整形 目 種類。 一体何が違う?二重整形の埋没法の種類を徹底調査

【目の整形を検討中の方必見!】種類、費用、リスク…手術の全てを徹底解説!

整形 目 種類

埋没法の種類 メスを入れず、短時間で終わる二重整形として人気の埋没法ですが、埋没法には目に留める糸の数と、糸を留める場所によって、いくつかの種類に分かれています。 まずは、 目に留める糸の数での分類です。 糸の数は1箇所を留める場合には1点留め、そして2箇所を留める場合には2点留め、数が増えるごとに3点留め、4点留めまでがあります。 次は、 糸を留める場所による種類の違いです。 糸を留める場所には大きく分けて2種類があり、1つ目は瞼板に糸を留める施術、そして2つ目は挙筋に糸を留める施術です。 これらの施術の種類には、それぞれに向き不向き、そしてメリットとデメリットが存在します。 それでは、これらの施術の種類について、それぞれ詳しく説明していきます。 目に留める糸の数での分類 目に留める糸の数での分類には、それぞれどのような違いがあり、どのタイプを選べはいいのでしょうか。 その基準の1つが、瞼の形状です。 人それぞれ、瞼の厚さや脂肪の量は異なります。 そのため、誰でも同じように施術すればいいというわけではなく、瞼のタイプに合わせて施術する必要があります。 それでは、1点留めから4点留めまで、それぞれどのようなタイプの瞼に向いているのでしょうか。 まぶたのタイプと必要となる糸の数• 1点留め・・・薄い• 2点留め・・・比較的薄い• 3点留め・・・比較的厚い• 4点留め・・・厚い 脂肪の量による分類• 1点留め・・・少ない• 2点留め・・・比較的少ない• 3点留め・・・比較的多い• 4点留め・・・多い それぞれどのタイプの瞼なのかを照らし合わせ、プラスどのような形の二重の希望なのかを加味して、医師との相談の上で、何点留めで施術するのかを決めることになります。 目に留める糸の場所での分類 次に説明するのは、糸を留める場所による種類の違いです。 糸を留める場所は主に2箇所あり、1箇所は瞼板、そしてもう1箇所は挙筋です。 それぞれ、それがどういった箇所なのか説明するのとともに、各施術のメリットとデメリット、そしてどのような人に向いているのかを説明します。 瞼板に糸を留める方法「瞼板法」 まずは瞼板に糸を留める方法です。 瞼板とは、瞼の裏側にある硬い組織で、瞼を支える骨に近い役割をしているものです。 瞼板法とはどのような施術か 上記で説明した瞼板に穴を開けて糸を通し、糸を瞼の外側ではなく、瞼板側で結びます。 この方法が瞼板法と呼ばれ、結び目はなるべく瞼板の薄い部分で結ぶことになります。 瞼板法のメリット 瞼板法のメリットをピックアップしていきましょう。 まずは手術時間が短いという点。 埋没法はメスを入れない施術ではありますが、やはり手術をすることそのものに恐怖感を持つ方は多いです。 手術時間が短いことは、精神的負担の軽減になります。 次に抜糸がしやすいという点。 二重整形の手術をした後で、瞼や二重の形状に違和感をもったときや、単に気が変わってしまったとき、瞼板法は挙筋法に比べて抜糸が簡単なので、元に戻すことが比較的容易です。 そして、ダウンタイムが短いという点。 瞼板法も挙筋法もダウンタイムが短い施術ではありますが、瞼板法は挙筋法に比べて内出血が起きづらく、ダウンタイムはより短いといわれています。 瞼板法のデメリット 瞼板法にはメリットがあれば、デメリットもあります。 次はそれらをピックアップしていきましょう。 まず紹介しなければならないのは、目に違和感を感じる場合がある、というデメリットです。 瞼板法では、瞼の内側に結び目を作ります。 そのため、場合によっては結び目が眼球に当って違和感を感じたり、悪いケースでは眼球を傷つけてしまうこともあります。 また、糸が緩んでしまうことなどで、二重のラインが取れてしまうという可能性があります。 長く二重を維持したいという方には向いていないかもしれません。 そして、瞼のたるみの解消には効果がないという点もデメリットです。 二重への整形と共に瞼のたるみを解消したいという方には、別の施術をおすすめします。 瞼板法に向いているのはどんな人 瞼板法に向いている人は、まずなんといっても手術時間を短く済ませたいという人です。 そしてダウンタイムが短いということもあり、術後すぐにでも動きたい、忙しい人におすすめです。 また、身体的な特徴でいうと、瞼が薄い人に向いています。 瞼が厚くなるごとに留める箇所が増えていくことは説明しましたが、それはつまり、瞼が厚ければ、それだけ多くの箇所を留めないと対応できない、ということでもあります。 施術箇所を増やすにも限界があり、多くのクリニックでは4点留めまでが限度です。 そのため、瞼が厚い人には不向きと言えます。 挙筋に糸を留める方法「挙筋法」 では次に、挙筋に糸を留める施術についてです。 挙筋とは、正確には上眼瞼挙筋と呼ばれる筋肉で、瞼を上に持ち上げるための筋肉です。 挙筋法とはどのような施術か 挙筋法とは、糸の一方を瞼の皮膚に、もう一方の糸を上眼瞼挙筋に通す二重手術です。 その際、結び目は瞼板よりも奥に作られることになります。 挙筋法のメリット 挙筋法にも瞼板法と同じく、いくつかのメリットがあります。 まず大きなメリットは、眼球を傷つける心配がないということです。 挙筋法では糸が完全に瞼の中に埋まっていますので、眼球に触れることがありません。 もうひとつのメリットは、より自然な二重を作ることができるという点です。 挙筋法では瞼を挙げるための挙筋に糸を結びます。 すると、自然に二重が出来るのと同じ理屈で二重を作ることができるため、仕上がりに違和感がありません。 また、瞼にたるみがある人や、厚い瞼をしている人にも効果的である点もメリットであると言うことができます。 挙筋法のデメリット 自然な仕上がるになるといった注目すべきメリットのある挙筋法ですが、反面デメリットも存在します。 まず大きなデメリットは、眼瞼下垂のリスクが高まってしまうという点です。 眼瞼下垂は瞼が開きづらくなるという病気ですが、挙筋法では筋肉に直接糸を結ぶため、将来的に眼瞼下垂になってしまう可能性が高くなると言われています。 また、抜糸がしづらいというデメリットもあります。 挙筋法では筋肉に糸を結ぶため、糸と筋肉が癒着してしまい、いざ抜糸をしたいと思ったときにそれが困難になってしまうのです。 瞼板法と比較するとダウンタイムが長いというデメリットもあります。 挙筋法は瞼板法よりも内出血が起きやすく、ダウンタイムが長くなってしまう可能性があるのです。 しかし、切開法と比較すればダウンタイムは短く、また軽微なものです。 挙筋法に向いているのはどんな人 挙筋法に向いているのは、より自然な二重にしたいという人です。 瞼板法よりもダウンタイムや手術時間が長くなってしまうことがありますが、それに耐えられる人におすすめできます。 また、瞼が厚い人にも向いているのがこの挙筋法です。 瞼板法では施術が難しいような厚みの瞼の人でも、挙筋法であれば自然な二重瞼を作ることができます。 眼球に傷がつくのが嫌な人にとってもおすすめです。 挙筋法であれば角膜などに傷がつく心配がないため、気になる人には瞼板法ではなく挙筋法の方が向いているといえます。 誰もが理想の目元を叶えることが出来る時代になりました。 自分の目元を鏡で見て「あと少し目がぱっちりしていたら…」「あの芸能人のような目だったら…」と溜息をついたことがある人のために、この二重整形手術情報まとめサイトはつくりました。 憧れだった理想の目元を、今はとても手軽に叶えることが出来る時代です。 とはいえ、全くリスクがないわけではありません。 このサイトでは、二重整形手術に関する役立つ知識を、良いことも悪いこともきちんと伝えることを大切にしました。 二重整形に迷う方や検討されている方の参考になれば幸いです。 二重整形・二重手術 パーフェクトガイド 編集部 二重整形の施術について 費用相場 埋没法の場合5万円~15万円程度、切開法の場合は20万円~40万円程度と、施術方法によって開きがあります。 自由診療ですのでクリニックによっても金額設定が異なります。 必ず事前に問い合わせてみることをお勧めします。 治療時間 埋没法の場合10分~30分程度、切開法の場合は1時間程度が一般的です。 通院期間 埋没法の場合は施術後の通院は必要ないと言われることが一般的。 切開法の場合は5~7日後に抜糸のために1度、1ヵ月後に経過観察のためにもう一度と、計3回の通院をすることが多いようです。 副作用・リスク 術後の腫れや内出血、仕上がりの左右差などの可能性があります。 また回復にかかる時間は1週間程度~1ヵ月程度と、個人差が発生します。 元々の目の形、なりたい理想の二重の形、その他症状などにより個人差があるものですので、必ず事前に十分なカウンセリングを行いましょう。 二重整形・二重手術 パーフェクトガイド 編集部 無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited. ) 当サイトは、2019年6月時点の情報をもとに作成しています。 最新の情報は、各公式ページをご確認ください。

次の

目を大きくする整形手術の種類にはなにがあるの?

整形 目 種類

腫れない二重埋没 埋没二重手術の中には、 「瞼板法」と「挙筋法」の二つの術式があります。 瞼板法は、まぶたの支持組織である瞼板から皮膚側へ糸を直接結びつける方法です。 この術式ですと目を開いていても閉じていても糸に遊びがない状態となり、持続的に緊張がかかってしまいます。 その分、組織に糸が埋まり、ゆるんでしまいます。 その為、 取れやすいという点が「瞼板法」のデメリットです。 一方、挙筋法は、まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋から皮膚側へ糸を直接結びつける方法です。 目を開いたときだけ糸に張力がかかり、 目を閉じたときには、埋め込んだ糸のループに遊びがでる固定にしている為、 組織に埋まることが少なく、取れにくくなります。 しかし、挙筋法は糸の通し方によっては不自然な下垂を起こしてしまう事もあり、技術的には難しい方法です。 医師のスキルの差がでやすい術式といえるでしょう。 真崎オリジナル二重について 二重埋没手術は、近年では一般的に行われる事により、比較的簡単と考えていらっしゃる方がおりますが、それは大きな間違いです。 技術の乏しい医師ですと、 糸の止め方がキツすぎ、不自然な二重になってしまったり、逆に緩すぎると腫れは少ないが、すぐ一重に戻ってしまう事もあります。 また、糸の通し方が悪いと下垂を起こしてしまう事など、 医師の腕次第で結果は大きく異なります。 真崎オリジナル二重とは、 「切らない」「腫れない」「痛みのない」院長 真崎が25年間改良して導いた手術法です。 真崎オリジナル二重の特徴についてご説明致します。 満足できなければ元に戻して返金【トライアルシステム】 真崎オリジナル二重では、手術後すぐにその場で状態を確認していただき、万が一患者様が期待した状態になっていない場合、 元の状態に戻して手術費 麻酔代・薬代を除く を返金致します。 トライアルシステムとは、お仕事で休みが取れない患者様に、ダウンタイムの状態でお仕事ができるかどうか、ご自身で判断して頂くシステムです。 決して仕上がりの確認ではありませんので、ご注意ください。 当院には、表舞台に立たれるお仕事をされている方のご来院が多い為、このトライアルシステムをご用意いたしました。 これも院長 真崎が患者様を満足させる自信があるからこそできる当院独自のサービスです。 ご希望の方はお気軽にお申し付けください。 持続性 取れない事を前提とした手術 真崎オリジナル二重の持続性や保証について、よく患者様から質問があります。 最近では、二重が取れてしまった際に1年・2年保証を行うクリニックも増えています。 一見すると安心なサポートのようですが、逆に1、2年間持たせる事ができればそれ以降は保証されないという事でもあります。 取れない事に重点を置かず、その保証期間さえ持てばよいという手術をしているのではないかとも考えられるのです。 真崎オリジナル二重は、あくまでも取れない事を前提とした手術を行っている為、保証制度は設けておりません。 万が一術後に心配な事があれば、来院頂ければ、院長 真崎の判断でケアを行います。 不安な事やご質問などお気軽にお問い合わせください。 院長 真崎がカウンセリングから手術・アフターフォローまで全て対応 多くの美容外科クリニックでは、カウンセリングと手術を行う医師が違ったり、検診・アフターフォローがないことがあります。 手術を考えている患者様からすると、とても不安になると思います。 当院は、プライベートクリニックですので、院長 真崎が患者様一人一人と直接しっかり向き合い、最後まで責任を持って治療を行います。 よりご覧ください。 二重まぶたのデザイン種類について 当院では、カウンセリング時に患者様がどのような形や二重幅をご希望なのかをお伺いします。 二重整形には、大きく分けると「平行型」「末広型」の2つの形があります。 また、幅を広くするのか、狭め 控えめ にするのか、どちらを選ぶかで印象が大きく異なります。 ご希望がある際は、カウンセリング時にお気軽にお伝えください。 なお、カウンセリングには制限時間を設けておりませんので、院長 真崎とじっくりとご相談していただいた上でより患者様の顔にあった形をご提案いたします。 二重整形 埋没法 目力 下垂修正 たるみ 2点固定 50歳以上 真崎医院 独自の埋没式挙筋短縮法の症例写真 二重埋没をご希望の方の中には、「目のたるみ かぶさり 」「下垂」「くぼみ」といった眼瞼下垂を伴っている人も少なくありません。 眼瞼下垂は、でも詳しくご説明しておりますが、目のこすりすぎや加齢など様々原因により引き起きます。 眼瞼下垂を伴っている患者様には、院長 真﨑が開発した眼瞼下垂の治療法「埋没式挙筋短縮法」という挙筋を糸で結び正常な状態に戻す手術を行います。 技術力が必要な手術となり、他院では切開を提案される事もありますが当院では切らずに治療ができます。 症例写真をご参考ください。 切らない眼瞼下垂 埋没式挙筋短縮 たるみ 下垂修正 軽度 他院手術暦あり ダウンタイム・施術後の注意点について 施術時間 15分〜20分 ダウンタイム 大きな腫れ 麻酔・内出血など がひいてくるのに1週間〜2週間 組織 むくみ、糸の埋まり が安定するまでには3ヶ月〜6ヶ月 を参考にしてください。 施術後の検診 1ヶ月 糸の埋まり方、炎症、その後の指導など 術後のメイク 翌日より可能 術後の入浴 当日より可能 目元は避けてください。 術後の洗顔 当日より可能 目元は避けてください。 料金について 手術から1ヶ月間の検診・アフターフォローまで全て含んだ料金となります。 なお、施術後1ヶ月検診まで再診料は無料です。 院長 真崎が責任もって一人一人丁寧に対応致します。 不安な事やご質問などございましたら、お気軽にごお問い合わせください。 掲載されている料金は全て税抜表示となっております。

次の

腫れない二重埋没整形手術

整形 目 種類

キリッとした印象が強い「細形アーモンドアイ」におすすめなのは、シャープさを活かしながら、柔らかさを加えて優しさもプラスいくメイクです。 この種類の目の形の場合、アイシャドウはブラウン系の2色使いがおすすめです。 明るめのカラーをアイホールに、締め色を二重の幅もしくは、目の際2㎜くらいにのせます。 アイラインは、自分の目の形に沿うように上のラインは全部、下のラインは目尻側3分の1に細く引き、アーモンドの形を際立たせます。 大切なのはここからで、チークには肌馴染みが良い薄いピンクをふんわりとのせて柔らかさを出します。 そして、眉の形を少し太めにして、ライトブラウンで仕上げることで、さらに柔らかさを加えます。 \縦幅を出しましょう!/ 奥二重まぶたのメイクのコツは、二重の線を消さないようにすることです。 二重の線を際立たせることで、目がよりぱっちりとした印象になります。 アイシャドウの締め色やアイラインを太く引いてしまうと、せっかくの二重の線が消えてしまいますので、アイシャドウの締め色は使わずに、極細のリキッドアイラインを目の際にかなり細く引いていきます。 本来はアイホールにのせるような明るいブラウンやオレンジを二重の幅にのせると、二重が際立ちます。 奥二重のまぶたの場合、マスカラをしっかり塗れば二重と同じくらい目がはっきりするので、目の大きさを出したいならマスカラにこだわりましょう。 奥二重さんのアイメイクのコツは? A. 左右の目の形を修正すると目力アップに! すっきりとした印象の「一重まぶた」の人がこだわりたいのは、アイラインです。 一重まぶたには太めのアイラインがよく似合います。 二重や奥二重の場合はアイラインを見せないように引くのがおすすめですが、一重の場合はアイラインの線を強調することで可愛く仕上がります。 全体的に太めにラインを引き、目尻側ではね上げるようにしましょう。 まぶたは、ブラウン系でグラデーションに仕上げればスッキリとした印象になります。 腫れぼったく見えるピンクやオレンジを使う場合は、全体ではなく目尻だけに使うようにしましょう。 一重まぶたの場合、涙袋を強調させると立体感が出てセクシーに仕上がります。 一重さんのアイメイクのコツは? A.

次の