断罪する。 9月中旬から急にSNSで被害や目撃談が広まりだした抱っこひものバックルはずし。 突然、のびてきた手 友人が生々しい現場に遭遇したという女性が証言する。 「9月24日に電車に乗っているとき、赤ちゃんを抱いたママの後ろにおばさんが近寄ってきて、そのまま無言でバックルをはずしたそうです」 腰のバックルをはずされ、1歳にも満たない赤ちゃんはお尻から落下したが、 「大きなケガに至らず無事でした。 友人はおばさんが逃げないように腕をつかんでいましたが、暴れて隙あらば逃げようとしていたそうです。 友人とママは警察に呼ばれ、事情を聞かれたそうです」 抱っこひものバックルは赤ちゃんにとっては命綱。 無差別に狙う犯行は、通り魔犯罪と同じだ。 「50代くらいの白髪まじりの男性。 身だしなみもきちんとしていて、ボーダーのポロシャツにハーフパンツ姿。 あまりにも普通の人だったので、逆に怖かったです」 その男に危うく背中のバックルはずしをされそうになったのは林恵理子さん(30代=仮名)。 今年8月上旬。 当時5か月の娘を抱っこひもでかかえデパートで買い物をしているときのことだった。 「地下1階の食品売り場に向かうガラガラの下りエスカレーターに乗っていたときのことです。 突然、手すりに置いた私の手のすぐ後ろから手がのびてきたんです」 痴漢かなと思って慌てて振り返ると、1段ほど抜かした上の段から男が身を乗り出すようにして林さんをのぞき込み、男ののばした手が背中のバックルに触れた。 「バックルをはずされる、突き落とされる、そんな恐怖が頭をよぎり慌ててエスカレーターを降りました」 男は林さんの前を顔色を変えることなく無表情で通り過ぎた。 ほんの数秒の出来事に恐怖がおさまらない。 林さんは店員に事情を伝え、警察にも被害を訴えた。

次の

抱っこ紐おすすめ10選!新生児用やセカンド向きも。人気のエルゴも

抱っこ 紐 外し 事件

落下防止として、赤ちゃんと母親をつなぐ抱っこ紐。 では、という質問が投稿されている。 両手が使える抱っこ紐は外出や寝かしつけ時に便利だが、最近、この抱っこ紐を見知らぬ第三者が故意に外すという悪質な犯罪行為が相次いでいる。 SNSで投稿され、話題を呼んでいる「抱っこ紐外し」。 犯罪心理学を専門にする臨床心理士、中村大輔さんによると、 「昨今さまざまな犯罪がありますが、SNSの発達により、より可視化されるようになり、また起きたことを主張することもできるようになりました。 実際に逮捕にまで至らなくても、これまでにも『抱っこ紐外し』と同様のことが起きていた可能性はあります」(中村さん) とのこと。 「抱っこ紐外し」の被害件数が最近急に増えたという根拠はないが、被害者がすぐにSNSに投稿できるという状況により、世間に広まるスピードが飛躍的に早くなったといえそうだ。 「抱っこ紐外し」をする加害者の特徴について中村さんに聞いてみた。 「加害者は『ごく普通の人』とは、昔からよく言われたことで、見た目から推察することは困難です。 そもそも加害者は特別な存在ではなく、日常のさまざまな出来事の中で逸脱行為をして、結果的に法律に引っかかってしまうのです」(中村さん) 実際に逸脱行為をするまでは、世間で起こるニュースも人ごとのように非難しているのだという。 「私は加害者らの心理教育を日常的に行っていますが、『自分が犯罪をするとは思っていなかった』『こうなって初めて社会が怖くなった』『犯罪者のことを特別な人だと見ていた』と語っています。 犯罪の直接的な引き金としては、目の前に起こるイラっとするような怒りの感情に起因しますが、背景には孤独感や虚しさ、不遇感を募らせています。 また、本人もそのことに気づいていないことも少なくありません」(中村さん) 孤独感や虚しさ、不遇感は多くの人が抱えているものだ。 すべての加害者を「犯罪行為をする=赤ちゃんのいる母親に嫉妬」というような単純な図式に当てはめると、本質的な解決が遠のく危険性があるだろう。 「周知していくことで、こうした加害行為も議論され、防止になっていくと思います。 物理的な面では抱っこ紐が外れないような工夫や周囲を気にしておくことが必要ですが、長い目では社会全体がフラストレーションを解消できるように優しい世の中になっていくことが必要になります」(中村さん) 満員電車のベビーカー、飛行機や新幹線で泣き続ける赤ちゃんに対する周囲の反応も、長い目で解消していく必要があるフラストレーションの一種といえる。 とはいえ、赤ちゃんを守る母親としては、今すぐできる対策が急務。 バックルが外されないようにカバーをつける、抱っこ紐の上に上着を羽織るなどの予防策を講じよう。 2011年神戸臨床心理カウンセリングルーム研心音を開業。 犯罪心理学・裁判心理学を専門とし、数々の事件の鑑定、再犯防止活動を行っている。 病院カウンセラー、刑務所カウンセラー、スクールカウンセラーなどのさまざまな心理支援に携わり、歌う臨床心理士として学校や施設などでの心理学講演ライブも開催。 (酒井理恵).

次の