除菌スプレー 家庭用。 「コロナウイルス」不活化する家庭用洗剤・除菌液21商品を北里大が発表。アルコール入ってなくても効果あり。

キッチン用アルコール除菌スプレーで手の殺菌はできるのか?

除菌スプレー 家庭用

エタノールは細菌の細胞膜を破壊することで殺菌します。 エタノールの濃度が40%から80%で、急速に(5分以内)細菌が破壊されるので速効性が期待できます。 40%以下の場合も、10分から30分かけると殺菌ができます。 エタノールは脱脂作用も強いため、油汚れや手垢掃除などに向いていますが肌に付くと荒れることがあります。 以上のことから、エタノールが揮発して乾くまでの時間と、お掃除したいものの材質、手荒れの程度、などを考えて混合割合を変えるといいんですね。 市販の除菌スプレーは、さらにエタノールと相乗効果を発揮する成分や、手荒れ予防成分、さらに香料などを加えて使いやすく工夫してあります。 しかし自宅で自己責任で使うものであれば、混合の目安に合わせてエタノールと水を混ぜるシンプルなスプレーで十分な除菌効果を得ることができます。 ただし、エタノールは引火性が高いので、周囲での火気使用には十分注意が必要です。 また、スプレー容器はアルコールをいれても変質しないものにする必要があります。 素材が「ポリスチレン」のものはアルコールと反応して変形する可能性がありますので注意しましょう。 さらにエタノールは殺菌と脱脂はできますが、それ以外の汚れを除去できるわけではありません。 汚れたものは洗剤や石鹸を使った洗浄と併用しましょう。 エタノールを使った除菌スプレーは、アクリル樹脂製品、ペンキやワックス塗装のものに使うと傷める恐れがあります。 家具に使う場合は裏面や目立たない場所のみにします。 一般的な除菌スプレーとして作る場合は5対5 さて、自分で除菌スプレーを作る場合、用途に合わせて濃さを調節できるのがメリットです。 どのくらいの濃さがいいかというと・・・? 一般的にいろいろ気になるところを除菌するために使いたい場合は、 消毒用エタノールと水道水を半々( 5 対 5 )の割合で混ぜます。 「もっと濃い方が効果が高いのでは?」と思いますが、前述のようにエタノールは原液のままだと揮発性が高く、除菌する前に蒸発する可能性があります。 それで水で薄めることで揮発するまでの時間を遅くしてあげる必要があるんです。 キッチンのまな板の除菌とか、台所まわりのお掃除とか、よく手が触れる場所などなど、大体の場所の除菌にはこの濃さで作っておけば大丈夫です。 カビ取り掃除に使う場合は濃い目の8対2がおすすめ カビはエタノールでふき取ると殺菌されます。 カビ取り用には、消毒用エタノールを薄めずそのままスプレーすればOK。 消毒用エタノール 8 に対して水道水 2 の割合で薄めます。 ちなみに、エタノールはカビ菌を殺菌することはできますが、黒ずみなど残ってしまった汚れをとることはできません。 黒ずみ除去にはこのあと漂白剤や塩素系カビ取り剤を併用することが必要です。 カビの胞子をまき散らさないお掃除の方法 このとき、カビの胞子をまき散らさないお掃除の仕方が重要。 カビ部分に直接スプレーを吹きかけてしまうと、カビの胞子が飛び散ってしまう可能性があります。 まずペーパータオルなどにこのスプレーを吹き付け、そのペーパータオルでカビが生えている部分をそっと拭き取ります。 その後で全体的にスプレーをかけ、仕上げ除菌をすると完璧です。 さらに「カビが生えそうだな」と思う場所は、あらかじめこのスプレーを使った拭き掃除をすると予防ができます。 ペットや赤ちゃんがいても安心な除菌スプレーにするには4対6 犬や猫など室内で飼っているペットや、小さい子供や赤ちゃんがいる場合は、あまりアルコール度数がきついスプレーは心配ですよね。 万が一かかったり揮発途中のものを吸い込んだりしてしまうと、気管への影響があるかもしれません。 そんなときは、少し薄めにします。 消毒用エタノール4に対して水道水6の割合がおすすめです。 この濃度にすると除菌の即効性では低くなりますが、丁寧に2度拭きすることで十分きれいにできます。 「消毒用エタノール」「エタライト」と「無水エタノール」との違いは? 消毒用エタノールはアルコール分80%に調節された消毒液です。 お店に「消毒用 エタライト」として売っていることも増えていますが、これはいわゆるジェネリック品です。 名前が違うだけで同じ成分ですのでそれでもOK。 私も先日はこれを購入してきました。 「無水エタノール」は割高だけど水ぶきできないもののお掃除に 名前が似たもので 「 無水エタノール 」があります。 これはエタノール100%で、揮発性が高いため 食品や食器にスプレーするのに向いています。 2度拭きがいりません。 またパソコンやテレビなど 水ぶきが苦手な電化製品のお掃除に、無水エタノールを使うのがおすすめ。 一拭きで手垢や油脂をさっぱりと除去できます。 ただ、時間をかけてしっかりこすりたいお掃除用には揮発が早すぎるので、水で薄める必要があります。 水で薄めることで、消毒用エタノールと同じくいろいろなタイプの除菌スプレーを作ることが可能。 ただし、 「無水エタノール」は「消毒用エタノール」の 3 倍近い値段で売られているので、お得感が少ないんです。 そういうわけでこの記事では、割安な「消毒用エタノール」を使った除菌スプレーをご紹介しています。 除菌スプレーは精製水で作ったほうがいい? ここまで、すべて水道水で薄める方法でご紹介していますが、実は水道水で作った除菌スプレーは長期保管はできません。 水道水には塩素など不純物が入っているため、保存期間が長いと変質する可能性があるからです。 それで「精製水」で作ればその心配はないのですが、いちいち精製水を購入するとしたらそれほど高いものではないにしろ、やっぱり割高ですよね。 ですから 数日で使い切る分だけ、その都度水道水を使ってスプレーに作る というのが一番いいと思います。 アルコール分が揮発してしまって効果が薄れていたということにならないように、使わないときはしっかり容器のふたを閉めましょう。 スプレー容器も、スプレーの細かさを調節するつまみを完全に閉めることで密閉状態にすることができます。 100均のスプレーボトルで十分です。 まとめ ドラッグストアで購入できる格安「消毒用エタノール」で作る「除菌スプレー」各種の作り方をご紹介しました。 用途に合わせていろいろな濃さが作れますが、基本的には消毒用エタノール50%の割合で薄めるタイプでほとんど対応できます。 小さめのスプレーボトルを100均で用意して、使う分だけ随時作るのがおすすめです。

次の

除菌スプレーのおすすめ人気ランキング12選【インフルエンザ・ノロウイルス対策にも!】

除菌スプレー 家庭用

よくある質問 新型コロナウイルスに効果がありますか? 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)へのウイルス不活化試験を外部研究機関で行い、その効果を確認しています。 () 食器や食品を保存する容器に使用できますか? 大丈夫です。 スプレー後、よく乾燥させてからお使いください。 スプレーした液が残っていると食品の風味が損なわれる恐れがあります。 ただし、アクリル製やスチロール製の食器や漆器では変色やシミの原因となることがありますので使用をお控えください。 食品にかかったことを知らないで食べてしまった。 大丈夫でしょうか? 本品は食品添加物のみで作られているので、安全上は問題ありません。 ただし、食品には使用しないでください。 手に使えますか? 法的区分の関係で手指に使用できるとは言えませんが、本商品は手指消毒剤と同じアルコールを含有しておりウイルス、菌に対して効力を発揮することを確認しております。 「アルコール除菌どこでもクリーナー」と何が違いますか? 本品は発酵アルコールに加え、天然除菌成分と天然消臭成分を配合した除菌専用剤です。 「アルコール除菌どこでもクリーナー」は、油汚れなどを落とす洗浄効果も兼ね備えています。 冷蔵庫へ使用できますか? 乾いた布などにスプレーして拭き取ってご使用ください。 二度拭きは不要です。 Alcohol has a removing bacteria effect. However, as it evaporates, it cannot suppress bacteria that grow later. Grapefruit seed extract, which is an antibacterial ingredient, does not easily evaporate, and so it remains on cutting boards or kitchen knife surfaces and continues to exert its antibacterial effect even after the alcohol evaporates. Just spray it on anywhere you care about. You don't need to wipe it off or wash it with water. Product Video FAQ Can it be used for tableware and food storage containers? Yes, it can. After spraying, please completely dry them before use. Otherwise, the agent left on tableware or food storage containers may diminish the flavor of food products. I ate food in contact with the product inadvertently. Will I experience any adverse effects because of this? This product is made only of food additives. There is no safety problem. However, please do not use this on food products. Can I use it on my hands? This is not intended for human-body use. Please do not use it on hands. What makes this product different from "Alcohol Jokin Dokodemo Cleaner"? This product is an agent specific for removing bacteria that contains natural removing bacteria and deodorization constituents as well as fermentative alcohol. However, "Alcohol Jokin Dokodemo Cleaner" additionally has the cleaning effect to remove oil stains, etc. Can it be used in refrigerators? Please spray it on a dry cloth and wipe off contamination with the cloth. You don't need to re-wipe. 常见问题 可以用于餐具或保存食品的容器吗? 没有问题。 喷射后,请充分干燥后再食用。 如残留有喷射的液体,可能会有损食品的风味。 但如果用在丙烯酸树脂或苯乙烯的餐具或漆器上,可能会导致变色或斑点,请勿使用。 不知道食品上沾到了就吃下去了。 这样有没有问题呢? 本产品仅采用食品添加剂制作而成,因此安全方面并无问题。 但请勿用于食品。 可以用于手部吗? 并非用于人体的产品,请勿用于手部。 可以用于冰箱吗? 请喷射在干布上等擦拭使用。 不需要再擦一次。

次の

台所用洗剤 【通販モノタロウ】洗剤:オフィス家具/照明/清掃用品

除菌スプレー 家庭用

エタノールは細菌の細胞膜を破壊することで殺菌します。 エタノールの濃度が40%から80%で、急速に(5分以内)細菌が破壊されるので速効性が期待できます。 40%以下の場合も、10分から30分かけると殺菌ができます。 エタノールは脱脂作用も強いため、油汚れや手垢掃除などに向いていますが肌に付くと荒れることがあります。 以上のことから、エタノールが揮発して乾くまでの時間と、お掃除したいものの材質、手荒れの程度、などを考えて混合割合を変えるといいんですね。 市販の除菌スプレーは、さらにエタノールと相乗効果を発揮する成分や、手荒れ予防成分、さらに香料などを加えて使いやすく工夫してあります。 しかし自宅で自己責任で使うものであれば、混合の目安に合わせてエタノールと水を混ぜるシンプルなスプレーで十分な除菌効果を得ることができます。 ただし、エタノールは引火性が高いので、周囲での火気使用には十分注意が必要です。 また、スプレー容器はアルコールをいれても変質しないものにする必要があります。 素材が「ポリスチレン」のものはアルコールと反応して変形する可能性がありますので注意しましょう。 さらにエタノールは殺菌と脱脂はできますが、それ以外の汚れを除去できるわけではありません。 汚れたものは洗剤や石鹸を使った洗浄と併用しましょう。 エタノールを使った除菌スプレーは、アクリル樹脂製品、ペンキやワックス塗装のものに使うと傷める恐れがあります。 家具に使う場合は裏面や目立たない場所のみにします。 一般的な除菌スプレーとして作る場合は5対5 さて、自分で除菌スプレーを作る場合、用途に合わせて濃さを調節できるのがメリットです。 どのくらいの濃さがいいかというと・・・? 一般的にいろいろ気になるところを除菌するために使いたい場合は、 消毒用エタノールと水道水を半々( 5 対 5 )の割合で混ぜます。 「もっと濃い方が効果が高いのでは?」と思いますが、前述のようにエタノールは原液のままだと揮発性が高く、除菌する前に蒸発する可能性があります。 それで水で薄めることで揮発するまでの時間を遅くしてあげる必要があるんです。 キッチンのまな板の除菌とか、台所まわりのお掃除とか、よく手が触れる場所などなど、大体の場所の除菌にはこの濃さで作っておけば大丈夫です。 カビ取り掃除に使う場合は濃い目の8対2がおすすめ カビはエタノールでふき取ると殺菌されます。 カビ取り用には、消毒用エタノールを薄めずそのままスプレーすればOK。 消毒用エタノール 8 に対して水道水 2 の割合で薄めます。 ちなみに、エタノールはカビ菌を殺菌することはできますが、黒ずみなど残ってしまった汚れをとることはできません。 黒ずみ除去にはこのあと漂白剤や塩素系カビ取り剤を併用することが必要です。 カビの胞子をまき散らさないお掃除の方法 このとき、カビの胞子をまき散らさないお掃除の仕方が重要。 カビ部分に直接スプレーを吹きかけてしまうと、カビの胞子が飛び散ってしまう可能性があります。 まずペーパータオルなどにこのスプレーを吹き付け、そのペーパータオルでカビが生えている部分をそっと拭き取ります。 その後で全体的にスプレーをかけ、仕上げ除菌をすると完璧です。 さらに「カビが生えそうだな」と思う場所は、あらかじめこのスプレーを使った拭き掃除をすると予防ができます。 ペットや赤ちゃんがいても安心な除菌スプレーにするには4対6 犬や猫など室内で飼っているペットや、小さい子供や赤ちゃんがいる場合は、あまりアルコール度数がきついスプレーは心配ですよね。 万が一かかったり揮発途中のものを吸い込んだりしてしまうと、気管への影響があるかもしれません。 そんなときは、少し薄めにします。 消毒用エタノール4に対して水道水6の割合がおすすめです。 この濃度にすると除菌の即効性では低くなりますが、丁寧に2度拭きすることで十分きれいにできます。 「消毒用エタノール」「エタライト」と「無水エタノール」との違いは? 消毒用エタノールはアルコール分80%に調節された消毒液です。 お店に「消毒用 エタライト」として売っていることも増えていますが、これはいわゆるジェネリック品です。 名前が違うだけで同じ成分ですのでそれでもOK。 私も先日はこれを購入してきました。 「無水エタノール」は割高だけど水ぶきできないもののお掃除に 名前が似たもので 「 無水エタノール 」があります。 これはエタノール100%で、揮発性が高いため 食品や食器にスプレーするのに向いています。 2度拭きがいりません。 またパソコンやテレビなど 水ぶきが苦手な電化製品のお掃除に、無水エタノールを使うのがおすすめ。 一拭きで手垢や油脂をさっぱりと除去できます。 ただ、時間をかけてしっかりこすりたいお掃除用には揮発が早すぎるので、水で薄める必要があります。 水で薄めることで、消毒用エタノールと同じくいろいろなタイプの除菌スプレーを作ることが可能。 ただし、 「無水エタノール」は「消毒用エタノール」の 3 倍近い値段で売られているので、お得感が少ないんです。 そういうわけでこの記事では、割安な「消毒用エタノール」を使った除菌スプレーをご紹介しています。 除菌スプレーは精製水で作ったほうがいい? ここまで、すべて水道水で薄める方法でご紹介していますが、実は水道水で作った除菌スプレーは長期保管はできません。 水道水には塩素など不純物が入っているため、保存期間が長いと変質する可能性があるからです。 それで「精製水」で作ればその心配はないのですが、いちいち精製水を購入するとしたらそれほど高いものではないにしろ、やっぱり割高ですよね。 ですから 数日で使い切る分だけ、その都度水道水を使ってスプレーに作る というのが一番いいと思います。 アルコール分が揮発してしまって効果が薄れていたということにならないように、使わないときはしっかり容器のふたを閉めましょう。 スプレー容器も、スプレーの細かさを調節するつまみを完全に閉めることで密閉状態にすることができます。 100均のスプレーボトルで十分です。 まとめ ドラッグストアで購入できる格安「消毒用エタノール」で作る「除菌スプレー」各種の作り方をご紹介しました。 用途に合わせていろいろな濃さが作れますが、基本的には消毒用エタノール50%の割合で薄めるタイプでほとんど対応できます。 小さめのスプレーボトルを100均で用意して、使う分だけ随時作るのがおすすめです。

次の